まあ、こういうことですよ昨日私が言ったことは。

 

「横浜との試合はどっちに転ぶかわかりません、今日はたまたまこちらに勝利の女神が微笑んだんでしょう」

 

今日は横浜に勝利の女神が微笑んだんでしょう、しかし微笑ませたのには原因がちゃんとあるはず、それには岡田の突然の乱調がある。

 

先頭の石川に粘られた挙句のヒットでリズムを崩したか、それでも久保をせっかくスリーバント失敗させながら倉本に初球をツーベースと、4点のリードを全て吐き出してしまう乱調ぶりで追いつかれてしまう。

 

しかし驚いたのは、ここで岡田を諦めてしまうこと。まあこれには色んな考え方があると思うが4回表の先頭バッターが岡田だったということと横浜戦が2連戦だということで明日試合がないのでリリーフを注ぎ込みやすい状況だったということで思い切って岡田に代打を出した。

 

いちおう意図はあったと思うから別にこの交代は間違いではない、ロング要員の九里もここんとこいいピッチング続けてる、まあ代打の天谷は凡退だったが、タナキクマルで1点を勝ち越して再びリードする。

 

しかし九里が誤算だった、ちょっと今日の主審とストライクゾーンが合っていなくて九里はリズムに乗れなかったような気もするがツーアウトからなんですよ4回裏は、これはカープの専売特許のはずなんですが倉本にヒット、桑原へのデッドボール(これがこっちのほうが痛かった)2死1、2塁で梶谷にまさかのスリーランを左中間へ放り込まれあっという間の逆転劇。

 

せっかく久保の立ち上がりを捕まえて3点先取したし球数も投げさせてノックアウト寸前だった久保より先に岡田がマウンドを降りると誰が予想したか、久保は5回を投げ切ってまさかの勝利投手の権利を持って交代する。

 

九里は5回裏も捕まり2点を献上、この時点で5−9になってしまったため使えるピッチャーはもう限られてくる、6回裏はジャクソンを登板させるがまたもツーアウトから、筒香にストレート勝負はいいが、なぜ高め一辺倒なのか、こんな雑な投球では筒香もそりゃライトスタンド最上段まで運んでしまうだろう、ジャクソンの復活のために丁寧なリードをしてもらいたかった、筒香をこの2連戦で完全に起こしてしまった。

 

続く宮崎にまで今度はスライダー一辺倒を捉えられてレフトスタンドへ、攻め方が筒香と宮崎で逆のような気もしたが結果論ですかね。

 

これでジャクソンは一回落として調整させた方がいいかもしれません、ヘーゲンズと入れ替えでいいんじゃないでしょうか勝利の方程式は中田、一岡、中崎、今村でいるわけですからロングもできるヘーゲンズの方が今は使い勝手がいいでしょうし。

 

ここまでのジャクソンの功労を考えると、落とすのもアレなんですが、1年間ずっと調子を維持するのも難しいということです、下でしっかり調整して苦しい時にまた戻ってきてくれればジャクソンがそのとき救世主となってくれると思う。

 

この筒香、宮崎の連続ホーマーでほぼ勝負ありだったんですが、7回表にパットンから松山がレフト戦へタイムリー2塁打で1点、9回もツーアウトから山崎を攻めて2点をもぎ取って3点差まで詰めたところは意地も見せた、松山が調子良かっただけにもう一丁どこかでビッグイニングが作れていればというとこでした。

 

まあ11点取られて勝つというのもそれはなかなか難しい、今日は投手陣が横浜打線に捕まったということで切り替えるしかないですね、さすがに勝ちパターン投手は使えないし。

 

敗戦処理ですが今井が7、8回と無失点に抑えたのは嬉しかったですよ、今井もいろいろと試していたのかまともなストレートはほとんど投げていませんでした、ツーシームを結構投げていたような気がするんですが、まだまだ老け込む年齢ではない新たな試みで敗戦処理でも1軍にしがみついていればチャンスはくる。

 

まあ阪神が今日も負けて6連敗ですのでゲーム差は変わらず、明日は試合もないしマツダに戻って中日戦からやり直し。ただ中日は調子がいいのでホームでしっかり叩いておかねばなりません。

 

今日みたいな負けもある、これを引きずってもしょうがないし3つ勝って、1つ負けるペースで行きゃ優勝ですから、悲観することもない、打線は好調なんでジョンソン、薮田、大瀬良がしっかり試合を作れば負けることはまずない。

 

明後日からまた頑張っていきましょう。

 

以上。

 

 ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

AD