2008年09月07日

ペット 卵巣癌 吉祥寺・・ グーグーだって猫である

テーマ:本 一般

ふ~、なんだか寝不足な感じです (´_`。)


なんだか夜中に何度も起きてしまいました。

やはりいる人がいないと不安なのでしょうか。。

小心者のワタシです (・・。)ゞ


さて、昨日のサプライズはこちら ↓




昨日初日のグーグー、妹が鑑賞券をプレゼントしてくれました (-^□^-)
さっそく約束をして一緒に観てきました 映画

ペット、卵巣癌、吉祥寺 そして大島作品とちりばめられているパーツが
全てワタシに訴えてきて本当にのめりこんで観てしまいました。

高校時代さんざ通った吉祥寺にぐっと来て
猫ちゃんの死で涙、
卵巣癌の告知で涙、
手術シーンで涙、
抗癌剤治療での辛いシーンに涙、
重い鬱になってしまった様子に涙・・

ついこの間の自分の出来事がオーバーラップしてしまいました。
リアルタイムでは決して泣かなかった私でしたが、
映像をみていると次々に涙が出てきてしまいました。

あくまでもフィクションということですが、
原作者の大島弓子さんは1997年に卵巣癌の告知を受け治療をしたようです。
病気はⅢ期だったとか。(転移あり)

現在もご健在で先日「グーグーだって猫である」は『手塚治虫文化賞』を受賞されました。

卵巣癌のⅢ期は非常に厳しい病期で辛い治療を長期間している方も多く、
大島さんの状況はそういった方たちの大きな励みだとおもいます。

独身で仕事を持ちながら治療をし、
その後も作品を創作している大島さんです。

本当に応援したい気持ちでいっぱいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

eggeggさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■*RINNRINさん*

タオル、必需品です。
ほんとうにいっぱい泣いてしまいました。
猫ちゃんもかわいくて。
お薦めです。

3 ■*きおりさん*

お薦めです (*^▽^*)
いっぱい泣いてしまったけど、
後味のいい映画でした。
また観ちゃうかも ( ´艸`)

2 ■グ~グ~

このマンガ、大好き!
病気の事で共感する部分もあるんだけど
猫好きにはたまらない描写ばかりよ!
映画も是非タオル持参で行ってこよーっと!

1 ■グーグー。

eggeggさんのblogで、内容を知りました。タイトルだけじゃ、解らないもん。深い作品なんですね。大島弓子さんは絹の~とかいう漫画の絵を観たことがあります。多分、私が読んでた漫画雑誌に連載されてた記憶が…。私はお目当て以外の作品を読まなかったので、内容を知らないんですが、ふんわりしたメルヘンな絵だったイメージがあります。グーグー、観てみようかな~。by.きおり

コメント投稿

AD

メールはコチラから↓


ジオターゲティング


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。