物性物理と日々格闘している楕円球(またの名を主筆)の日常つれづれよしなしごとを。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-18 11:12:46

最近読んだ本

テーマ:読書

「グッドフライト・グッドナイト」(マーク・ヴァンホーナッカー)

 

現役の(恐らく)BAのパイロットで、今はB747の機長ないし操縦士をしている人の本。薄っぺらい航空業界内幕ものでもなければ淡白な世界旅行記でもない。この著者は美しいものとか美しい心とかそういうものへの感性が優れているなぁ、と思う。パイロットになった動機も書かれているが、本当に純粋な人、という印象。理系の知識もなぜか豊富で(歴史学を勉強してコンサルタントをしていたにも関わらず。パイロットになるにはこういうのも勉強するの?)豊かな人生を歩いていることがよくわかる。「この本を読むと旅行に出たくなる」という感想も宜なるかな、である。

 

「真理の探求」(大栗博司・佐々木閑)

超弦理論の泰斗・大栗さんと京大で化学と仏教学を専攻し仏教学者(という理解でいいんだろうか)になられた佐々木さんの対談&講義集、という位置づけか。物理の部分はまぁ知っているor分かっている(この違いは実は大きい)話がほとんどだが、佐々木さんの仏教及び仏教研究に関するコメントと講義は目からウロコ。普段から「日本の仏教と坊さんは腐ってる」と公言しアンチ仏教を掲げている私だが、私がそう思う理由が実に明快になった。そうなのね。日本の仏教は大乗仏教で、釈迦のオリジナル仏教を思い切り換骨奪胎してゆる〜〜〜〜くご都合主義にしたからなのか。道理で・・・。釈迦のオリジナル仏教には共鳴・共感できる点大、なので、今度T大東洋思想の俊英Bさんによく質問してみよう。

 

「ビールへの旅」(長尾伸)

3部作の2作目で、これだけ持っていなかったので古本として購入。なんとなく胸のつかえが下りるような気がする(大げさ?)。長尾さん、非常に分析的・解析的で、絶対理系、大学の先生だったのでは、と思うが、その後続編も出ないし、お亡くなりになったのかな?だとすれば残念。これでドイツのビールはほとんど網羅的に理解したはず、なので、次回以降の訪独が楽しみだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-16 22:19:04

チェロ2題

テーマ:音楽

アンドレアス・ブランテリド(スウェーデン?デンマーク)とヨハネス・モーザー(ドイツ)。

 

ブランテリドはバッハが素晴らしく、モーザーはプロコフィエフのチェロ・ソナタが素晴らしかった。特にブランテリドのバッハは若いのに枯淡の演奏。音も綺麗で好み。モーザーは「厚切りジェイソン」みたいなルックスでバリバリとプロコフィエフを弾くのが威圧感ある。チェロってうまい人が弾くと本当にいい音がするんだねぇ(遠い目)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-09 19:00:35

決勝

テーマ:ラグビー

大学ラグビー史に残る名勝負だった、と言っても過言ではないと思う。

 

結果的に予想は外れてしまったけど、球技と格闘技の和集合、というラグビーの魅力を80分堪能した!あっという間の80分。お互いにきわめて高いレベルで技術と体力をぶつけあった名勝負だったよ。早慶明、それに同志社の諸君は猛省すべし。

 

立ち上がりは帝京の凡ミス有り(今年はそういうミスが多い年だった)、東海FWのスクラムトライあり、でこれは東海圧勝か、とみんな思ったはず。私も思った。が、帝京の強さは精神面にあった、とみるべきか。慌てず騒がず(さすがに14-0の直後はバタバタしていたが)、結局同点でハーフタイム、という時点で既に帝京ペースだったのかも。

 

後半は小畑の大チョンボでまたいや〜な雰囲気にはなりそうだったが、松田が追いかけて行っていい位置にトライさせなかったのが大殊勲(東海のコンバージョン失敗)。その後怒涛の3トライで逆転(ここで松田が難しい位置で2本決めたのも大殊勲)。14点差となって、その後悪くても両校優勝、というところで帝京にはかなり気分的にラクに出来たと思う。これがコンバージョンで逆転、という点差なら帝京も慌ててしまって反則して本当に大逆転、ということがありえたか。最後の東海怒涛の猛攻も素晴らしければ帝京のディフェンスも素晴らしかった。終わってみれば、帝京のラグビー理解が少しだけ上で、BK陣が少しだけ東海より上(東海のBKもディフェンスは凄まじくよかったけど)だったのが大きかったかな。

 

今日のMVPは誰がなんと言っても松田。14-21にしなかったカバーといい、難しいコンバージョンを4/5成功といい、竹山の名トライを演出したキックといい(タッチダウンは同時だと攻撃側のトライなの?)、常に冷静で相手の陣形と精神状態と地面の悪さを常に計算した冷静極まりない(相手からすると実に嫌な)ラグビー脳のよい、素晴らしいプレーぶりだった。

 

で、来年。帝京は9連覇(巨人か)がかかるわけだが、視界は結構悪そう。FWの2,3列がごっそり抜けるし、第1列はあまり大物がいない印象。BKも松田の卒業はイタすぎる。来年はかなり苦しいのでは?東海もFWの主力が結構抜けるとの湯本の卒業は痛いか。BKはディフェンスがいいのでオフェンスを磨けば(特に野口を中心に)かなりいいところは行ける、というか来年も決勝まで行けるのでは?帝京が今ひとつ、と言っていて何だが、早稲田も明治も慶應もじゃぁ来年帝京に勝てるのか、と言われると・・・。明治は今の高3を大補強らしいけど・・・。むしろやはり大東文化大、天理大の躍進を期待したい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-02 19:26:17

初夢

テーマ:ブログ

普段、迷信的なことは興味がないのだが、信じる信じないは別にして驚いた、という話。

 

初夢、オバマ大統領に招かれる、という話だった。ずいぶん普通のビルにアメリカのあの銀色の地下鉄に乗って行くんだけど、そこで中を案内されて、最後に「大統領はこちらでお待ちです」と言われて舞い上がったところで目が覚めた。リンカーン以来、最高の大統領だと思っているので大変な名誉です。大統領、ありがとうございます(笑い)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-02 19:05:21

準決勝

テーマ:ラグビー

2日は恒例の大学選手権準決勝。

 

第1試合は予想通り東海の爆勝。40-15の予想は甘すぎた。大甘。同志社は工夫がなく、自分のやりたいことをやってそれでダメならごめんなさい、という当世学生気質を地で行く出来だった。松井もあんなディフェンスのままじゃジャパンで使えないね。東海は近年でも最高の仕上がりでは、と思わせる。最後まで抜かずに厳しくプレーして精神面でも充実している印象。

 

第2試合は好勝負だった。点差は最終的にやや開いたが、天理は本当に愚直なまでに真面目でひたむきなプレーを最後まで続けていた。10年位前に同志社に100点ゲームで蹴散らされたときから変わらないひたむきさで、本当に好感がもてるいいチーム。帝京はチームとしてもまとまりが前半なかったが、後半修正したら凄味が出た。BKの精度がもう少し上がって欲しいのと、FWがこのままじゃ危ない。

 

ということで決勝なんだが、V3の天理戦以来のギリギリの決勝になるか。ずばり東海勝ちを予想する。東海は今年が戦力的に最高潮のはずで、一方の帝京は去年より落ちる(FWの仕事人が機能しきれない。あとBKにあと1枚、キレの有る選手がほしい。松田、竹山、尾崎、あと1人いればなぁ。重に期待してるんだが・・・)と思う。東海はチャンス到来。30-25くらいで東海勝ちを予想する。逆にこれで帝京が勝ったら本当に岩出さんは名伯楽だ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-02 18:57:16

Neujahrskonzert 2017

テーマ:音楽

今年はドゥダメルということで、どんなはじけっぷりか期待しつつ視聴。

 

ところが意外にもおとなしい演奏で、リズムの鋭さや流麗な旋律など、ところどころドゥダメルらしさもあるものの、随分のアウェー感のある指揮ぶりだった。遠慮したのかな?会場は随分盛り上がっていたけど・・・・。特に前半は縦が微妙に合わなかったり、旋律の出がもたもたしたり、らしくなかった。もちろんバレンボイムやメータみたいなズブズブの演奏じゃないので、標準以上の出来ではあったと思うけど、期待していたぶん、ちょっと残念。

 

来年はいよいよムーティ登場。これで3回目?4回目?ただもう来年は76歳?なので年齡による衰えが心配。去年のヤンソンスも年齡のせいか、アンサンブルの精度が前回より落ちていたので、流石の厳格な皇帝ムーティも果たしてどうなるか・・?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 13:56:47

2016年総括

テーマ:大学生活

前にも書いたが夏以降、本当に体調が悪く、11月末くらいにようやく元に戻ってきた感じ。12年前も酷暑で、おなじようになったなぁ、と。

 

前半はPRLに通り、某巨大研究Pjも採択になり、順風満帆だったが、そういうわけで夏以降はぱったり論文が通らなく&出なくなった。ようやく12月に3本まとめて発信したが、かなり予定を遅れた。あとN系で2本手持ちがあるが、1本は今年中に通るはずが、まだやっている・・・。なんとかして〜。

 

まぁそのぶん来年たくさん論文が通って、たくさんいい雑誌に載るんだろう。まぁそれを楽しみにwelcome 2017!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 13:53:17

Music of the year 2016

テーマ:音楽

今年は多忙と体調不良でいつもの京大オケにも結局一回も行けず。

 

極めてよかったのは

エンリコ・オノフリ演奏会(西宮)

ウィーン国立歌劇場「ナクソス島のアリアドネ」(ウィーン)

特にナクソスは本当に出色の出来。

 

いつもはこれで終わりだが、人生で最も酷かった演奏会もあったので備忘録で書いておく。

 

U森某のバッハ・チェロ組曲全曲演奏会

 

口直しならぬ耳直しで帰宅後すぐにフルニエとウィスペルウェイのバッハを何度も聴き直した。ある意味勇気と希望を与える演奏会である、とも言えるし、日本の音楽レベルの底なしぶりを認識できた演奏会、とも言える。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-31 13:48:42

Book of the year 2016

テーマ:読書

今年はわりに豊作。以下、順不同でよかった本。

 

東山魁夷「我が遍歴の山河」

池内紀「亡き人へのレクイエム」

東理夫「アメリカは食べる~アメリカ食文化の謎を巡る旅~」

 

となるとやっぱり東山魁夷かなぁ。

年々読書に割ける時間が減っているが、年末に随分買いだめしたのでなんとか読んでいきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 13:44:54

今年はここに行きました

テーマ:大学生活

当然ながらいつもどおり出張の多かった2016年。

 

1月:サンディエゴ
3月:レーゲンスブルク・ボルチモア
6月:ギリシャ
7月:シンガポール
9月:レーゲンスブルク

11月:ウェリントン(NZ)

 

これでも8月のサン・ディエゴ、11月の台湾とニューオリンズ、12月のハワイを皆さんに替わってもらってこの体たらくだ。来年は、というとトランプ効果でアメリカ行きを4年間拒否するので

 

3月:ドレスデン(ニューオリンズを辞めた)

5月:バルセロナ

5月:ストラスブール

 

しか決まってない。8月のサン・ディエゴは替わってもらう予定で、11月のピッツバーグはちょっと行きたいけどきっと行かない。あとはギリシャに今年も行けるといいな、という感じか。

 

今年は夏が凶暴すぎて、夏以降一気に体調を悪くしたので、来年は体とも相談してやっていきたい。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。