福岡県警捜査1課の警部補、岡田好典容疑者(46)が銃刀法違反(拳銃所持)容疑で逮捕された事件で、岡田容疑者が「約30年前の中学生時代からモデルガンに興味があった」と供述していることが分かった。捜査関係者が明らかにした。警視庁は、岡田容疑者の自宅から逮捕容疑の改造拳銃とは別に約10丁のモデルガンを押収しており、殺傷能力の有無を鑑定している。

 捜査関係者によると、岡田容疑者の自宅からは拳銃の形状をしたものが多数見つかった。うち10丁近くが改造拳銃とみられ、改造方法や入手ルートを捜査している。岡田容疑者がブログで写真を掲載していた改造拳銃はガンマニアの間でも希少なタイプだったという。弾倉に穴を開け、実包を6発装てん、発射できるように改造してあった。【町田徳丈】

【関連ニュース】
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
DV:被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警
DV:被害登録の女性救え! パト20台・ヘリで追跡、28歳の夫を逮捕--熊本県警
銃刀法違反:「ウチの銃本物ですわ」 展示の喫茶店主吹聴を基に逮捕--大阪・泉佐野
銃刀法違反:橋下・大阪府知事の法律事務所に包丁男 所持容疑で現行犯逮捕

北日本は不順続き、冷夏も=農作物に注意-気象庁3カ月予報(時事通信)
かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)
投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)
生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
AD