今月末の任期満了に伴い、公募していた日本原子力研究開発機構の理事長職について、川端達夫・文部科学相は19日、現職の岡崎俊雄理事長(66)を暫定的に再任すると発表した。運転再開作業が進められている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転が安定化するまでの特例的措置という。

 公募は文科省が行い、関係者によると官庁OB2人を含む14人が応募していた。今回の措置で選考は一時中断し、もんじゅの運転が再開した時点で岡崎理事長が退任、新理事長を任命する予定。

 岡崎理事長は大阪大卒。旧科学技術庁原子力局長、事務次官、顧問を経て、04年から同機構の前身、日本原子力研究所理事長。07年から現職。

桜いつ満開…予想困難、気をもむ観光関係者(読売新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
偽装ラブホ 容疑で書類送検(産経新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
首相、邦夫氏離党で「自民党も苦労されてる」(産経新聞)
AD