バレンタイン商戦の本格化を前に、甘い物が好きな“スイーツ男子”に狙いを定めたチョコレートの試食会が26日、大阪市北区で開かれた。今年は2月14日が日曜日にあたるため義理チョコが減るともみられており、販売側は、受け取るだけだった男性にもアピールを強め、チョコの消費拡大を図りたい考えだ。

  [フォト]レバノン王室御用達のチョコレートブランド

 試食会は阪急百貨店(大阪市北区)が企画。新入社員の男性の意見を取り入れて開発した男性向けチョコ「ショコラの騎士」など約40ブランドをそろえた。

 男性の参加を優先的に抽選したが、平日ということもあり、参加した50人のうち男性は11人しかいなかった。それでも男性らは好みのチョコを皿に取り、一粒一粒の味の違いを感じながら食べ比べていた。

 妻と参加した大阪府守口市の団体職員、時任昌郷さん(36)は「香りが強かったり、苦みがあったりと、すべてに個性があっておいしかった。幸せです」と笑顔を見せた。

【関連記事】
大阪・梅田スカイビル空中庭園でバレンタインイベント
高島屋、バレンタインフェア 国内外80ブランド一堂に
グローバルWS、バレンタイン氏も大歓迎 野球
西友が英PBのチョコを直輸入 バレンタイン商戦へ
高木美帆、長澤まさみとバレンタインCM共演

「黒い雨」国指定地域外にも…広島市が聞き取り(読売新聞)
「猫の足星雲」を詳細に観測=星の生死解明に期待-欧州天文台(時事通信)
<日清ファルマ>カプセルは「トクホ」認めず 消費者委(毎日新聞)
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)
AD