突然簡単料理~焼き豚串

テーマ:
素人料理人の特徴→洗物大量発生


今日は同期が誕生日を迎えたり、フランスに行っていた親友と
久しぶりに会ったり、めでたいこと楽しいことが目白押しでした。

風邪もかなり治ってきたし、憎きクリスマスも終わって、僕自身
もかなりいい調子です。

やっと追い風か!!!



…と、思っていた矢先。



母ちゃんが風邪でダウン。

しかも僕のような鼻水と咳なんていう時代遅れの風邪ではなく
嘔吐と下痢という流行最先端の風邪にかかってます。



当然ご飯を作る気力などあるはずもなく、帰ってきた僕は
あり合わせのもので晩ご飯を作ることになりました。

そいで出来たのがこちら。







焼き豚串。


豚バラ肉をくるくるっと巻いて、半分に切って串に刺し、
包丁で潰して厚みを1/2ぐらいにしたら塩を振って
ネギと一緒に焼いたら出来上がり。

塩でいただくもよし、仕上げにしょう油で味付けしてもよし、
何気にソースでいただくとトンカツ味でおいしゅうございます。

チーズを一緒に巻いてみたらなかなか豪華な味になりました。

・・・・・・・・・

貧乏くさくてこそ男料理です。



しかしながら期せずして料理のレパートリーが増えました。

やっぱり今日は追い風ギュンギュンですね!!!


さて、今日は疲れたのでもう寝るとしましょうか。




ビュォォォォオオ




追い風が僕を魔窟と化した流し台へと押し出します。
ちょ…くそっ…その為の追い風かよ!!!
AD
台所って寒い(風邪っぴき)


昨日、久しぶりに料理をしてみました。
今回作ったのはコチラ。




「鮭のムニエル」と「和洋折衷サラダ」。


会心の出来です…。
見た目はホラ、まあ、アレですけども、味はカンペキでした。

今回は自信を持ってレシピを掲載出来ます。



☆☆☆おいしい鮭のムニエルの作り方☆☆☆

材料(2人分)

キングサーモン2切れ シチューの素(固形)
牛乳 バター 塩 コショウ 小麦粉 油


サーモンにの両面に塩・コショウをして少し置く。
(それだけでも味があるように少し多めに)

その間に鍋に牛乳を適量入れ、暖めながらシチューの素とバターを入れて煮込む。

サーモンに薄く、満遍なく小麦粉を付ける。

バターを溶かしたフライパン(強火)で両面に焼き色を付ける。

フタをして、中弱火で中まで火を通す。

お皿に盛り付け、クリームソースをかければ出来上がり。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



・・・・・・・・・



わざわざ書くほどのレシピでもないッスね。


作り方云々というよりも、キングサーモンという素材が良かったように
思います。
非常に脂がのっているキングサーモンは、ムニエルにすると外はカリっと
して、中はジューシーという「おいしいものの王道味」がします。

また、ムニエルには色々なソースが合いますが、
僕はクリームソース以上にムニエルに合うソースはないと思います。

ムッチャ作るの楽だし。



そして、ネーミングだけ異常に気になる和洋折衷サラダ。
こちらのレシピはと言うと…


レタスを食べやすい大きさにちぎる。

油揚げとちりめんじゃこを乾煎りする。

中華ドレッシングで混ぜ合わせる。

盛り付けて出来上がり。


ほら和洋折衷。

西洋のレタスと日本の油揚げ、じゃこ、そして中華ドレッシングの
素敵な出会いです。


・・・・・・・・・


貧困な想像力の産物ですが、味はなかなかのものでしたよ。
乾煎りした油揚げとじゃこが香ばしく、食感も斬新です。
僕は今回これに温泉卵を加えて濃厚に仕上げました。

卵とじゃこがマッチして大変おいしゅうございました。



あ、ついでに温泉卵の作り方も書いておきますね。


卵をしっかり浸るぐらいの水に入れて弱火で熱する。

鍋の底面全体に小さな泡が出てきたら(65°程度)火から降ろす。

鍋にフタをして、16分置く。

氷水にとって殻が冷めたら出来上がり。
(あまり長く浸けておかない)


温泉卵は、丼ものやパスタに加えるだけでグレードがアップする
なかなか重宝なアイテムです。

一度にたくさん作って冷蔵庫に入れておくのもいいかも知れません。




・・・・・・・・・

なんだか温泉卵が一番有益な気が。
AD
ワインはいらなかったというまさかの結論。


今日の晩ご飯は僕が作りました。
その為に遊んでいたクラッチとは夕刻別れることになって申し訳なかったッス。


でも、お陰でいいものが作れました。

今夜の夕食はこちら。





フレンチ?イタリアン?

じゃあフレリアン料理ということで。


とにかくオサレデナー(おしゃれディナー)です。


主食はフランスパン。
多摩はパンのおいしい店が多いのです。


そのフランスパンをミートソースにからめていただきます。





☆☆☆おいしいミートソースの作り方☆☆☆

材料
ニンニク、玉ねぎ、ひき肉、ホールトマト、塩、こしょう、味の素

ニンニクをひとかけ、玉ねぎを一個をみじん切りにする。

オリーブオイル大さじ1を引きニンニクを炒める。

玉ねぎをフライパンにぶち込み飴色になるまで炒める。

ひき肉を加えて更に炒める。

ホールトマトを叩き込み、残った缶に水を半分ほど入れ、
 缶を洗いつつその水をフライパンに加える。

味の素と塩、こしょうで味を整えて出来上がり。

(出典:おヒゲのシェフ某T氏のレシピ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



僕はメンドイので出来合いのミートソース缶を使いましたけども。

ひき肉と玉ねぎを加えるだけで結構おいしくなります。




問題は右手奥に見えるスープです。

この「白ワイン入りオニオンスープ」が曲者でした。





☆☆☆白ワイン入りオニオンスープの作り方☆☆☆

材料(2人分)
玉ねぎ2個 白ワイン1/2カップ
A(水3カップ、固形スープの素1個)
フランスパン パセリ少量 バター オリーブオイル 塩 コショウ 

玉ねぎを薄切りにする。

鍋にバター大さじ2とオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、
 玉ねぎを中火弱できつね色になるまで炒める。

白ワインを加え、強火で2分ほど煮詰めたら
 塩小さじ1/3とコショウ少量を加える。

Aを加え、煮立ったら再び中弱火にしてフタをかぶせ、
 ときどきアクを取りながら20分煮込む。

フランスパンをトーストして器に入れ、スープを注いでパセリのみじん切りを散らす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こう書くと簡単なんですが、作ってみるとすごい難しかったです。















ワインの栓を抜くのが。


お陰で工程がから進みません(泣

比較的涼しい夜なのに、何故か汗ぐっしょりの僕。


30分かけて




この有り様です。



ウガー (ノ`Д´)ノ彡┻━┻







ところで余談なんですけど、今日『のだめカンタービレ』のCD、



R☆Sオケ(千秋真一:指揮)
ブラームス:交響曲第一番


を買いました。


ブラームスの交響曲第1番。

二つの対位する旋律によって表現される情熱と絶望、
そしてブラームス自身の心の傷が音楽に込められている――

らしいです。



僕はまだ、そんな作り手の想いを感じとれるほどではありません。

でも今日、料理を作りながら聴いていたらその意味がわかりました。








二つの対位する旋律(栓と栓抜き)によって表現される情熱(開けたい)と絶望(開かない)、

そして自身の心(ていうか手)の傷。



痛いほどよくわかります






そして格闘を始めて30分を過ぎた頃、
流れる音楽に変化が起きはじめます。








短調から長調へ。


喜びのコラールが響く。


これまでの「悲劇」から「希望と救済へ」





さあ!





歌え!





歓喜の歌を!




なんだかブラームスの心に近づくことが出来たような気がします。

(あきらかに勘違い)




という訳で、謎に調理時間が一時間を越えるビッグプロジェクトになりましたが完成です。







さてそのお味は?









ワインのせいで甘いこと甘いこと。



でもすぐにちょうどよくなりました(涙で)
AD
屁ぇこき寝ながらご飯が出てくるありがたさ。


頭、イテぇー・・・

しっかり二日酔いで目覚めました。
それでもちゃんと6時に起きれた僕はエラい!


でもさすがに朝ご飯は食べられず。
ヨーグルトだけ食べてバイトに行きます。


バイトから帰ってきて、寝る前にちゃんとご飯を食べておこうと思い、死ぬ気で台所に立ちます。

必死の努力で作ったのがこちら。






あれ?昨日の朝飯?



正直あるもので作る気力しかなかったッス。
ご飯がパンになってるだけ進化ってことで…


後片付けをして洗濯物を干して、ようやく一眠りにかかります。















(*´ェ`)グー...∑(*゚ェ゚*)ハッ!

と気付けばもう5時で。




そろそろ晩ご飯の準備にかからないといけません。
しかし…今日は多摩川(関戸)で花火大会があります。

家でシコシコ料理なんてしてないで花火でも見にいくべきでしょう。

と、言う訳で声をかける人を考えます。



やっぱり女の子と行きたい!

と考えるに、あの子はバイトだし、あの子は茨城だし、あの子は就職、あの子は…


あ、誰もいない。



じゃあ男の子でもいいッス。はい。

と考えるに、彼は勉強中、彼は就職、彼も就職、彼も就職、誰も彼も


いねぇΣ(T▽T;)




さて、今夜はハンバーグだ。

玉ねぎを色んな意味で涙を流しながら切り刻んで炒め、余ったパン、牛乳、卵と、牛挽き肉と豚挽き肉をボールに入れて…


入れて…




ヤバイ、めちゃくちゃ多い。

なんだかんだで800gあります。





まあ、オカンと妹にも食わせればよし…


ブルルルル ブルルル


あ、久しぶりのメールだ。


「今日花火観てからトンカツ食って帰るよーん」











ド━━( ゚Д゚;)━━ン!!



明日の晩ご飯もハンバーグッス(泣

それでも4個分ほど冷凍庫行きッス(泣




そんなこんなで出来た晩ご飯がこちら。



おろしポン酢ハンバーグ


夏らしく、おろしポン酢でいただくハンバーグはさっぱりしていておいしゅうございます。

冷たい大根おろしが非常に涼やかです。









おろす工程は汗だくですが。



いろいろオチのつく料理合宿もこれで終了。
作るのは楽しいですが、毎日毎食続けると結構大変ですね。
明日からまた上げ膳据え膳の生活に戻ります。






オカン「天才料理人!明日からもよろしく ネ


現金やなぁ、チミぃ。

一人の休日

テーマ:

気付いた。ここ3日ほどDM以外のメールが来ない。


今日はバイトが休みの日。

朝、ゆっくりと起きた僕は鼻歌を歌いながら朝ご飯を作ります。

これ、これですよ。こういう優雅な朝をやりたかったんです。



てな感じで作ったのはこちら。



ベーコンエッグとウインナー

と、ご飯(日本昔話盛り)




朝から米ガッツリです。
全然優雅じゃないッスね。



ご飯を食べ終えて後片付けをして、洗濯物をたたんでもう正午。

今夜はバイトの社員の送別会があるので晩ご飯を作ることが出来ません。

昨日のキムチと豚の残りがあるので使いきりたいけど…昼ご飯の入る余地は一切ありません。



と、言う訳でプールに行きます。



ひとしきり泳いで帰ってきて、シャワーを浴びてヒゲを剃り、洗濯物を回したところでようやく3時。

そろそろ食べないと飲み会に響きます。


少し疲れた身体を引き摺って作ったのがこちら。



豚キムチチャーハン


なぜか2杯分。





炊いた米を消化する為とは言え作りすぎました_| ̄|○


食えねぇー、マジ食えねぇil||li _| ̄|○ il||li






と、思ったらすんなり完食ε= \_○ノ

これも炒めるだけなのに超うまいッスよ。





後片付けをして、洗濯物を干して、久しぶりにブログのサボってた分を更新して(旅行記完結編など7月分の未分更新しました)、7時から飲み会です。

後輩ひら㌧の初めて話を社員と一緒に聞き出したり、二次会から壊れ始めた某T氏を生暖かく見守っ…てたらカラまれたりして楽しく時は過ぎ、家に帰ってからの記憶がないままに朝を迎えることとなりました。



明日、オカンと妹が帰ってきます。
僕の料理合宿も明日で終わりです。


二日酔いで死んでなければ、明日も作りまくります。

一人の夜

テーマ:

簡単だけど超おいしい。


今日から2日間、オカンと妹は実家の福島へと旅立ちます。

つまりこれから2日間は僕の天下という訳です。

普段、親が常駐していることで出来なかったあんなことやこんなことが出来ちゃう訳です。

むむむむ・・・





むっはー (;゜∀゜)=3


と、言う訳でこれから親が帰ってくるまでの間、















料理をしまくります。





・・・。





∑(`□´/)/ エロビデオ鑑賞じゃないのかよ!



そんなの親がいても観るから観ません。







∑( ̄Д ̄;) 女の子を連れ込むとかじゃないのかよ!



ねぇよ( p_q)




念願だったんです。料理を作ることが。
オカンに言わせると僕が料理すること=台所を魔窟に変えることという認識があるようで厨房に立たせてくれないのです。

既に魔窟な気がしますが。




と、言う訳でこの機会に料理を作りまくりたいと思います。

とりあえず今夜の晩ご飯はこのようなものを作りました。





















豚キムチ炒め。



はい、そうですね。

炒めただけです。





こんなダラダラ料理があと2日続きます。

よろしくお付き合いください。