解読不可能な「心」の記号化。


生まれてから21年間の間に、僕は100冊も本を読んではいなかった
と思います。

学生生活最後の年を有意義に過ごす為に打ち立てたこの
「一年間で100冊読むぞキャンペーン――文学青年への道」は
僕のこれまでの生涯を凌駕する企画だったのです。

その企画も今日、終わりを迎えます。


締め括りの本は以下の通りです。



◎◎◎氷壁

井上靖:著


◎もし僕らの言葉がウイスキーあったなら

村上春樹:著


○マイロストシティ

S.フィッツジェラルド:著 村上春樹:訳


△アポロ13号世紀の帰還

ヘンリー・クーパーJr.:著 立花隆:訳


◎7つの習慣

スティーブン・R・コヴィー:著 ジェームス・スキナー 川西茂:著



以上、小計5冊

合計 100冊




最後が研修用の本かよ(゚ロ゚;)

無計画に読んでたのが仇となりました…。
でも、かなり面白いですから社会人の方は是非一読を。


ところで最後の最後で素晴らしい本と巡り合えました。

井上靖の『氷壁』です。

宮本輝のような素晴らしい構成力、文章力。
ドラマチックでありながら限りなくリアル。

これが本というものなのか、という逸品です。

『7つの習慣』なんていいから社会人も主婦も老いも若きも
これを読めっ!!!



さて、そんな感じで僕は少しだけ、ほんの少しだけ文学青年に
近づいた訳ですが、それはたくさん本を読んだからではありま
せん。

僕は僕なりの「本の哲学」を持つようになったからです。


僕の読書に対する姿勢は、暇つぶしであり、娯楽でもありますが、
何より「心を学ぶ」ことにあると気付きました。

読書を通じて、登場人物の心に触れ、作者の心に触れ、何かを学び、
感じ取っていくことが楽しいのです。


キャラクターの心に触れるとその深さに心打たれる宮本輝。

恐るべき感性の秘密が知りたくて、話よりも著者に興味を持った村上春樹。

哲学というものを世界で一番平易に教えてくれた嶽本野ばら。


彼らの、そしてまだ見ぬ師の言葉を僕は今日もワンコインで求めます。

AD

引っ張る引っ張る。


採点アルバイトがあったので、読書量が増えるかと思ったら、
昇格のせいで時間が全くなくなり、二ヶ月かけてわずかしか
読むことが出来ませんでした。

人付き合いというのはある面では良いものですけれども、
ある面では億劫なものです。

ゴールまで残り14冊にまで迫った本企画。
果たして達成出来たのでしょうか。

今年読んだ本はこちら。



◎天才の栄光と挫折 数学者列伝

藤原正彦:著


○ナ・バ・テア

森博嗣:著


◎◎バビロンに帰る

S.フィッツジェラルド:著 村上春樹:訳


○さよならバードランド

ビル・クロウ:著 村上春樹:訳


○村上春樹全作品1990~2000短編集Ⅰ

◎神の子どもたちはみな踊る

◎村上朝日堂はいかにして鍛えられたか

◎村上朝日堂の逆襲

○「そうだ村上さんに聞いてみよう」

村上春樹:著



以上、小計9冊 合計95冊(2/21現在)



と、いう訳でギリギリ届かなかった訳ですけども、
村上春樹狂いですね、もはや。

どんだけ偏ってるんでしょう。


でも、ここにきてようやく自分の読書のスタイルというか、考え方
が見えてきました。

おそらく次回が本当に最終回。
この企画で学んだことや感じたことを記したいと思いますので
お楽しみに。



とりあえず今回の読後の一言。

「フィッツジェラルドが熱い」

確かに、『グレート・ギャッツビー』で彼のすごさというものは
頷けるレベルではありました。
しかし、破滅志向という看板の外れぬ彼の作品は好みの分かれる、
または飽きのくるものだと思っていました。

ところがぎっちょんさにあらず。
この『バビロンに帰る』では、スティーブン・キングを思わせるテラーや
まさかのハッピーエンド作品など、多彩なのです。
僕は全然フィッツジェラルドを知ってはいませんでした。その偉大さも。

表題作「バビロンに帰る」は訳者の村上春樹も絶賛するように、文句なし
「A+」作品です。

ぜひぜひ一度読んでみてください。


あとは、そうですね、村上エッセイのクスっと笑いは結構いいものです。
待ち合わせのときに読むにはもってこいなので重宝してます。

冊数稼ぎで読んでるんじゃないですよ。


僕の周りには本を読む時間を与えてくれる友人が多い、ただそれだけの
ことです。

AD
本キャンペーン最優秀作品賞が早くも確定。


12月の報告をすっかり忘れていた「文学青年への道」。
きちんと年内に記しておきましょう。

今年最後の月に読んだのはこちら。



○インザミソスープ

村上龍:著


◎そのときは彼によろしく

市川拓司:著


◎空中ブランコ

奥田英朗:著


○アインシュタイン相対性理論

井野川潔:著


◎◎◎博士の愛した数式

小川洋子:著


◎◎◎世にも美しい数学入門

藤原正彦・小川洋子:著


◎◎カルプス・アルピス

△ツインズ 続・世界の終わりという名の雑貨店

△それいぬ 正しい乙女になるために

○ミシン2/カサコ

嶽本野ばら:著



以上、小計10冊 合計86冊(12/29現在)


ついに最終コーナー手前までやってまいりました。
しかも現在、寝正月に向けて大量の本を借りてきています。
これを読みきればもしかしたら…

次回が早くも最終回やも知れません。



さて、読後の一言。

今回何故かアインシュタインやら数学入門やらの本が並んでいます。
それというのも小川洋子さんの『博士の愛した数式』の影響です。

この本は最高によかった。
ストーリーもさることながら、数学の、数字の美しさには無類の感動を
覚えました。

例えば220と284は切って切れない関係にあります。
なぜかというと、220の自分自身を除いた約数の和は284になり、
284の自分自身を除いた約数の和は220になるからです。
数学ではこれを「友愛数」と言います。

作中で博士はこの二つの数字をこう表現します。

「二つの数と数が抱擁し合っている」 、と。

なんともロマンティックな話ではありませんか。
このような数学の美しさがこの本にはたくさん散りばめられています。


また、『博士の愛した数式』を読んだ後は『世にも美しい数学入門』を
読むことをオススメします。
カタブツで、数字のことしか頭にないようなイメージの数学者が、実は
「友愛数」なんて素敵な名前を付けられるほど感受性が豊かで、ロマン
ティックな人々であったということが垣間見れます。


『博士の愛した数式』は来春映画公開にちなんで文庫化されたので
お求めやすくなりましたし、ぜひ一度読んでみてください。



(僕はその直前にハードカバーで買ってしまいましたが) 泣
AD

イケそうだけどイケてない。


さぁ、この愚かなブログにおいて唯一の知的記事、「文学青年への道」の時間です。

現在半分を超えてちょうど60冊。
今月は怒涛の勢いで読み漁りました。
果たして何冊まで届いたのか!?

今月読んだ本は以下のとおり。



◎半パン・デイズ

重松清:著


○さくら

西加奈子:著


○ブラフマンの埋葬

小川洋子:著


◎4TEEN

石田衣良:著


△街で一番の美女

C.ブコウスキー:著


○どきどきフェノメノン

△工学部・水柿助教授の日常

森博嗣:著


△中国行きのスロウ・ボート

○象工場のハッピーエンド

○回転木馬のデッドヒート

村上春樹:著


○夢で会いましょう

村上春樹・糸井重里:著


◎◎◎ロリヰタ。

○恋愛の国のアリス

◎カフェー小品集

◎ミシン

◎◎◎下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

嶽本野ばら:著



以上、小計16冊 合計76冊(11/17現在)


懸念していた採点バイトが実は大きく助力してくれています。
通勤を各駅停車にして電車内で読み、休憩時間に集中して読み、帰りの電車でまた読む。
本だけが友達の生活が成り立ったのです!!!


_| ̄|○

とにかく、なかなかの快進撃でした。
これを記念して今回の読後の一言は多くの作品について触れていきます。



まず、かなり評判の『さくら』について。
これは期待はずれでした。
内容が重い…しかし浅い…さくら(犬のこと)は可愛かったけどってな感じです。
冒頭の文章の流れとか僕好みで好きだったんですけどね。


期待はずれで言うならば『ブラフマンの埋葬』も酷かった。
ブラフマンと名づけられた謎の小動物、すごい可愛い。
もうこれからどうなるの!?どうなるのー!?と思ったら
最後すごいあっさり死んで埋葬した。はい終わり。
周囲の人々は変わったかって、いや全然。
そりゃないよよよ、でもブラフマン可愛いので○


逆に良い意味で裏切られたのは『4TEEN』と『半パン・デイズ』。
『4TEEN』の作者は『池袋ウェストゲートパーク』の人。
なんか『岸和田少年愚連隊』の中場利一のソフト版みたいな感じ。
結構好きなテイストで、しかもいい話が多い。

重めの主題でしか書かない重松清も宮本輝のような、
方言丸出しのすごくリアリティのある作風で、
重めのことも方言が丸くしてくれているのかすんなり入ってくる。
NHKとか好きそうな作品。


森博嗣は、わはは、ちょっとこれはなぁ。
僕の知らない理系の世界の中で繰り広げられる理系的な思考・行動。
理系を絵に描いたような理系。
著者が工学部教授だから本当のことなのか、いやこれはマンガだろ。
一体ホントのとこはどうなんだー!!!って感じの本。
とりあえず文体がダルい。


ブコウスキーは、ダメっぷりが好き。
swear wordがどんどこ出てくるのも僕としては好きなんだけど、
正直飽きてくる面もある。
友人曰く、「三流映画の台詞」だそうです。
言い得て妙ナリ。


村上春樹っていうより、糸井重里との共著『夢で会いましょう』
はなかなか斬新でした。
二人が様々なカタカナ単語を元にショートストーリーを考える作品。
だいたい一つは1~3ページぐらいなんだけどとにかくすごい。
二人はホント偉大だなって思います。
結構くだらないのが多いんだけど、それでも、ね。


で、嶽本野ばら。
◎の大盤振る舞いって感じですよね。
でもホントにこれが全部面白い。
どれもこれも大体同じような話であったり、テーマだったりするけれど、
毎回違った角度からハッと気付かされるようなことを言う。
僕はロリータファッションをしないし、全てを犠牲にして没頭するものもないし、
登場人物と全然似ている部分なんてないのにすごく共感する部分が多い。

『下妻物語』は映画が相当面白いらしいけれど、本も相当面白い。
最初は文体というか流れというかすごくかったるくて本ごしに主人公を
ぶん殴りたい衝動に駆られるけれど、それも恐らくは作者の計算。
文体の変化も見所の一つです。
笑いどころも多くて、でもグッと来るような泣きどころも多くて、
電車でなんて読めねぇよバカヤローとか思いながら、
俯いて、一心不乱に読んでました。

気付いたら新宿折り返して笹塚に戻ってたよ。

『ロリヰタ。』もオススメです。
『下妻』とは全然カラーが違うけど、同じぐらい面白い。
この人は毎回のテーマの使い方がうまい。
全部の作品が同じで、全部の作品が全く違う。

いま、一番のオススメの人です。



さてさて、ネタ話を期待していた人はガッカリな一日だったことでしょう。
しかし考えてみてください。このブログのタイトルを。

ネタ話を期待しているとその分ショックも大きい

そう、まさに諸刃の剣なのです。



本を読んでもうまいことは言えないものですね。

暗雲が…。


そろそろ一ヶ月ですし、借りた本を返さねばならないので書き留めておきます。

今月読んだ本は以下の通り。



◎◎◎デウスの棄て児

○鱗姫

◎エミリー

嶽中野ばら:著


◎村上朝日堂ハイホー!

村上春樹:著


○偉大なるデスリフ

C.D.Bブライアン:著 村上春樹:訳


◎ディズニー7つの法則

トム・コネラン著 仁平和夫:訳



以上、小計6冊 合計58冊(10/17現在)


目標ペースより遅めです(泣
これからまた採点バイトが始まるし、なかなか険しい道のりになりそうです。

てか、今回一番目を引くのは『ディズニー7つの法則』だと思います。
これ、研修用課題図書です。
前回与えられたビジネス書とはまた別のものです。

もうお腹一杯ッス。


おもしろかったんですけどね。



*****************************


読後の一言


嶽本野ばら、かなりいいッス。
(たけもとのばら)

特に『デウスの棄て児』が最高です。
文体は堅いし、時代物だし宗教物だし、正直好きな要素は少ないんですけど、
文章がうまいのですぐに引き込まれます。

読み進めていくうちに募るハラハラ感、そしてラストのカタルシス。
素晴らしいです。

ちなみに『下妻物語』の作者です。
男だけど女の子のファッションに詳しく、ロリータファッションが好きなようです。

てか、女装が趣味くさいです。


…ちょっと今ので躊躇った方。









(。--)ノ ハーイ

でもオススメです。


*****************************


追加

◎国境の南、太陽の西

村上春樹:著


◎猫を背負って町を出ろ!

大槻ケンジ:著



小計2冊 合計60冊(10/20現在)


意図的に書き忘れた大槻ケンジのエッセイと、昨日読んだ村上春樹の小説を追加しました。

意外と面白い大槻ケンジ。
あんなナリして、あんな歌を歌って、若い子の前に出ると

「え!?オレ様は28歳ですぅ」

とか言っちゃう大槻ケンジ。
文章力というか勢いがあります。


トラさん、安心した?
一ヶ月に8冊読んでいかないと間に合わない(泣


最近続報をサボり過ぎてました。

ていうか、全然本を読めてなかったんですね。忙しくて。

3ヶ月かけてこれだけしか読めませんでした。



◎真夏の犬

宮本輝:著


○偶然の祝福

小川洋子:著


◎父の詫び状

向田邦子:著


○誰か故郷を想はざる

寺山修司:著


○コミュニケーション力

斉藤孝:著


△君のいる場所

ジミー:著 宝迫典子:訳


◎◎◎恋愛寫眞――もうひとつの物語 (再読)

市川拓司:著


○海辺のカフカ(上)

○海辺のカフカ(下)

村上春樹:著



以上、小計9冊 合計52冊(9/20現在)


やっと半分です。
4月1日まであと6ヶ月強、同じペースならいけそうですね。

同じペースなら…

とりあえず内定先から出されたビジネス書の読破が最重要課題です。
(『コミュニケーション力』はその一冊)


ビジネス書…




・・・。




読める気がしない(泣



*****************************


読後の一言


『恋愛寫眞』は何度読んでも泣けるッス。

市川 拓司
恋愛寫眞―もうひとつの物語



典型的な男1、女2の恋愛模様小説かと思いきや、決着のつけかたが素晴らしい。
ヘタレ主人公のまま終わらず、また予想だにしない要素の投入で心にやんわりとメッセージを残す。




超 必読です。

あ、でも映画は観ないほうがいい。絶対。
表紙を見ないと読んだか思い出せないタイプ。


さて、そろそろ途中経過を書きたいと思います。
書かないと読んだ端から忘れていくので…



・・・。



読む意味あるのだろうか。



最近はこんなん読みました。

◎◎錦繍

○愉楽の園

宮本輝:著


○ヴラド・ツェペシュの肖像 ドラキュラ公

篠田真由美:著


△共産党宣言

マルクス エンゲルス:共著


○大事なことはみーんな猫に教わった

スージー・ベッカー:著 谷川俊太郎:訳



以上、小計5冊 合計43冊(6/21現在)





なんていうか…

本の選択が病んでますね。



なぜに共産党宣言。



しかもペースがどんどん落ちていっています。
これから忙しくなるし、この挑戦、やはり一筋縄ではいきません。

でも、あと9ヶ月近く期間がある訳ですし、ゆっくりやっても…げへへ





と、





そんな状況下、うーだから10冊の新たな積み本が。



ひー!スパルタ!

がんがります。



************************************************

今回読んだ宮本輝の『錦繍(きんしゅう)』はかなりオススメです。

この本は手紙のやりとりだけで進行していく異色のスタイルをとっています。

愛し合いながらも別れた男女。
偶然の再会に、別れた時のこと、今のこと、知りたいことがたくさん出てきます。

しかしお互い新しい、別々の生活をして久しい二人。
手紙という手段でしかやりとりが出来ない訳です。

手紙だからこそわかる相手の気持ち。
それを見届けた後に起こるカタルシスは素晴らしいです。


ぜひ!
道は遠い。


来年の4月1日の入職までに100冊読んで文学青年になろうじゃないのっていうこの企画。
細々と続けております。

前回 の宣誓以後、読んだ本を列記しておきます。(前回の書き忘れ含む)



○TVピープル

◎◎世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)

◎◎◎世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)

村上春樹:著


◎春の夢

◎泥の川

◎蛍川

◎◎道頓堀川

◎◎葡萄と郷愁(6/9追加)

宮本輝:著



○猛スピードで母は

長嶋有:著


○明治・人斬り伝――秘剣・二階堂流――

峰隆一郎:著


○青春ピカソ

岡本太郎:著


以上、小計11冊 合計38冊(6/9現在)


注:宮本輝の『泥の川 蛍川 道頓堀川』は一冊にまとめられたものを読んだが、便宜上、分けて換算した。


*****************************************************

読後の一言


『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』

やばいッス。



必読です。

あー、本読むだけで金が入るバイトないかなぁ。

オススメ本の紹介求ム。


今日、決意しました。

来年の4月1日までの間に、


本を100冊読みます。







No!エロ本はノーカン!





青木さやかの写真集は兵器です!





そんなことはどうでもいい。

とにもかくにも100冊読むことに決めたのです。

僕はこれまで22年間生きてきて、合計100冊読んでないんじゃないかと思います。



僕の22年間を1年で越えてやる。

そういう、企画です。



とりあえず、僕が今年になって読んだ本を覚えているだけ書いてみます。

◎羊をめぐる冒険 上

◎羊をめぐる冒険 下

◎ダンスダンスダンス 上

◎ダンスダンスダンス 下

△風の歌を聴け

○1974年のピンボール

○スプートニクの恋人

△レキシントンの幽霊

○パン屋再襲撃

○蛍・納屋を焼く・その他の短編

◎村上ラジオ

以上、村上春樹:著 11冊  小計11冊

○五千回の生死

◎優駿 上

◎優駿 下

◎花の降る午後

◎二十歳の火影

以上、宮本輝:著 5冊  小計16冊

△くっすん大黒

△夫婦茶碗

以上、町田康:著 2冊  小計18冊

後はバラバラに、

○からくりからくさ  梨木香歩:著

○暗殺―人斬り弥助  峰隆一郎:著

×猫の文明  赤瀬川源平:著

○ドルイドの歌  O.Rメリング:著

×ナイン・ストーリーズ  サリンジャー:著

ここら辺は前の企画 で読んだものですね。  小計23冊

○夏と花火と私の死体  乙一:著

×××家族シネマ  柳美里:著

○グレート・ギャツビー  フィッツジェラルド:著

○星の王子さま  サン=テグジュペリ:著

こんなもんかな…。  合計27冊(5/24現在)


村上春樹ばっかですね。

それでも冊数という点から見れば意外とたくさん読んでいたようです。

ジャンルを読書の方に移ろうかしら…。


と、言ってみるものの、書評やらレビューというのは非常に難しいものだなぁと思います。

人それぞれ感じ方はありますから、僕の意見を押し付ける形にならない書き方をしなければなりません。

しかしそれは恐ろしく無機質になりうる難しい文章だと思う訳です。


僕は毎日の愚かな日記の末尾に、その日読んだ本の名前をひっそりと書き記すぐらいがちょうど良い気がします。

てな訳で明日からまたネタ探しの旅に出かける所存であります。



なので書名の横の記号も僕の個人的評価。参考程度にしてくださいね。



あ、でも



柳美里の家族シネマだけは誰にもオススメしません。

恐いもの見たさでもダメ。

飲んでるコーヒーの味がコールタールに変わるほど酷い本です。



オススメ本の紹介も募集㊥ですが、そういう地雷本の紹介も大募集㊥です。

読むんかぃ。