1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月09日(金)

2016 グロム ステムスタビライザー

テーマ:ブログ

2016 グロム ステムスタビライザー

初期型グロム(2013~2015)との違いはハンドルストッパーだけですね。

車体に乗った状態で右側だけにハンドルストッパーを使います。

2016グロムのハンドルを左右に切ると、ステムの上側のボルトとタンクとのクリアランスは初期型グロムよりも余裕がありますが、右側のクリアランスが狭かったので右側だけにハンドルストッパーを付けるようにしました。

 

”剛性アップで狙ったラインを駆け抜ける”

OUTEX ステムスタビライザー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月01日(木)

スタッフ募集中!  株式会社アウテックス 

テーマ:ブログ

スタッフ募集中! やる気がある方歓迎! 未経験でもOK!
仕事内容:工場内軽作業、バイク部品やマフラーの開発製造販売等の業務に興味がある方を募集しています。
9:00~18:30の間で5時間以上(パートタイムも応相談)  
定休日:日曜祝日 /アルバイト890円~/正社員 月給18~27万円(試用期間あり、能力・経験・資格等に応じて手当てあり)/社会保険完備。 

詳しくはお問い合わせください。
株式会社 アウテックス // 所在地 597-0032大阪府貝塚市永吉72-1 // TEL 072-437-7722 outex-72@mrj.biglobe.ne.jp

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月17日(木)

チューブレスキット WM型リムのタイヤの組み方

テーマ:ブログ

OUTEXチューブレスキットは、WM型リムにも全く問題なく使えるという事が広まって、最近ではアドベンチャー系のフロント21インチリムのチューブレス化もあたり前のようになってきました。

ただ、キットの施工後にタイヤを組み付ける時、タイヤレバーで力任せにタイヤを入れようとすると、まだ完全に密着していない保護シートがめくれてしまう場合があるので注意が必要です。

タイヤを組み込む時に気を付けることは、タイヤのビード部が保護シートに引っかからないようにすることです。

タイヤレバーでタイヤをはめ込もうとする反対側のタイヤビードがリムのセンターに収まっていることが重要なので、作業を一人でやる場合は下記の画像のようにシャコマンでタイヤを挟んでやるか、又は大きめの結束バンドを使ってタイヤビードが開かないようにして作業すると、保護シートも傷めずに楽にタイヤをはめ込むことができます。

 

 

 

下記の画像ようにタイヤの片側のビードがリムのセンターからズレているままでタイヤを無理やり組もうとすると保護シートを傷めることになります。

 

タイヤのビードをリムのセンターに合わせてタイヤを組んだ後にエアーを入れれば、タイヤビードが保護シートをリムに押し付けながらリムのビードの位置に収まります。

次のタイヤ交換の時には、内圧の効果で保護シートがしっかり密着していますので、タイヤ交換は普通にできます。

でもビードクリームはちゃんと使ってくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月15日(火)

グロム OUTEX ステムスタビライザー Top-Notch

テーマ:ブログ

最近になってグロムのステムスタビライザーの評価が上がってきています。

海外からの注文も増えてきています。

 

 

このノーマルのステムは元々が弱いから走行の限界値が低いんですね。

でも、OUTEXステムスタビライザーを付けていると、性能の限界値が上がってハンドリングが良くなり、コントロール性も上がり、、etc.  つまり乗っていて楽しくなります。

また、転けてもフロントフォークがねじれにくいと言うのもメリットの一つです。

 

このアメリカのお客さん、 ”Top-Notch/一流、最高” と言ってくれています。嬉しいですねニコニコ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月09日(水)

新製品 ジュラコンスライダーボビン

テーマ:ブログ

スイングアーム レーシングスタンドフック用 

ジュラコンスライダーボビン

先月の筑波のレース前日練習走行の時に1ヘアピンで転けてしまい、付けていたアルミの一体型のボビンは傷だらけになってボルトが緩んでいましたのでボルトが緩まないボビンを製作しました。

 ←アスファルトとの衝撃でボルトが緩んだボビン。

転倒するとボビンを固定しているボルトがアスファルトと接触して緩んでしまうのです。

もし、レース中に転倒して再スタートが出来たとしたら、ボビンは走行中に脱落しますね。

こんな小さい物でも100~250kmで走っている時にライダーやバイクに当たってしまうと大変な事故になる可能性もあると予測できます。

それで今回、製品化されたのがセパレートタイプのジュラコンスライダー兼ボビンです。

ジュラコンはアルミのようにアスファルトに食いつかず滑ってくれるので転倒時の力が逃げるのですね。

しかもこのセパレート型ボビンはインナースペーサーで固定されているので、ジュラコンスライダー自体はクルクル回転します。

 

転倒した時の動画↓ これだけ擦れたら緩みますね。

 

ちなみにこのジュラコンスライダーは、振動吸収レバーガードの先端にも付けていて、今回の転倒くらいではハンドルの曲がりもありませんでした。

転倒してハンドルが曲がる時は、滑っていく途中に曲がるのではなく、転倒した瞬間に曲がることが多いと思います。

ハンドルがアスファルトと接触する時にジュラコンがハンドルに掛かる衝撃を逃がしているんですね。

ちなみにレバーガードは上向いていましたが、ボルトの緩みはありませんでした。

 

赤がアルミの一体型のボビンが削れた跡で、黄色はステップ、青がレバーガードのアルミの削れた跡です。

アスファルトに接触したのはこの3点だけだったので車体は無傷でした。(良かったぁ)

 

ジュラコンスライダーボビンの詳細はこちらです

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。