野営好きオヤジのblog

~旅と野営とツーリング~

 

テーマ:

1,000kmを超えたので、初回点検に。

 

もちろん、異常なし。

 

で、ついでに、ハンドルブラケットをアールズギアのものに交換してもらいました。

 

http://www.rsgear.co.jp/bmw/bb22-hb00/

 

 

私は、腰痛のせいもあって、前傾姿勢が苦手です。

ストックのハンドル位置が、ちょっと低いので、このハンドルブラケットに交換しました。

 

20mm高くなって、30mm手前にくるというブラケットです。

 

 

 

 

 

数値的にはわずかですが、体感的にはわりとアップポジションになった感じです。

 

100kmばかり走ってみましたが、腰への負担が軽減されたように思えます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

ハーレーは毎年、富士スピードウェイで「ブルー・スカイ・ヘブン」というお祭りをやっているのですが、BMWモトラッドは、白馬でお祭りをやっていました。(今年は9月にやるそうです)

 

ところが、今回の催しは、BMWのクルマとバイクが合同で「BMW MOTORSPORT FESTIVAL」と名を打って、富士スピードウェイでのお祭りでした。

 

 

 

ハーレーのブルスカは、スタンド側のスペースがメイン会場ですが、BMWはパドック側のスペースで開催されました。

だから、スタンドはガラガラ。

 

 

 

メインステージでは、なんかやってましたが、やっぱりおねいさんを撮ります(笑)

 

 

 

なぜか、中田英寿のトークショー。

 

 

 

レーシングコースを試乗できるのは、抽選で当たった人のみ。

残念ながら、私はハズレ。

 

 

 

プロライダーの後ろに乗って、スピードを体験。

これも抽選。そして、ハズレ(笑)

 

 

 

ヨルグ選手のスーパーGTカーと、酒井選手のS1000RRのデモ走行。

バトルではなかったけれど、けっこう迫力ありました。

 

 

 

最後に「フェアウェルパレード」と称して、希望者のクルマとバイクが、サーキットを走ります。

私も参加しましたよ。

 

ハーレーのブルスカのパレードとは大違いで、台数は少ないし、BMWの人たちはクルマもバイクも飛ばしたいのか、しっかりと間隔を空けて走ります。

けっこうなスピードで走ることができて楽しかったです。

 

いろいろな展示車両とかもあったのですが、私はサーキットの写真ばかり撮っていたので、展示は殆ど見ませんでした。

 

来年もやるのですかね?

サーキット走行だけでも参加したいなぁ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まさかファットボブを手放すとは思っていなかったので、ブルスカのチケット買っていたのです。

で、R1200Rの慣らしを兼ねて行ってきました。

 

日曜日のブルスカは、主だったイベントもなく、これと言って買い物もせずに帰ってきました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ことの始まりは、C650Sportをディーラーへ1年点検に出しに行ったときでした。

 

2〜3時間で済むはずの1年点検でしたが・・・

「フロントフォークからオイル漏れしているので、しばらくお預かりしたいのですが・・・」

 

で、代車を貸してくれるということで、試乗車からどれでも好きなのを乗って帰っていいとのこと。

 

1番乗りやすそうなR1200Rを借りて、市川のディーラーから横浜の自宅へ乗って帰ったのです。

 

首都高湾岸線を気持ちよく走りました。

 

久しぶり(R1200GS以来)のフラットツインの鼓動感。

C650Sportより軽い車体。

1200ccのパワー。

 

初めて乗ったと言ってもいいロードスポーツタイプでしたが、思ったほど前傾姿勢もキツくなく、腰への負担も感じません。

何より、その軽い車体は、取り回ししやすく、またバイク熱が復活するような気がしました。

 

ディーラーから50kmほど走って自宅に着いたときにはすでに心は決まっていました。

「このバイクに乗りたい!」

 

このところすっかりバイク熱が冷めてしまって、自宅のガレージにある3台のバイクのうち、普段の足として重宝しているVespa PX150以外はほとんど乗っていない状態。

 

BMWのスクーター C650Sportを下取りに出すことはすぐに決断できました。

あとは、愛してやまないハーレー・ダビッドソン FXDFファット・ボブをどうするか・・・。

 

嫁さんに相談すると、「私もハーレーには思い入れがあるけれど、乗ってあげないのは可哀想だから、乗ってくれる人のところへ行くほうが、バイクも幸せなはずよ。」

 

決まりました。

 

C650Sport FXDF の2台を下取りに出して R1200R にしよう!

 

翌日に、代車を返しに行き、R1200Rの契約を。

 

そして、本日ブルスカにも行かずに、下取り車FXDFに乗ってディーラーに行き、R1200Rの納車と相成りました。

 

6年乗り続けたFXDFとの別れ(泣)

 

ハーレーのCVOに乗っていた頃に知り合ったSさんもこの日納車でした。

なんのかんのと縁のある方です。

一緒にハーレーを卒業しました。

 

 

左は、SさんのGTLex。右が私のR1200R

 

 

納車の後、市原PAに寄って撮影会(笑)

 

 

 

 

 

オプションのパニアケースを付けちゃいました。

ロングツーリングにも行くぞ〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純正ナビなんかいらない・・・と思っていたんですが、ナビの取り付けステーだけ最初から付いているので、本体も欲しくなるというBMWの戦略にまんまと乗ってしまいました。

 

 

 

ウインドスクリーンは、大きいサイズのものを装着。

 

 

 

オンボードコンピューターで、いろいろな装備がセッティングできるそうです。

クルーズコントロールも付いています。

 

 


 

 

トップケースは純正(小さい)を付けずにGIVIを付けるために、GIVI用ステーを取り付けてもらいました。

 

 

 

水冷になったフラットツイン。

 

 

 

 

 

このR1200Rで、またバイクに乗る楽しさが蘇ってきそうな予感です。

 

このブログもまた活発になるかな?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

2004年から7台を乗り継いできたハーレーに別れを告げる事にしました。


体力の衰えと持病の腰痛で、重たいバイクを振り回せなくなったこと。
趣味の中心がカメラになってしまって、すっかりバイクに乗る機会が減ってしまったこと。
そろそろ贅沢ができなくなってきたこと。
などなど、いろいろな理由がありますが、一旦ハーレーを手放すことにしました。


ハーレーのおかげで、素敵な人々と知り合えたし、これからもバイクには乗り続けると思いますので、これがハーレーとの永遠の別れではないと思いたいです。
ハーレーに乗ることが目的でバイクの免許を取ったし、人生最後のバイクは、やっぱりハーレーにしたいと思うので、しばしの別れということになればいいと思っています。

 

XL1200R(2004年モデル)

 

 

FXDF(2002年モデル)

 

 

FXST(2006年モデル)

 

 

FLHTCU4-CVO(2009年モデル)

 

 

FXDF(2009年モデル)とXL883R(2009年モデル)

 

 

FXDF(2011年モデル)

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。