研修講師への道

リピートがもらえる研修講師のポイントをお伝えします。


テーマ:

今年も入口にある

オレンヂの花が咲き始めています!!






GWごろに満開になるのでしょうね。

年に1回のお楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今週は、社内勉強会をしています。


その中で、講師としての資質・スキルというテーマで

各々が思っていることを書き出しています。


私はTTWというところの八方向というネーミングで学びましたが、

世にいうマンダラシートというんでしょうか。


その考え方を使って棚卸しました。

一ブロック、3分、合計9ブロックあるので、27分で終了です。

みんなの頭の中を互いに理解できて、有意義な時間でした。




具体的に書く、再現できるように書くということを重要視しています。

これは研修や応対診断を行う際に私が大切にしていることです。


たとえば、傾聴力をテーマにした場合、


「お互いの認識を合わせて聞く」では、

私はまねできませんが、


「要所で不明点や、理解できたことを聞く」と書いてあれば、

私もまねできます。


これが具体的・再現できるという意味合いです。


ロールプレイング後のアドバイスや指導場面でも、

このような視点を持つと、ブラッシュアップしていきます。


私が大切と思うこと、言い続けていきます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

来週あたりから、流通されるそうです!

今日、著者に配布される本も届きました。




奥付に書いてある日付は4月29日、

その日を発売日だと思っていた私は、かなり焦りました。


宝島社さんでは、奥付に書いてある日から2週間前に

出版されるのが通常なんだそうです。


知らなかった。慌てました!!!


なぜならば・・・

読者プレゼントが間に合わない、と思ったからです。


今回の読者プレゼントは、「会話力診断」です。

診断テストは、システムも絡むため、私には手も足も出せません。


ある方にすがりつき、無事に間に合わせることができそうです!

システムだけでなく、企画構成から完成まで見事な神業です。


質問に回答するだけで、

あなたは無意識に相手を逆上させていないかを知ることができ、

メールに詳しい解説をお送りします。


16ページのPDF資料もダウンロードできます!


この本を一番読んでほしいのは、新入社員の皆さんです。

もともと、この本は、GW前には発売したいということでした。


新しい環境で、1か月会社に行ったけど、

人間関係がうまくいかない、

知らずに不用意に言った一言で相手を逆上させた、

相手から怒られてストレスになる、


GW明けに会社に行きたくない・・・ということを防ぎたいという

編集担当者の思いに共感したからなのです。


新人だけでなく、

上司と部下、お客様と接客者、夫と妻など、さまざまな場面を

想定していますので、幅広くお読みいただけると思います!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

2冊目の本が出版されます!


「相手を逆上させる言い方、感謝される言い方」

というタイトルで、宝島社より4/29に出版されます!


カバー写真ができてきました。

まさか、まさかの・・・動物シリーズです。





今日は2015年4月1日。入社式ですね。


4月は、新人さんやまたは異動などで、新しい環境になります。

会話がかみ合わない人がいたときに、ストレスをためるのではなく、

相手を逆上させるのではなく、自分の言い方をちょっと変えるだけで、

感謝されることもあるのよ~という「言い方指南書」になっています。


よろしければ、お買い求めください~

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

3月に入り、リアル版「インバスケット」状態です。

神様から、「変革せよ」のお告げなのでしょう。

・重なるときに重なったときの対処を学ぶ

・後工程でバチがあたらないよう、前工程を手厚くする

・日にちと時間は、すぐに手帳に書き入れる

・すきま時間を大切にする

・神様に今日も無事に過ごせたことを感謝する


日々、失敗からの手痛い教訓が増えてます。


神様からのメッセージは、

私の生産性を高めるためのものではなく、

忙しさを味わないためにはどうすればいいか、です。


昨日、ある方からヒントをもらい、

静かに4月からの展開を考え中です。








いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

異物混入のクレーム騒動が起きていますね。


普段クレームをあまり受けないという企業のほうが

リスク体制が脆いことが浮き彫りになりました。


私は思います。


うちはクレームなんてないからという安泰企業こそ、

クレーム応対は必要です。


避難訓練だって毎年1回、万が一のための行います。

それと一緒です。


万が一のときにどう動くか、シュミレーションしていますか?


していないと・・・

突然驚くようなことを消費者から言われ、固まる応対者。


固まるだけならいいですが、


ちょっとした言葉が消費者の

気に触り、炎上、裁判になったことも過去にあります。


異物混入という同じ事象に対し、

神対応と言われている企業と、お粗末な企業があります。


その差は能力の差ではありません。

どれだけお客様のことを考えて、

万が一に備え準備しているかどうかです。


クレームが起きたときの方針があるか、

ルールやマニュアルを整備してあるか

教育を行っているか、

クレームから商品改良しているか、


備えあれば憂いなし、ですね。


いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

来年度から、体制を変更するにあたって、

事務職を募集することにしました!


私をコントロールしてほしいんです。

Mキャラみたいになっていますが。。。


私のスケジュールを管理し、何事も催促をしてくれるような

あったかいお母さん的な人がいいのです。


仕事は、研修に関わる事務、電話応対、来客応対です。


週3日以上で、時間も融通がききます。

おうちでできることは、在宅でもOKです。


PCスキルは、エクセル・ワード・パワーポイントが一通り出来る人。

精通していなくても、覚える気力を重視します。


こんな方にお越しいただけるとテンションがあがります!!!

・今は小さな子供がいるからフルタイムは無理

・将来的には講師にチャレンジしたい

・講師未経験なので、まずは雰囲気を知りたい、

・シングルマザーなので、ガツガツと働きたい

・家が近いし楽しそう、でもいいです。


働く動機を持っている方を歓迎します!

また、講師同様、道を尋ねられる人がいいなぁ。と思っています。


自薦他薦問いませんし、

お互いの相性があると思いますので、お話し合いをしたいです。


興味があれば、会社HPの問い合わせからご連絡ください!

お待ちしています~(^O^)


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日はお誕生日でした!


おめでとう~クラッカー 多くの方から、お祝いコメントもらいました。

Facebookって、大人が誕生日を祝ってもらえるツールなんですね。


さて、お誕生日の昼間に、何をしていたかというと、

この時期、まずはご挨拶まわりです。


クライアントさんから、歩いていける距離だったので、

坂道を登り登り椿山荘へ。


椿山荘の喫茶で、かつサンドを食べながら、

来年度に向けたひとり作戦会議をしてました~




お庭が見られるようにと、椅子がお庭側に向いている席に通され、

紅葉やらの木々を見つめていると、こころが静かになっていきます。


いい感じの1時間を過ごせました~



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

毎年、この時期になると、講師を探している私です。


このブログを始めたのも、

講師になりたい人や講師の仕事を探している人にみてもらって、

研修の楽しさを知ってもらい、講師応募のきっかけを作りたかったらです。


そして、毎月1通程度の講師応募をいただけるまでになりました。


ただし、応募時の条件ハードルが高いことも、

合格率が異常に低いことも気づいています(おそらく一桁)


きっかけを作りたいなどと言っておきながら、

バリバリの講師経験者の人しか採用していないという矛盾した事実。


講師養成も一度本気で取り組んだんですが、

それ以降の場数を準備してあげることができませんでした。


未経験者がカンタンに講師にはなれませんし、

研修期待に応えられれば天国、期待値を下回れば自己否定の嵐

精神的なタフさも求められます。


それでも挑戦したい人がいらしたら、ぜひいらしてください!!!

応募条件は変えませんが、合格率は下げることにしました。


なぜ下げたかというと、理由は二つ。

私の考え方が劇的に変わったからです。

講師を短期間に育成する鉄則を掴み、その準備も整いました。


一度応募くださった方で、よいお返事ができなかった方も、

まだわたくしどもに心が残っていらしたらご応募ください。


ご応募はホームページからお願いします~

http://www.outai.jp









いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

古くなった家具の処分って大変なんですね。


リサイクルや回収などをお願いすると、3万円位かかると言われ、最後にたどり着いたのが区の粗大ゴミ回収&便利屋さん依頼という合わせ技でした。


便利屋さんと言ってもはじめての依頼ですので、HPを見ただけでは不安で、電話応対の一番よいところにしようとかけ始めました。


池袋が所在地になっているところに、5件かけました。

1件は、フリーダイヤルなのに出ずじまいでした。

1件は、折り返しするといったまま、かかってきませんでした。

1件は、上目線な物言いに嫌気がさしました。

1件は、移動時間が2時間かかるので料金は上乗せと言われました。


あるところでは、運ぶだけなのか、分解もあれば料金2倍で、会話が迷走しました。結局、はめ込み式で工具は使わないので運ぶだけ扱いになりましたが、会話のラリーが続き疲れました。。。そして締めくくりに「キャンセルもできませんし、もう時間外なのでこれ以降の電話も受け付けませんけど」と行ったきり無言になる対応者。悲しい気分いっぱいで、キャンセルしました。


そして最後のわらをもすがるようにかけた1件で奇跡が!!


「ホームページを見てのご依頼なんですけど」と伝えた瞬間に「ありがとうございます」とお礼がありました。この便利屋さんがはじめてお礼を言ってくれました。ここにたどり着くまでに私の心は傷だらけでしたから、地獄に仏のような、一筋の光を見つけてウキウキ気分になりました。


電話が終わる頃には、この方に出会えてなんとラッキーなのだとさえ思っていました。「ご指定の日時に直接行ったらいいですか、ご予定の変更がないか前日にお電話しましょうか?」と言ってくれるくだりは、鳥肌モノです。私は、「万全の体制でお待ちしているので当日お越しください、もし何かあればこちらからご連絡します」と伝えたのは言うまでもありません。


マニュアル通りに流暢にペラペラ喋るのではなく、

どれだけ、顧客に寄り添ってくれるかをお客様は肌で感じるのですね。


私は見積もりで言われた金額よりも少しだけ上乗せしてお支払いしようと心に決めました。


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇