こんにちは。

ビジネスの課題を解決する

心理セラピストの王晶です。

 

昨日の続きですね。

Aさんは自分の意見や感情を書くと不安です。

 

だから、書こうと思うと、

頭が重くなって、作業が進めないのです。

 

「これを書いたら、どう思われるか?」

「変人だとされたら、どうしよう」

と頭の中にぐるぐる考えてしまいます。

 

Aさんはどうして、

そんなことをしてしまうのでしょうか?

 

実はAさんが子供の頃に原因がありました。

 

 

 

Aさんのお母さんはとても才能が豊富な女性です。

華道、書道、茶道など全部精通です。

 

Aさんは小さい時からお母さんは

華道の教室を開催しています。

 

何でもできる、

いつも周りから先生と呼ばれる

お母さんはとても厳しかったです。

 

まだ小さいAさんは本当は

ずっとそとで遊びたかったです。

 

でも、お母さんは小さいAちゃんが

家でたくさんのことを勉強してほしかったです。

 

いやいやながら家で

勉強するしかなかったです。

 

Aさんは

お母さんにいつも上から

抑え付けられていて、

自己主張を許されなかったです。

 

自己主張をしても、

お母さんは聞いてくれませんでした。

 

「あなたは小さいから、

まだ何もわからない」

 

「今はちゃんと勉強しないと、

将来は厳しいよ」

 

どうせ、

お母さんが聞いてくれないから

Aさんが自分の意見を言うのは

諦めました。

 

小さい時時から、

Aさんは自分の感情に蓋することを

学びました。

 

いやでも好きではなくても、

お母さんから言われたから

勉強していました。

 

だんだん、自分の本当の感情が

分からなくなりました。

 

そして、勉強の内容とか、

お母さんから教わった知識とか、

普通に話せますが、

いざ、自分の意見を求められると、

頭が重くなって、

動けなくなります。

 

こんなAさんが大人になって、

ネットで集客するとどうなるでしょうか?

 

無意識にお母さんへの感情を

「読者に」重ねてしまうのです。

 

「本当に私は発信する文章は価値があるの?」

「自分のことをみんなどう思われるの?」

「私は変な文章を書いたら、どうしよう?」

 

こんな風に強く思ってしまいます。

「読者」を「お母さん」に置き換えれば、

小さいころお環境そのままなんです。

 

小さい頃は怖くて、

お母さんにできなかったことを

大人の今、

パソコンに向かって、

無意識にやってしまいます。

 

自分の「感情」や「価値観」を

出せないのです。

 

本当の感情を出せないから、

インパクトが足りないです。

 

自分の主張や価値観を

出せないから、文章の共感力が

弱くて、申込を呼べないのです。

 

Aさんは長い間ずっと

自分の個性を抑圧してきました。

 

小さい頃にお母さんに対して

持っていた「思い」そのままなんです。

 

これが「メンタルブロック」(思い込み)の

正体です。

 

小さいころにできた心理パターンを

今も繰り返しているのです。

 

あなたの集客がうまくいかないのは、

もしかしたら、

小さい頃に原因があるから

かもしれません。

こんにちは。


ビジネス・仕事の課題を


解決する心理セラピストの王 晶です。


 

あなたはビジネスのどんなことで悩んでいますか?

ビジネス塾で集客のノウハウを色々と教わったけど、

使いこなせない。

毎日インターネットの投稿はしんどい。

記事は毎日更新しているが、申込みはあまり来ない。

 

などなど。

きっといろんな悩みがあると思います。

 

私のセラピーを受けてくださった

クライアントさんの中に、

こんな女性がいました。

 

「どうしても自己開示が苦手」という方です。

仮にAさんと呼びますね。


Aさんはコーチングを提供しているコーチです。


 


今、同じ業界には、


ほとんどの業者さんが、
ご紹介やネットで集客をされています。

 

 

ネットで集客する場合には、
ブログやフェイスブックでの
集客をされる方が多いようです。

 

 

 

ビジネスを拡大するために、
自分もブログやフェイスブックを


活用したり、
思ったことを発信したり
したいと思っています。


 


 


Aさんは、


経営塾で新規集客のノウハウを学んできました。

FBやブログ、ホームページの使い方とか、

記事の書き方とか、

キャッチコピーの大事さとか

とても役に立ちそうなことばかりでした。

 

Aさんは、発信し始めの頃はうまくいっていたそうです。

 

友達申請もまめにやっていたから、

投稿したら、

一定の「いいね」の数も集めました。

 


ところが、

3か月、半年と経つと、

ネットからの新規顧客は

あまり増やしていないそうです。

 

経営コンサルタントの先生に

悩みを相談してみましたが、

コンサルタントの先生から

「文章は共感力が足りないから、

申込が来ないかもしれません」

 

「記事は理屈の説明がうまいけど、

感情は乗っていないですね。

もっと自己開示をして、

読者から共感をもらわないと」

 

と言われました。

 

自己開示って何なの?

感情のことは苦手!

文章の共感力が弱いのは、どういうこと?

というようなことを考え始めてしまうのです。

 

心の中に葛藤が生じたAさんは、
共感力がある集客のための記事を
書きたいのですが
考えれば、考えるほど

気持ちはギクシャクしていきます。


そして、ある日、

それに耐えられなくなって

ブログやフエイスブックに

投稿できなくなりました。


これが、Aさんが持っている

「うまくいかない集客のパターン」でした。

 

自分ではいったい何が悪いのか

分かりませんでした。

でも、もしからしたら

自分のマインドに原因があるのかもしれない

と思っていました。

 

そこで、どうしていいかわからずに、

心理セラピーにいらっしゃったのです。

 

他にも、「うまくいかない集客のパターン」には

以下のようなものがあります。

 

 

「普段の仕事の中で、

お客様と一対一の関係だと
心理的な抵抗もなく、
全然不自由を感じません。


しかし、

ネットのような一対不定多数の場合には
不安な気持ちで一杯になり
発信作業が進められないのです。」

 

「仕事の理論的な内容を書くのは、

苦痛にならないが、

自分の意見を書くと

書けなくなる。」

 

「普通の記事や投稿は

できるが、

告知やPRの文章は書けない。」

 

「たくさん投稿したが、

文章の内容は

インパクトが足りなくて、

全然読者の頭に印象に残らない」

 

あなたの集客が

いつも同じようなパターンでうまくいかない

としたら、

それは特定の心理パターンが原因かもしれません。

 

その心理パターンのことを

「メンタルブロック」と呼びます。

また「固定観念」「思い込み」と言います。

 

あなたの集客がうまく行かないのを

「思い込み」ですね。

 

「思い込み」は集客だけでなく、

さまざまなビジネス関係やあなたの生き方にも

影響してくるものです。

 


では、この「思い込み」はなぜできるのでしょうか?

 

思い込みができる背景は人それぞれですが、

多くの場合、あなたが子供の頃、

だいたい0歳~15歳くらいの間にできると

言われています。

 

その原因のほとんどは、親子関係にあります。

人によっては、


友人関係が原因でできることもあります。


 

冒頭に登場したAさんの例を具体的にお話しますね。

 

文章は自己開示ができなくて、共感を呼べないAさん。

 

Aさんは自分の意見や感情を書くと不安です。

 

だから、書こうと思うと、

頭が重くなって、作業が進めないのです。

 

「これを書いたら、どう思われるか?」

「変人だとされたら、どうしよう」

と頭の中にぐるぐる考えてしまいます。

 

Aさんはどうして、そんなことをしてしまうのでしょうか?

 

実はAさんが子供の頃に原因がありました。

 

 

続く

こんにちは。


心理セラピストの王 晶です。






いつもご訪問ありがとうございます。






今日は


あなたも気づかないビジネス・経営が


うまくいかない本当の理由を話したいです。






いろいろ試したが、売上が上がらなかった


個人事業家のための心理セラヒーは


集客・売上がうまく行かなくて不安だったりしてつらい・・・











というあなたが、


その原因を理解して不安を解消したり、


軽くしたりしてもらうためのものです。


 


こんな人に効果があります。


  たくさん、ブログを投稿しても、なかなか集客できない


l 毎月売上はアップダウンが激しくて将来が不安でいっぱい


l 新規顧客は苦労して付いたとしても、すぐ離れていく


リピート率はいつも50%以下


l 自分の技術を一生懸命に磨いてもなかなか自信を持てない


l 技術に自信があるが、営業の場面になると暗い気持ちになってしまう


l 高額商品が作れない、売れない


l お金を受け取る時に、罪悪感が生じる


l コンサルタントから「大量行動が大事だ」と言われても、行動できない


l セミナー・イベントの告知を書けない、投稿できない


 






なぜそうなってしまうのか?


どうすればいいのか?


ということをお話していきますので


よろしくお願いします。


 


私が、心理セラピストという仕事をしているのには、


もちろん理由があります。




私が24歳の時、留学で中国から日本に来ました。


京都で大学院の修士課程を修了後、


日本の企業に就職しました。


自分にとって理想の仕事をしているはずなのに、




いつも自分の居場所がない、




自信がない、




外国人としてのコンプレックスが強い




どんなことをやってもうまくいかない感じがする




仕事も人生もちっとも楽しくない




肩こり、頭痛の症状が辛い




・・・


 


その悩みを解決するために


私はたくさんの本を読んで、


たくさんのセミナーに行ってきました。


 


とにかく自分の悩みを解決するためだけに


自己啓発や心理の本を読み漁りました。


 


そして、読んでみて、できそうなものを試す


ということを繰り返しながら、


結果重視の心理療法と出会いました。


 


そうやって、本当に少しずつ


人生は変わりました。


 


自信がない、


コンプレックスが強い


劣等感が重い


感じはだんだん気にならなくなりました。


 


居場所がない、


対人恐怖は


なくなって、人と自然につながるようになりました。


 


肩こり、頭痛は


マッサージ屋に行かなくても


消えました。


 


もう自分は、普通に


楽しい、幸せを感じるように


なったかなと


思えるまでに1年かかりました。


 


その後、昔の自分と同じように、


悩みを抱えている人の力に


なりたいと思って、


従来の心理セラピーだけでなく


最先端の心理療法、セラピー、


コーチング、脳科学、経営学、行動心理学などを


学びました。


 


そして、34歳の時に独立開業しました。


 


心理セラピストとして独立後は


ビジネス・経営の悩み解消に


特に力を入れています。


 


30代~40代の個人事業家が


多くセラピーにいらしてくださり、


みなさんなんらかの改善をされて


帰っていくことが多いです。


 


私がやっているセラピーは特に


「いろいろ試したけど、


うまく行かなかった」という方に


効果を感じてもらっています。




たくさんのセッションをする中から


わかったことがあります。




それは、


「ビジネス・経営で悩んでいる」


という方の多くが、


実は、


それ以前の(マインドの問題)につまずいて


しまっているということです。




マインドの課題を抱えたままで


いくらセミナー、経営塾に行っても


マーケティングのノウハウを学んでも


うまく行くはずがないんです。




まずマインドの課題を解消してから、


いろいろやるほうが


うまくいくのです。


 


あなたのマインドの課題や不安を解消する


具体的な方法については


また書きますね。


よろしくお願いいたします。


この火曜日は、

「セルフイメージを高める最初の一歩」の

セミナーを開催していました。



みなさんいずれも、

知的で、上品で、愛のある方ばかりで、

とってもいい雰囲気で

講師をしていて本当に楽しかったです^^







今回は、少人数で

ワークをメインとして

皆さん自身を体感していただきました。




現在の状況と将来の目標のギャップを

埋まる無理しない方法を徹底して

掘り下げた新コンテンツが

出来上がりました。



参加者さんからは、

以下のようなご感想を頂いています。





「セルフイメージを上げていけば、

課題は良い方向へ向かう

と思いました。

原因の説明だけではなく、

解決が自分なりに理解できて

とてもよかったです!」




「テキストがセルフイメージ⇒

何がないと感じるか⇒

きっかけ⇒

誰の声が聞こえるか

の構成になって

自分と向き合ったので、

自分がセラピーを受けてるみたいに、

より核心の課題をつかむ

ことができたことです。

すごく価値がありました。」



「セルフイメージが高くなれば、

頑張らなくてもいい。

ありがたい存在です。

本日初めてお会いしましたが、

とても親身になってくれそうです。」



今回意外だったのは、

「楽しかったです!」と言って下さった

参加者がいらっしゃいました。



嬉しかったですね^^






セミナー中で

私は自分の経験もシェアしました。


それは、45年前に

私はノートに書いて目標は

今ほとんど達成できました。



その中の一つは電車通勤をやめることです。



45年前は

毎朝東京二番目の混雑する

地下鉄の線路――混雑率200%以上の

東西線の一番混雑の駅から

乗って、通勤していました。




凄く混雑しているので、

呼吸も苦しくてなって
通勤タイムは
地獄でした。



満員電車の通勤を辞めて

自由な時間で働く

という目標がありました。





今は

職場と自宅は徒歩5分以内で、

好きな時間に好きなことができる

仕事スタールが実現できました。





振り返ってみると

やっぱりセルフイメージは

思考を現実化して

くれたと実感しました。



今回のコンテンツは、

「セルフイメージ」について

これまで私が蓄積してきたノウハウを

体系化できている自信作なので、

また開催したいと思います。


こんにちは。

心理セラピストの王晶です。



昨日はすごい雨でしたね。

私はまったく外出ができませんでした。

皆さんはいかがでしょうか?



さて、昨日の記事の続きですね。



セッション中、

Cさんは3歳の時の出来事を思い出しました。

子供のCちゃんはお昼を食べた後に、

寛いでいるお母さんと一緒に

遊びたいと思います。



お母さんのところに飛び込んで、

「お母さん、私と遊んで」

とお願いをしました。



お母さんは午前中とても忙しかったから、

昼ご飯の後は、疲れています。



普段は優しいお母さんですが

その時は疲れていたので、

「自分で遊びなさい!

迷惑をかけないで!」

と怒りました。



Cちゃんはびっくりして、

一瞬凍ってしまいました。



3歳のCちゃんは、

大好きなお母さんに

拒絶されて

とても、とても悲しかったです。



怒られて、とても、

とても、怖かったです。



あまりショックを受けたので、

小さい子供は怖い感情を全部我慢して、

心の中に飲み込みました。



セッション中、

ゆっくり時間をかけて、

昔我慢した感情を

感じてもらって、消化しました。



我慢した感情は感じたら、消えます。



怖い、悲しい感情は消えたら、

心の古傷は治り始めます。



セッションが終わった後に、

Cさんは

「心がとても穏やかになりました。

いつもある不安の気持ちは

嘘のように消えました」

と嬉しく言いました。





Cさんは、今独立して、会社を経営していますが、

家族の中で主として、お母さんと関わりを

通して演じていた思い込みを、

家族以外の他人の集団の中でも演じます。



お客さんが次回の予約を取ろうとする時に

Cさんは無意識にお客様に迷惑をかけていると

いう不安を感じていました。



Cさんは無意識に

お客様が次回の予約が取らないような

態度をとってしまいます。



お客様はその態度を感じ取って、

来なくなりました。



「一人で我慢する子」

「迷惑をかける子」

という思い込みを書き換えたCさんの

これからの変化を楽しみですね。



「セルフイメージ」

を高める最初の一歩セミナー



719日 午後13時半に



開催いたします。



今残席1名になっております。    (満席御礼)


ご興味がある方はお早めにどうぞ!



経営のあり方を知りたい方

日々の不安をなくしたい方

毎日5分で

自分がセルフイメージを高める方法を

知りたい方



ぜひご参加ください!





http://ameblo.jp/ousyou2016/entry-12178835191.html