自閉症スペクトラム、ADHD『子どもの困った行動やお母さんのイライラ不安を解消してしあわせな親子関係をつくる方法』

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもさんの子育てにお困りのお母さんへ

お薬による対症療法に頼らず根本的な解決方法で、子どもの発達と自信を促すために、おうちでお母さんだからできることをお伝えしています。個別相談うけたまわります。

わたしは看護師として

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもさんの子育てにお困りのお母さんへの個別相談をさせていただいています


看護師なのに、どうして発達障がいの親子さんへ個別相談をしているの?ってよく聞かれます。

それには理由があります。

看護師として救急現場で出会った、リストカットや服毒をきたす青年期の子どもたちの心の葛藤を目の当たりにし、

わたしに何ができるだろう…と模索しはじめました。


その想いから養護教諭を目指すことを決意し、学校保健室で子どもたちとの直接的な関わりをしてきました。


そんな経験などから
子どもたちの心に寄り添うすべを身に付けることができました。

ですが、
子どもたちの成長発達にいちばん必要な舞台は家庭なんですね。

家庭が、家族が安心基地であることが
子どもたちのいちばんの成長発達の土台であることもよく理解できました。

子どもたちの心の葛藤の背後には、少なからず親御さんの困惑と苦悩があること、
子どもたちの発達上の困り感があることを知りました。


発達障がいに関わる勉強や実践を重ねることを探求しはじめた末、

病院でもない学校でもない
組織という枠を超えた

わたしだからこそ
お母さんと子どもたちの心の葛藤や苦悩を解決していく糸口をご提供できることがある

そんな想いで個別相談をさせていただいております。



発達が気になる、自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもさんの子育てで、

今の今、どうしたらいいのかわからずに一人で悩んでおられませんか?
お薬に頼らず子どもの症状を和らげられたらと思うことはありませんか?

発達障がいの特性を持つ子どもさんの
現状から見られる

症状が和らぐための、効果的な観察、分析や見立てと対応の仕方

これらを個別相談を通して拝見させていただきます。




『お母さんたちが、わが子を育てる"たのしみ"を存分に味わえる子育て時間を過ごせること』


『子どもたちが自分自身を肯定して
自分らしくイキイキと、安心して社会で過ごしていけること』

これらを最終的なゴールに見据えています




子供の発達が不安…
だけど今できることを探したい!

日常でお母さんだからこそ最大限にできること
具体的な接し方を身に付けること

悩み続けるよりも、一緒に前に進んでいきませんか?




⚫︎育てにくいと感じる子どもさんの発達の現状と理由がわかります

⚫︎その発達の現状に応じた具体的な接し方、効果的アプローチ方法がわかります

⚫︎お母さんの不安・イライラ・焦り・罪悪感などの心の葛藤が解消します



その結果として
⚫︎穏やかな親子関係、親子時間が生まれます
⚫︎子どもさんの症状が安定し、日常の生活がスムーズに進んでいきます



子どもってね、
丁寧にきめ細やかに手をかけたらかけただけ、伸びていくんですね。

その丁寧にきめ細やかにという方向が
目的を見失い、違う方向に向かってしまうことで、
悩みとなり、問題となる…


違う方向というのは
一人で子育てを抱え込んでしまい、背負いすぎてしまうと
わからなくなってくるんですね


なぜなら
子どもが生まれたからといって
子どもの伸びていくための方向について
誰かに教えてもらう機会ってないですから

そして
お母さんとなったとしても
お母さんの知り得る範囲でしか
子育てってわからないことですから



だけど
悩むことって問題なんかじゃないですよね

迷いながら
悩みながら
子育てってしていくもの

悩んだ末に
問題だとして




お母さんご自身の心が軽くなり
目の前の子どもさんに向き合う時の不安が安心に変わり

「大丈夫、わたしにもできる!」
「子育てってたのしい!」
「この子が生まれてきてくれて本当にうれしい!」
と希望が湧いてくる

お母さんに誠実に寄り添う個別相談です


ブログ内のカウンセリング詳細ページをご覧いただけますと、ご相談のお申し込みフォームがございます。
お問い合わせ等もこちらから合わせてご記入いただけます^ - ^



https://ameblo.jp/oustir/entry-12285315185.html
NEW !
テーマ:
ブログへのご訪問ありがとうございます😊






⚫︎子どものモチベーションが上がるためにできること







発達障がいスクリーニングの検査を
させていただいていると、




子どもさんのもつ特性によって


『できることであっても、できなくなること』


が少なからずあるということに
気がつくことがよくあります







例えば、

言葉など耳から入る情報を


記憶に留めておくこと
言葉の意味や概念を理解すること
集中して聞いていられないこと
情報を処理して行動に移すこと



このあたりに苦手さがある時



子どもたちの反応として


『わからない〜ショボーン
『できない〜ショボーン


が真っ先に出てきます





また

『わからないけど、わかったように振る舞う』

という場合もあります













子どもたちには
『どうしてわからないのか』自体わかりませんあせる






そしてまた

『わかったように振る舞う』ことが
苦手さから逃れるためのたったひとつの手段として選んでいる場合もありますあせる



{FCF3F2FF-48B1-4A4E-B98C-5C1917218A61}







子どもたちに関わる時に

これまでも、今も
わたし自身が意識してやっていることがあるんです照れ




これをすると
子どもの苦手さ=ダメなこと

にはならないので、


子どもたちのモチベーションというのが
下がらないんですね照れ







以下に、それについて書いていきたいと思いますおねがい






『わからない』
『できない』
『わかったように振る舞う』

こと自体には着目しないのですニコニコ





それ以上に

『どう伝えるとこの子にとって理解しやすいか』
『どう伝えるとこの子の頭の中でつながるか』

に着目していくんです






それを
パターンを変えて、いくつも試してみるんです照れ





すると必ず

『理解しやすいところ』
『頭の中でつながりやすいところ』

が見つかりますおねがい






見つかった時には

わたしはもちろん、子どもさんも
とっても嬉しい気持ちになるんですおねがい



良かった〜〜
わかったね〜〜

って一緒によろこびを分かち合うんですおねがい



{B17E441D-E836-47E7-8139-41736E24DA39}





これには素敵な点がふたつあります


カギ関わる側のモチベーションが上がること

カギ子どもたちのモチベーションが上がること






やったことが結果につながるから
手ごたえとして感じられるんですよねおねがい

だから
関わる側のモチベーションが上がるアップ





子どもたちの
頑張ってみたらできた!が増えるから
また次もやってみようかなってチャレンジしてみたくなるんですよねおねがい

だから
子どもたちのモチベーションが上がるアップ







子どもたちにおいては
プラスアルファのメリットがあるんですよー照れ






子どもたち自身が

自分が理解しやすいところ
自分の頭の中でつながりやすいところを

気づいて、分かるように


まずは

『こう伝えてもらえると理解しやすいね』
『こうすると理解できたね』
『こんな風にしてもらえるとわかるよね』
『こうするとわかったね』


ことばにして
定義づけしておいてあげるんですおねがい



(『言葉と行動、言葉と物を一致させると
言葉の意味や言葉の使われ方の理解につながりやすい』これと同じような原理だと考えています)






その積み重ねと繰り返しによって



子どもたち自身が
人との関わりで混乱しがちなときに


相手の人へのヘルプも出しやすくなります



『こうしてもらうと理解しやすい』
『こんな風にしてもらうとわかりやすい』

と提示しやすくなります


{50024F78-300F-4394-824C-3B540107537A}




子育てがうまくいっているとか
子育てをお母さんらしくできているとかいうことを


お母さんご自身で実感できる時っていうのは



きっと


子どもさんの状況に好転する変化があったり
子どもさんへの対応に手ごたえを感じられたり


そんな時じゃないかなぁと思うんです照れ





そう実感できることが
どんどん増えると




お母さんが
子育て自体をたのしんで出来たり

子どもさんを
もっともっと笑顔にしたい!喜ばせたい!と思えたり



絶対になる!って思うんですねおねがい





だから、諦めないでくださいねおねがい
わたしはお母さんたちより絶対に先に諦めることはありません照れ








子どもさんの状況に好転する変化があったり
子どもさんへの対応に手ごたえを感じられたり


そんな実感が湧くような




そのために
お母さんだからこそできることを




いっぱいいっぱいして欲しいっっ
いっぱいいっぱいあると気づいて欲しいっっ




そんな気持ちでおりますおねがい






何よりも大切なことは
ただひとつカギ

肯定的な視点を持つこと

なんですね照れ




まずは自分自身に肯定的な視点を…照れ









子どもさんの状況に好転する変化が見られるような

子どもさんへの対応に手ごたえを感じられるような




コツとなるようなことを
ひとつでも、ふたつでも
お母さんご自身で持っておいていただきたい



という気持ちで
記事にしてみましたおねがい




参考になっておりましたら幸いですおねがい



★現在受付中のご案内★
 
ピンク薔薇【2月、3月期間限定】スカイプ個別相談
 
 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。