2005-09-03 10:54:07

「STANDARD大戦略 失われた勝利」

テーマ:ゲーム

第二次世界大戦における欧州戦を、ドイツ軍の側から描いたWSLGシリーズ第二弾です。

「アドバンスト大戦略」が従来の大戦略のシステムをベースにしているのに対し、こちらはかなりマニアックな要求を満たすシステムになっております。

システムについていくつか感想がございますので、特に旧・大戦略シリーズからの乗り換えを考えておられる方は是非お読みください。



《よく出来てるなぁ、と思う点》


○生産ユニットと配備ユニットの格差付け

 生産したばかりのユニットは耐久度が1の状態です。MAXが21なら、2~3ターン格納状態にしておいて補充を受けさせることでだいたいMAXにできます。つまり、生産したユニットをすぐに前線に投入できるわけではないのです。

 対して配備されたユニットは前のマップから引き継いだ装備なので、耐久度も経験値もそのままです。そのまま投入できるでしょう。


○対空ユニットの解釈

 基本的に反撃専門とし、その代わりに射程内での攻撃に対しては集中砲火を浴びせます。かなりリアルです。


○同盟国に、兵器を給与できる

 弱小な同盟国が存在するマップでの戦闘は、余剰戦力を同盟国に給与することでさらに有利に展開します。



《いまいちだなぁ、と思う点》


○リアル戦闘画面

 妙に間延びしていて、あまり緊張感がありません。「アドバンスト~」の方が良かったです。


○格納状態のユニットの表示

 とても見にくくて、よく見落としてしまいます。


○平常時のデータ表示が分かりにくい

 総軍事費などの重要情報が表示されていないこと、アイコン表示なので意味がわかりにくいこと、ユニットがいる地形のデータを参照できないことなどはかなり問題です。


○砲塔の交換

 何に使うのか今のところ不明です。1号対空戦車やマーダー自走砲、ということでしょうか?


次に、ゲームを進める上で留意すべき点です。


1.格納ユニットを確認する。

 都市、空港、港湾施設などの地形には格納状態のユニットが存在することがあります。これを無視していると、思わぬ敵の登場によって損害を蒙ることがあります。確認した上で、ZOCが効くユニットを配置して出撃できないよう押さえておきましょう。


2.占領

 このゲームは基本的に、「拠点の占領」によって進行していきます。

 占領するべき拠点の耐久度によって、占領所要時間が1~4ターンほど差が出てきますので、爆撃機による準備爆撃は欠かさないようにしましょう。

 「歩兵(占領)」「輸送ユニット(兵員の輸送)」「爆撃機(都市の耐久度を低下)」の組み合わせが基本となります。


3.帰還

 帰還ルールによって、配備したユニットを装備ストックに戻すことができます。

 不要になった輸送ユニットを帰還させて上限がある配備可能数を有効に使ったり、空いている首都でユニットを生産して耐久度を上げた後帰還させてストックしておくなどができます。


4.所持可能装備数

 ストックしておける装備の数には上限がありますが、最初の段階ではかなり数に余裕があります。

 確実に消耗戦になる東部戦線に突入するまでに、どの程度のストックを作っておけるかで勝負は7割がた決します。

 自分は初回、ここを全く気にせずに進行させた結果、ソヴィエトの国境すら突破できませんでした;


5.昇格

 格納状態のユニットの装備を新型に切り替えます。

 出来るときにやっておかないと経験値が無駄になってしまいますので、マメに昇格させるようにしましょう。


6.軍事費と装備のバランス

 従来の大戦略シリーズ同様、基本的に航空ユニットが最強です。

 しかし、今回はマップあたりの軍事費の設定がシビアなので、地上ユニットをうまく活用しないと各マップ攻略中盤以降で確実に補給停止状態に陥ります。

 つまりユニットの補充はおろか、弾薬・燃料の補給すらままならない状態です。

 これは航空ユニットの単価が高いため、航空ユニットばかりの編成で補充・補給を繰り返しているとマップの攻略半ばで軍事費が尽きてしまうことに拠ります。

 軍事費が尽きてしまいますと完全に補給停止状態になりますので、もちろん改修・昇格もできなくなりますし、新兵器の制式化もできなくなり辛いです。


7.都市の増設

 都市が多いマップではマメに増設を行って、次のマップにできるだけ多くの軍事費を繰り越すような作戦もできます。

 その場合は当然クリアが遅くなりますので諸刃の剣といえます。


8.制空権の確保

 大戦略で「制空権」を確保する方法は、実際のものとはまったく異なります。

 大戦略シリーズでは、それぞれユニットの周囲1ヘクスが「ZOC」と呼ばれ、敵ユニットが通過できないことになっています。これを利用して、敵の航空ユニットや地上ユニットが侵入できないような「ZOCライン」を構成するのです。

 特に敵航空ユニットの侵入を許すと、それがどんな脆弱なユニットであっても後方ユニットは大抵一撃で全滅してしまいます(特に歩兵弱すぎ;)。

 なので、特に敵が航空ユニットを頻繁に使用してくる序盤では、自軍の作戦エリアを囲い込むように2ヘクスごとに戦闘機などを配置して、奇襲攻撃を阻みます。これが制空権を確保している様に似ています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。