1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-11-30 11:11:28

◎「間宮兄弟」

テーマ:邦画
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)/佐々木蔵之介
¥3,860
Amazon.co.jp


三十路に入っても、未だに仲良く二人で暮らす間宮兄弟。
その奇妙な日常に、ある日、弟・徹信が女性を連れ込んだことで一騒動が起こる。
しかし世間では浮いた存在とも言える兄弟の平和なムードに、周りの人々もいつしか巻き込まれていき…。


前半はナンセンスなコメディ風に進みます。
笑えるとこが50%、笑えないとこも50%という感じで微妙な線ですが、後半に入ると妙に和やかな雰囲気が漂ってきます。
兄弟の生き様は世間では完全に浮いてる筈なのに、彼らに関わる人々は不思議と彼らのペースにハマり込んでいきます。
見てても、何故か兄弟を応援したくなってくるのが不思議です。


兄弟の母や祖父母もいいキャラだし、周りで関わる人々も、作り物だけどリアルで、リアルだけど嫌味が無くて、何と言うか、下ごしらえにちゃんと一手間をかけた地味な和食のような暖かさがあります。
キャスティングは全てハマってました。
見事です。
ちなみに沢尻エリカは「パッチギ!」以来で見ましたが、だいぶ印象が変わってて一瞬誰か分かりませんでした;


癒し系の作品かと思いきや、どこかシュールな刺激も常に持っているところが今風で新鮮です。
ユニーク。
こういう作品を賞するのに最も相応しい言葉ではないでしょうか^^


間宮兄弟 - allcinemaONLINE


時 間 : 119分
製作国 : 日本
公 開 : 劇場公開 (アスミック・エース)
初公開 : 2006/05/13
監 督 : 森田芳光
原 作 : 江國香織 『間宮兄弟』(小学館刊)
脚 本 : 森田芳光
出 演 : 佐々木蔵之介 間宮明信(兄)
     塚地武雅 間宮徹信(弟) (ドランクドラゴン)
     常盤貴子 葛原依子
     沢尻エリカ 本間直美(姉)
     北川景子 本間夕美(妹)
     戸田菜穂 大垣さおり
     岩崎ひろみ 安西美代子
     佐藤隆太 浩太
     横田鉄平 玉木
     佐藤恒治 中華料理店のおじちゃん
     桂憲一 犬上先生
     広田レオナ 薬屋のおばちゃん
     加藤治子 お婆ちゃん
     鈴木拓 ビデオショップの男 (ドランクドラゴン)
     高嶋政宏 大垣賢太
     中島みゆき 間宮順子

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-30 10:46:45

○「サイレント・ヒル」

テーマ:洋画
ポニーキャニオン
サイレントヒル


ローズ・クリストファー夫妻は、夢遊病の娘・シャロンの奇行に悩んでいた。
何とか娘の病を癒してやりたい一心のローズは、夫のクリストファーの反対を押し切ってシャロンが度々口にする「サイレント・ヒル」という廃墟の街にシャロンを連れて行くことにした。

この、大火災で焼失した廃墟の街「サイレント・ヒル」に行けば、きっと病を癒す手がかりが掴めるに違いないと思ったのだ。
ところが、その廃墟は地元の住民すら忌み嫌う場所で、すでに地元自治体によって閉鎖されていた。
ローズが街に近付くと、白バイの警官が接近してきて停車を求めるが、彼女は白バイを振り切るとゲートを破壊してサイレント・ヒルに突入しようと試みる。
一瞬うまくいったかに見えたが、サイレント・ヒルに向かう途中で事故を起こしてしまう。
失神していたローズがようやく意識を取り戻すと、助手席には娘シャロンの姿は無かった…。


格場面の雰囲気作りが凄くしっかりしてて、こういう所はバイオ以降のハリウッド・ゲーム映画はちゃんと気を遣ってくれてて嬉しいです。
バイオは、ストーリー自体はほとんどゾンビから逃げるだけで、やっぱりアクションゲームなんだなと思わされましたが、こちらは見せる場面や急展開もあって、ストーリー的にもそれなりに見所があるのがポイントです。


特に、いかにもアクションゲームっぽいショートの女警官が実は燃えキャラだったり、最後、最も忌まわしい敵を滅ぼした後も結局○は晴れなかったり、一筋縄ではいかないところがあります。
そう、結局○は晴れなかったんですよね~;
これっていうのはつまり、○○の○はまだ晴れていないってことでしょうか?
原作のゲームをやれば、その辺りが分かるようになってるんでしょうか?
よく分かりません(^^;


「燃え燃えキッズ(僕が命名)」や「足だけくねくねオヤジ(僕が命名)」など、忌まわしきクリーチャーもゲームっぽくていいのではないでしょうか。
ちゃんと見せないとこがイカしてます。
このあたりのもったいつけぶりは、さすが「ジェヴォーダンの獣」を撮った監督ですね。
ちなみに、なんでそんなやつらがいるのか説明は一切ありません(笑
説明無しでも「多分炭鉱が燃えた事件絡みで呪われた死者が成仏できずに彷徨ってるんだろうな」などと無意識のうちに物語に都合よく解釈してしまうあたりは僕もまだまだ現役です(何


ゲームを映画化した系統の作品にしてはよく出来てるような気がします。


サイレント・ヒル - allcinemaONLINE


時 間 : 126分
製作国 : アメリカ/日本/カナダ/フランス
公 開 : 劇場公開 (松竹)
初公開 : 2006/07/08
監 督 : クリストフ・ガンズ
脚 本 : ロジャー・エイヴァリー
出 演 : ラダ・ミッチェル ローズ
     ショーン・ビーン クリストファー
     ローリー・ホールデン シビル
     デボラ・カーラ・アンガー ダリア
     キム・コーツ トーマス
     ターニャ・アレン アナ
     アリス・クリーグ クリスタベラ
     ジョデル・フェルランド シャロン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-23 06:49:01

○「かもめ食堂」

テーマ:邦画
バップ
かもめ食堂


単身フィンランドで、和食の食堂を営業するサチエ。
しかし開店休業状態で、一向に客が来る気配が無かった。
やがて一ヶ月が経ち、ようやく1人の青年が来店する。
彼は日本かぶれで、ガッチャマンの歌を教えて欲しいと言い出す。
ちゃんと思い出せなかったサチエはその後も悩み続けるが、とあるカフェで日本人らしき女性を発見し、思い切ってガッチャマンの歌を教えて欲しいと切り出すのだが…。


日本とは対照的に、時間がゆったりと流れるフィンランドを舞台に、サチエという女性と「かもめ食堂」を中心に、彼女をとりまく「にわか友人」達の心の変化などを綴っていくコメディタッチの作品です。


僕は、小林聡美という女優さんは普段からこんなイメージなので何ともキャスティングというか企画勝ちだなぁと感じました。
もちろん企画だけではだめなんでしょうが(笑
他の二人も、さすがの演技で息もぴったり。


とくに小難しいことは無く、オフビート基調で流れていく中で小さな変化が起こり、それがサチエや友人の奇妙な係わり合いによって自然に解決に向かっていきます。
何とも心地よい空気です。
オチも洒落てていいですよ♪


「日本映画で外国が見れるなんて」と、母も絶賛しておりました(笑


おにぎりが食べたくなる映画です^^


かもめ食堂 - allcinemaONLINE


時 間 : 102分
製作国 : 日本
初公開 : 2006/03/11
監 督 : 荻上直子
原 作 : 群ようこ 『かもめ食堂』(幻冬舎刊)
脚 本 : 荻上直子
出 演 : 小林聡美 サチエ
     片桐はいり ミドリ
     もたいまさこ マサコ
     ヤルッコ・ニエミ
     タリア・マルクス
     マルック・ペルトラ マッティ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-22 22:09:53

○「サイレン」

テーマ:邦画
レントラックジャパン
サイレン FORBIDDEN SIREN~BEGINNING~


1976年、夜美島と呼ばれる島で1人の男の除いて全ての島民が失踪する事件が発生する。
そのいわく付きの島に、主人公・天本由貴と父親・真一、由貴の弟・英夫の一家三人が、英夫の療養のために引っ越してくる。
ところが島民は一家に不気味な視線を投げかけてくる。
「サイレンが聞こえたら決して外に出てはならない」
隣人・里美の忠告も謎めいていて不可解。
さらに島民による謎の儀式を目撃したり、「サイレン」に関するメモを発見したりなどするうちに、次第に島や島民に対して警戒心を募らせてゆく由貴。
その最中、ある夜ついに1回目のサイレンが鳴り響き、父・真一が失踪する…。


サイレンを小道具に設定したこと、森本レオを引き立て役に選んだこと、サイレンとセイレーンの伝説、集団失踪事件などを絡めたあたりは非常にいいアイデアでした。
ただ終わり方が…う~ん。


「サイレンが聞こえたら決して外に出てはならない」というのは「サイレンが聞こえる者は決して外に出してはならない」という意味だったんです。


この点をどう観客に分からせるかという点がポイントだったと思います。

弟・英夫は主人公・由貴が描いた妄想だったんだという点も、由貴主観から第三者視点に切り替える上で重要だったんですが、これに加えて、序盤での真一の英夫に関する発言「それが英夫のためにもいいと思いますので…」や里美の警告、島民の視線の本当の意味もちゃんと印象付ける必要があったのではないでしょうか。

そうすれば、少なくとも鉄塔の上のシーンで由貴の妄想の事実をはっきりさせることもできた筈なのですが、これが無かったばっかりに何となく曖昧になってしまい、現実なのか妄想なのかはっきりしないまま由貴は転落してしまいます。


結局事実は病室の前で父・真一と南田が会話をするシーンでようやく確定しますが、間髪をいれずに最後のどんでん返しに入ってしまうために、観客が事実関係の整理をして事件解決の余韻に浸るヒマがありません。
このために、最後のオチももう一つキレが悪く感じてしまいました。


アイデアも狙いも評価できるのですが、ツメがやや甘いような気がしました。


サイレン - allcinemaONLINE


時 間 : 87分
製作国 : 日本
初公開 : 2006/02/11
監 督 : 堤幸彦
脚 本 : 高山直也
出 演 : 市川由衣 天本由貴
     森本レオ 天本真一
     田中直樹 南田豊
     阿部寛 土田圭
     西田尚美 里美
     松尾スズキ 東
     嶋田久作 山中巡査
     高橋真唯 謎の赤い服の少女
     西山潤 天本英夫

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-18 22:46:53

○「ヒューマンキャッチャー」

テーマ:洋画
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ヒューマン・キャッチャー〈特別編〉

とある広大なトウモロコシ畑。
タガートの農作業を手伝っていた息子・ビリーは、突然カカシのような風貌をした怪物に襲撃される。
ビリーの悲鳴に気づいて現場に駆けつけたタガートは、得体の知れない空飛ぶ怪物がビリーを掴んで飛び去っていくのを見た。
遥か彼方へ飛び去っていく怪物とビリーを、タガートは呆然と見届けるほかはなかった…。

翌日、ハイウェイ東9号線を、対外試合帰りの高校生の代表バスケット・チームとチアリーダーらを乗せたスクールバスが走っていた。
突然のタイヤのパンクで立ち往生した彼らは、屋根の上で日光浴を楽しみ、のどかなひとときを過ごす。
まさかそのパンクが、獲物を求めて徘徊する世にもおぞましい怪物“クリーパー"が引き起こしたものとは知る由も無かった…。


アメリカのどこぞの地方都市伝説を元に作られたと言う、アクションホラーです。
丁寧で手抜きもなかったし、労力的には評価できると思います。


のっけから苦悩するスコッティは、中盤以降は嫌な奴バリバリですが、やっぱりというか何と言うかいとも簡単にバケモノの餌食に。
バスの中では意外にリアルな心理ドラマなんかもあったりしますが、そんな伏線は後半にかけてはまるで関係ありません。


ミンクシーの幻覚はコワ美しくて印象的ですが、幻覚で示唆されたことのうち、役に立ったのは「23年に1度~」のくだりだけ。
「獲物を狙っている」とかなんとかの真偽は、結局まったくのところ不明です。
ストーリー的には「もう少しなんとかならなかったのかなぁ」というのが正直な所です。


ただ、「クリーパー」のバケモノぶりはなかなかのもんだし、アクションとしてもハラドキ満載でそれなりに楽しませてくれます。

後半にかけてちゃんと盛り上がりがあるだけに、もう少しストーリーを練って欲しかったですねぇ。

したがって大甘の○です。


「チルドレン・オブ・ザ・コーン」をはじめ、ハリウッドのホラーには
意外にとうもろこし畑のシーンが多いです。
だだっ広いとうもろこし畑ってのは、まず人家が少ないし、隙間がけっこうあってチラチラと見えるはずのないものが見えそうな雰囲気もあって、考えてみればそれなりに怖いロケーションなのかもしれません。

日本にはこんな場所は滅多にないですよね~


ヒューマンキャッチャー - goo映画


原 題 : Jeepers Creepers II
製作年 : 2003年
製作国 : アメリカ
配 給 : 20世紀フォックス
監 督 : Victor Salva ヴィクター・サルヴァ
脚 本 : Victor Salva ヴィクター・サルヴァ
製作
総指揮 : Francis Ford Coppola フランシス・フォード・コッポラ
     Kirk D'Amico カーク・ダミコ
     Lucas Foster ルーカス・フォスター
     Bobby Rock ボビー・ロック 
出 演 : Ray Wise レイ・ワイズ (Sr.Jack Taggart)
     Jonathan Breck ジョナサン・ブレック  (The Creeper)
     Eric Nenninger エリック・ネニンジャー  (Scott 'Scotty' Braddock)
     Nicki Aycox ニッキー・エイコックス  (Minxie Hayes)
     Garikayi Mutambirwa ギャリカイ・ムタンバーワ
    (Deaundre 'Double D' Davis)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-18 09:06:08

○「寝ずの番」

テーマ:邦画
ポニーキャニオン
寝ずの番

皆様お早うございます。
今日もこうして健康に爽やかな朝を迎えることができました。
夜更かしのためか朝食を採る気になりませんので、今朝は一杯(正確には半杯)の牛乳でスタートであります。


この夜更かし、主にワタクシ的な事情によって行われるものでもあります。
今回の場合は、お友達とネット対戦ゲームで盛り上がってしまったがための夜更かしでありまして、それ以外にも映画を見る時間がズレ込んでしまったり、サッカーの中継があったり、考え事をしていたら脳みそが暴走して眠れなくなったりと、その都度色々な理由がございます。
今日ご紹介する作品は、師匠の通夜で夜更かしをすることになった弟子達の粗忽ぶり、師匠への愛などなどを描いた作品であります。


この作品、序盤からいきなり下ネタ、それもかなりの大技を繰り出してきます。

明言はあえて避けますが、予告編をご覧になった方ならなんとなく内容は理解されていることでしょう。
とにかく物凄いインパクトです。

木村佳乃が何だかいきいき輝いて見えるのは、一体何なんでしょう?

まぁ師匠がお亡くなりになって、そのご遺体の前で思い出話に花を咲かせるのが前半。

故人の思い出話や逸話などで話が進行し、笑いの中にも人情味ある感動もあって、「ははぁ、なるほどこういう路線か」と。
ところが中盤を過ぎたあたりから妙な空気が流れ始めます。


マキノ雅彦監督の意図なのかそうでないのかは分かりませんが、どこかうっすら寒気が漂っています。

単なるコメディであって、そうでないというか。

師匠、兄弟子、師匠の奥さんと重要な人が立て続けに亡くなり、ただひたすら「寝ずの番」を描き続けるという。

バカ騒ぎで悲しみを乗り越えようとする人々の狂乱が、僕には少し怖いもののように感じました。


寝ずの番 - allcinemaONLINE


上映時間:110分
製作国 : 日本
公開情報:劇場公開 (角川ヘラルド・ピクチャーズ)
初公開年月:2006/04/08
ジャンル:コメディ/ドラマ
映 倫 : R-15
監 督 : マキノ雅彦
原 作 : 中島らも 『寝ずの番』(講談社刊)
脚 本 : 大森寿美男
出 演 : 中井貴一 橋太
     木村佳乃 茂子
     木下ほうか 橋枝
     田中章 橋七
     土屋久美子 多香子
     真由子 美紀
     石田太郎 小田先生
     蛭子能収 田所
     桂三枝
     笑福亭鶴瓶
     浅丘ルリ子
     米倉涼子
     中村勘三郎
     高岡早紀 バーの女
     堺正章 元鉄工所の社長
     笹野高史 橋次
     岸部一徳 橋弥
     長門裕之 橋鶴
     富司純子 志津子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-15 09:31:53

B級たっぷり映画バトン

テーマ:バトン

指定バトン♪


ルールは以下の通り。
回してくれた人からもらった「指定」から 連想したワードを下記の「」の中に入れて答えること。


■最近思う「」
■この「」には感動!
■直感的「」
■こんな「」はいやだ!
■次に回す人5人!指定付き


ふうむ、これは前の方の「指定」から連想して、お題を自分で決めるバトンのようですね。

しかし今回白くじらさんからいただいた「B級映画」の指定は非常にオイシイお題なので、そのままいただくことにしましょう(笑

本当は白くじらさんがやりたいお題だったりして(^m^ ムフフ

では、まずはバトン本文をどうぞ~。


《「B級映画」バトン》


■最近思う「B級映画」

パンド
えびボクサー

最近思うと申しましても、そもそも僕の映画履歴は大したことがないのでホントに最近思ったことしか書けませんけど。

僕がブログを始めてから出会ったB級映画の代表格と言えばコイツです。
なにしろ、金のタマゴたるボクサー候補がエビであること以外はいたって普通なところが凄いです。
そりゃあエビだって、ずっと寝食を共にしてれば情が移ろうってもんです^^
ラストは感動したなぁ(笑


■この「B級映画」には感動!

ユニバーサルインターナショナル
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

僕はこの作品に出会って、コメディ映画というもののイメージが革命的に変わりました。
訳の分からない事を言われて、ちょっと困ってチラチラと目を見合わせる主人公たち。
あのリアクションの生々しさは絶品ですね。
サー・ロビンの歌もボーパル・バニーも大好きです。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ギャラクシー★クエスト

僕自身はファンではないんですが、「スタートレック」シリーズを愛する無邪気な人達が好きな僕は、彼らに対する愛情に溢れたこの作品もまた大好きです。
この種の仕事に携わる人自身、「ST」シリーズのファンという人ばかりなのでしょうし、まぁある意味他人ではありませんよね^^
最初に登場する宇宙人が先輩に似てて笑った覚えもあります(^^;


■直感的「B級映画」

ワーナー・ホーム・ビデオ
ビートルジュース

頭を捻って楽しむというよりは、感覚的に反応してしまうという感じで選んでみました。
ティム・バートン監督の独特の禍々しい美学と、ハリウッド伝統のホラー・コメディの軽快なノリが融合して、なんとも微笑ましい作品に仕上がりました^^
「とれちゃった!」「小っちゃくなっちゃった!」
ダイレクトなギャグ満載ですが、楽しい雰囲気についつい引き込まれてしまいます。


■こんな「B級映画」はいやだ!
女子高生チェーンソー

¥4,320


いやだ!というか、「嫌さ」加減を逆に期待してしまうといいますか…;
普通、映画と言うものは「面白い」作品を作るべくして努力するものなのでしょうが、この作品は「下らなさ」の最高ランクを目指して作られたような気がしてなりません。
頑張って下らない作品を作っているわけではなく、「このくらいの作品ならこんなもんでいいだろう」的なAV並みの労力がヒシヒシと伝わってくる、文字通りのB級ナンセンスギャグ作品です。
まぁこのタイトルで内容を期待して見る人はいないでしょうけど…(笑


■次に回す人5人!指定付き

フリーバトンにしときます。
次の指定は「SF」w

SF映画はもとより、SF絡みで何か思いついた方は遠慮なくテイクアウトしてください^^


今回は何となく外れてしまいましたが、「スパイダー・パニック」とか「クリッター」みたいなモンスター物、「28日後…」(B級か?笑)などの量産型ゾンビ物もけっこう好きです♪



●追記

皆様の記事やコメントを拝見していて、そもそも「『B級映画』って何なのか?」ということは見過ごすことのできないテーマであることのように思えてきました。
そこで、まだまだ駆け出しではありますが、不詳私の意見を添えさせていただこうかと思います。


そもそも「B級」というのは、元々の意味としては「2線級」、つまり「作品として二流である」という意味です。
しかし現在においては、「かつて『B級』として分類されたカテゴリー」という意味も併せ持っていると思います。
でなければ、「二流」という言葉と区別される意味がありません。

もっとも、カテゴリーというものは元々曖昧なもので、定義は基本的な指針に過ぎません。
ある程度お互いに重なり合っていて然るべきものですから、どんなに論を尽くしても境界線を定義することはおそらくできないでしょう。


需要が無ければ商売は成立しませんから、「B級」というカテゴリーが生まれた背景には、「B級」作品を求め始めた観客の傾向があるのでしょう。

現代人は、時に知的興奮より脳の休息を求めているのかもしれません(笑

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-11-08 21:30:53

○「ダヴィンチ・コード」

テーマ:洋画
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き

あ~まだ原作読み終わってないのに、我慢できなくて借りてしまいました~;


講演会のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドン。
しかし突然、「捜査協力」の名目でフランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。
そこには館長のジャック・ソニエールが殺害され、異常な状況の現場が残されていた。
ラングドンは講演会の前に彼と会う約束をしていたので、容疑者にされていたのだ。
ところがそこに、ソニエールの孫娘で暗号解読官のソフィーが現れる。
ソフィーは現場の写真から祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付き、窮地のラングドンを救って彼の協力を得ようと考えたのだが…。


うまくはしょってる部分もだいぶあるんですけど、やっぱり尺が足りなくてきゅうきゅうですね~。
かなりのシーンで、巻き戻して見直しました;
やはりこの作品を本気で楽しもうと思ったら原作を読んだほうがいいかもしれません。
原作も小説にしては素晴らしくテンポが良くて、つい夢中になって読みふけってしまいますよ。


キャスティングは、2人とも微妙にイメージと差がありました。
ラングドンは「リチャード・ギア似」という意味の記述があったのにトム・ハンクスってのはどういういきさつがあったのか、ちょっと興味があります(笑
オドレイ・トトゥは意外に似合ってて驚きました。
イメージではもっと背が高い女性を想像していたので、ぴったりというわけではありませんでしたが、これはこれでいいと思います。
トム・ハンクスも役者としては一流ですから、特に不満はありませんでした。

でも「紋章学会のトム・ハンクス」なんてアレンジはさすがにありませんでしたねぇ(^^;

オドレイ・トトゥは「アメリ」でしか知らないので、ちゃんと話している声を聞くのはこれが初めての経験でした。
すんごいキュートな声をしてました^^


「全編これ謎解き」と言っていいくらいの内容で、見る人を選ぶ作品かもしれません。
また、原作と比較して「色あせた」と感じる方がいてもおかしくない内容です。
しかし現に僕はいくつものシーンで鳥肌が立つのを感じました。
原作云々はとりあえず置いておいて、純粋に映画として楽しむ分には十分な出来だと思います。


ダヴィンチ・コード - allcinema ONLINE


上映時間 : 150分
製作国 : アメリカ
公開情報 : 劇場公開 (SPE)
初公開年月 : 2006/05/20
監 督 : ロン・ハワード
原 作 : ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)
脚 本 : アキヴァ・ゴールズマン
出 演 : トム・ハンクス ロバート・ラングドン
     オドレイ・トトゥ ソフィー・ヌヴー
     イアン・マッケラン リー・ティービング
     アルフレッド・モリナ アリンガローサ司教
     ジャン・レノ ベズ・ファーシュ
     ポール・ベタニー シラス
     ユルゲン・プロフノウ ヴェルネ
     エチエンヌ・シコ コレ警部補
     ジャン=ピエール・マリエール ジャック・ソニエール

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-11-08 10:43:25

お知らせ

テーマ:ブログ

え~こちらのアメブロさんは迷惑TBに大変困ってるようで、

抜本的な対策をするまでの暫定的な処置として「TB拒否をデフォルト設定にする」という手に出られました;


基本的に開放して、自己責任で削除する方針の僕としては大変厄介な状態です。

あまり長引くようであれば、引越しなども考えなくてはいけないかもしれません。

ゾッとします…;


ともかくそういうことですので、僕の方としてもなるべくTB許可の処置をするようにしますので、

万が一TBが不許可の設定のままになっていた場合は、お手数ですがコメントなどでお知らせください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-08 09:55:43

カウントダウン・バトン!?

テーマ:バトン

5011様発、白くじら様経由のウルトラCバトンです。

うひゃ~難しいぞこれは;


《ルール》
1、10から1までのそれぞれの数字に関連する映画でカウント・ダウンしてください。
2、映画のタイトル(原題でも可)もしくは映画の内容にそれぞれの数字が使われている。
3、10から1以外に印象に残ってる数字の映画を1本プラスして下さい。


はっきり言って自力では無理ですので、allcinemaさんのお世話になりました。
しかし検索してみれば、それなりにあるものなんですね。
びっくりしました。


それではカウントダウン開始!


10!:「椿三十郎」

東宝
椿三十郎


「『三十』だろ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、大好きなのでこれに決定。
お歯黒のお母様がかなりいい味を出していて、「用心棒」よりこっちの方が好きです。


9!:「1999年の夏休み」

アニプレックス
1999年の夏休み


萩尾望都「トーマの心臓」を元に4人の少年の愛憎を描いた作品の筈なんですが、出演は全員女優さんという結構ヤバい作品です。
深津絵里さんが水原里絵の名前で出演してます。
役名は「則夫」…;


キスシーンなんかもありまして、よく見ると「なんかこのカット使ったの、わざとかな;」と思わせる問題な部分も。

秘密の花園感満載です♪


8!:「八甲田山」

M3エンタテインメント
八甲田山 特別愛蔵版


「今度会う時は…」
「雪の八甲田で!」
神田・徳島両大尉が男同士、心を通わせる様は見ていてアツいです!
秋吉久美子が可愛い~!


僕は、この作品を見ながら熱っついカレーを食べるのが大好きです( ̄ー ̄ エッヘン!


7!:「七人の侍」

東宝
七人の侍


これは文句なしです。

ってかこれ以外は選べませんよ~;
どしゃぶりの雨と泥沼の中を這っての戦闘は圧巻の一言。

何喋ってるかイマイチ分かりにくいのが難点ですけど

…音、直せないんでしょうかね~(T_T



6!:「レボリューション6」

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
レボリューション 6


なんでも邦画のリメイクだそうですね。
証拠隠滅のためにくだらない作戦を実行しているうちに友情を取り戻していく様が何とも面白かったです。
学生運動って、主張そのものよりも、仲間と一緒に戦うことに意義があるのかな。


5!:「江口寿史の寿五郎ショウ」

ポニーキャニオン
寿五郎ショウ


う~んOVAですね~;
反則ですね~;
でもallcinemaにあったしいいでしょう。
すげ~くだらなかったですが、江口寿史のファンなものでつい(^^;


小倉優子に特訓させて(←ここがポイント!)、

梶野望都をやらせて欲しい要望を、ここに表明します!


4!:「4人の食卓」

アミューズソフトエンタテインメント
4人の食卓


怖さはそれなりだったんですが、ストーリー的にもう一つ納得がいかなかった韓国ホラー作品です。
「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが出演してます。

韓国映画は、物語にあからさまに矛盾がある作品が意外に多いですよね;

「シュリ」で、「温度に反応する爆弾」にタイマーが付いてたのにはズッコケました…(^^;


3!:「3人のゴースト」

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
3人のゴースト


これを見たのは高校生くらいだったでしょうか?
そんなに期待はしていなかったんですが、面白くてびっくりした覚えがあります。
ハートウォーミングでいい作品でした。


ビル・マーレーは出演作を選んでる、なんて話を当時聞いた覚えがあるんですが

その割には本数出てるんですよね(^^;


2!:「ソウ2」

ドニー・ウォールバーグ/SAW2(DTSエディション)
¥3,990
アサヒレコード



あはは、「パート2」です;
1作目より「2」の方が気に入る作品は、僕にとっては結構珍しいので入れてみました。


「3」は描写に問題があって内容が若干差し替えられたそうですが、さてその結果やいかに!

後で「完全版」が発売されて「元の方が良かった!」と言われるに100ガバス賭けます。



1!:「コーラスライン」

東北新社
コーラスライン


これは、単細胞の僕にしては珍しくひねりました。
テーマ曲のタイトルが「ONE」です。
このテーマ曲のシングルCDにカップリングで入っていた曲は黒人の方が歌っているんですが、こちらもかなりのインパクトでした;


パッケージは廉価版ですね(^^;


0!:「アフガン零年」

ビデオメーカー
アフガン零年


アフガンの現状を現地人の目から描いた貴重な作品です。
これを見ると、タリバンなどのイスラム原理主義カルトの主義主張は、同じイスラム教徒である彼らの目から見ても理不尽なんだということが良く分かります。



○印象に残った数字の作品
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
バック・トゥ・ザ・フューチャー


大好きなこの作品から「1.21ジゴワット」という数字をば^^
実はこの「ジゴワット」、実際の綴りは“gigawatt”で「ギガワット」なのですが、「J」の発音から始まる「ジゴワット」も正しい発音として辞書に併記されているのだそうです。
なんでも脚本担当の方が発音を聞いて脚本に“jigowatt”と書いてしまったので、台本を見た人の間で謎になっていたそうで。

「ギガワットの間違いかな」と単純に思ってたんですが、正確にはそういうことらしいです。
ドクが「1.21ジゴワット」と叫びながらうろたえて走り回るシーン、いいですよね^^


参考「スクリーンプレイ 」様



というわけで、かなりグダグダな部分もありますが、なんとかお題は消化しました;

もっと時間をかけて、作品の内容の細かいところから引っ張ってきたりすると面白いかもしれませんね^^

楽しんでいただけたら幸いです♪

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。