平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が鳩山由紀夫首相退陣後の衆参同日選の可能性に言及したことに関連して「閣僚でも同日選とかいろいろ言っているがまったく論外だ。閣僚が首相の専権事項に触れることはあり得ない」と強く批判した。平野氏は「個人として言っても閣僚の立場があり、混同する」とも指摘した。

 仙谷氏は16日のTBSの番組収録で「もういっぺん(昨夏の衆院選から)1年で申し訳ないけどということで(衆参)ダブルを問うということは論理的にある」と述べた。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
普天間:徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言
平野官房長官:「安定多数を」発言紹介を修正
与謝野・平沼新党:民主、「第三極」を警戒
普天間移設:「県外に」沖縄知事が要求…官房長官と会談

宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)
鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
AD