横路孝弘衆院議長(69)が左足大腿(だいたい)骨を骨折し、都内の病院に入院したことが分かった。衆院事務局が28日、明らかにした。
 それによると、横路議長は27日昼ごろ、都内の衆院議員宿舎で、左足の痛みを訴え、都内の病院に搬送された。診断の結果、大腿骨の骨折が判明し、同日夜に手術を受けたという。術後は順調で、約2週間で退院する見通し。議長職は当面、衛藤征士郎副議長が代行する。 

【りこめんど】「セコムの食」の“食べリエ”猪口ゆみさん(産経新聞)
女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行-札幌刑務所(時事通信)
阿久根市長の議会出席拒否を批判…総務副大臣(読売新聞)
「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)
「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
AD