息子1の性格

自転車に乗って息子1と2人で買い物へ出掛けた
子供目線で走ると面白い
といいつつも
まだまだ危なっかしくて
ついつい叱ることが多くなるけど

で、
走行中に手を振る息子1

「おーい♪(^—^) ノ」

って、誰に。。。?

と思った瞬間、見えたのは
警官
と取り締まりを受けている風の男性

しかも

「頑張ってくださ~~~い!
パトロール!」

Σ(゚д゚|||)

車から降りてこようとしていたもう一人の
警官がにこやかに手を振ってくれた
けど

いやいやいやいや

こういうことがしょっちゅうあるんですよ


もっと空気読めよ
と苦笑いですよ、かーさん


警察はみんなを守ってくれる
と信じている心はかわいくて良いんだけどね

小さい頃から人見知りをほとんどしなかった息子1
興味があるとすぐに知らない人にも普通に話かけたりするんです

たとえば、工事中の人とか
お祭りのお店のおじさんとか
犬を連れて散歩中の人とか

「何してるんですか~?」
とか
「これはどうやるんですか~?」
とかね
気になるんだろうね(;^_^A

一緒にいる母は
こちらが話しかけた手前、困ってしまいます

かといって
何事にも動じないのかというと
人一倍、小心者だしね
大胆だけども繊細
というか
大胆なことしていると自分で気付いていないのか
息子1にとっては自然なことなのかもな

人を疑わない心は大切だけど
母はいろいろ心配だよ(-゛-;)






AD

かなしみの場所

テーマ:
**昨日読んだ本**

かなしみの場所/大島 真寿美

かなしみの場所???
梅屋はかなしみの場所ではないと思った
みなみちゃんはそっくりだと言われている梅さんの写真を
たくさん飾っているその深い意味を知りたいと思った

大島さん5冊目


AD

幸福ロケット

テーマ:

**今日読んだ本**

幸福ロケット/山本 幸久
本を選ぶときはたいてい装丁を中身をチラ見してなんだけど
男の作家はほとんど読んだことがない
なんでだか?
なので初めて読む作家さん

5年生の女の子が主人公
とってもかわいい
でも大人が想像する以上にに大人かも
青春だ

***

「お父さんはお父さんの未来を考えて生きてね」
「お父さんはいつもカナのことを考えている
お父さんの未来にはいつもカナがいるからだ」




3つのお話が入っていた
表題はおもしろかった
こういう感じ、
どこかで読んだことがあるような気がしたけれど
好き

大島さん4冊目



ふじこさん/大島 真寿美
お茶をのみながら

「(中略)でね、そうこうするうちに、リサだって変わっていくのよ
変わらないところもあるかもしれないけど、
変わるところはどんどん変わっていく
びっくりするくらい変わって、あたしの方が、
ある日、腰を抜かすかもしれない
それでいいの
それだからおもしろいの」

「(中略)宝箱は宝箱に入ってはいない
そう
宝物はさりげなくそこらへんにひょいっとある
(中略)自分でそれを発見しなくちゃならない
それは誰にでも、共通の宝物じゃないのよ
だから誰にでもわかる宝箱に入れるわけにはいかない」







**昨日読んだ絵本**

おこる/中川 ひろたか

ガタゴトシュットンなんのおと? /富安 陽子

お茶をのみながら
熱心に山を作っているのがとてもかわいい
ガタゴトシュットン、シュットントン♪


はじめてのおつかい/筒井 頼子

アイスクリーム・タワー (パンダのポンポン)/野中 柊
ポンポンシリーズ
かわいくて、おもしろい


AD

メッセージ/矢野まき

携帯にダウンロードしたまきちゃんの
メッセージ

CMで流れているらしい
まだ聴いたことがない

すんごく、すんごくよくて
繰り返し聴いてます

凹んでいても
こんな私でもいいかな
って背中を押してくれる

6/10発売のアルバム
「本音とは愛よ」
が待ち遠しい~



青いリボン

テーマ:
**今日読んだ本**

青いリボン/大島 真寿美
とっても好みの雰囲気
いろいろな家族がいる
ひとりで生きているようで
実際はひとりでは生きていかれない
なんだか切ないような甘酸っぱいような
優しいような
こんな本が好きだ
別れと出会いの季節
たまたま手に取ったけど
この時期に読むのに適している気もする

大島さん2冊目




テーマ:
最近、記録に残していなかったのだけど
息子と一緒に読んだもの
忘れないうちに

でんきおばけ しんがた (はれぶたぶんこ)/矢玉 四郎
息子1の笑いのツボ
はれときどきぶたの矢玉四郎さん
笑いながら、ひとりで読み切りました!
ふりがながあっても
漢字が多いと自分で読む気が失せるらしく
「読んで、読んで~」ってなっちゃうので
なら、選ぶんじゃない!と思うのですがね
これは読みやすかったようです

子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく/灰谷 健次郎
お茶をのみながら
パパと一緒に読んでました

すてきな三にんぐみ/トミー=アンゲラー

パンダのポンポン/野中 柊

子供の本もおもしろい~ラブラブ


とりつくしま

テーマ:
**今日読み終えた本**

とりつくしま/東 直子

初めて読む、東さん作品
図書館でふと手に取りました

亡くなった人がモノになって
その後の経過を知る、短編集
残してきた家族や思いなど
せつなかったです
しかし、重さより潔さを感じられ
文字数もそれほど多くなく、さらりと読めました