矢野真紀ちゃん

浜離宮朝日ホールにて真紀ちゃんのライブがありました
パパの帰宅後すぐに家を出ても
到着はギリギリの予定
それでもなんとか開演前に無事つきました
よかった

初めて行ったホールでよく知らなかったのですが
真紀ちゃんMCによるとクラシック専用のホールで
音響にめちゃくちゃこだわっている作りだとか

機械系の楽器など持ち込めず
アコギとピアノというシンプルな構成でした
ステージと客席の温度差がないように空調が設定されている
とか
床(フローリング)や石の壁(ツルツルしていてとても素敵な白い壁)や
出っ張りやらなんやらすべて計算されて作られているんですって
すげぇ・・

実際聞いてみるとめちゃくちゃ響く
自分の咳払いひとつも緊張してしまいます
MCにもありましたがお客なのに・・(笑)

シーンと静かな席など
緊張して息が苦しくなってきて(ヤバイ??)咳こんでしまう気の弱い私
例えば、古くは、
体育館などで先生の話を聞かなければならないとき
友人の結婚式などなど
おまえのことなど誰もみてないっちゅーのにね 
無駄な音を出してはいけない
静かにしなくちゃ
なんて無駄に緊張してしまうんですよね(;^_^A


そんなホールなので真紀ちゃんも緊張していたようですが
MCあけの3曲目以降の夜曲あたりから
すこしずつリラックスしていき
声が伸び伸び響いてとても気持ちよさそうに歌っていました
それを聞いて私もどんどん真紀ちゃんの歌声に入り込み
じわじわと感動しました

今回一番感動したのは
カバーコーナーでのアカペラで歌った「ふるさと」
シンプルな歌詞なのにいろいろなことが蘇りとても切ない
3番までアカペラで聞きたかった

ラストの「窓」
もともと良い詩・メロディの素晴らしい曲
涙ぐんで声に詰まり
ストップしてしまいました
手をおでこにあてなんともいえない焦りの表情の真紀ちゃん
しかしくるっと振り向き
後ろ姿がすごく集中しているのが伝わり
リテイク

客席も心配そうによりいっそう張りつめた空気感の中
見事に歌い上げた姿は本当に感動しました

「ラララ~」のところで涙ぐんでいると
どこからか聞こえてきました
歌ってないよね?でもこれって真紀ちゃんの声だよね?
あれ???
最初はCDでもかけたのか?なんて思っていましたが
後で知ったのですが
涙で詰まらせている真紀ちゃんを
励ますように最前列の女性が歌っていたようです
なかなかできることではありません
最後は一斉にスタンディングオベーション
拍手喝采

隣にいる友人も涙していました
本当に素晴らしいライブでした
またここで聞きたい

そして帰りは目の前が築地ということもあり
海鮮丼をいただきました
こちらも満足♪



AD