2011年12月06日

オーブリービアズリーの生地

テーマ:アンティーク/ビンテージ
おはようございます

忙しいので、スコーンとメロンの手抜きな朝食

photo:01



ジャムは、近所のファーマーズマーケットで買ったグースベリーとエルダーフラワーのジャム。
これはおいしい。(写真に写ってませんが)

メロンは、日本の柔らかくて甘いメロンを想像すると、全然おいしくないですね。
Jちゃんが先月静岡で食べたメロンが、いかにすばらしかったかとトクトクと語るので、
さらにこのメロンがおいしく感じない!
サイモンとボニーからもその静岡のメロンについて言われて、別行動だった私はうらやましくてしかたない。

***

さて、19世紀末のイギリスの画家、
オーブリー・ビアズリーの女性のイラストがプリントされたコットンの生地を入荷しました。

日々の泡々 by Sugar & Son

オリジナルの絵は1800年代末ですが、生地は1960年代のもの。
$日々の泡々 by Sugar & Son
Boomcraftというメーカーの手刷りのスクリーンプリントですね。
 

青い布でトリミングされてますが、生地そのものは白黒です。
だいたいの寸法は 163cm x 80cm



25歳で結核で夭折したオーブリー・ビアズリーさん
日々の泡々 by Sugar & Son

印象的なお鼻 と ヘアスタイル


この布には、
1894年にオスカー・ワイルドの「サロメ」のために書き下ろした挿絵もはいってます
日々の泡々 by Sugar & Son

ピーコック・スカートと呼ばれる有名なイラスト
日々の泡々 by Sugar & Son


この右のイラストは、
ケルト伝説「トリスタンとイゾルデ」の挿絵に
1895年に書かれた「媚薬を飲むトリスタン」

$日々の泡々 by Sugar & Son

ほんとうは赤い背景らしいです
$日々の泡々 by Sugar & Son



生地自体にインパクトがあるので、そのまま壁掛けにしても素敵ですが、

ドレスやスカートに仕立てると最高に素敵だとおもいます



これは私のコレクションではありませんが、

こんな感じ

日々の泡々 by Sugar & Son

日々の泡々 by Sugar & Son

日々の泡々 by Sugar & Son


。。。自分で欲しくなってきました。
悪い癖ですね。 だめだめ。


こんなシルクのドレスもあるらしいです。

ほしい!

$日々の泡々 by Sugar & Son





            * この布に関するお問い合わせは *
              info@sugarandson.co.uk まで
                (出店の予定は最後に)



***


1923年のサイレント映画「サロメ」


1時間以上ありますが、お時間のある方はぜひ。
音楽もさることながら、衣装がすばらしいです。


わたし、時間ないなんていいながら、ついつい見てしまいました・・
あらあら。

ビアズリーさん自身は、オスカー・ワイルドと仲いいのかと思いきや、
ワイルドさんに「絵が日本的すぎる」と批判されたり(わるかったね)、
男色罪で投獄されたワイルドさんの彼氏あつかいされて批判をうけて、ひどい迷惑を被ったらしく、
ワイルドさんのことは、好きじゃなかったらしいです。




「サロメ」衣装は、ビアズリーの挿絵のが強烈なのか、
どれも挿絵を彷彿させますね

日々の泡々 by Sugar & Son


日々の泡々 by Sugar & Son



これはロンドンののコヴェントガーデンにある
ロイヤルオペラハウス所蔵ドレス。


日々の泡々 by Sugar & Son

「サロメ」ではなく、ヴェルディの「椿姫」の1967年のものだそうですが、
コスチュームデザイナーが、ビアズリーをイメージしてつくったそうです。


ファッションの世界でも、デザイナーさんのインスピレーションにされたりと、
ビアズリーさんの世界はひっぱりだこですね。

お金がなくて病気が治せなかったのが痛ましいです(涙)





今朝、近所のディーラーさんの家に行く途中、
住宅街の街路樹が白樺なことに、ふと気づきました

photo:02



そういえば、、テムズ川沿いのテート・モダンという美術館の前にも白樺の密集した植え込みがあります


ロンドンって北海道と緯度が同じ、とわかってはいましたが、
なんとなく改めて実感しました

寒いはずです。


ではではまた。

<帰国・出店のお知らせです>
12月20日~25日 プランタン銀座 アンティークバザール
1月 6日~10日  渋谷東急東横店 渋谷骨董バザール
1月11日~16日  大宮そごう 骨董バザール



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

Sugar & Sonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■すごいです!!!!!!

朝からいきなり目が飛びでそうになりました!
こんな素敵なの見たことが無いです!!
先ほどお問い合わせのメールを差し上げましたので、ご覧になっていただければ幸いです!
このような生地が存在するということを知れただけでも、何だか胸がワクワクしますー!!!^^

コメント投稿