手紙

テーマ:
UFO:unidentified flying otsuku~未確認飛行おつく~-120823_2315~01.jpg



10年以上会っていない友達に手紙を書いた。

ずっとずっと会いたかった友達。

何度も書こうと思って、でも書けずにいた手紙。
やっと書けた。



本人の元に届くかわからないけど…。

書けばよかったと後悔する前に、
一歩踏み出してみよう。

AD

17

テーマ:

今日は(あ。日付変わっちゃってる…)、

オッサンこと、TOKIOさんのおNewアルバム『17』の発売日ハート



ネットで注文していたCDが、帰ってきたら届いてましたネス(ピース)





6年ぶりのアルバム…。


そういえば

楽器をクワに、衣装はつなぎに。(もしくは黒い猫さんのユニフォーム)

すっかりその姿が定着してしまったオッサンたち。


「本業はなんだっけ?」と思うほど。笑


そんな、アイドルという枠にハマらないオッサンが好きなんだけどねぺこ

(あれ?最初からアイドルだっけ??)






26日からは1年半ぶりのツアーがスタートする。

わたしが参戦するのはオッサンBIRTHDAYの9月21日だから、まだ1ヶ月あるけどねー。


CDを聴いて、気持ちをライブモードにしなければ!!!




今回のライブはどんな感じになるんだろうなー。ワクワクマリオ


最新の曲たちも聴きたいけど、やっぱ、デビュー曲をアレンジなしの原曲で聴きたいんだなぁ。

あと、ファンになるきっかけになった「うさわのキッス」も原曲で聴きたいんだなぁ。










今年でTOKIOは18歳。


わたしもTOKIOのファンになって、17年。



オッサンたちが、もがき・悩み・苦しんできた時期を一緒に走ってきた。


「いま思えば…」ということが、いくつも浮かぶ。

その当時は何とも思わなかったのにね。


だから、太一さんの「The Course of Life」を聴くと、何かじーーんとする。





通ってきた道が正しかったかはわからない。


これから行く道が、正しいかもわからない。



でも、この道が自分の人生。

この先、どの道を通っても。ね。




改めて、そんな思いを持たせてくれた曲。


早く、ライブで、生で聴きたいなぁー。



AD

昨日は、淵野辺でカフェをやっているたぐつと
鎌倉へ行ってきました。


たぐつとは同じ中学・同じテニス部仲間。

結婚して鎌倉に住んでいる同じテニス部仲間のまっちゅーを訪ねましたニコニコ



まっちゅーと鎌倉駅で待ち合わせして、小町通りをプラプラ音譜

お蕎麦屋さんでランチをして、雑貨屋(主に陶器)を見て歩いて。
たぐつのリクエストでかき氷を食べに行って…ドキドキ
(わたしは氷食べるとお腹下っちゃうから、お抹茶で)



全然、鎌倉らしさは味わってないけど。笑

何だかあっという間の楽しい時間でしたアップ





2児のママのまっちゅーは、夕方には家に帰る予定だったんですが
ちょうど旦那様が休みになったということで
「じゃあ夜も一緒に行くべ!!」と町田へ連行走る人




たぐつがお店をはじめたことでつながった縁で…


町田で、テニス部の顧問だったG先生と、
中学卒業ぶりに会うパパ(←あだ名はパパだけど、女の子)も加わって
飲みに行きました。





たぐつも、まっちゅーも、パパも、小学校や高校は違うので
31年の人生の中の3年間しか一緒じゃなかったのに
会うとみんなで中学時代に戻っちゃうね。


先生も、うちらは部活の顧問だっただけで
担任でもなければ授業もなかったんだけど(←担当する学年じゃなかった)
まるで昨日のことのように16年以上前のことを覚えててびっくり!!!

うちらが忘れてることまで、覚えていました。笑




中学卒業後、みんなそれぞれの道を歩んで、
それぞれに“物語”があって、
それをいま聞いていることがなんか不思議で、なんか温かかったな。





あの頃身につけた体力も、テニスの技術も、優勝カップも、肌の黒さも(←笑)

今となっては何も残ってないけど
じゃあ中学は「ただ部活に明け暮れただけの3年間だったか」というと
そうじゃないんだよね。



同じ目標に向かって、走って、転んで、挫折して、涙して


教科書には載ってない
通信簿にも書いてない、けど
中学時代の『学び』と、そこで得た『仲間』は
かけがえのない人生の財産です。




あの3年間で得たものの大きさは、月日を重ねるごとに
重みを増していく気がします。


それは自分の人生に、いいことも悪いことも含め
いろんなことが、それぞれの色となって加わっていくからなんだろうな。



1993年に出会って、19年。
19年前、出会った頃には想像もできなかったけど。


自分の歩んできた道を「あの頃」と振り返り、語り、笑えることの有難さ。

共に泣いて笑った仲間がいることの有難さ。


人とのつながりに、出会いに、感謝した一日でした。



ありがとうニコニコ



AD