12月に入り、サイクリングとしてはややオフシーズンに思われがちな季節となってきました。

しかし、真夏の炎天下に比べれば、この冬こそ楽しい季節でもあるのです。

ただ問題は、外気温が0~10℃において何を着て走ればよいのか?という不安があります。

厚く着込めばそれだけ動きにくくなり、中に重ね着しても汗を上手く放出できず、蒸れ蒸れになってしまい、かえって寒い思いをしてしまう・・・ということになります。

そこでサイクリストは防寒用のアウターを着て、その中にインナーウェアを着ます。

この時しっかりしたウェアを選べば、この2枚でOK!ということです。

そこで今回のおススメは、インナーウェアなんですが、モンベルのジオライン・・・
これ良いですよ!

自分も今着ているのですが、とても暖かく、着心地肌触りともに良く、価格がちょっと高めに感じるかもしれないですが、ユ○ク○のヒートテックが安いので、相対的に高く感じるかもしれませんが、機能的に見たら決して高くないのがわかります。

何故良いかというと、先ず生地そのものの保温性が優れていること、そして使用しているマイクロファイバーにより繊維の表面積が増え、よりたくさんの水分を拡散できるということで、常にさらっと快適に保てるということです。

これにより肌に密着するインナーウェアとしてはドライな状態を保つため、汗で体温を冷やすこともなく、信号待ちでのヒヤッとした感覚がなくなります。

サイクリストにとって、ここが一番嬉しいところですね!

また、伸縮性にも優れ多少生地が伸び縮みするので、窮屈感があまりなく、自分の体形にフィットしているのを感じます。

また、銀イオンの制菌作用により汗をかいても菌の繁殖を留めます。

生地も種類から選べ、薄手、中厚手、厚手と用途により普段着から冬の雪山まで対応可能です。

もちろん普段使いにも重宝すると思いますよ!

何しろ洗っても直ぐ乾きますからね。

この度、当店にてmont-bell製品の取り扱いを開始いたしましたので、ご注文承ります。




















AD