昨晩、ろうきん清水支店運営i委員会で「住んぷ会」清水地区の工務店の1つとして、ろうきんの会員さんにどんな住まいを提案していくのか、運営委員40人の前でPRの機会を頂きました。

そらいろほーむの提案は、人のこころと暮らしを豊かにするための、デザインと健康が両立した住まいです。デザインは「TORETTIO」、健康は「免疫ハウス」の2本柱でいきます。

持ち時間の関係で今回は免疫ハウスのお話をしました。免疫ハウスはFFC加工材による、おいしい空気の吸える住空間と活水器を使い家中を、はたらくいいお水に変えて使う暮らしを続けることでプラスマイナスゼロの家、健康を阻害されない住まいにするという内容です。

マスクでの比較体験(空気の違いを皆さんにお分かりいただけました。)や免疫ハウスの効用を知る為の杉シート(冷蔵庫や下駄箱、靴の中敷きなどで試してください。)をお持ち帰りいただきました。

免疫ハウスでの暮らしで、体調が元に戻られたお施主さん家族がいらっしゃることや、空気のきれいさを感じているご家族が多いことは、人に免疫ハウスのお話をするうえで、私にとってこの上ない力となっています。


20160407 
AD
20160618 

高耐震・高断熱のスーパーウォール工法住宅を普及させことで、新しい日本の住まいに挑戦しているスーパーウォールビルダーズファミリー。

その静岡県組織「静岡SWスター会」は全体会と3チームによるチームミーティングがあり、その1つのチームミーティングを、そらいろほーむのモデルルームSORAIROで先日おこないました。

順番で各社に浜松・静岡・富士・富士宮からチームメンバーが集まり、各社の設計プランや施工例から良い所や改良点などの意見を出し合い、皆がより良い住まいを建てるための勉強会です。今回は時間をフルに使い、デザインについて意見を出し合いました。

各社で得意なデザインは異なりますが、ディテールの作り方、目立ちすぎない暮らしに溶け込むデザインのあり方など、実りのある内容になりました。


 
AD

免疫ハウスはFFCテクノロジーを利用した建材を使うことで、住まいの空気環境を自然な状態に戻す効果があります。このFFCテクノロジーは水を材料とし、水の改質・活性化させることにより、酸化と還元のバランスを整え、動植物の機能や活性を高める技術です。

このFFC技術で改質された水を「FFCウォーター」と呼んでいて、日々に暮らしに取り入れることができます。住まいに専用の活水器を設置し、水道水を通すことでFFCに改質された「FFCウォーター」に、さらにこの活水器は水道メーター近くに設置されるため、家中すべての水が「FFCウォーター」となります。

「FFCウォーター」は」図のような効果を、実感していただける「はたらきもの」の水です。
免疫ハウスと活水器は高気密高断熱との相性はとても良くて、住環境と家の価値をさらに高めてくれます。

20160613 
AD