バンクーバーから帰国しております。
日本での活動再開いたします。よろしくお願いいたします。 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

桜鳥文風 Official Website Openしました!

https://www.earthandmusic.com/

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月22日

大雨去って夏至祭。ありがとうございました!

テーマ:私の森〜日記

 

癒しの里山カフェ・ヴィレッジにて。

 

夏至は、朝からものすごい大雨。田んぼの水がいっぱい。植わったばかりのかわいい稲が、すっかりかくれんぼしてしまいました。実家は、強風で庭の樹が道路に倒れました!今朝早く庭屋のいとこが来てくれまして、修繕してくれました。

 

そんな具合で大荒れのお天気。私は長靴でヴィレッジさんへ出動。実家の駐車場の前が既に池でしたから。じゃぶじゃぶやって車に辿り着きました。なんてドラマティックな夏至でしょう!笑

 

しかし見事に雨が上がってまいりまして、太陽が力強く顔を出す瞬間もあり、宴のころにはやさしいお天気になりました。

 

 

宴は店内での開催になりましたが、それもまたよかったですね。

みなさまとの距離が近くて、なんともいえない、あったか~い、ほんとうに何とも言えない、やさしい空間になりました。

 

おかげさまで、ヴィレッジさんのお声がけで、たくさんの皆様にお越しいただきました。お仕事を早退して下さった方もいらっしゃれば、お仕事の後にいらしてくださった方もいて、本当に、ありがたいばかりでした。こんなにいらしてくださるなんて!!!感激です。

 

 

スウェーデンでは夏至祭は一年で最大のお祭り。他のヨーロッパの地域も、夏至はお祭りです。パリは音楽祭状態で、いたるところが路上ライブで音楽漬けなのだそうですよ。ということで、皆様にも鳴り物を持っていただきまして、自由に鳴らしていただきました!よかったですよ~。響きがうわ~ってあふれて。ああ、気持ちいい!この日のセレブレーションにぴったりでした。

 

実はヴィレッジさんは20周年!(22日で丸20周年☆)

お祝いの日だったのであります。

 

ヴィレッジさんが皆さんに、長い間、愛されている理由は、ここに訪れればすぐに分かります。この日のお客様の微笑みっぷりが、すばらしかったのですから!この場が愛おしくて仕方がないのですよね。心からの拍手と感謝の微笑みがあふれました。皆さんの中の、日常の様々な出来事や感情が、いかにヴィレッジさんと結びついているのか、その強さを感じました。悲しいときも、うれしいときも、そっと寄り添って、「あなたは大丈夫」「外の自然をごらんなさい」「そのままでいいの」と、あたたかい手で背中をなでてくれる、そういう場なのだと思いました。

 

20周年、本当に、おめでとうございます。

私はまだ新参者ですが、この場に出会えたことに感謝します。

 

昨日はたくさんの皆さんと、まるで親戚の集い状態で時間を共有できました。この感覚がまたよかった!お会いするかたも、どこかが懐かしいのです。

 

二胡をはじめてお聴きになった方も多いかと思います。

こんなドラマティックな夏至の日に、お足元の悪い中お越しいただきましたことを、心より感謝いたします。

 

本当に、ありがとうございました!

 

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

桜鳥文風 Official Website Openしました!
https://www.earthandmusic.com/


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月20日

ダウンロード販売開始!MUSIC PACK「HEAVEN AND EARTH」

テーマ:私の森〜日記

 

バンクーバー滞在中に録音のお仕事をさせていただいた楽曲が、販売開始になりました。二胡メインのゲーム音楽です。

 

ゲーム音楽/ダウンロード販売

MUSIC PACK「HEAVEN AND EARTH」

http://www.rpgmakerweb.com/a/music/heaven-and-earth-music-pack

 

 

数曲をパッケージにした形で販売されていて、曲はRPGゲームのBGMとして利用できます。

視聴できますので、ご興味のある方は、是非販売サイトへ!

(英語サイトですが分かりやすいです)

 

広い意味で、アジア風~、の音楽でございます。

私はこういったアジアンテイストの曲は、滅多に演奏しません。楽器が二胡ですので、録音のお仕事はこういった感じが多いのですが、それにしても貴重?かもしれません。

 

海外ですと、日本も中国もタイも、音楽のイメージはまるごとで、アジア風、ということなんですよね。ゲーム用ですので短めですが、どの曲も映画的で、ドラマティックなBGM音楽に仕上がっています。

 

ゲームクリエーターの皆さま。

是非、この二胡音楽で、ファンタスティックなゲームを作ってください!

迫力の画面になると思いますよ。壮大な中国映画風の、わくわく、どきどきなゲームになりますように~!

 

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

桜鳥文風 Official Website Openしました!
https://www.earthandmusic.com/

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月17日

新作「Hallelujah(ハレルヤ)」動画アップ!

テーマ:私の森〜日記

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「イメージ」

 

バンクーバーでレコーディングしてきた曲のひとつ「Hallelujah ハレルヤ」。

歌手マレー・アトキンソンの美しいハーモニーボイスと、二胡ソロのアコースティックで構成しました。シンプルに弦と声だけ。この曲には他の要素はいらない気がしました。

 

深い、静かな静寂の中で、大いなる自然界と調和していくイメージです。

天空に響きわたるような多重音声はマレーの得意分野。私はそれが大好きでしたから、是非この曲で活かしていただきたいと思いました。イメージを何度も何度もすり合わせて、丁寧に、丁寧に、繊細な織物を紡いでいくように、やさしく、美しく、作品作りをしていきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「音楽を形にするという仕事」

 

私はイメージするのが得意です。

映像だったら、こうなってこう撮ります、と絵におこして、欲しいものを自分以外の人に伝えられるのですが、音はそうはいきません。今回も、こんな感じと絵もかいたような気がしますが、あまり意味はなかったかな。とにかく音は、最後の一粒まで具象化して、現実にしていかないと終わりません。

 

見えないからこそ、変幻自在で難しい。

 

かつての職業の関係で、音楽打ち合わせは山のようにしてきましたけれど、リファレンスを用意して、確認できる言葉も用意して、それでも相違なく、ゼロから作っていくのは、いつも難しかったです。だから、びっくりするような出来栄えの時は、心躍りました。音楽打ち合わせは皆が大好きでしたが、こういう予想以上の瞬間が多いからなんですよね。

その間に入って下さっていたプロデューサーの方々の力量と人間性のすばらしさを、今一度思い出す作業でした。「ああ、あの時、そうだったのだな、すばらしいやりとりだったな。」「こういう時、こんな気持ちだったのだろうな」と、カナダであらためて思い出して、感謝する機会になりました。

 

「ハレルヤ」は、マレーが歌うボーカルバージョンもあります。大聖堂にいるように響き渡る多重音声です。そのうちダウンロード販売されると思いますが、素晴らしいですのでお楽しみにされてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ハレルヤについて」

 

ハレルヤというと、かの有名な讃美歌のフレーズが浮かびますが、こちらは昨年末に亡くなったミュージシャン、レナードコーエンの曲になります。北米ではジェフバックリーのバラードバージョンで大ヒットした曲です。日本では知名度が低いと思うのですが、北米では知らない人はいない有名曲。彼らのソウルソングと言っていいと思います。

 

カナダでこの曲を奏でますと、皆さんシーンとなり涙ぐんでしまいます。いろいろな思いが巡るのでしょう。友の顔や懐かしい景色、忘れたくない瞬間が浮かんでくるのだと思います。後半のハレルヤの繰り返しになると、静かに口づさむ声で、いつの間にか満たされています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「歌詞について」

 

レナードコーエンが書いた詞は、聖書のダビデとソロモン王の竪琴の逸話をもとにしています。神の息吹が宿った竪琴を奏でるダビデと、闇の世界に心がとらわれてしまった王が対峙する話です。

 

「ねえ、秘密のコード(和音)があってさ、ダビデが奏でたら王様が喜んだってやつなんだけどさ。まあ君は音楽なんて興味ないだろうけどね。それってこんな感じなんだ。4度、5度、マイナーで下がって、メジャーで上がって。で、王は魂をとりもどしたのさ。ハレルヤ。」(意訳:桜鳥)

 

冒頭の「秘密のコード」という表現がいいですよね。私も知りたい、秘密のコード。

興味のある方は、あらためて歌詞をチェックしてくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「制作スタッフ」

 

SUPER THANKS FOR  VIDEO STAFF !

 

カメラマン&ディレクター / 海野重幸 

出演  / Kana Kitty  https://www.kanakitty.com/

 

Special Thanks  / 羽生澄子 (BROS) 

                            海野圭子

 

監督・撮影の海野さん、出演のKanaさん、スーパープロデューサーの羽生ちゃん、デザイナーのけいこさん、本当にありがとうございます!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「美しい日本の自然と、海野監督」

 

冒頭の月。これ、東京から見た月なんですって!海野監督が撮影されたものです。東京でこんな月が見れるの?どういうズームだとこうなるの?と思うのですが、この月も、美しい自然の景色も、すべて!海野監督が撮影されたものです。レンタル映像ではありませんぞ!すごい!美しい!

 

「今、この瞬間にシャッターを切りたい!」

「一生、この美しさを、忘れませんように!」

 

こんな瞬間、ありますよね。そんなシーンが見えてくるようです。

風に揺れる樹々は、胸が締め付けられるようだし、一直線に、ただ、まっすぐ向かってくる波は、海の向こうの何かが開けたのでは、と思うほどです。

せせらぎの流れも、開けていく雲間も、太陽の輝きも、今という時間のどの瞬間にも、とんでもなく美しい地球がここにあるということを思い知らされます。

 

海野監督は、CMディレクター・映像作家・写真家として、ご活躍されています。

CMディレクター時代からカメラマンとしても活動されていらっしゃいましたが、ムービーだけでなくスチール写真家としても活躍されていて、写真展などもされています。

 

アングルをきる特殊な目をお持ちなんですよね。アングルだけでなく、物事をきる視点そのものが天性なのだと思います。

私はシノヤマ(自称)として、ボロカメラで撮りまくっていますが、アングルで迷った時は、海野監督の「一歩前へ(踏み込む)」をモットーにしております。そこが世界の変わり目なのでしょう。見えていなかったものが輝きはじめるアングルがあるのです。

 

これを機会に、海野監督にお仕事のご依頼をされたいという方、お問合せされたい方は私を通じてでも大丈夫です。人柄も素晴らしい方です。

どうぞご連絡くださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「海野さんの思い出」

 

海野さんとは、もう長~~いお付き合いになりますが、いろんなシーンが浮かびます。物静かで、多くを語らない方です。だからこそ、口にする言葉は説得力があります。プレゼンの最後のひとことを決めてくださる方です。

コンテの絵がすごいのですが、何がすごいかは伝えられない!笑。でも伝わるのですよね。何のコンテか忘れてしまったのですが、海野監督が描いた女性の顔が、ちょっと髪がなびいている女性なんですけどね(ごわごわで硬そうな髪)、脳裏にこびりついていて、今でも忘れられないのです。笑

 

ああ、そういえば、一度ど深夜の打ち合わせで私が寝てしまいまして、某大手クライアントの企画で大詰めだったのですが、不覚にも私、夢を見てしまったんですね。目が覚めるなり「ヤマトのみなさんが!」と叫んでしまいまして、会議室が揺れましたね。隣に海野さんがいましたね。宇宙戦艦ヤマトの夢をみてたんですね、私。あれは忘れられませんなあ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「圭子さんの思い出」

 

海野監督は奥様の圭子さんとご一緒に、私の、大昔からの道のりをご存知でらっしゃいます。かつて経堂に「月和茶・ユエフウチャ」という台湾茶屋さんがありまして、そこで当時の二胡仲間と演奏をしたのが私の活動のはじまりなのですが、ご夫婦でいらしてくださいましたね。ああ、、懐かしい。。大昔。。懐かしい。。

 

圭子さん、当時流行った動物占いみたいな本で、幻冬舎のお化け占いという本だったかと思うのですが、そのイラストを担当されてたんですよね。その本を広げて、月和茶の窓辺のテーブルで騒いだことを思い出します。(若い~!)

当時幻冬舎にいた私の学生時代の同級生をご存知で、盛り上がりましたねえ。ああ、意外と小ネタまで覚えているものですね。大昔なのに。懐かしい。。

 

恵比寿の演奏もよくいらして下さいました。音が外れれば「外れてたよね~」と指摘してくださる圭子さん。その自然体、最高なのですよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「羽生ちゃんの思い出」

 

羽生ちゃん。東横線仲間で、途中まで一緒に帰ったりしましたね。彼女は人一倍!一生懸命な女性で、働きもの。明るくて、調和を重んじる女性です。ズルや手抜きは一切なし。人との距離感をとるのが上手で、皆のモチベーションを笑顔で引き上げてくれる人です。

誰も彼女の真似はできません。20代前半から知っていますが、そんな彼女は今ではCMプロダクションの社長。青山に会社を構えています。すごい!

分かる。羽生ちゃんはそういう人なのだ。そして、その道のりを越えていける人! 彼女に任せれば大丈夫。信頼できる人なのだ。

 

思い出もたくさ~ん。羽生ちゃん、コロッケ弁当が好きなんです。ロケのお弁当、気が付けばコロッケ弁当なんですね。「好きなんですよ~」と笑ってましたけど、今も変わらずかなあ~。笑

 

ああ、、、今回、羽生ちゃんとのやりとりで思い出したことがありました。その昔、CMディレクターのIさんの強引な売り出しで、「ナレーターになろう大作戦!」というのがあったんです。青二プロに売り込むぞ!って意気込みまして、私のデモテープを作ったのでございます。わざわざ録音して!カラオケまでうたって!(しかも何故か曲はスピッツの「チェリー」!)その時のことを羽生ちゃんが覚えてまして、「葛城ゆいって、Iさんに芸名つけられてましたよね?」って、今回メールで返信がきたんですよ。笑

わ、忘れてた~~。羽生ちゃん、一緒に録音スタジオまでいったんですよね。その時の「葛城ゆい命のDAT」は、今も私の手元にあります。が、おそらく永遠にテープがかかることはないでしょう~。笑

 

ああ、思い出ばかりが溢れ出す~~。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「Kana Kittyさんのこと」

 

Kana Kitty Website

https://www.kanakitty.com/

 

Kana Kittyさんは、海野監督お墨付きのご推薦。アートパフォーマー、ダンサーとして、ご活躍されています。思考を打ち砕き、魂を解き放つような、美しく自由なパフォーマンスをされる方だとお見受けいたしております。

 

「自由とは孤独であり、孤独とは自由である」でありますが、Kanaさんは、その岩盤の頂に仁王立ちして、颯爽と羽を広げて、向こう側へ飛んでいくのでありましょう。

 

今回のビデオでは、踊ることはされてませんが、手つきやしぐさの余韻から、「ただものではない感」(マヤ、恐ろしい子、by 月影千草」、が漂っていますよね。静止していても、踊っている、ということなのでしょう。

 

そうですね。物事が静止しているときには、見逃すものがないからと目をつぶっていていいように思ってしまいがちですけれど、とんでもない。実は、そこに美しさを発揮するものがありますよね。例えば、この世の植物がそうであるように。地球が、宇宙がそうであるかのように。

 

空気感、佇まいで、人を魅了する。これは難しい!

そこを駆け上がっているパフォーマーだと思っています。

ぜひ彼女のパフォーマンスに足をお運びくださいね!

リアルはもっとすごいはずです!

 

Kanaちゃん、そのうち是非お会いましょうね。今回は本当にありがとうございました~~!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長くなりました。

ひとつの音楽に込めた思い、語りはじめると止まりません。

 

そして、一つの音楽がもたらしてくれた、人とのつながり。

こちらも語るととまりません。

 

結び目のような曲になりました。

 

いろいろ、いろいろ、いろいろ、

バンクーバーのスタッフのみなさん、日本のスタッフのみなさん

本当にありがとうございました。

 

みなさん、是非、この曲をかわいがって下さいませ。

 

アルバムは、フィジカルパッケージ(CD)としては発売未定です。形にするのは来年になるかもしれません。

ダウンロードで、楽曲ごとの先行販売したいと思っています。準備中ですので、しばらくお待ちくださいませ。

 

桜鳥文風(おおとりあやか)

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

桜鳥文風 Official Website Openしました!
https://www.earthandmusic.com/

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月12日

6月25日(日)「音浴の森」告知

テーマ:音浴の森〜音楽療法

 

急ぎの告知です。

 

静岡県浜松市で「音浴の森」をやります。

東京の中目黒でやっていた時から、もう4年。早いですね。

その間、海外に行っていたり、いろいろ。開いた分だけ、生まれたものがあると思っています。

 

レンタルスペースですので、以前と勝手が違いまして、ハーブの手浴やお茶タイムはありませんが、シンプルに癒しの音楽を追求できると思っています。何をするのかよく分からない方は、横になって聞く音楽瞑想みたいなもの、と思っていただければいいと思います。

 

さて。私の「音浴の森」もどこまで進んでいくのでしょうね。久しぶりの音のグルーブ、自分でも楽しみです。ご興味のある方は、この機会にぜひどうぞ。

 

東京方面の方はそちらでの開催がなくて申し訳ありません。人数が集まるようであれば、どちらでも出張開催いたしますので、ご興味のある方はお問い合わせくださいね。お待ちしております。

 

それでは詳細です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「音浴の森」

 

●6月25日(日)

 

●時間:トータル約2時間

 

 受付:13時45分

 音浴の森:14時~15時半 

 リラックスタイム:15時半~45分

 (16時までに退出)

 

●金額:3500円(当日現金)

    ※改訂しました

 

●場所:クリエート浜松 創造活動室(一階)

 

●アクセス:

 http://www.hcf.or.jp/facilities/create/access/ 

 (徒歩:浜松駅10分と書いてありますが、15分程かかると思われます)

 

●持ち物:バスタオル2枚

 横になっていただきます。敷物用と、枕用にお持ちください。

 

●服装:自由

(横になっていただくので、リラックスできる服装がおすすめです)

 

●申し込みメール

  jikancafe-information@yahoo.co.jp 桜鳥まで

 

●申し込み期限:前日まで

 (前日までお待ちできますが、お早めに連絡いただけると助かります)

 

●備考

※女性限定のイベントです

※男性は、以前に参加された方、女性とご一緒にお申込みの方のみ受付させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「音浴の森」とは

 

はじめての方へ

 

シンプルに、音楽瞑想、と思ってください。

心身の深いリラックスを目的としたものです。

 

やっていただくことはありません。ストレッチもしません。

横になっていただくだけです。それだけです。

眠って下さって構いません。

 

「音楽を聴けなくてもったいなかった~」 と目覚めておっしゃる方もいらっしゃいますが、それでいいと思います。意識の深層で、自分が必要なリラックスを補充できたはずでしょう。そう思っています。

 

様々な音や音楽が流れます。状況を見て変えています。

私は、二胡をはじめ、音の鳴るものを、いろいろ奏でます。

(意外にも私はあっちこっち動いて、汗だくだったりするんですよ)

 

音が、音楽が、響きが、空間に満ち、身体を包み込んでいきます。

「あなたを乗せた船は、今日は、いずこへと旅立つのでしょう」

それを味わって、楽しんでくださいませ。

 

感想は様々です。

こんなことを感じて下さったんだ!と嬉しくなることがほとんどですが、心身のリラックスを目的としていますから、どんなことであれ、すばらしい!

とにかく、日々のお疲れをとり、その方のリラックスに繋がることを、私は願うのみです。

 

医学的な効果効能、エビデンスを、お約束するものではありません。

その部分にこだわる方はご遠慮ください。

音は視覚できない、個人的な感覚で受け取るものですから、例えばエビデンスがでているものだとしても、私はお約束しません。人の感覚とは様々だからです。

 

 

私は、単純に 「音楽には癒しの力がある」 そう思っています。

 

音楽とは、そういうものです、よね。

そう、森の樹々が、川のせせらぎが、鳥のさえずりが、人の心を癒すように。

 

 

「音浴の森」は、シンプルに、音の癒しの時間、です。

 

何にも縛られない、外界から開放された、「個」、の時間を、深いリラックスでお過ごしください。

 

どうぞ、お気軽に、お楽しみに、お越しくださいませ。

 

 

急な告知で申訳ありませんが、ご興味のある方は、ぜひどうぞ。

お会いできますのを、お待ちしております。

 

心より。

 

 

桜鳥文風(おおとりあやか)

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月04日

6月21日夏至の宴、そのほか。

テーマ:私の森〜日記

 

HPの準備をしています。あともう少し。

そちらでご案内しようと思っていましたが、先に告知させていただきます。

 

海外レコーディングしてきました「Hallelujah」のMVが完成しています。出来上がった楽曲とともに、お楽しみにお待ちください。

映像ディレクターは、CMディレクター・写真家の海野重幸氏。アーティストのKana kittyさんが出演下さいました。CMプロデューサーの羽生ちゃん、デザイナーのけいこさんなど素敵な方々にかかわっていただいて、もうもう、、、も~~~、感謝ばかり。(ひれ伏している。。。)

HPの開設とともにご紹介をスタートしたいのですが、少しお待ちくださいませ。

 

海野監督とは、かれこれ、もう、私がずいぶん若いころからの(20代前半ですな)お付き合いでございます。東京の方ですがご出身は下田の方です。浜松と下田はとても離れていて、実際、他県なのかと思うくらいなのですが、それでも静岡県人ですからね、静岡のご当地CMの不思議さを小さいときに刷り込まれ、東京にでていったのは同じなわけです。

ちなみに、進学で憧れの東京に踏み込んでいった時、東京の広告のセンスにびっくりして、ぶっ倒れそうになりました。電車のホームのポスター、センスのいいことったら!すごいレイアウト、かっこいい!あの衝撃は忘れられません。

 

でもですな。

どっぷり東京の感覚につかって、今、静岡県に帰ってきてテレビをつけてみますれば、、、静岡のCMのぶっ飛び具合に、あんぐり。奇々怪々!なんじゃこれ?!シュールで全く意味不明なパチンコ・コンコルド。しかしキャストはなかなかいいぞ。

なんてことはない、山内健司さんなんですね、演出。。

 

というわけで、東京も静岡も、入りどころは全く違いますが、ぶったまげスイッチがあるのですなあ。。

 

脱線しまして失礼いたしました。

 

 

イベントの告知です。

 

静岡県掛川市、ねむのき村の手前あたりにある、里山カフェ・ビレッジにて、夏至にイベントをさせていただきます。

 

オーナーさんは、植物のようにやわらかい息吹をまとってらっしゃる方。寄り添うようにお話してくださるトーンにとても癒されます。

 

縁側は足をほおり投げて。きしむ床も、自然に任せたままのお庭も、飾らないでいられます。小さいころ夏休みに泊まりにいった親戚の家のよう。

 

看板にゃんこが2匹。あずきちゃんとかりんとうちゃん。うろうろしております。丸顔で大人しいあずきちゃんがかわいくて、、むにゅ~~と、顔をモフモフうずめてきました。ああ、かわいい。

犬ラブ!犬バカ!な私ですが、にゃんこもかわいいですね。(でも犬ラブ!です。夜でも散歩行きますよ~!)

 

そういえば縁側にドクダミがつるしてあったなあ。。

なぜかビレッジは風がよく通るのですよ。ふ~っ。リラックス。

京都のベニシアさんのお宅を思うようです。(テレビでしか見たことはありませんが) ああ、お庭にハーブ、植えたいなあ、とムズムズしてきますね。

 

きっと、よいひとときになります。お待ちしておりますね。

 

 

それから。

 

まだ先になりますが、静岡県藤枝市のたろべえじゅさんで、「森二胡」(ネーミングしたて!)をさせていただきます。

 

たろべえじゅさんは、森の中にある、玄米採食レストラン。

 

「え?この道進んでくの?対向車大丈夫?」という、樹々とせせらぎの森の道を、怖がらずに終わるまで進んでいきますと、絵に描いたような、水車と古民家のある、ほのぼのとした日本の風景が開けてまいります。

 

ほんとに、、自然がすばらしい!

ほんとに、自然がすばらしい!

ほんとに、お料理がすばらしい!

ほんとに、お料理が神がかっている!

料理の発明力もすごい!箸置きは葉っぱちゃん!

 

オーナーの千景さんの笑顔と、料理の腕、気持ちよい陽のエネルギーはすばらしいです。(コピーセンスと、企画力も!)

お母さまも、みなさんも、あまりにも素敵なお人柄なので、語りたいことが山のようにでてまいりますが、とりあえずイベントはまだ先ですので、今日はここまでにさせていただきますね。

 

森林療法はドイツでは進んでいますが、こちらはそれです。こちらの森の中で心身を見つめ、呼吸し、自然のままのものを食していると、ぐんぐん、身体が再生していきます。

 

こちらは森ヨガなど癒しの企画もいろいろありますので、チェックしてみてくださいね。

 

ほんとに素敵なレストランです。

どうぞお食事にいかれてくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「夏至の宴」

 

癒しの里山カフェ Villageのお庭で 

太陽と 自然と 音楽と

 響き合って 奏で合う 夏至の夕暮れ

 

2017・6・21 wed ​​

17 : 00 pm ~ s u n s e t

1000 yen ( with 1 d r i n k )

 

エイミーさんの身体が歓ぶヴィーガンカレー弁当

 @500円(要予約)

鈴など 鳴らせるものがありましたら お持ちください。

(なくても大丈夫ですよ)

 ※17時からお庭でゆるゆる開始しています。ご都合のよい時間にお越しください。(雨天は室内)

 

Villageさん お店情報 (地図有)掛川ビレッジ

〒436-0222  静岡県掛川市下垂木303-1  

☎0537-22-3799

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月14日

「二胡の森」と「音浴の森」

テーマ:音浴の森〜音楽療法

 

 

 「二胡の森」

 

~ヒーリング二胡講座~

 

風になる、海になる、森になる

私が響きになる。

 

・・・・・・・・・・・

 

身体の力を抜くこと

重力に身を委ねること

呼吸を深くとること

 

自分を解放すること

 

・・・・・・・・・・・

 

二胡を弾いているのに、ヨガや瞑想をしているような

力の抜けた感覚でいられる。

自然界と調和していくような喜びや、

穏やかさ、深いリラックスを味わえる。

 

癒し、健康、リラックス

これらを目的とした二胡講座を

以前からやりたいと思っていました。

 

技術やレベルではないところの

響き合いや、喜び、

自然との繋がりを感じる場になれば、

と願う気持ちもあります。

 

・・・・・・・・・・・

 

単発のワークショップ型講座です。

 

楽曲を学習する二胡講座ではありません。

いわゆる二胡のレッスンとは別ですが

講座のエッセンスを、日々のお稽古に

活かしてくださって構いません。

(どちらの教室の方でも、私は構いません)

 

二胡の経験年数・レベルは不問です。

初心者の方でも、もちろん大丈夫です。

 

現在企画中ですので、詳細はお待ちください。

できれば自然環境の中で行いたいと思っています。

 

静岡県西部エリア(浜松市近郊)での開催になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

東京、他エリアの皆さま。

 

人数や会場の都合がつくようでしたら、出張可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ご質問も合わせて、こちらまでどうぞ。

jikancafe-information@yahoo.co.jp

 

 

 

通常の二胡レッスンについて。

 

現在、開講する予定はありません。

楽曲や技術、レベルごとのレッスンをすることよりも

響きと自分、自然との調和をテーマしていきたいと

今の私は思っています。

ご理解いただけましたら幸いです。

 

・・・・・・・・・

 

以前の二胡の生徒の皆さまへ

 

お元気でしょうか。

その後も、それぞれに、

二胡ライフを楽しんでらっしゃることと思います。

(まさか放置してないですよね。まさかね。まさか!笑)

 

現在、浜松におります関係で

東京でのレッスンを再開する予定は、

本当に申し訳ありませんが、ありません。

 

ですが、人数次第になりますけれど

単発の合同(合奏)レッスン、

もしくは個人レッスンの縦割りのようなものは

可能かもしれません。

 

興味がありましたら、どうぞご相談くださいね。

いつもありがとうございます。

お身体ご自愛くださいね~~。

 

 

 

 

「音浴の森」

 

それは、響きの温泉。 安らぎの泉。

 

・・・・・・・・

 

音の湯船で、お疲れをおとりください。

 

目を閉じて、横たわって、ただ、音に、浸かるだけです。

 

 

まるで、自然に抱かれるように。

宇宙を浮遊するように。

時空を旅するように。

 

懐かしい自分に会える気が、するかもしれません。

 

毎日のリラックスやデトックス、

自己調整、癒しの場になりますように。。

 

 

・・・・・・・・・・

 

以前、東京で開催しておりました「音浴の森」。

静岡県西部エリア(浜松市近郊)での開催を、ただ今、企画中です。

 

自然環境のよい、心身が落ち着く場所を考えています。音浴の森では、自然は大きなポイントです。

 

・・・・・・・・・・

 

横になった状態での「音楽瞑想」と思ってください。

無理のない姿勢で、気軽に安らげます。

 

自分と向き合うための時間にされてもいいですし、本気で眠る時間にされてもいいかと思います。

 

自律神経、身体、心、自分、を、休める時間になります。

ご自分のために、保っていただきたい時間です。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

ご相談で、どちらでも出張可能です。

人数と場所が整うようでしたら、ご相談くださいませ。

 

東京エリア以外も、もちろん大丈夫です。

お気軽にお問合せください。

 

jikancafe-information@yahoo.co.jp

 

 

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

桜鳥文風

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月14日

2017

テーマ:私の森〜日記

 

大変ご無沙汰しております。皆さま、お元気でしょうか。

お変わりなくいらっしゃいますか。

 

 

 

バンクーバー(北米)屈指のレコーディングスタジオ。大物アルバムがずらり!

 

 

ピアノはYAMAHA。浜松、楽器の街に生まれてよかった。

エンジニアに自慢して鼻高々。(今年は大河ドラマの舞台ですね!)

 

 

近々HPを作ります。

「音楽、自然、癒し」 をテーマに活動していきます。

 

 

大自然の恵みと生命の営みに感謝しながら、小さな響きではありますが、

地球に、社会に、恩返ししていけたらと思っています。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。 桜鳥

 

コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年10月11日

石上

テーマ:私の森〜日記




未  通  女  等  之



袖  振  山  乃



水  垣  之



久  時  従



憶  寸  吾  者



コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月10日

Bridge

テーマ:私の森〜日記








Bridge Over Troubled Water
words by Paul Simon


When you're weary, feeling small
When tears are in your eyes 
I will dry them all

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found

Like a bridge over troubled water
I will lay me down

Like a bridge over troubled water
I will lay me down








 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月09日

樹 

テーマ:私の森〜日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。