(フロリダ州 IMGアカデミーにて。おいっこと日本人の仲間たち)

 

おいっこがテニス留学でフロリダのIMGアカデミーへ旅立ちました。錦織圭選手も学んだところです。

 

すばらしい施設のようです。様々なスポーツ分野があるそうですが、学校とセットになっていて全寮制。世界中からアスリートの卵が集まっているそうです。朝から就寝までスケジュールが組まれていて、病院もあります。コートではシャラポアをはじめ、卒業生の有名選手が練習していたりと、とにかく桁違いなんだそうですよ。

 

おいっこは中学生。まだまだ家が恋しい年齢です。

でかい!けど(ほぼ190センチ)甘えん坊だし、片付けはしないし、ママっ子だし、まあちゃん(愛犬)にべったりだし、まあ手がかかるのですが、それでもよく行ったものです。

 

夏休みにアカデミーの短期キャンプをたまたま受講したんですね。近所の小さなテニススクールでIMG体験ツアーをするというので。その時に担当してくれたコーチが「IMGにこないか」と熱心に誘ってくださったんです。

おいっこは中学校の部活で軟式をやってた程度で、硬式ではランキングはおろか、本格的な練習を始めたばかり。

 

そんなわけで、まったくテニス留学など頭になかった甥っ子が、留学を決めた時のマミィとの会話。

(前夜にマミィから留学の話を聞かされて、学校の友達と離れるのが嫌で、丸一日、暗~くなってた甥っ子)

 

「返事しなくちゃいけないから、決めるよ!どうするの?」

「そんなに急に決められないもん!」

「留学しないなら、明日から中間なんだからテスト勉強しなさいよ。ね!」

 

・・・・・

 

「留学すればテスト勉強しなくていいわけ?」

「そりゃそうだよ。でも行かないならやらないとね。さあ、どうするの!やるの?!」

 

「だったら行く!」(即答!)

 

 

テスト勉強するよりもテニスしてる方がいい!という。笑

超単純な思考回路だったわけですが、馬鹿げていてもここに本質がありますよね。

彼にとっては、勉強よりも、テニスなんです。

テニスが好きなんです。そこに道を見たんですね。パーンと弾けるように。

 

もちろんね、テスト勉強なんて、今までしたことないですよ。0点とりますからね。

「いいアイディア見つけた!選択問題は全部同じところにマークすればいいんだ!どれかが当たるじゃん!」って、大はしゃぎで報告してくれますから、そっちを選んでも痛くもかゆくもないんです。

 

でも、彼にとっては、ここが人生のターニングポイント。

究極の選択、だったわけです。

のほほんと楽しい中学生活を過ごしていた彼に、突然降ってきた人生の選択だったわけです。

 

自分の本質に気づいた、というわけですね。

 

 

別の話ですが。

姪っ子が、秋からバレエ留学でイギリス行きが決まりました。年末のことです。

厳しいオーディションを通過しました。

 

こっちは、のほほん、じゃなくて、バリバリギリギリ。

ちっちゃな時からとりつかれたようにバレエに執着していました。2、3歳くらいだったかと思いますが、物心ついた時からバレエの映像を繰り返しみてましたね。異常に好きでした。

我が家はバレエに興味のある人は一人もいませんでしたから、なんでこうなるのか、これがどっからやってきたのか意味不明なのですが、そういうものなのですね。この世に誕生したときから、自立した意識は明確にあるのですよね。

 

入会する年齢を待ってバレエを始めたのですが、お菓子なんて出そうもんなら、「じゅんこねえねは、私を太らせたいの!」って激高しましたね。ちっちゃな幼稚園児ですよ。笑

ですから、こちらは、しがみついて、努力して、競争し続けて、その座を勝ち取った、という歩み方です。

(性格は能天気なんですけどね)

 

 

 

人生の歩み方、なかなか違いますね。

でも共通しているのは、「好き」、ということですよね。

 

好きだから、それは生涯の親友、になるわけですね。

 

本、旅行、料理、写真、珈琲、庭仕事、動物、カラオケ、映画、乗り物、空や海、夏や冬、一人の時間、無心の時、想像すること、、、、。

どんな方でも、きっと何かしらあることと思います。

 

 

私にとってのそれは、楽器、です。

音楽というよりは楽器。

楽器が好きです。

 

楽器博物館は私のパワースポット。聖地です。

あそこに入ると泣けてくる。嬉しすぎて。喜びに包まれて。

他の人はこういった感覚になるのか分からないけれど、光に包まれているようで、究極に安心していられるんです。

 

 

生涯の親友。

 

人という存在でなくても、それは究極の親友、なんですよね。

 

(つまり、自分自身、ということかもしれませんね)

 

 

 

 

AD

 

2018年の立春は2月4日

前日2月3日は節分

その前日2月2日は、夜たろべ二胡ライブ!

 

 

年末のテレビで、「うれしいヘルシー!!いま食べたい!カラダが 喜ぶ絶品メニュー」 と紹介されていた藤枝市のたろべえじゅ。杉浦太陽さんがリポートされてました。その姉妹店のたろべっちで、2月2日に二胡ライブをさせていただきます。

 

たろべっちは平日ランチのみの営業なのですが、月はじめの金曜日だけは特別に夜営業をされています。昨年11月にライブをさせていただいたのですが、ありたがいことに2月もお声をかけていただきました。お食事を楽しみながら演奏を聞いていただけますから、肩ひじ張らずにワイワイと楽しんで下さいね。

前回いらして下さった方、おひとり様も大歓迎です。(前回おひとり様テーブルはとても楽しそうでしたよ!)

 

節分前日ですものね。

すがすがしく春風を迎えるべく、たろべっちのお野菜で心身をすっきり!させて、冬の大〆をされてくださいね! たろべっちのお野菜はデトックス効果抜群だと日頃より思っておりますので、私もそのつもりでいただきますよ~~。

 

 

さあ、春だ、春だ、立春だ!

 

鬼は外~。福は内~~。

 

 

皆さまに、どうぞすてきな春が訪れますように 。 。 。

 

心を込めて。。

 


 

※あらかじめご予約をお願いいたしますね。

電話:たろべっち  090-74360980

メール:JUNKO: jikancafe-information@yahoo.co.jp

 

 

JUNKO

 

AD

 

2018年1月21日(日)17時~
会場 掛川ヴィレッジ


掛川市下垂木303-1 

0537-22-3799
http://www.at-s.com/gourmet/article/cafe/etc/125019.html (リンク先に地図あり)
駐車場 表通りと建物の裏の2か所あります

入場料 ※100%チャリティです

会場には募金箱を設置させていただきます
皆様のお気持ちを募金として、是非ともご協力をお願いいたします

お世話になっている掛川の古民家カフェ・ヴィレッジの、猫ちゃんのためのイベントです。
ヴィレッジは猫の保護活動をしているわけではありませんが、このところ飼育放棄などを含めてお世話する猫が2匹(+野良1匹)増えてしまいました。小さな命をそのまま放っておけないというママの深い愛情なのですが、そういうやさしい「誰かの善意」に甘えて、育てられない猫を玄関先に置いていったり、きっと面倒を見てくれるであろう「誰かの善意」をあてにして、飼育放棄すべきではありません。

私たちの生命となんら変わりない生命です。

そして、あてにされた「誰かの善意」は、現実的に金銭を負担することになります。ヴィレッジでは、日々のえさ代をはじめ、新しい子たちの避妊手術代が必要になっています。

人の都合に振り回されながらも、いつも愛らしく迎えてくれる猫ちゃん達のために、チャリティという形でご恩返しをさせていただこうと思います。

 

会場には募金箱を設置させていただきます。
皆さまのお気持ちをご支援にかえて、是非とも、募金のご協力をお願いいたします!
 

お正月のばたばたがひと段落つくころですね。

お疲れを癒すひとときとされてくださいね。

 

皆さまとビレッジで過ごすひとときを、楽しみにお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Junko

https://www.earthandmusic.com/

 

AD

2018 太陽と月

テーマ:

 

明けましておめでとうございます

 

 

美しく輝く太陽と月とともに、2018年がスタートしました。

 

 

 

宇宙は、現実。

 

全てが実在するもの。

 

 

現実とは、美しく、そして、壮大な、奇跡のような世界なのですね。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Junko

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1月21日(日) 17時~

にゃんこチャリティ演奏会

掛川ビレッジ 

※ビレッジの猫ちゃんのためのチャリティライブ

 

2月2日(金) 夜

「夜たろべ」 ライブ

藤枝 たろべっち

 

皆さまへ

 

2011年より皆さまにご愛顧いただいておりました桜鳥文風(Ayaka Otori)の名は、これをもちまして終止符とさせていただきます。

花鳥風月のインスピレーションから付けた名で、その時の思いは、日本古来の感覚をもとに、森羅万象の理を音に込めたい、というものでした。日本の美意識にこだわった名でした。

おかげさまで、ライブをはじめ、様々なコラボレーション、音楽と癒しの活動、植物療法との出会いと、活躍の場を深めることができました。

幸多きご縁に恵まれ、時には身に余るステージに立たせていただき、思いがけないお仕事をいただき、演奏をする幸せを感じながら、ご縁の巡りに感謝ばかりの日々でした。

それは、二胡を始めたときには思ってもいない未来でした。全ての出会いとご縁に、心より、厚く、お礼申し上げます。

 
二胡を始めた年の教室の発表会にて
エーデルワイスをグループで弾いている姿

 

そして更におかげさまなことに、それらの経験は私が目指すべきライフワークへの橋渡しとなりました。

 

「音楽で人を癒し、社会貢献したい」

 

確固たるこの思いを、地に足をつけた現実とするために、演奏者としての立ち位置を考えている最中です。

本格的に活動を再開するまでの期間は、まっさらに戻る意味も込めまして、一度、本名の Junko に戻させていただきます。

 

これまで桜鳥文風をかわいがっていただき、本当にありがとうございました。色々なことがありました。ひとつひとつが浮かんでまいります。ニャーベトナムでの風景も、JZBratでの風景も。かけだしの頃の月和茶やroomerでの風景も。

 

ご縁のありました皆さま、全ての瞬間が私の喜びとなっています。あらためて心より感謝申し上げます。

 

そして、今後ともに、私という人間を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

謙虚に、健気に、奢らず、力まず、素直に、一生懸命、私の中に輝きはじめた夢を現実にすべく、地道でも地味でも、前を向いてまいります。

 

 

Junko

 
 

バンクーバーのミュージシャン ダグさん

 

ダグのエクスペリメンタル(実験音楽作品)に二胡で参加しました。

録音したのは去年の暮れだったかな。カナダの街はクリスマス一色でしたから、ちょうど一年前ですね。

 

ダグは、テレビ番組やCM音楽などを手掛けるバンクーバーのミュージシャンなのですが、スペクトラムピアノと命名された、この世でただ一台のピアノを開発・所有しています。

 

アメリカの楽器博覧会でも受賞歴のある、特殊で前衛的なピアノです。この楽器と二胡で共演をいたしました。

 

 

 

スペクトラムピアノ (C)Doug Blackley

 

このピアノは、ダグが自らの研究と情熱と大枚を投じて、長い時間をかけて完成させた唯一無二の楽器なのですが、どんなピアノかと申しますと、、、

 

簡単に説明しますと、ハンマーを使わないピアノです。

 

ピアノは、弦をハンマーで打って音を出している楽器です。ハンマーは鍵盤とリンクしていて、鍵盤をたたくと内側でハンマーが振り下ろされる仕組みになっています。グランドピアノのふたを開けるとその様子がよく見えますね。

 

ハンマーがなければ当然音は出ないわけですが、スペクトラムピアノは、ハンマーなしで、音を鳴らすことができる楽器なのです。ポーン

 

どうして?

 

この先は物理学の世界のようでして、なかなか難しい。。笑

 

磁気で生の空気振動を起こして、その力で弦を揺らす(=音を出す)らしいです。このために開発されたたいへん特殊な磁気装置で、普段は耳に聞こえていない倍音までも奏でられるのだそうです。

 

「音」というものを全体でとらえるという発想をもとに、人間の耳に聞こえない音も含めて、「音の全てを鳴らす」(倍音も出す)、という意識で開発された楽器のようです。

 

最近は倍音楽器もいろいろと販売されていますが、ピアノを倍音楽器にしたら、みたいな視点も少しはあるのかもしれません。

 

 

ダグは、完全なるアコースティックのシンセサイザー、という表現もしています。

 

音はシンセっぽい。でも、アコースティックというところが、確かに面白いですよね。

 

実際に奏でていただいたのですが、シンセっぽいけど体感が違います。どこから音がやってくるのか分からない。宇宙から音が降ってくるみたいな、ハイブリットカーが音もなく背後にいてびっくりした!感じに似てるというか、UFOがやってきそうな感じがします。

 

 

ダグが、ぜひ二胡と共演したいということで、世界で一台のピアノとのコラボとなったわけですが、この度、ダグのサイトでダウンロード販売が開始されました。

 

海外サイトですが視聴できますので、まずは、この突拍子もないピアノがどんな音色なのか、どうぞお聴きになってみてください。

 

//////////////////////

 

Doug Blackley

Spectrumpiano

スペクトラムピアノHP

 

 

楽曲ダウンロードページ

https://www.spectrumpiano.com/music

 

二胡参加曲 

「into the night」

 

 

/////////////////////

 

「into the night」が、最も宇宙的(抽象的)かもしれませんね。

 

この曲は、テーマとなる短いフレーズは決まっていまして、メロディも入りの場所も、きっちり譜面で指定されていました。

 

まずはその通りに何度か弾いたのですけれどね、お聴きになると分かると思いますが、エクスペリメンタルですから、リズムがない。コードもない。形式がない。つまり、どこで入っていいのか、バックトラック(背景音源)を聴いても、さっぱり?分からないわけです。

 

宇宙にほおり投げられて迷子なのに、さあ、ここで入って! って目印になるもの何もないじゃん!という感じ。笑

 

カウントは一応つけて下さったのですが、まったく分かりづらい。結局ダグがキュー出ししてくれたのですが、ほんと、エクスペリメンタルですなぁ。笑。

 

前衛であることって哲学者のようですよ。

 

なにしろ隕石を所有しているダグですからね。ミクロの宇宙生命体が脳内で活動してるのかもしれませんね。

 

即興も含めて、浮遊感や宇宙空間の話をしながら色々と、ハチャメチャに録りましたが、私もと~ても楽しくて、是非またやりましょう!と別れたんですね。ダグは、私がカナダに来る日を待ちかまえているらしいです。いつなの?いつなの?と。笑 

もう次の録音の構想ができてるみたいですね。楽しみ!

 

え、2人とも宇宙人みたい?

 

そうなんですよね。どこか地球的でない突拍子もなさが私たちにはあるのです。はい。

だいぶ慣れましたけどね、成長とともに世の中に調教されたんだと思います。(まじめに)

 

 

 

桜鳥文風

 

 

冬の音浴の森。

お越しいただいた皆さまに、心より、お礼申し上げます。

 

 

壮大な宇宙をテーマに、皆さん一緒にステーションから旅立ちました。

お越しいただいた方なら分かるかと思いますが、ロケット発射です。999に乗ってみたい!と思って大きくなった私は、宇宙愛が強いのでしょう、そういうシーンを入れたくて(音楽とは関係ないのですが)、あの手この手で音源を組み合わせまして、宇宙ステーションを作りました。笑

 

どど~~~~ん!と大気圏を抜けて、その先は皆さまの世界へ。誰にも邪魔されない、宇宙フライトです。

 

地上は 紅葉美しく

 

UFOのような スリットドラム

 

ママのお花と 淹れたて珈琲

 

ミニUFO (敷物は桜染めの葛)

 

ヴィレッジのお庭で 紅葉狩り

 

三角宇宙人の行進?

 

色づく地球

 

エイミーさんのカレーと 豆乳デザート

 

地球に戻ってきていただいたランチ。やっぱり美味しい。薬膳たっぷり。胃腸がすっきりします。

みなさんでテーブルを囲んでおしゃべりがはずみます。この時間はいいですよね。大部屋が心に馴染みます。はじめから打ち解けている感じがいたします。

 

地球は美味しいものがいっぱい。よいとこやね~。

ぬかごの揚げ物があったのですが(美味)、彼らの正体が分かりました。葉っぱにくっついてるんですってね。

 

静寂の午後

 

暮れていく光 冬至も近し

 

冬のうまみ 煮りんご

 口に含むと自然の美味しさが 溢れます

幸せですね 本当にごちそうさまです

 

 

浜松楽器博物館にて これは何?

 

答 クローン・エーなる巨大太鼓

 

 

 

今年最後の「音浴の森」。

 

新しい試みの季節をテーマにしたシリーズ。自然にあらがわない、あるがままを大切に生きているヴィレッジのおかげです。オーナーのママには本当に感謝です。

 

美しい音色は、どなたが耳にしても、美しいものです。

それはメロディの時もあるでしょうし、単音のときもあるでしょう。

鳥のさえずりや、樹々のゆらぎ、波の音。自然界の音も、きっと皆が美しいと感じるでしょう。

 

癒しの音、にこだわるのではなく、美しさにこだわる。心地よさにこだわる。

さすれば、自ずと、人は癒される、のでしょうね。

 

先日は大変嬉しい感想をいただきまして、なんと申しましょうか、「私はそういうことをやりたかったんです」、という気持ちを、あらためて再確認することができました。本当にありがたいです。

来年は今以上に体感にこだわって、場づくりをしていきたいと思っています。

 

楽しいですね。この探求は。

むくむくと、面白い。私はこういうことが好きなんですね。

 

皆さまが心からほっとする場、安全地帯に入ったかのように脱力でリラックスできる場を、音楽で提供してまいりたいと思っています。

よろしければ、来年も、是非ご体感くださいませ。

 

音浴の森でお会いできました皆さま、本当にありがとうございました。

お気持ちで応援していただいた皆様にも、心より、感謝申し上げます。

 

 

来年の告知です。

1月21日(日)に、掛川ヴィレッジの猫ちゃんチャリティーを行う予定です。17時から。

先日飼育放棄寸前の子を保護されて、ヴィレッジの猫ちゃんはただ今4匹(プラス野良1匹)。食料、トイレの砂、避妊手術、なにかと費用がかさんでいます。いつも癒してくれるかわいい猫ちゃんのために、少しでも恩返しできたらと思っています。

詳細はまた告知させていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。

 

12月。

日々が駆け足気分ですが、病気怪我なく、とにかく健康で年越しできますように。

 

 

桜鳥文風(おうとりあやか)

 

 

出雲大社の神在祭

テーマ:

なんですね、今ちょうど。すっかり忘れていました。

 

出雲大社は当然のことながら日本古来のカレンダー(旧暦)で祭祀をしていますので、神無月は今になります。夜空を見上げると満月に向かうお月さまがちょうど見えていますが、なるほどね、今月の月の巡りが神無月(=神在月)なんですね。

 

といいますのも、私は西洋暦では11月生まれなのですが、 旧暦ですと神無月の新月生まれなんですね。そういえば今年はいつになるんだっけ、と思って調べてみたんです。今年は旧暦に閏(うるう)が入りましたから、西洋暦とかなりズレがでていまして、そろそろかなと思ったのですが、過ぎてましたねぇ。もうとっくに神無月に入ってました。

 

出雲大社

 

それで、出雲大社は神在祭が始まってるんだなあ、、と、思い出したわけです。出雲地方では神様が集まるということで、神無月は「神在月」となるわけですが、おそばやぜんざいも美味しいですし、温泉も近くにありますしね、紅葉もいいころかな、今ちょうどお祭り期間中ですので、興味がある方はお詣りにいくのも楽しいかもしれませんね。

 

出雲大社

 

日本の祭祀はクライマックスを満月にあててきますね。深夜0時に月が南中する満月は、月の出からの時間を長くとれますから祭祀にはもってこいですし、欠けのないまん丸の形は、豊かさや満ち足りた未来、安定の象徴ですね。そういうわけで、神在祭も満月が頂点だったかと思います。旧暦は15夜に満月はこないことがあるので、多少前後するかと思いますが、開けた翌夕にお開きだったかと思います。

 

出雲大社のサイトにでてますね。ふむふむ。12月4日の夕方でお開きですね。10時から神在祭なんですね。あら、次回の「音浴の森」と一緒。ま、こちらは宇宙に出発しますけれどね。笑

 

出雲大社

 

四隅突出型墳丘墓(よすみ とっしゅつがた ふんきゅうぼ)って知っています?知りませんよね~。

なんだっけ、あれですよ、あれ。島根県出身のクリエーターで、島根愛満載で作ったアニメ・鷹の爪団!のキャラも島根観光大使になっていて、その方がつくった古墳アニメにもでてくる、古墳!です。島根に多いそうですよ。四隅が、びよ~んって、伸びてる珍しい形の古墳です。アニメのキャラは、ダニエルって名前だったと思いますが、すっごいシュールなアニメで、古墳から、中の人!(※青い顔した死人)が飛び出したりするんですよ。おいっこが鷹の爪団が大好きで、何度も見させられました。だから知っています。はい。何度も見ると、ちょっとはまってしまいますね。

ですのでね、島根にはそんな古墳もあるらしい、という話でございました。お詣りのついでに探してみてはいかがでしょうか。

 

 

日本一の大きさという日の丸

 

私はライトウイングではありませんのであしからず。トリビアネタをもうひとつ。

出雲大社の日の丸は、日本一の大きさだそうです。なんと、75畳。超巨大。高さは50メートル近いのですが、初期の社殿の高さとほぼ同じなんだそうです。出雲大社の隣に博物館があって、当時の模型がありますが驚きますね。すごい長さの階段がついています。バベルの塔状態。昇っているうちに風にふっ飛ばされそうですよ。

 

高さね。もっともっと、もっと高く、でね。天に近いこと、神に近いこと、権力の象徴ですね。塔やポールと同じように、男性的なものだなあ、、ということを思ったりもして。

 

 

平成の大遷宮の特設コンサートステージ

 

平成の大遷宮のときに、出雲大社で演奏させていただいたのですが、その時は移動のバスで裏口から入って、どたばたとスケジュールに追われて、どこも見れていないのです。ありがたいことに演奏者は正式参拝をさせていただいたのですが、そのくらい。そのまま裏口からバスで出て、それでおしまい。正面から入ってないし、出てもいないという、あらまあ、な感じでした。

 

遡ること数年前に、出雲はゆっくり参拝をした時があったので、それで一生分かな、という感じですね。実は学生時代に友人と青春18きっぷで関西~中国地方を回った時があって、その時に寄りましたね。記憶にほぼない。でも確かに寄りました。計3回かな。

 

なんだろう。出雲大社って、う~ん、なんだろう、う~~ん。

うまく言葉にならないなあ。。。

 

 

11月で3才になりました。3、3キロです。

 

 

11月も今日でおしまいですね。

明日からは12月。2017年最後のひと月です。

 

まずは日々が健康であること。未来に希望をいだけること。生きている豊かさを味わえること。

なんでもない小さなことに、その全てがあると思っています。

 

皆さまの12月が希望に満ちあふれますように。

 

 

桜鳥文風

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

募集中のイベント

 

音浴の森「冬・星に願いを」

12月4日(月) 10時~(約80分)

 

掛川ビレッジ http://www.at-s.com/gourmet/article/cafe/etc/125019.html

イベントの詳細はこちら

 

参加費2500円 (ワンドリンクお願いします)

※11月23日と両方に参加される方 : @1500円

※12月4日は、エイミーさんのヴィーガンカレーランチの日

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

音浴の森 「冬・星に願いを」。

 

お越しくださった皆様、心より、感謝申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

 

初登場のうなり弓

 

開始のころには雨もおさまりまして、明るい日差しがでてまいりました。

ママがストーブでお部屋をあったかくしておいて下さったので、心配するほどの寒さではありませんでした。

私は冬のストーブの懐かしいにおいが大好きなので、一気にゆるみました。

 

ビレッジの玄関先にポスター

 

宇宙に馳せる思い。その思いは、地上ではおさまらないものなのでしょうね

 

冬の音浴は、地上ではない場所をテーマにしていますので、より音楽瞑想っぽいのかもしれません。遥か遠く、未知の場所へと、身体を開放していく感覚は瞑想的ですよね。関節や心の縛りを解いていくのではないかと思っています。

あまり深く考えすぎずに、自分ひとりの時間を、ゆったりとお楽しみくださいませ。

 

素晴らしい芳香!ママの差し入れ珈琲

 

今の自分の本当に欲しいもの、願い。それは何でしょうね。

なかなか自分でも分からなかったりしますよね。

 

表層で思っていることと、深層で思っているものが違うとしたら、それはどこかしら歪みになりますよね。ほんとうは、こういうことだったんだと、気づくことで楽になることもありますね。人間は脳が発達していますから、考えすぎることがよくあります。考えすぎてひねりが加わって、何が本当の目的だったのか、時間も経ってしまうと分からなくなってるんですよね。

 

クリスマス気分も

 

次回は平日開催になります。12月4日(月)です。

 

この日は二胡も加えます。今回はまったく登場させなかったのですが、参加いただいた皆さまから、「二胡はないの?」 とお声を頂戴いたしましたので、4日は入れ込もうと思います。宇宙で二胡はしっくりこなくて外してしまったのですが、なるほど、私が奏でてこその世界を楽しんでいただかなくてはいけませんね~。

 

ベースの部分は同じになりますが、ところどころ前回と変えていきますので、今回参加された方で、次回もご希望の方がいらっしゃいましたら、お値引きさせていただきます。2回目はまた違った世界が見えるかもしれませんね。よろしかったら是非どうぞ。

 

・・・・・・・・・・

※お知らせ

11月23日と12月4日の両日参加される方は、千円引きとさせていただきます。

→おひとり様@1500円になります。(一回のみの方は2500円です)

 

4日はエイミーさんのヴィーガンカレーランチの日です。(美味しいですよ~)

・・・・・・・・・・

 

~鳴りものたち~

(隠れてる子、分かりますか?)

(ここにも)

(ここにも)

(見返りで)

(ぼくだにゃ~)

(福亀さまもご出張)

 

~ビレッジの販売雑貨・ほんの一部~

 

美味しいものたち

ランチのパンセット

レモングラス&ジンジャーティー

たっぷりのジンジャー、はちみつをプラス

ママの特製カプチーノ(メニューにはありません)

黒糖をプラスするとぐっと美味しい!

 

 

 

次回は今年ラストの音浴の森。

お会いできる皆さま、楽しみにしております。

 

 

桜鳥文風

上のお姉ちゃんちのトイプー。頭がまるくて宇宙犬(宇宙服きてる犬)みたい。

 

今週23日(木)の音浴の森。畳の上に横になるのですが、かなり肌寒くなってまいりましたので、ひざ掛けやブランケットをお持ちいただいた方がよろしいかと思います。皆さんお車でいらっしゃると思いますので、持ち運びは大丈夫ですよね。お天気が、またまた雨、、かもしれませんが、そろそろ慣れましたよね。なんとも申し訳ない気持ち。笑

 

ただいま音源を編集中でして、そろそろまとめるところです。銀河鉄道999に乗ってるような感じになるといいなあ~、と思っております。それに集中しているので、眠っているときも宇宙音楽が流れております。それにしましても悲しいことに風邪がおさまりません。まいった!声もでなくてまいっております。この状態は副鼻腔炎になっちゃったんじゃないかと思うんです。これから病院にいってきますが。熱は下がっているので木曜日は大丈夫ですよ。

 

バンクーバーのミュージシャンのダグの作品に、二胡で参加したものが上がってきています。ドローンとか、エレクトロニカとか、そんな風味の、エクスペリメンタル(実験音楽)です。ダグさん、音楽プロデューサーとして、TV番組やCMなど幅広く活躍されている方なのですが、面白い方なんですよ。なんと、隕石、を持っているのです。その昔、ロシア人から買ったそうです。ほおぉぉぉ。。私はベルリンの壁の欠片を持っていますが、そういうんじゃないですもんね。実物見てないので、また行くときがあったら観察してみます。音源は後でご紹介しますね。

 

23日にお会いできます皆さま、どうぞお気をつけてお越し下さいませ。

楽しみにしております。

 

それでは、宇宙へ、しゅっぱ~つ。

 

 

桜鳥