ららら全裸

テーマ:
今日の北九州は4月中旬の暖かさでした。
陽気に誘われ、福岡県田川郡赤村の「源じいの森温泉」に行ってきました。
ちなみに赤村は福岡県に2つしかない「村」の一つだそうです。


九州で一番古いトンネル「石坂トンネル」
1895年から石炭を運ぶために使われたそうなので、二葉亭四迷さんも
活躍中の時代です。
むりやり公演と絡めてみました。



顔つきは鋭いのに、人懐っこい猫。
左前脚はありませんでしたが、しなやかな身のこなしでした。
いろいろあったのだろうなあ。


近所を散策したあと温泉へ。

露天風呂で好きところは、泉質でも効能でもなく
合法的に外で裸になれるところですね。

原始的な欲求が少し満たされます。
ふつうこの欲求満たそうとすると法に触れてしまいますから。

「やみらみっちゃ」は2月2日が楽日です。
AD

神社、寺、神社。

テーマ:




1月も半ばですが明けましておめでとうございます。
元日は三か所お参りにいきました。

結果は中吉、大吉、吉。
三連勝といっていいのではないでしょうか。

そしてついに御朱印帳にも手を出しました。
前からの狙い通り、宗像大社で御朱印ライフスタートです。
日付が「正月一日」になっているところにご注目ください。




朱印帳代とは別に朱印代がいるのかいらないのかで、
僕と巫女さんの間で300円がいったりきたりしましたが
結果いらないとのことでした。

「やみらみっちゃ」の公演成功もお祈りしておきました。



参道で突っ立っていた彼女たち。
左からララ姫、リリ姫、キキ姫。
三人あわせてキラリ姫。
宗像市のゆるキャラです。


えーと、そうですね。
お正月は特になにもなかったんですね。

今年も宜しくお願いします。
AD

春は解禁の季節

テーマ:
$オトナの対応~北九州編~

シティボーイズのチケットを買いました。
正直、療養中はお芝居を意識的に避けていたのです。
理由はまあ、療養すればわかります。

まともな精神状態で見ることができるか不安はあったのですが、
主宰の原点であることや観に行った友達の評判がいいこと、
体調もいいこと、あとは春の陽気とか、最近アナウンサーが
ニュースでよく噛むことが気になったりとか色々あって
「時が来た」感じがしたのです。

また禁を破る作品としてこれ以上の作品、滅多にないだろうと。
北九州でやってくださるし。


劇場の座席に座る事を想像するだけで吐きそうですが、
その分ものすごく新鮮な体験になりそうです。

来月です。
楽しみにしています。
AD

あのメロディ

テーマ:
いわゆる「待ち」状態のとき、何していいかわからず
AV女優さんのブログを見てみました。
女子力が高まった気がします。
そんなもの高めてもしょうがないのですが。

いかにも女の子らしいお弁当や服の話、
そして可愛らしい文章の最後の
「今日はごっくんモノの撮影でした」
で一気に現実に引き戻されるあの感じ。
結構たのしい。

AV女優界もサンリオグッズが人気ですね。
とくにあいつ、マイメロディ。
AV女優さんのブログで見るマイメロディは
やっぱどことなくいやらしく見えるから不思議なもんです。

「タイタス・アンドロニカス」ってタイトルのAVが
あったら絶対見ると思った。


待ち状態って何すりゃいいんすかね・・・

ウエノス・マサフミニカス

テーマ:
「タイタス・アンドロニカス」
シェイクスピアの中で最も異色、
かつ最も口で発音してみたくなる作品。
そう「タイタス・アンドロニカス」


初演が何年も前なので細かいところは忘れたのですが、
ストーリー云々よりも登場人物の激しい感情そのものが
記憶に残るような、そんな作品でした。
とにかくよく怒り、よく泣く。


最初に読んだときは、凌辱して殺して殺しまくる内容に
「どげんしたとや、シェイクスピア・・・」と不思議に思いましたが、
ある本に「2つの身体」という話が出ていました。


昔、王や権力者には一般的な肉体という意味での「自然的身体」と
不死、不滅の「政治的身体」があると考えられていたそうです。
「政治的身体」に関する罰、つまり王に反逆したり、
名誉を傷つけた罰は肉体の破壊だけでは足りず、
霊的なものまで破壊しなければならならない。
だから昔の拷問や処刑法はエゲツナイものが多かったと。


これがそのままシェイクスピアにあてはまるかはわかりませんが、
あれをああして殺したり、これをこうして食べさせちゃったり
眉をひそめるような行為が多いのも、登場人物にとっては
魂までも破壊しつくための当然のことだったのかもしれません。
今から見れば立派な狂気ですが。


ここまで言うと気落ちするような
陰湿な作品に聞こえますが大丈夫です。
最近の残酷表現の多い映画や漫画が、みなどこか内向きなのに対して、
「タイタス」はスカッとするくらい外向きなんです。

普段怒りたくても怒れない人、泣きたくても泣けない人が見れば
それなりに浄化作用があると思います。
現代人からみれば、異色というよりも癒しの作品なのかもしれません。

しかも今回は「1時間くらいでわかる」なので凝縮され、
かつスタジオでの公演なので人物の感情が直に感じられる
純度の高い作品になるのではないでしょうか。
まったくの憶測ですけどね!

というわけでLABO×EXPO3「1時間くらいでわかるタイタス・アンドロニカス」
3月28日(木)が初日です。
詳しくはこちら
熱帯OffficialWeb



レジで割り込みする人への復讐法を考えつつ、公演の成功を祈っているのです。
北九州で。