2006年04月20日(木)

竹島・独島という名の島

テーマ:マジメな話
あっさり解決するような簡単な問題ではない事は百も承知だが

30年間全く海底測量調査せず

このまま曖昧にしておくのはあまりにお粗末


かと言ってあちらの竹島(独島)にかかわる歴史教育・対応は

あまりに大人気ない

本音を言えば馬鹿らしい

冷静さが足りない


自国が大切なのは分かる

私だって日本が好きだ

でも意見が噛み合わないからと言って他国を無闇に批判はしない



配慮と話し合い

それが決定的に足りてないと思う





互いにね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月02日(金)

アジアの安全な食べ物

テーマ:マジメな話

ようやく仕事が一段落したので

 

ネットを徘徊していたら

 

こんなページを発見しました

 

 

 

 

アジアの安全な食べ物

 

 

 

 

今現在 ちょうどお昼どきですが

 

はっきり言ってかなりの衝撃画像満載です

 

 

相当刺激が強いものも含まれていますが

 

これは知らないよりも知っておく必要のある知識だと思ったので紹介します

 

(この記事の末尾にリンクはってあります)

 

 

 

  

 

しかし ネット上のものなので

 

画像の真否については100%信用できるとは言えません

 

でも こういうことが全くないとは現在の状況を考えた上で

 

逆にありえないので載せます

 

 

 

 

 

しつこいですが 本当に衝撃的なので

 

食事中・食後一時間以内の方は

 

ページ内に 「刺激の強い画像」 と記してある所は避けた方が良いと思います

 

食事前の方は 食欲が一気に失せる保証アリです

 

 

 

 

 

では 覚悟のある方はどうぞ

 

      ↓

 

アジアの安全な食べ物

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月02日(金)

カトリーナ

テーマ:マジメな話

先日 大国・アメリカ(自称)南部を襲ったハリケーン・カトリーナ

 

過去最大の被害を齎しています

 

 

 

 

 

前から疑問に思ってたのですが

 

なんでアメリカはハリケーンに女性の名前を付けるんでしょうね?

 

あまりにスゴイハリケーンだったので

 

 

世界中のカトリーナさんがいじめに遭っていないか心配です

 


 

 

 

 

 

 

しかし自然災害とはいえ政府の対応の遅さ・悪さがものすごく目につきます

 

 

避難命令の時点ですでにひどい

 

 

あまり裕福でない人々が多く住む地域なのに

 

での避難経路のみをネットで流すというアホすぎる対策

 

車を買えない人はどーしろと?

 

ネットが見れない人はどーしろと?

 

確かにアメリカでは交通手段として車を使用するのが一般的でしょうが

 

 

貧困層の多い地域でそんな避難命令の仕方があるか!!

 

 

…と熱くなり

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定

 

 

避難出来ずに孤立する人々が未だ多くいる中

 

「ニューオーリンズなどでは略奪・窃盗・襲撃などが多発し

 

 無法地帯状態になってしまったので救出に行けない」

 

とか言っちゃう地元警察

 

襲撃を恐れて警察バッジを返上する警官も多数出ているという現状

 

あげく スーパーマーケットの略奪に加わる警官まで

 

 

あんたら…

 

そこに多くの市民がいるのですよ?

 

助けを求めている人がいるのですよ?

 

確かに無法地帯状態になってしまった地域に行くのには危険が伴いますが

 

  

そこを行くのがおめーらの仕事だろが!!

 

 

…と熱くなり

 

 

 

 

 

 

 

 

更に

 

 

ニューオーリンズ市内のスーパードームに避難している約1万人の市民

 

しかし避難とはいえ電気がなくトイレも流せない劣悪な状況で亡くなる方も…

 

そんな現状を受けたブッシュ大統領

 

新たな避難先として 約560キロ離れた隣のテキサス州ヒューストンに

 

バス約480台を使って人々を連れて行くと言う

 

確かに避難先を増やすのは重要ですが

 

 

どー考えても バス480台で事足りるとは思えないんですけど!!

 

 

…と熱くなり

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな苛立ちを感じている中

 

 

 

 

 

 

8月30日

 

 

 

 

 

 

やってくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミシシッピ州のバーバー知事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆弾発言

 

 

 

 

 

 

 

航空機で被災地を視察した州知事

 

被害の甚大さを目の当たりにし一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「(原爆が投下された)60年前の広島がこういう惨状を呈していたのだろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿呆がいる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに阿呆がいるよママ!!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未曾有の自然災害

 

 

 

戦時中の人的攻撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっしょくたにするもんじゃ

 

ねーだろがっっ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもアナタはその原爆を落とした国・アメリカの人間でしょ!?

 

 

 

 

 

ありえない

 

 

 

 

 

デリカシーがないとかの次元じゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトとしてありえない

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもその二つの出来事を並べて考える事自体

 

 

 

 

 

幼児以下

 

 

幼児だって「ケンカで怪我した」と「地震で怪我した」の意味の区別くらいつきます

 

 

 

 

 

 

 

と言うか原爆というものがどんなものだか分かってない

 

何千度という熱線で焼かれるんですよ?

 

中心地にいた人間は何も残らず消えてしまうんですよ?

 

遺伝子が破壊されるんですよ?

 

助かっても放射能に身体が侵され続けるんですよ?

 

 

そしてそれが同じ人間の手によって引き起こされるんですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうものと自然災害を

 

一緒に考えちゃいかんだろが!!

 

 

 

 

こんな人間が州知事やってるようじゃ被害はいつまでたっても収まらないですよ

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

あまりにハラが立ってたので言いたいこと言わせていただきましたが

 

「カテリーナ」の被害はあまりに甚大です(対応が遅いせいもありますが)

 

被害に遭われている方々の一刻も早い救助と

 

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り致します

 

 

 

しっかりしてくれ州知事そして大統領

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年08月08日(月)

ヒロシマ

テーマ:マジメな話

先週金曜日

 

こんな番組が放送されました 

 

 

 

TBSテレビ放送50周年 戦後60周年特別企画

 

『ヒロシマ』 ~あの時、原爆投下は止められた~

 

 

 
三時間の特番をビデオに録って週末に見てました

 

 

 

 

 

原子爆弾投下までの出来事

 

原爆投下の再現CG  など今までの特番にはない構成・演出がよかったです

 

 

「よかった」なんて言ったら遺憾に感じる方もいらっしゃると思いますが

 

「最近の若いモンは歴史を知らなすぎる!」

 

と常々思って危機感を感じていた歴史好きの私としては

 

こういう番組が出来たということはすばらしいことだと思います

 

おそらく この番組制作に関わった方の中に

 

私と同じような危機感を感じた方がいるのでは、と思いました

 

 

歴史に興味のない若い方々に対し

 

CGや再現映像、また実際に貴重な映像などで興味を引き、

 

「多くの人に原子爆弾、しいては戦争について考えて欲しい」

 

というメッセージを伝える

 

 

そういう意味でこの番組はとても有意義だと思います

 

金曜のゴールデンタイムに流すところもまた良かった点です

 

 

 

 

しかし 私が一番良いと思った所、それは

 

 

被爆者と原爆投下に関わった人物との対談

 

 

戦後60年にして初めてヒロシマを訪れたアメリカ人

 

彼は原爆の開発・投下・記録に関わったいた人物

 

彼は対談の中で言います

 

 

「私は謝罪しない。

 

 アメリカにはこういう言葉がある “リメンバー・パールハーバー”」

 

 

この言葉を聞いてムカッとした人は多いでしょう

 

しかし はっとしませんでしたか?

 

 

“戦争の被害者は日本人だけではないのだ”

 

 

彼ははっきりとこの言葉を告げたのです

 

 

 

 

今までの原爆に関する番組といえば

 

「アメリカはこんなにひどいことをした」

 

「亡くなった方はどんなに無念だったか」

 

「このことを忘れちゃいけない」

 

「同じことをしてはいけない」

 

といった所に焦点が合っているものがほとんどでした

 

 

 

そういう番組を見て、私が常に感じていた懸念があります

 

 

「みんながみんなそう思っているという思い込みを生んでしまわないだろうか?」

 

 

ということです

 

 

 

「本当にひどいことだった」 「同じことを繰り返しちゃいけない」

 

ということは間違っていないでしょう

 

だからといって

 

「アメリカはひどいことをした。 みんなそう思ってるんだよ」

 

ということにはならないはずです

 

 

今現在 「本当にひどいことをした。申し訳ない」

 

と思っているアメリカの方もいると思います

 

しかしそれがすべてではないのです

 

 

 

 

当時 日本には日本の、アメリカにはアメリカの立場がありました

 

“原子爆弾”というやり方が正しかったのか間違っていたのか 私にははっきり言うことは出来ません

 

確かに原爆の威力は強大で 多くの人々が一瞬の内に亡くなり

 

現在もその後遺症に苦しむ人々が多くいます

 

 

しかし 「かわいそう」 と感じるだけでは意味がない

 

「むごい」 と感じるだけでは意味がない

 

「じゃあ どうすりゃいいんだ!?」

 

自分で考えるのです

 

 

「かわいそうでしょ?」 「ひどいでしょ?」 

 

と言われて 「はいそうですね」 じゃダメなんです

 

 

人の意見を鵜呑みにするだけでなく

 

“戦争”という事柄について自分で考えなければそもそも答えなんて出る訳がないのです

 

 

 

 

 

「被害者は日本だけではない」

 

 

日本人の私から見れば 一方的にも感じる彼の言葉

 

しかし こういう考えを持っている多くの人間がいるということも認識しなくてはなりません

 

 

 

 

「リメンバー・パールハーバー」

 

 

彼は被爆者を前にしてはっきりとこの言葉を言いました

 

この彼の言葉を受け 何を考えるか

 

考えることで必ず答えが出る訳ではありませんが 

 

考えなければ “世界平和” という言葉は言葉だけで終わってしまいます

 

 

 

 

戦後60年 そろそろじっくり考える時が来たのではないでしょうか 

 

 

 

 

今までになかった問題提起をしたこの番組と 

 

この言葉をカットせずに放送した方々に敬意を称します

 

 

 

 

 

――――追伸――――

 

これはあくまで私個人の考えを綴ったものです

 

異論、反論など様々あると思います

 

そういう方はコメントを残して頂けると嬉しいです

 

それによって また私も考えを深めていこうと思います

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年07月06日(水)

ホワイトバンド

テーマ:マジメな話

ホワイトバンド



ホワイトバンド”を買いました



映像関連の仕事をしている私


よく最新映像・CMをチェックしているのですが


その中で気になったCMがありました


そのCMがこの 「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」


後日タワレコでこの“ホワイトバンド”を発見しました



飽食と言われる時代の日本に生まれ育った私は


“本当の空腹”というものを知りません


しかし 常にその“本当の空腹”に晒されている子供たちがいる


一本300円の“ホワイトバンド”を買うことで


微かにでもその助けが出来る

 

 

きれいごとって言われるかもしれない


そんなほんの少しなんて意味がないと言われるかもしれない


ただの自己満足って言われるかもしれない


でもそうしたい


 

みたいな気分で買いました

 

そう

 

つまり自己満足

 

 

貧困に喘ぐ国に無闇に募金をすることは本来良くないことです

 

その国・人々が募金を期待してしまうようになりかねないからです

 

いつもの私ならこういうものはまず買わないでしょう

 

しかし今の精神状態(軽く鬱ぎみで判断力低下中)とCMに流されて衝動買いしてしまいました

 

それでも まぁ300円だし役に立てばいいか と思いまして



 

各国で同時に行われているこのキャンペーンが うまくいくことを祈って

 

 
ホワイトバンド2

  

 

―――――――追記――――――――

 

記事をUPしてから色々調べて分かったのですが

 

この“ホワイトバンド”

 

一本の料金300円のうち 

 

7割供給側への資金

 

2割広告費

 

残り1割募金になるようになっているそうです

 

 

はっきり言ってがっかり むしろやっぱり

  

あんな宣伝の仕方をしているからてっきり全額募金だと思ってました

 

まぁちゃんと確認しなかった私も悪いんですが

 

いつもの私ならその時点で買わないで他の方法に行ってたかも

 

 

たしかに募金を集めるにも労力がいると思いますが

 

1割が募金って少なくないですかね?

 

キャンペーン主催者は儲かりますなぁ…

 

 

正直この記事自体消去してやろうかと思ったんですけど

 

ま ある意味教訓として残しておこうかと思い至りました

 

この資本主義社会

 

何事もウラがあるってことですね

 

 

しかしあのCMはうまいやり方だと思います(企画にしても 内容にしても)

 

その点だけは拍手

 

でも考えてみたら

 

海外のボランティアに積極的な有名人は出てませんね…  

 

そこか―――――!!

 

 

 

でも これを買うこと自体を否定するつもりはないので

 

この記事を読んだ上で買いたい方はどうぞ遠慮なさらず

 

とりあえず 衝動買いはやめましょう(笑)

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。