一人暮らしの【お得・節約】情報

一人暮らしの方のためのお得・節約情報を紹介します。

NEW !
テーマ:

 

退職金の受け取り方には以下の3つがあります。

1.一括で受け取る
2.分割して受け取る
3.その両方を組み合わせる

この受け取り方によって課税される金額が異なります。退職金は老後の大切な生活資金ですので、手取り額はできるだけ多い方が良いですよね。税金を抑えることを最優先にするならば、多くの場合で「3.両方を組み合わせる」が1番適当な方法となるでしょう。

まず、退職所得控除を超えない金額を一括で受け取ります。控除を超えた分は60歳から65歳までに70万円/年を超えない範囲で分割で受け取ります(他に所得がなければ103万円/年)。65歳までに受け取りきれない場合は、公的年金の受給を遅らせる、もしくは一括で受け取る金額を増やします。このように、受け取る退職金をなるべく控除額の範囲内に収めることで、税金の負担は少なくなります。

ただし、これが万人にとって最適な受け取り方かというと、そうではありません。年金以外の収入やローンの有無、家族構成(扶養している家族の有無)、保有している資産、資産運用の方法、何歳まで働くか…など、人それぞれの事情が違うからです。大江英樹さんとの共著「定年男子 定年女子」では、定年後のお金のやりくりについて色々なアイディアを述べています。ご参考になれば幸いです。

では、一括・分割で受け取る際、どれくらい控除額があるのか見てみましょう。
 

退職金の一括受け取りは税金の負担が軽め

まずは、一括で受け取る場合。一括で受け取るお金を「退職一時金」といいます。一般的に退職金や退職手当と呼ばれているものですね。税制上は「退職所得」として扱われます。

退職所得には、控除額が設定されています。この控除額は一律○◯円と決められているわけではなく、会社に勤めていた期間によって変わります。勤めた期間が長いほど、控除額は大きくなります。



退職一時金から控除額を引いた金額の半分が、課税の対象となります。

退職所得の金額=(退職収入金額-退職所得控除額)×1/2

たとえば……

勤続年数が10年2ヶ月の人の場合は
40万円×(勤続年数)=40万円×11年(端数の2ヶ月は切り上げ)=440万円

勤続年数が30年の人の場合は
800万円+70万円×(勤続年数-20年)=800万円+70万円×10年=1,500万円となります。

退職一時金は毎月のお給料にかかる税金と比べて税負担が軽減されているといえます。一時金でできるだけ退職金を受け取っておくと、税金の面では有利になるでしょう。確定拠出年金など他に退職所得に該当するものがあれば、それらも合わせて計算されますので注意してください。
 

退職金を分割で受け取ると「雑所得」に

次に分割で受け取る場合です。分割で受け取ることは、いわば年金のような形で退職金をもらうことになりますので、「企業年金」と呼ばれています。税制上は「雑所得」となり、国民年金や厚生年金などの公的年金と同じ扱いになります。

通常、雑所得は収入金額から経費を差し引いた額に課税されます。年金の場合は「公的年金等控除額」が設定されており、年金額から差し引くことができます。



この控除額は、企業年金だけでなく、公的年金(国民年金/厚生年金など)も合算して計算されます。企業年金と公的年金を同じ時期に受け取ると、課税の対象となる可能性が高いでしょう。

たとえば、65歳以上で老齢基礎年金と老齢厚生年金が計180万円ある場合。公的年金等控除額は120万円ですので、企業年金を60万円以上受け取ると、180万円を超えた分が課税対象となります。

不動産や事業などの収入があると、それらも合計して課税されますので、相対的に高い税率が適用される可能性があります。ただし、年金で受け取る場合でも、基礎控除や配偶者控除などにより課税される金額が少なくなるようであれば、問題ありません。
 

分割で受け取ると 保険料が高くなることも

企業年金での受け取りを検討するときは、各保険料にも注意してください。もらう年金が多くなれば(所得が上がれば)、国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料が上がる可能性があるからです。

国民健康保険料の計算方法は、市区町村によって異なります。所得割で計算する場合、総所得金額等から33万円を控除した金額に対して一定の料率をかけて計算されるため、年金で受け取ることで国民健康保険料が高くなることが考えられます。

介護保険料も市区町村によって異なりますが、住民税の課税状況や合計所得金額に応じて段階的に定められています。企業年金を受け取ることで合計所得金額が増える場合には、やはり保険料が増える可能性があります。

後期高齢者医療保険料は所得割と均等割で計算されますが、都道府県によって料率が異なります。所得割は基本的に総所得金額等から33万円を控除した金額に対して一定の料率をかけて計算されます。こちらも年金で受け取ることで所得が増加する場合には保険料が増加します。
 

自分でシミュレーションするには?

では、退職金はどう受け取れば良いのでしょうか。人それぞれ条件が異なりますので、自分の条件に合わせてシミュレーションする必要があります。

まず、勤め先の退職金制度について調べます。一括(一時金)と分割(年金)をどういう比率で選択することができるのか、年金の期間は何年にすることができるのか、年金にした場合の予定利率などを知っておきましょう。

次に、60歳以降の給与や企業年金以外の年金、その他の収入など、どれくらい所得があるのかを考えます。ざっくりとした収入の予想を立てたら、自分の住所地の国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料の算定方法を調べて、保険料がどの程度必要か計算しましょう(ただし、社会保険料の料率は変動しますので、正確な金額はわかりません)。

これらの条件から一時金と年金の総収入金額、税金、社会保険料をシミュレーションすることになります。そんなに手間はかけられない…という方は、どう受け取れば所得が控除額の範囲に収まるかを重点的にチェックして下さい。税負担が大きく変わるはずです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

常に進化を続ける『Amazon.co.jp』

Amazon.comは1995年にアメリカで本の販売を開始したオンラインストアで、日本では2000年11月にAmazon.co.jpをオープンしました。現在、世界14カ国で展開し、家電、食品、ファッション、家具、おもちゃなど様々な商品を販売するだけでなく、動画や音楽の配信など事業を拡大しながら常に進化を続けています。

すでに利用されている方も多いかと思いますが、知らないでお買い物していると損をする、Amazon.co.jpのお得・便利情報をご案内します。
 

利用頻度が高いなら有料会員に登録

年会費3900円(税込)もしくは月額400円(税込)でお急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使える有料会員サービス『Amazonプライム会員』は、利用頻度の高い方は登録するのがお得です。

Amazonプライム会員限定の先行タイムセールに参加できるほか、プライム・ビデオの対象となる映画やドラマ、アニメの動画が見放題、さらにPrime Musicの100万曲以上の楽曲が聞き放題になるなど、プライム会員向けのサービスや特典が充実しています。

本人のほかに同居家族を2人まで家族会員として登録でき、家族会員は無料でAmazonプライムの配送特典を受けることができるので、例えば夫婦それぞれプライム会員になっている場合などには、どちらかを家族会員に見直すといいでしょう。

また、学生向けの『Amazon Student』(年会費税込1900円)や、子供の情報を登録すると特別セール等に参加できる『Amazonファミリー』がありますので、ご自身の状況によって使い分けてみてください。Amazonファミリーは登録自体は無料ですが、プライム会員と併用するとオムツ・お尻拭きが15%オフになります。
 

数量限定・早い者勝ちのタイムセールは毎日更新

人気の商品が数量・時間限定のお買得価格で毎日更新される『Amazonタイムセール』。セールは最大8時間で終了し、人気商品はすぐに売り切れてしまうこともありますので、ウォッチリスト機能を使って前もって気になる商品を登録しておくと、セール開始時にメッセージを受け取ることができます。

また、1日最大5件、24時間限定の『特選タイムセール』には、日替わりで目玉商品『本日の特選商品』が登場しますので、見逃せません。
 

ワケあり商品をアウトレットでお得に購入

倉庫内で梱包に傷がついた商品のほか、返品商品のうち商品の状態が良いにもかかわらずAmazon.co.jpの厳密な基準では新品として販売しない商品や、賞味期限が近づいた倉庫内で保管されている食品など、ワケあり商品が『Amazonアウトレット』でお手頃な価格で販売されています。

商品は毎日更新され、どこがワケありなのか分からないくらいの商品もありますので、お買い物の前にまずチェックしてみてください。
 

見逃せない高割引率のクーポンも

『Amazonクーポン』のページで対象商品に表示されている「クーポンをもらう」ボタンをクリックして取得すると、その商品を購入する際に自動的に割引が適応されます。

表示価格から最大30%引きになるクーポンもあるので、購入前に必ずチェックしたいコーナーです。また、注文確定時に入力することで割引価格で購入できるクーポンコードもあります。
 

日用品は定期購入で買うのが得策

飲料や食品、日用品など、定期的に購入する必要があるものは、『Amazon定期おトク便』で購入するのが得策でしょう。表示価格から最大10%引きで、配送料も無料になります(代引き手数料、取扱手数料を除く)。サイズやブランド、配送頻度、数量の変更・キャンセルはいつでも可能です。

また、同じ月の配送を3件以上まとめると『おまとめ割引』で同時配送の定期おトク便が最大15%オフとさらにお得になります。
 

アプリを使って簡単商品検索

『Amazonショッピングアプリ』には、スマートフォンで音声やカメラを使って簡単に商品検索ができる音声検索機能やスキャン検索機能があります。スキャン検索では、アプリの検索ボックスの横にあるカメラアイコンをタップし、カメラが立ち上がったら、探したい商品のパッケージやラベル、バーコードをかざすだけで、すぐにAmazon.co.jpサイト内にある該当商品ページが開くというとっても便利な機能です。商品検索に困ったらぜひ試してみてください。

Amazon.co.jpで購入する商品はどれも同じ価格だと思っていた方も多いのではな

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気温がグンと上がる夏はエアコンの使用などで出費がかさみがち。いくら夏のボーナスが出たとはいえ、普段の生活ではなるべく節約を心がけたいもの。そこで今回は、クレジットカード向けアプリ『CRECO』を運営するアイ・ティ・リアライズがユーザー889人を対象に実施した「節約に関するアンケート調査」の結果をご紹介します!

夏場に節約を心がける費用1位は「電気料金」

お盆の帰省に夏休みの旅行、レジャーなどさまざまなことにお金が出ていきがちな夏。メリハリをつけて、普段の生活ではなるべくお金をセーブしたいものですが、みんなはどんなところで節約しているのでしょうか?

「夏場に特に節約を心がけている出費」について尋ねると、4位は「外食費」(14.3%)、3位「水道料金」(15.4%)、2位は「食費」(21.6%)、そして断トツは「電気料金」(58.9%)という結果に。

3位「水道料金」はシャワーを浴びたり、汗をかいて洗濯物が増えたり、庭の植物に水をやったりするなど水の需要が増えることから、夏に上がりがちな出費ですね。

2位の「食費」に関しては、暑い夏はあまり重いものを食べたくない人も多く、旬の食材も豊富なので他の季節より節約できそう。

1位の「電気料金」は中でも女性高年層で88.9%とかなり高い数字となっています。夏はエアコンが必須なので頭の痛い出費。どう抑えるかが課題になりそうですね。

“夏に軽減したい費用3つ”効果的な節約方法は?

気を緩めるとどんどんお金が出ていきがちな夏。そこで今回は、上記ランキングで皆が節約したいと思う1〜3位の項目に関して、『WooRis』の過去記事から効果的な節約方法をご紹介しましょう!

(1)電気料金

電気代がかさむのは、使用している家電が旧型がゆえに電力を使用しすぎているせいかもしれません。過去記事「年間約2万7千円も!電球にテレビ…金額で見る“家電の買い替え”効果」によると、

リビングなどでよく使う8〜12畳用のエアコンを、2006年製造の省エネ性能低めの機種から、2014年製造の省エネ性能の高い機種に買い替えると、年間電気料金を30,300円から21,000円にまで減らせる

という効果があるそうです。2017年製ならもっと省エネ効果が高そうですので、思い切ってエアコンや冷蔵庫、洗濯機などを最新のものに買い換えると、長い目で見た場合に大きな節約になりそう。

(2)食費

食費についても過去記事「-50%なんと食費が半分に!誰でも出来る“超簡単な節約ルール”5つ」でお伝えしたように、筆者は、食品の在庫を把握してまとめてメニューを作成し、足りない食材のリストを作ってそれらをまとめ買いしています。この方法を取り入れたら、食費は約半分まで減らすことができました。

(3)水道代

過去記事「お風呂だけで40%を使用!FPが伝授“水道代の節約”黄金テク3つ」によると、家庭内で最も水を多く使うのはお風呂で全体の約4割だそうです。

夏はシャワーで済ませることも多いと思いますが、体や髪を洗っている間中ずっとお湯を流しっぱなし……なんてことはないでしょうか? 同記事によると、

シャワーの出しっぱなしを3分間やめた場合の節水量は、約36リットルです。家族3人で毎日使用した場合の節水量は年間で39,420リットル、節約金額は約9,500円と、水道代約2ヶ月分になるのです!

とのことで、出しっぱなしをやめるだけでもかなりの節約になるそうです。

他にも、筆者の知人の配管工によると、水の勢いを調節する節水機能を持つシャワーを使用したり、流す水を少量にする節水機能を持つトイレを取り入れることも効果的だそう。

いかがでしたか? 今回取り上げた3つの費用は、ちょっとした心がけで大きな節約が可能になりそう。早速家計を見直して、必要な部分をしっかり切り詰めてくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。