「音響学」を学ぶ前に読む本
音響学を学ぶ前に読む本
坂本 真一 蘆原 郁
コロナ社 2016-08-02
Amazonで詳しく見る
「伝わる」技術
「伝わる」技術
著:坂本 真一
(オトデザイナーズ)
WAVE出版
Amazonで詳しく見る
2017-08-14 13:39:50

高齢者の聞こえを体験してみよう! ~どうせ年寄りだから ?~

テーマ:模擬難聴

高齢者の聞こえを体験してみよう! ここまでをまとめ読み! 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ここまでをまとめ読み2 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ここまでをまとめ読み3 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ここまでをまとめ読み4 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ここまでをまとめ読み5 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ~高齢者はキレやすい!?~ 

高齢者の聞こえを体験してみよう! ~電子レンジの音~ 

 

の続きです。

 

高齢のお客様は、年を取って判断能力が落ちているという人がいます。 

 

それは、そういうケースもあるでしょう。 

 

年を取れば、体力は落ちますし、目も悪くなるし、若いころに比べれば、 

 

他にも様々な能力が落ちてきますね。 

 

これは当たり前です。 でも、だから、 

 

高齢顧客とのトラブルは客が年寄りだから 

 

と決めつけないでください。 

 

皆さん、忘れがちなのが、高齢者は皆さんより 

 

何倍も多くの人生経験を積んできている 

 

 

という事実です。 

 

実際の話、オトデザイナーズの模擬難聴の音・・・ 皆さんの聞こえが今日から

 

あの状態になったら、どうなるでしょうか? 

 

おそらく、全くコミュニケーションが取れなくなるでしょう。 

 

日常生活を普通に送ることが困難になるでしょう。 

 

高齢者の方々は、数十年かけて、あの聞こえになってきていて、 その状態でも

 

正常に日常生活を送る術を身につけて来ているのです。 

 

だから、うわべだけの精神論で、優しく接したつもりでも、心の中に、 

 

どうせ年寄りだから 

 

という、 

 

相手をなめた 

 

気持ちがあると、ほとんど全て、それは相手にバレていますよ。 

 

高齢者は、人生経験が豊富ですから、それでも、それでいきなり 怒りだす人は

 

少ないです。 

 

ニコニコと喜んでいるように接してくれる人も多いでしょう。 

 

ただ、心の中で、 

 

この人、バカにして! 

 

って思ってるんです。 

 

高齢者のコミュニケーションに関する基礎知識とスキルを持っていないと 

 

こういう評価が、気付かないうちに高齢顧客に定着してしまうのです。

 

つづく-> 高齢者の聞こえを体験してみよう! ~玄関のチャイムの音~

 

↓このブログを応援して下さる方は↓ 

 ↓クリックよろしくお願いします!↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

高齢者(シニア世代)とのコミュニケーションを円滑に! 

高齢者とのコミュニケーション 

(WBSのトレたま、モーニングバード(テレビ朝日)やゲンキの時間(TBS)でも 紹介された模擬難聴で高齢者の聞こえ体験もできます!) 

 

聞き間違いが多くなったら・・・補聴器や集音器の使用を検討したい! (無料メール相談実施中!) 

補聴器、集音器 価格の違いはどこから?

 

補聴器相談医、販売店の皆様向け 

補聴器適合検査にはクイックチェッカーPro.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「伝わる技術」オトデザイナーズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿