「音響学」を学ぶ前に読む本
音響学を学ぶ前に読む本
坂本 真一 蘆原 郁
コロナ社 2016-08-02
Amazonで詳しく見る
「伝わる」技術
「伝わる」技術
著:坂本 真一
(オトデザイナーズ)
WAVE出版
Amazonで詳しく見る
2017-04-30 17:02:10

補聴器を試してみよう! ここまでをまとめ読み2

テーマ:「伝わる」技術

補聴器を試してみよう! ここまでをまとめ読み! 

 

のつづきです。

 

耳鼻科のお医者さんで構成される学会などでは、補聴器適合検査を 

 

実施するように各医師に指導していると聞きます。 

 

そのための医師を養成すべく、医師向けの講習会なども全国各地で 

 

開催されています。

 

 

その講習を受講して、資格を持った補聴器適合判定医という医師もたくさんいます。

 

 でも、普段の診療で、実際に補聴器適合検査をやってくれる病院は、

 

 まだまだ少数なようです。 

 

最近は、多くの耳鼻科医院で、 補聴器相談日 というものを設けています。 

 

この日に行けばいい? と思うかもしれませんが・・・

 

耳鼻科の医院では、補聴器相談日という日を月に何日か儲けている

 

場合があります。

 

補聴器を使用している人 

補聴器の使用を考えている人は 

この日に来てください 

 

という日です。 

 

ほとんどの場合は、こういう日には、近くの補聴器屋さんの技師の方が

 

医院まで 来てくれます。

 

 だから、補聴器の微妙な調整をしてくれたり、これから使おうか

 

考えている人には、 補聴器の種類や値段なども教えてくれます。

 

 来てくれるのが良心的な補聴器屋さんで、医師とも良い連携が取れていれば、 

 

とても便利で、良い話なのですが・・・ 

 

そうでない場合もあります

 

医師は、補聴器屋さんに 丸投げ で、患者さんの補聴器適合検査も

 

しません。 

 

補聴器屋さんは、新たに売ることばかり考えていて、補聴器相談日を、 

 

まるで、売るための狩場 

 

 

のように思っている。 

 

ごく稀にですが、こんな悪質なケースもあるのです。 

 

これを見分けるのに、補聴器適合検査をキチンとやってくれているかどうか?

 

 は、一つの大きな目安になるのです。

 

耳鼻科の医院に補聴器屋さんの調整員や技師が来てくれる補聴器相談。 

 

補聴器に詳しいドクターと良心的な補聴器店が手を組んでいるわけですから、

 

 聞こえに悩む人にとっては、とても助かる話です。 

 

 

ごく稀に、医師は補聴器屋さんに丸投げで、補聴器屋さんは高価な補聴器を 

 

売りつけるだけの悪質な例もあります。 

 

患者さんにしてみれば、 

 

ドクターがいてくれるから安心 

 

と思って行っているのに、これじゃぁ、自分で直接補聴器屋さんに行った方が

 

 安上がりになってしまいます。 

 

でも、世の中には、何でも利用する悪質な人たちがいることは事実です。 

 

だから、自分が、そういった人たちを見分ける知識を付けないと!

 

つづく-> 補聴器を試してみよう! ここまでをまとめ読み3

 

↓このブログを応援して下さる方は↓

 ↓クリックよろしくお願いします!↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

高齢者(シニア世代)とのコミュニケーションを円滑に! 

高齢者とのコミュニケーション 

(WBSのトレたま、モーニングバード(テレビ朝日)やゲンキの時間(TBS)でも 紹介された模擬難聴で高齢者の聞こえ体験もできます!) 

 

聞き間違いが多くなったら・・・補聴器や集音器の使用を検討したい! (無料メール相談実施中!) 

補聴器、集音器 価格の違いはどこから?

 

補聴器相談医、販売店の皆様向け 

補聴器適合検査にはクイックチェッカーPro.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「伝わる技術」オトデザイナーズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿