大相撲

テーマ:

 今日は早く帰ってこれたので、テレビで大相撲を見ていた。相撲にまったく興味がなく、よくわかっていない妻も、台所からカウンター越しにちらちらテレビを見ていた。


 しばらくして、妻が「今勝ったお相撲さん、うまいんだね」と話しかけてきた。私は「へー、うまいか下手かよくわかったね。相撲見ているんだ。」と返答したら、


 妻が、「だって、今、じょうず投げ、って書いてあったよ。うまく投げて勝ったということでしょ。」

「じょうず投げ????、あ、あれは上手投げ(うわてなげ)っていうの。技の名前だよ」

「なーんだ、上手(じょうず)投げとか下手(へた)投げとか出てくるから、うまいとかへたとかをテレビで教えてくれているのかと思った。」


 いくらなんでもそれはないだろう。それ本気?それともネタ?

AD

フェチバトン

テーマ:

ちょんさん から頂いたバトンで~す。


第一問 あなたは何フェチ?
 妻のわき腹の贅肉をつまむこと。


第二問 異性を見るときまずどこを見る?
 前からだと身長  後ろからだとお尻


第三問 最近プッシュできること
 何時に寝ても、朝6時前に起きること


第四問 異性の好きなところを5つ
 ① ワガママな人
 ② 何かに真剣に取り組んでいる人
 ③ よく笑う人
 ④ 思ったことをはっきり言う人
 ⑤ 相手の気持ちをわかろうとする人


第五問 フェチをかんじる服装は?
 白のノースリーブ


次の人、誰かお願いします。M(__)m

AD

ケーキバイキング

テーマ:

 妻が2~3日前に、情報紙からケーキバイキングのお店を見つけた。それから、「行きたい、行きたい」とささかんに言うので、今日、行ってきた。


 午後3時からバイキングが始まるらしい。車で40分くらいのところであるが、妻は2時間も前から、準備している。もちろん昼食は抜き。「ケーキ全種類食べるんだから」気合十分である。


 3時ぴったりについて、早速食べ始めた。私はコーヒーとケーキ1個、ピザを4切れ食べてもう腹いっぱい。妻は、「さあ、食べうるぞ」と気合を入れてケーキ5個、ピザ3切れ食べておしまい。子供たちも3~4個食べて、ギブアップ。


 60分の時間制であるが、30分も経たないうちに、家族みんなおなかいっぱい。あんなに張り切っていた妻も「もう食べれない、ああ悔しい。隣のテーブルの人、あんなに食べている、いいな」

私が、「じゃ、食べればいいのに」妻「もう入らないのよ、ホント」


 結局30分で店を出た。往復1時間30分かけて、「損した気分」で帰ってきた。ちなみに一人1300円位で60分の食べ放題である。

 少食家族には食べ放題は向かない。

→ 今人気のブログ(お笑い部門)

AD

初めてのチュウ

テーマ:

 小学校1年のころ、クラスでは「キスするぞ、ごっこ」がはやっていた。これは「キスするぞ」と友達に近づき、友達が「いやー」と言って逃げるという、鬼ごっこのようなものである。私だけでなく、みんながキャッキャ言って、喜んでやっていた。

 そんなある日、たまたま私がオニをしているとき、先生に見つかってしまった。単なる鬼ごっこなのだが、「キス」ということばに過剰反応した若い女の先生は、ものすごい剣幕で怒った。授業が始まっても、お説教が続き、挙句の果てに「そんなにキスしたいなら、先生にしなさい」と、みんなの前で言われた。


 多分先生は、私がキスはできないと思っていったのであろうが、私はいつもまでも説教が続くのがイヤだったのと、その先生が嫌いではなかったので、勇気を振り絞って、先生のほっぺたにブチユっとキスをした。

それが今覚えている最初のチュウである。


先生はビックリ、クラスの仲間はやんやの喝采だった。


その後の家庭訪問で、「お宅の息子さんは、へんな趣味がありますね」と母が言われたらしい。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)  

初めてのオンナ

テーマ:

 午後5時ころ、出張から帰ったら、妻がビデオを観ていた。そのうち、娘たちも帰ってきた。突然、デパートへ行こう、ということで、妻と娘はデパートへ出かけた。


 ということで、妻のおとぼけネタがないので、思い出を一つ。(以前他のブログで投稿して、削除した内容)


 初めて女を知ったのは、大学1年の夏休みだった。喫茶店でアルバイトしていると、3つ年上の女性が正社員として入ってきた。離婚したばかりということだ。


 2週間ほどして、夜間に上映される映画に誘われた。ちょっと危険な思いもしたが、好奇心もあってその誘いに乗った。映画が終わって、ラブホテルに誘われた。「やはり」と思ったが、反面「しめた」とも思い、言われるままについて行った。


 ホテルでは、こちらが初めてということを知っていて、やさしく教えてくれた。私は言われるまましていたが、少しは、自己主張しようと思った。何をすれば喜ばれるのか、必死に考えたが、思いつかず、結局、がむしゃらに舐め続けることしかできなかった。


 彼女はしばらくじっと我慢した後、笑いながら「ありがとう」というと、また、私をリードして最後まで導いてくれた。「世の中に、こんな気持ちのいいことがあるのか。」と感激した。

 初心なときがあったのだな。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)

携帯料金

テーマ:

 子供も私も、パケホーダイを利用しているので、携帯料金は一人1万円位でほとんど変動しない。上の娘(高2)は、いつもメールやiモードを使っていて、パケホーダイを使わないと20万円近くになるが、定額で助かっている。


 ほとんど携帯を使わない妻は、一番安い基本料金の契約で、もちろんパケホーダイも利用していない。それでも、無料分を使いきったことはなく、基本料金で済んでいる。


 ところが、今日来たドコモの請求書を見ると、何と妻の分が10パケットオーバーしていた。ビックリして「すごいね。携帯、基本料金オーバーしたよ。初めてじゃない」と、やっとメールを使い始めた妻に、「よく覚えて頑張ったね」という意味をこめて言ったら、「エッ、そんなにオーバーした?何でだろう。どこかけたのかな」

と悩み始めた。


 「10パケットくらいだから」と言ったら、「えーそんなに、今月控えよう」と妻。それを聞いていた娘が「それくらいなら、別に控えなくていいじゃん。」妻は「よくないわよ。お金かかるのよ。あなたみたいにパケホーダイじゃないんだから。もうメール止めようかしら。そんなにメールしたかな・・・」


 すると娘が、「10パケットって、2円か3円でしょ。そこまで悩まなくていいんじゃない。」私「3円超過。」

妻が、「え、3円、なーんだ。じゃもっと使おう。よーし、今月はバンバン使うぞ


さっきの反省はなんなのだ。 まあ、それでも子供一人分の半分以下だから、心配しないで。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)

テレビに文句

テーマ:

 妻はテレビを見ながら、よく独り言を言う。独り言というよりはテレビに文句を言うのである。


 今も、「ザ・世界仰天ニュース」を見ていて、

1.洗濯機に閉じ込められた子供のニュースで「スイッチ切ればいいのに、何で切らないの」  娘が「子供だからそこまで気が付かないのよ」


2.スカイダイビングで陣痛を起こした妊婦に対しては「ふん、自分が悪いのよ」  娘「うるさいな」


3.マンホールでやけどした女性に対しては「訴訟すればいいのに」  娘「そういう問題じゃないでしょ」


などなど、色々文句をつけて、見ている。娘が面倒くさそうに返答しているが、・・・。

本人はそれで楽しいのだろうけれど、もうちょっと、静かにして欲しい。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)

ゲームボーイマイクロ

テーマ:

 今日発売のゲームボーイマイクロを買ってきた。昔のマリオがしたくて、・・・。

ファミコン版の階段での無限増殖、これでもできるのかな?

1UPの音が気持ちいい。


game


 ファミコンが出て、もう20年。昔はよくやった。

マリオはもちろん、ドラクエ2・3など。出張に行くときも持ち歩いていたから。


今でもプレステのドラクエ8やってたけれど。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)

くすり好き

テーマ:

 私は薬好きだ。栄養ドリンクはもちろん、ビタミン剤やサプリメントは20錠以上飲んでいる。

 朝はタバコをすっては「ゴボゴボ」いって、その後、コーヒーでビタミン剤を飲んでいる。夜は、水割りでサプリメントを飲んでいる。

 「そんなに健康に気を使うなら、酒とタバコをやめた方がいいんじゃない。」と妻によく言われる。 


それができないから、薬に頼っているだ。 

人気blogランキング

トリプルブッキング

テーマ:

 若いころはよく飲みに行った。20代30代の時は、ほとんど毎日飲みに行った。スナックやクラブに飲みに行くと、店の女の子に、「お店が終わったら、遊びに行こうよ」というのは、一つの礼儀として、毎回言っていた。

 そんなある日、スナックで「お店が終わったら、遊びに行こうよ」と店の女の子に言ったら、「いいわよ、じゃ、喫茶店のA店で待っているわ」 次の店で、「お店が終わったら、遊びに行こうよ」と言ったら、、「いいわよ、じゃ、喫茶店のB店で待っているわ」 次の店でも、同じように「C店で待っているわ」何と3人と約束してしまった。

 「どうせ、サービスで言っているのだろうから」と思って、気にしなかったのだが、もし、待っていたら、後々お店に行きにくくなると思いA店に行ってみた。すると、その女の子が待っていた。「ラッキー」と思い少し話していると、「もしかしてB店でも待っているのではないか」と思い、「ちょっと忘れ物した」と言って、あわててB店に行った。

 すると、B店にも女の子が待っていた。「まずい」と思ったが、軽く挨拶して、「ちょっと忘れ物した」とC店へ走った。すると、C店にも女の子が待っていた。「まいったな」と思いつつ、軽く挨拶して、「ちょっと忘れ物した」とA店に走った。

 A店で5分くらい話してB店へ、B店で5分くらい話してC店へ、C店で5分くらい話してA店へ。

それぞれのお店の距離は100mくらい。必死に走った。3周位して、そろそろ的を絞ろうとA店へ行ったら、女の子はもういなかった。「まあ、いいや」と思ってB点へ行ったら、ここでも女の子はいなかった。「まずい、もしかして」と思って、C店へ行ったら、やっぱりいなかった。

 結局、くたびれもうけ。「へたな鉄砲を撃つ続けるのも考え物である」また、勉強した。


→ 今人気のブログ(お笑い部門)