うちのクラビノーバ君

テーマ:
大学を卒業してから長い長い年月を一緒に過ごしてきた私のクラビノーバ。

ここ数年は私だけでなく娘の練習相手もしてくれ、ご年配ながら充分楽しませてもらっていました。

最近は頻繁に鍵盤が戻らなくなったりして、それでもまだまだと修理をし使っていましたが、修理屋さんからいよいよ部品がもう無くなって来ているから、次壊れたらもう修理出来ないかもしれませんと言われました。

娘の為にも本物のピアノに切り替えるいい機会なのだと思い直し…遂に先ほどお別れしました。

あー、それにしても寂しい。

本当にずーっと一緒だったクラビノーバ君。

今までありがとうございました。

{CD9914E2-B091-4692-938F-896207602285}

{7E87B5CC-7B3F-4CB3-A5BC-4F2651A9D4E5}