ドラクエ11フラゲ攻略準備

テーマ:

ドラクエ11の直前準備をしています。子供がおばあちゃんの家に遊びに行ったりとかしてフリーの時間を増やしています。まあ夏休みだしね。

 

多分今回は、これまでの攻略サイト史上でも特に過酷な内容になる気がしています。体調に気を付けて、ゆっくりやっていこう…。

 

フラゲ攻略の実況はドラクエ11ブログで行います。内容はドラクエ11攻略のトップページからか、攻略チャートとかを追ってもらうのが良いと思います。

 

AD

流行ったものは廃れる

テーマ:

これ書くの何回目か分かんないけど、ここ数年書いてなかった気がしたからまた書こう。世間に「流行った」と認識されたものは、そのうち廃れます。おそらく、流行ってると聞いた時点で、心のどこかでいつかは廃れると認識されているのだと思います。

 

でも不思議なもので、「ナウい」という言葉はすぐにナウくなくなったし、「チョベリグ」とかどう見てもチョベリバなんですけど、「イケてる」という言葉は20年くらい経ってもいまだにイケてるんですよね。流行から、文化に定着することもたまにあるようです。条件はよく分かんない。

 

極限は、16年間で「流行ってる」と思われたことは一度もないと思います。だから廃れることもないわけです。例えばドラクエ10のパーティ募集掲示板は、最初の頃は物凄い人だかりでしたが、3年目くらいで閑古鳥になりました。しかしパーティ募集掲示板を極限本体と同じテイストでなじませることをせずに、掲示板は掲示板で別の物というイメージで運営していたので、極限が廃れたとは思われず、単に掲示板だけが廃れたと世間に思われたわけです。もしそこで掲示板という流行に極限が乗っていたら、掲示板が廃れた時にユーザーの人たちからは極限もろとも廃れたと思われていたことでしょう。

 

書いてから気づいたけどこれ1年くらいも前に書いてた気がしてきた。まあいっか。

AD

計算の工夫と練習

テーマ:

上の子が足し算の問題とかをたくさんやる時に、「前回との比較」をするんですよ。

 

例えばこんな感じ

(1) 7+6=

(2) 7+7=

 

(1)はまあ頑張って計算するんですよ。13ですね。で、その流れで(2)を見ると、(1)より1大きいじゃないですか。だから(2)を13+1=14って解いちゃうんですよ。

 

これの何がダメかって言うと、7たすなんとかをたくさんやらせて訓練する目的でやってるのに、7たすなんとかを1回しかやってくれない点ですね。

 

ただ、子供がどう解いてるか見破るのは結構難しいです。7+6をやっている所をじっと観察して、7+7をしている時に何か変化がないか、まちがいさがしをするのが良いようです。

 

1足せば楽っての気づくのは頭がいいので工夫自体はほめつつ、練習だからだめなのよっていう話をしないといけないですね。てか、そんな終わった並び順に並んでる問題集こそが悪ですね。子供は悪くない。

AD

・子供の考える余地があるかどうか

「ボールを転がすところがるから面白い」→考える要素がない

「こうやって転がすとこっちに曲がる」→考える要素がある

 

・考えることによってより良い結果が得られるかどうか

「※※※だから△△△だと思う!→正解!やっぱりそうだった!」→次も考えようという気になる

「※※※だから△△△だと思う!残念!ひっかけ問題でした!」→考えようという気が起きなくなる

 

もう子供から100回は聞いた「くるくるチョコレート工場」は、くるくるするとチョコレートができるだけのおもちゃなので買い与えないわけです。何かのご褒美にするにしても、永久に遊べるおもちゃは危険。おもちゃはおもちゃを淘汰するので、よくないおもちゃが増えるとその分よいおもちゃで遊んでもらえなくなります。お菓子とかなら1回限りで終わりだから、ご褒美は食べられるものの方が良いですね。まあそういうと子供が「くるくるチョコレート工場は食べ物だよ」とねじ込んでくるのですが。そうだね、考える力があるね。

自分の実力を出せずに悔しい思いをした、みたいな経験ってそういえばあんまりないなあ。強いて言えば会社で自分の能力を発揮する場所がねえなあと思ったくらいかな。自分の得意な事ってえてして抽象的で、他人に説明しにくいよね。だから結局実績を作ってその実績でアピールするしかないのよね。過去の栄光語りおじさんとの見分けが難しいけどね。


行けないのに情報をチェックしてしまうTokyo Idol Festival。TPDの最終出演は屋外ステージのトリから3番目。このステージはメインボーカルの2人が不在なんだけどどうするんだろう。うーん、見に行きたかった。