CuttingEdge2011シリーズについて

テーマ:
最近ご質問を受けている、CuttingEdge2011シリーズの掲載につきまして、現在該当冊子は入手が困難な状況です。
したがって現段階では、掲載の予定はございません。
ご了承ください。
AD

エイブラハムダービーは、心の中に任務、それは燃料としてコークスの形で石炭を使っている安い鉄を生産すること、とともにコールブックデールに到着しました。

彼の成功は産業革命の基盤となりました。そして、より高価でない鉄の生産を許して、コールブックデールの近くでダービーの孫によって建設される有名な鉄橋は言うまでもなく、鉄道、汽船と産業機械の製造を可能にしました。

天才的ひらめきだったのだろうか?



そんなことはない。

経済歴史家ロバートアレンは、ダービーの重要な発明は単なる経済的誘因への反応であったと指摘します。

既存の鉄の精練所は、木を使いました。

つまり、その代わりに炉で石炭を投げることについて思いつくには、アインシュタイン(のような天才)を必要としませんでした。

それが必要としたものは、企画を価値あるものにする世界の最も安い石炭の供給でした。そして、それはまさにコールブックデールの鉱山が提供したものです。

一旦彼が、経済学が成長しうることをもたらすならば、ダービーは単に研究者に実験して、技術的問題を解決して、彼の企画を現実とするよう依頼しました。

そして、ダービーの発明が試され、テストされた後でさえ、ヨーロッパの石炭があまり高価だという単純な理由のために、それはヨーロッパ本土まで広がりませんでした。

それのほとんどは、いずれにしろイングランドのニューカースルから、上に出荷されました。

フランスまたはドイツで溶解しているコークは、技術的に可能だったが、ちょうど150年利益になりませんでした。



これは非常にわかりやすいケースのようですが、より詳細に調べてみると、同じことは産業革命の技術的前進の多くにとっても当てはまることがわかります。

たとえば、綿紡績機は、少しの科学的知識を必要とせず、慎重な開発・実験過程さらに少しの創造力を必要としました。

言い伝えによれば、ジェニー紡績機は、倒れても床にある間も、回転し続けられた従来の中世の紡ぎ車の影響を受けました。

ジェニー紡績機と水力紡績機のような紡績機械の発明者は、本格的な研究圭角に着手しました。

彼らは達成のために望むことを正確にわかっていて、ちょうど一連の適度の技術上問題を解決するだけでよかったのです。



彼らは、合理的にこれにかなりの努力を費やしました。

そしてフランスあるいは中国のそれらは合理的にしなかった。

それは採算が合うことだったからです。

アレンの計算は、英国の労働者の賃金が銀、食物、エネルギーの価格、あるいは資本の価格と比較されようと、世界でその時最も高い賃金が支払われたことを示します。

それは、彼らが輸入された綿の大消費者であることを意味し、また労働節減型計画は後で元が取れることを意味しました。

ジェニー紡績機の価格は、低賃金のフランスで1年分の賃金がかかる頃、英国では5ヵ月より少ない賃金がかかりました。

大陸で機械の遅い導入の原因を説明するのは、英国人の優れた科学的な発明の才でなく、フランスの労働力の安さでした。



それは、蒸気機関にとってさらに当てはまります。

彼らは、産業革命技術には珍しく、実際の科学的な前進に基づきました。

ガリレオは、空気は重さを持っており、そして、圧力を振るうことができるということを発見しました。

それでも、実用的な発明は、ガリレオのいたイタリアでなく、英国で起こりました。

そして理由は、またもや才能ではなく、労働力が高価で、燃料は信じられないほど安かったという事実です。

アレンは、毎時熱量単位に関して、ニューカースルの賃金がその頃おそらく、大陸都市(例えばパリとストラスブール)のそれらより10倍高かったと計算します。

中国の労働力は、さらに安かったです。

同じ計算によると、ロンドンの賃金は大陸都市のそれらより3倍、北京の67倍でした。

蒸気機関(労働を石炭と入れ替える装置)が英国の発明であったことは、思いもかけないことでありません。



こういうことは、産業革命の重要な革新の多くが高い英国の賃金と安い英国の石炭への、計算がされて、かつ意図的な反応であったことを示します。

安い石炭は地理的な偶然だけど、賃金はそうではありません。

私たちの歴史推理小説は、私たちをもう一つの質問に導いていきます。



『なぜ、賃金はそれほど高かったのか。』

AD

私たちは、驚くほどの、たくさんのエネルギーを放射するのには十分大きいが、すばやく燃え尽きるほどは大きくはないという、適切な種類の星から適切に離れたところにいる。

星が大きければ大きいほど、ますます星は急速に燃えるということは物理学では珍しいことです。

もし私たちの太陽が10倍大きいものだったならば、太陽は100億年どころか1000万年後には力尽きていただろうから、私たちは現在ここにはいないであろう。

私たちが太陽の軌道に乗って回るのは幸運である。

私たちがあまりにも(太陽から)近いならば、地球の上のすべてのものは蒸発しただろう。

私たちがあまりにも(太陽から)遠いならば、すべてのものは凍っただろう。



1978年に、マイケル・ハートという名の天体物理学者は、いくらかの計算をして、もし地球が太陽からほんの1%遠かったら、あるいは5%近かったら住むのに適していなかっただろうと結論付けました。

それはたいして大きな数字ではなく、実際のところ十分ではありませんでした。

(後に)数字は精密になり、もう少し範囲を広げました―5パーセントより近く、そして15パーセントより遠いところまでが私たちの居住に適した領域への、より正確な評価であると考えられているしかし、まだ狭い範囲です。



いかに狭いか認識するためには、あなたは金星を見さえすればよい。

金星は私たちよりもわずか2,500万マイル太陽に近いだけです。

太陽の熱は、それが私たちに届くほんの2分前に、金星に着きます。

大きさと構成では、金星は非常に地球のようだが、軌道距離のわずかな差で、事の結果がまったく違ってしまった。

太陽系の初期の頃、金星は地球よりわずかに暖かくて、おそらく海があっただけだったように思われます。

しかし、数度の余分な暖かさで、金星は表面の水分を維持することができず、近世の気候に惨憺たる結果を意味しました。

その水が蒸発したので、水素原子は宇宙空間に逃げ、酸素原子は温室効果ガスCO2の濃い空気を作るために炭素と結合しました。

金星は重苦しくなりました。

私の年齢の人々は、金星はひょっとするとある種の熱帯植物さえも雲の下に詰めて、生命を隠しているかもしれないと天文学者たちが期待していた時代を思い出すだろうけど、私たちは現在、金星が非常に、私たちが合理的に考え得るいかなる種類の生命にとっても過酷過ぎる激しい環境でもあるということを知っています。

金星の表面温度は焼け付くような暑さの摂氏470度(およそ華氏900度)で、これは鉛を溶かすのに十分な高温です。

また、地表での大気圧は地球の90倍で、どんな人体も耐え得る限度を超えています。

私たちは、金星に降り立つことを可能にする服やあるいは宇宙船すら作る技術も持ち合わせていません。

金星の表面に関する私たちの知識は、ソビエトの無人宇宙探査機から送られてきたはるか遠くからのレーダー画像と耳ざわりな雑音に基づいています。

この探査機は、1972年に希望を持って金星の雲の中に落とされ、永遠に活動を停止するまでかろうじて1時間機能しました。



これが太陽に2光分だけ近づいた場合に起こることなのです。

遠くになった場合には、火星がその寒冷さで証明しているように、問題は暑さではなく寒さになります。

火星もまた、かつてはもっと心地よい場所でしたが、使用可能な大気を保持することができず、荒涼とした氷原と化してしまいました。

AD

近年、南極とグリーンランドの氷床で採掘された氷コアは、CO2の濃度の変化を含む地球の過去の気候について非常に価値のある証拠を提供しました。

1990年代の南極大陸のボストーク基地から長さ3キロメートルの氷コアは、氷層が形成された時の大気の構成を明らかにする古代の大気の閉じ込められた気泡を含んでいました。


大気中のCO2の濃度は、およそ8000年前から上昇していました。

しかしながら、過去2000年の間に、その着実な上昇は時々方向を逆にして、CO2濃度は何十年あるいはそれ以上の間減少しました。

科学者は、通常そのようなCO2の低下(そして付随的な世界の気温降下)を太陽のエネルギー出力あるいは火山噴火の自然な縮小が原因で起こるとみなします。

これらの要因は数十年または数世紀にわたる気候変動の大きな要因とみなされていますが、CO2パターンのために、そのような説明は不十分で、更なる要因がCO2濃度の降下を強いられたことを意味します。

科学者は、我々人間の先祖が農業のために森を伐採することによって数千年にもわたりCO2のゆっくりした上昇を引き起こしたとすでに結論付けました。

それゆえ、この新しい発見は、彼らを進行中の開墾の何らかの反転が簡潔なCO2の降下と説明することができたかどうか疑問に思わせました。



最もありそうな根本の原因は、世界中で人々を殺した病気つまり世界的流行病であることがわかります。

人間の歴史の唯一致命的な殺人者である鼠蹊腺ペストの2つの厳しい発生は、およそA.D. 540年と1350年での大きなCO2低下と一致します。

A.D.540542年から起こった、最もひどい世界的流行病のペストはローマ時代に最初発生しました。

恐ろしい「黒死病」-ペストはそう呼ばれたのだが、13471352年に襲いました。

そして、1世紀以上の間続いているより小さい発生が続きました。

これらの世界的流行病の各々は、ヨーロッパの人口の約2540パーセントを殺しました。さらによりひどい惨事は1492年以後アメリカの大陸で続きました。

そのとき、ヨーロッパ人はおよそ5000万人を殺した(つまり、コロンブスの到着の前の住民のおよそ90%)天然痘と多数の他の病気を持ち出しました。

このアメリカの世界的流行病は、1550年から1800年まで、すべてで最も大きなCO2低下と一致します。



当時の観察者は、これらの世界的流行病によって生み出された莫大な死亡率は、田舎の町や農場の放棄を広く引き起こし、使われなくなった農地を自然に変えるままにしたと書き留めました。

生物学者は、森はたった50年で見捨てられた土地を再び覆いつくすと示しました。

人間の人口の推定と各々の農民によって耕作される地域と相まって、流行病の被害を受けた地域の森の再生の計算は、一新された森が大幅に大気中のCO2の濃度を削減するのに十分な炭素を吸収することができることを示します。

各々の世界的流行病が過ぎ去り、徐々に増加している住民がもう一度森を切って、燃やし始めるまで、世界的な気候は結果として涼しくなりました。

多くの言語学者は、少なくとも、世界の6,000ほどの言語の半分が2050年までに消滅するか消滅しかかっていると予測している。

言語は、絶滅寸前の哺乳類の進度の2倍、そして絶滅寸前の鳥の進度の4倍で絶滅の危険にさらされるようになった。

この傾向が続くならば、将来の世界は1ダースあるいはより少しの言語によって支配されること可能性がある。



言語荒廃の進度がさらにより早くなることは、ありうる。

アラスカ先住民言語センターの責任者のマイケルクラウスは、90%もの言語が2100年までに消滅寸前あるいは消滅する可能性があると提案する。



クラウスによると、20%40%の言語はすでに消滅寸前である、そして、わずか5%10%は広く話され、あるいは、公式地位を持っているという意味において「安全」である。

もし人々が、「賢くなって、それの方向を変える」ならば、クラウスは言います。

多くの消滅したあるいは消滅しかかっている言語は2100年までに50%以上ありえて、そして、それは最高の状態のシナリオです。



「健康」な言葉の定義は、新しい話者を得るものである。

どんなに多くの大人が言語を使用しても、それが次世代の人々に受け継がれないならば、その運命はすでに確定しています。

言語が長い間第2あるいは公式の言語として存在し続けるかもしれないけれども、子供たちがそれを学ぶのを止めるとすぐに、それは消滅寸前になる。

アラスカ先住民の20ある言語のうちで、今でも子供たちが学んでいる言語はたったの2言語に過ぎない。



言語消滅は関係者にとっては悲しいけれども、なぜ私たちの残りは、気にかけなければならないのか?

他の人の言語喪失は、たとえば、英語を話す人々の将来に、どんな影響を及ぼすのか?

マイナーな言語をより広範囲にわたるものと入れ替えることは、人々がより簡単にお互いにコミュニケーションをとるのを可能にするので、よいことであるようにさえ思えるかもしれません。しかし、言語の多様性は、生物の多様性と同じくらい重要です。



イングランドのブリストルのthe Centre for Theories of Language and Learning(言語と学習理論研究所)の責任者のアンドリューウッドフィールドは、言語保護に関して1995年のセミナーで、人々が言語の多様性が重要であるというすべての理由をまだ知っているとは限らないと示唆しました。

「実のところ、富がより少ない言語の学習の内部に隠されているかは、誰も正確には分からない。」と、彼は言う。



ウッドフィールドは、未研究の絶滅危惧植物の保護には医学的な価値があるかもしれないという主張と、絶滅寸前の言語の保護についての主張を比較します。

「たとえ私たちはそれらが何であるのかわからないとしても、私たちは富があるよく知られた言語に関する過去の研究に基づいた帰納的証拠を持っている。

それは逆説的なようですが、真実です。

言語を滅びさせることによって、人類は理解しないものを破壊しています。」と、彼が主張します。



スティーブンウームは、世界の言語の消滅の危険の図録での彼の導入において、従来の言語の知識に依存した1つの医学療法の物語を語ります。

北オーストラリアは、従来の処置に耐えるひどい皮膚炎の発生を経験しました。

看護婦となじみのあるオーストラリア原住民は、彼女に皮膚炎を治療する現地の薬用植物に由来するローションについて話しました。

幅広い経験のある女性なので、看護師はこの主張を非西洋医学的な知識だとして退けるようなことはしませんでした。

それどころか彼女はローションを使用し、そして、それは皮膚炎を癒やしました。



この出来事と類似したものは、彼らの言語と伝統文化を通して先住民に知られている薬用植物のために、オーストラリア中の一般的な調査に終わりました。

大部分のオーストラリアの言語は消滅しているので、調査は速くなければなりません。

それらが消えるとき、そこに蓄積されている医学的な知識もまた失われてしまうのです。



マイケルクラウスがそれを言葉で表現して、

言語の網は「非常に専門情報の小宇宙である。

あらゆる言語は、それ自身に世界を受け継がす。

1つの言語は、同じものの語の単純な違った組ではない。」

私たちは身体的な生き残りのために生物学の複雑さに依存するちょうどその時、私たちは文化的な生き残りのために言語の複雑さに依存します。