三浦半島南部の神奈川県横須賀市津久井で、彩り豊かな野菜畑が連なり、見事なパッチワークを見せている。春野菜から夏野菜への切り替え時期。春の出荷を終えた農家が、畑の上にシートを張るトンネル栽培でメロンやスイカ、カボチャの栽培を始めている。

 地元農協によると、三浦半島の代表的な春野菜であるキャベツは、2~3月の異常低温と日照不足で生育と出荷が遅れ、価格が高騰。しかし4月下旬からは好天に恵まれ、出荷量も増えて価格は低下しているという。【田中義宏】

【関連ニュース】
<写真特集>白いイチゴが人気 その名も「初恋の香り」
<関連記事>春キャベツのレシピ「春キャベツとツナのココット」
<関連記事>春野菜をおいしく キャベツ
<関連記事>スイカのレシピ「スイカの杏仁豆腐」
<写真特集>こちらは本当のお花畑 毎日植物園

代表のワトソン容疑者の指示内容は?…「言いにくい」と証言拒む SS元船長第3回公判(産経新聞)
口蹄疫 赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
郵政改革法案強行採決 議論なく“肥大化”まっしぐら(産経新聞)
AD