ボカロ歌詞解釈

はこべによる自己満解釈ブログ


テーマ:

歌詞

動画(Youtube)

使用VOCALOID:初音ミク



歌詞解釈。そろそろネタも尽き気味なので

一日一曲が難しくなってまいりました(汗

とりあえず今回は黒うさP「千本桜」を。

設定は大正、明治頃かな?

「悪霊退散 ICBM 」

ICBM=大陸間弾道ミサイルの略称


祖国のため、海外からやってくるもの(ICBM(?)を排除する意。


東奔西走は忙しく駆け巡る事。

「少年少女戦国無双」

国民は国(政府)の言葉を信じて言われるがままに行動する。


「君ノ声モ届カナイヨ
此処は宴 鋼の檻 その断頭台で見下ろして」


君=国民

鋼の檻=鎖国(?)

政府は本当の国民の声を聞いてはいない。ただ上から見下ろしているだけ


「青藍の空 遥か彼方 その光線銃で打ち抜いて 」


世界中の人が同じ空の下で笑える平和な世はまだ遠い

誰かが「これは間違っている」と言わなければ変わらないだろう

光線銃=言葉


2番Aメロ

そんな国民達を尻目に見た目だけは立派な将校は花街で遊んでいる

「禅定門を潜り抜けて 安楽浄土厄払い」


禅定門=仏教用語


祖国の教えに従い厄(異国)を払っていれば

大団円を迎えることが出来るのだろうか


希望の丘=青藍の空同様

「その断頭台を飛び降りて」

国民と同じ目線で見る。もしくは国民と同じ立場に引き摺り下ろす意

「君が歌い僕は踊る」

政府が命令し、国民はそれに従い動く

AD
いいね!した人  |  コメント(5)

[PR]気になるキーワード