1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-29 08:34:06

K・カルコーベン氏 再来樽決定

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
K・カルコーベン 予てから計画してました、カルコーベン氏の来樽が決定しました。10月7日に小樽入りし、8日に公開シンポジウムに参加の予定です。シンポジウムのテーマは『ストリートレースを小樽で!チャンプ・カー・ワールド・シリーズ小樽開催を目指して』です。午後5時から運河プラザ 3番庫(小樽市色内2-1-20)で開催します。入場無料ですので興味のある方はお気軽に お越しください。メニューとして、ロングビーチ戦の視察報告、公道自動車レースの安全性と経済効果、ケビン・カルコーベン氏の特別講演と2時間びっしり、チャンプ・カー漬けです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-28 08:48:42

第二大通り

テーマ:小樽の様子
第二大通り 第二大通りを望む。交差点の左右が地獄坂。山手循環線というバスが通っている大動脈でもあります。山手にある住宅街や学校に向かう道でもあります。確かに広くて、傾斜もあり小樽らしいのですが・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-27 08:48:55

地獄坂

テーマ:小樽の様子
地獄坂 小樽は山坂が多い街です。平らな土地が非常に少なく、丘の途中に家がへばりつくように建っています。そこに登る坂もたくさんありまして、その代表的な坂のひとつが『地獄坂』。平地の稲穂町から富岡町、緑町と続き坂のてっぺんは小樽商大のキャンパスです。道幅もある程度有り、坂の下の海には巨大なガントレークレーンが見えています。これも小樽らしい風景で、世界に発信したい絵ですよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-26 08:51:27

崖の上の銀鱗荘からの景色

テーマ:小樽の様子
崖からの夕暮れ銀鱗荘からウイングベイ小樽を望む。(斎藤弟 作) よく見えないのですが、湾岸臨港線にはこんなに車が走っているんですね。多分、6時くらいなんですが、けっこう暗いんです。観覧車が目立っています。札幌から小樽へ JRでも車でも入ってくると一番最初に目に入る景色です。小樽の代表的景色のひとつです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-25 17:11:27

副社長のジョーとも・・

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
ジョー・クリネリッチ 副社長のジョー・クルネリッチ氏とも、仲良しになりました。彼は小樽にもやってきたのですが、ロングビーチでは、いろいろと我ら14人のお世話をしてくれました。人懐こい大男と一緒のメンバーは、本当にご満悦そうです。ちなみに最終日のパーティーは、レストランの中庭屋上風のとこで、ロケーション、味ともによっかったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-24 08:59:35

アイズウィック氏も来日

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
アイズウィック 10月7日にK・カルコーベン氏と共に小樽にやってくるのは、ディック・アイズウィック氏です。前回お会いしたロングビーチGPの時の写真です。このときは、われわれを非常に歓迎してくれ、最後のパーティは最高に楽しいものでした。この時点ではシリーズの社長でしたが、この度、シリーズの会長になり、来樽されます。非常に日本通でいらして今回は、小樽の歴史的建造物や文化に触れて貰いたいといろいろ企画中です。もちろん、想定されるトラックにも足を運んでもらい、ご意見を戴きたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-23 16:04:48

丘の上の家

テーマ:小樽の様子
丘の上の家 小樽は非常に狭い街です。10分も車で走るとすぐに山にぶち当たり、そのふもとの丘には家がたくさん建っています。急傾斜地指定地域なんてのもあり、(何を指定しているんだろう?)細くて急な道が山ほどあります。もちろん車が入ることもできるのですが、レースにはちょっと向きません。やはり、ふもとの太い道路を使うのが良いと思います。8mから9mの道路があれば、ターンできるそうですので、コースの想定は無限に広がるのではないでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-22 08:42:03

崖の上の銀鱗荘

テーマ:小樽の様子
銀鱗荘 崖の上にそびえているのが超高級温泉ホテル 銀鱗荘。私が子どもの頃に庭でジンギスカンを食べた記憶がありますが、今は近寄ったことも有りません。一泊5万円~10万円(1人様、朝食つき)はします。非常に景色がよく、レース開催時にはVIPが泊まるのに最適です。もちろん、コースレイアウトによっては、トラックを望むこともできます。小樽は、三方を山で囲まれており、海際でレースをやるとしたら、どこにいてもエンジンの音は反響します。なるべくは、市民生活に影響の少ない地域での開催をしたいのですが、音だけは・・・・。年に一度3日間のレースの音と雰囲気に市民に慣れていただくまでに、時間がかかるかも。ロングビーチ31年、ゴールドコースト15年、ここまで開催できれば、小樽の名を世界に広めることができるでしょうか
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-21 08:53:14

続 崖の下

テーマ:小樽の様子
海望む 崖の下の道路から海側を望みました。遠く増毛の山が見えるのですが・・・こんな天気の良い日にレーストラック候補地を歩き回って、本当に幸せです。ぞくぞくしながら歩き回っています。ここを、いつの日かチャンプ・カーが駆け抜けてゆく姿が頭をよぎってゆく、それを計画したのがわれわれだということ。本当に夢みたいです。しかし、これでレースができる訳ではないのです。まだまだ、やることがたくさんあります。さぁ、今日も1日ガンバンベェー!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-20 09:11:44

崖の下にも

テーマ:小樽の様子
崖の下 こんな使っていない道路があります。道路巾は14m。充分使えそうですね。昨夜、いつものようにおたる屋台村で飲んでいたら長野からの2人のツーリストにお会いしました。北海道をレンタカーで回っているそうです。酔っ払っていろんなことを話したのですが、チャンプ・カーのことになると 俄然、盛り上がってしまいました。その御2人は某タバコメーカーの方らしく、レース業界のことに非常に詳しかったのです。われわれも勉強になりました、ありがとうございました。お礼に早朝から昼の小樽の過ごし方を伝授しました。鱗友から青塚の魚ずくしの方法です。多分、二日酔い気味の中、果たして無事に過ごせたのかな?この屋台には、いろんな方との出会いが生まれて面白いですよ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。