1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-08-31 08:52:37

あぁ、客船が・・・

テーマ:小樽の様子
街中 30日の駅前通りから、第3埠頭を望むと・・・・あぁ、客船《飛鳥》が突っ込んでいました?なんて、小樽人ならおなじみの光景なのですが、大きな船が第3埠頭に着岸するとビルの谷間に佇む姿が見えるのです。大きな船たくさん小樽に来て下さいネ。もちろん、公道レース開催の折にも寄港していただきたいです。小樽の海に浮かぶ客船から見下ろすレースも見ものですもの!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-30 08:57:13

必死!!

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
ロング市内 只今、チャンプ・カー側から送られてきた資料を事務局で和訳中です。それは、ロングビーチ市、トロント市、そしてサーファーズ パラダイスのレース開催での経済効果レーポートです。入場人数のみならず、ホテルや交通、レストラン、アミューズメントその他にも波及する効果全体を表したものです。ない英語力、あたまで和訳しておりますが、やはり行政の方にはこういった書面でレポートするのが手っ取り早いようです。つぎのプロジェクトチーム会議には載せたいので、只今必死でやっています。と、いいながら事務局の女性スタッフが97%くらいやっているのですが・・・。がんばってください、お願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-27 09:37:21

理事会で・・・。

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
川勝 9月5日の理事会で特別顧問に2人の追加を上程します。ご存知、川勝平太さんと青山俊樹さんです。2004年3月27日の当協議会設立の時にシンポジウムをお願いしたお二人です。川勝さんは国土交通省国土審議会委員で『地方が変わる 地域再生と文明』というテーマで講演をいただきました。一方青山さんは元国土交通事務次官で地域再生と社会資本整備 美しい国』というテーマでお話をしてくださったのです。その後、当会理事長と3人でパネルディスカッション『みち モータースポーツ 観光 そして産業』と言うテーマを市民の前で討論したのです。この日から、モータースポーツを使った地域再生を考え始め、政府の地域再生計画認定→公道レースの企画→チャンプ・カー・ワールド・シリーズとの接触→同シリーズの誘致推進と流れてきたのです。このお二人に記念のサインをお願いしたら、『夢の実現を!!』と添え書きしていただきました。夢の夢といわれる公道を使った自動車レースを是非、実現させたいです。お二人には勇気を戴きほんとうにありがとうございました。そしてこれからもご支援よろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-26 09:25:57

ご声援ありがとうございます

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
埠頭 子無零 すこぴおさんいつもありがとうございます。今回もコンテストなる企画を立てていただきまして。小樽のことよくご存知のようで素晴らしい案ですね。実際は交通量、車道巾、歩道巾、テーパー、住民、企業などなどいろいろな要因を加味して決まってゆくと思いますが、見た目やレースの面白さなど、たくさんの方にご意見をいただきたいですね。われわれ以上に小樽が好きな方もいるでしょうし、各地のストリートトラックを見てきた人もいると思います。現実にどんなコースレイアウトになるかは別として、日本初のストリートトラックには、みんなの夢が乗っかりみんなで盛り上がるレースにしたいものです。これからもご声援よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-25 09:01:13

コースデザイナー来樽

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
歩道 9月2日にチャンプ・カー・ワールド・シリーズのコースデザイナーが 小樽にやってきます。今まで、K・カルコーベンさんら首脳陣やプロモーターの方には、小樽は素晴らしいという評価は戴いておりますが、レーストラックを造る専門家がどう判断するか、今からドキドキしています。やっとここまでこれた、という期待が半分、NG出されたらどうしましょ、という不安が半分あります。しかし、誰もが一度は通る道なので、仕方ないですね。3日、4日と丸2日間、小樽のレーストラック予定地を巡ります。5日には、チャンプカー側と理事会の合同ミーティングも開催したいと思っています。プロジェクトチーム会議にも参加できればいいのですが、なんせ、行政側は足並みそろえるのに時間がかかります。結果を後日、PT会議に報告という形になるかもしれませんが・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-22 09:09:04

中央分離帯

テーマ:公道レースの研究
道路 この分離帯を除去し、可動式(差込ポール型)の分離帯に改良したいです。冬場、雪の山ができることを考えると植え込みがなくてもよいのでは・・・・?レース開催時、ポールを取ると、4車線のバックストレート650mが完成します。けど、途中にシケイン入れなきゃスピード乗りすぎますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-20 09:22:14

ご声援これからもよろしく

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
イベント indy-cart-f1さん、のあさん、ご声援ありがとうございました。みなさん以上にわれわれも興奮してますよ。さて、おたる潮まつりの時、チャンプカーに触れ合う市民イベントを行ないましたが、大変好評で現在、ウイングベイ小樽にて、常設展示の準備をしております。人がたくさん集まる場所なので、ショーウインドウの中に入れて展示しますが、9月以降、毎日曜日(予定)には、やはり、実際に触れてもらえるイベントを開催したいものです。たくさんの人にチャンプカーになじんでもらえ、たくさんの人と盛り上がっていきたいのです。しかし、多数の人に秩序よくコクピットに着座してもらいつつ、多数の人にチャンプカーの内容やモータースポーツの魅力を話すのはけっこうハードな作業です。協議会側のスタッフの人数も限られていますし、チャンプカーを愛してやまない人、小樽で公道レースを開催したい人などなど、ボランティアを募集しスタッフの仲間を増やしたいと思います。現在、スタッフは小樽を中心に、札幌、函館、東京と各地にいますが、特定の日曜日・特定の時間に小樽に来て、チャンプカーの魅力を広める事ができる方は 是非 コメントにて 連絡ください。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-19 13:11:59

チャンプカーとの交流

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
ジム 4月にロングビーチに行ったときにお会いした、ロングビーチのプロモーター、ジム・マイケリアン氏とおたる屋台村で再開しました。8月8日の記者会見の前に小樽を一度見たいと言うことで、初来日の初日本食を小樽でわれわれと一緒に楽しみました。紅白の提灯のもと、小皿たたいてちゃんちき 屋台の風情を体験していただきました。この日本の文化にジムは大喜び。箸の使い方も様になっています。実は、3月にカルコーベンさんが来樽した時も、屋台村に呼ぼうと思ったのですが、あまりにも寒いので別の場所にしたのです。こういう日本特有の文化(アジアかな?)にも触れてもらえたらよかったかなと、次の機会を楽しみにしています。このような交流が誘致には必要なもので、お互いをよく知り、文化を理解することが大切だとと思います。是非、成功に結び付けて、たくさんのチャンプカー関係者を日本にそして、小樽にお呼びしたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-18 09:34:50

チャンプカー誘致をします。

テーマ:チャンプカー誘致に向けて
ウイングベイ 7月8日の協議会総会でチャンプカーの誘致を正式に決議し、会長の小樽市長の下、運動を繰り広げることとなりました。それと同時にチャンプカーのデモ機が来樽し、一般公開を開始しました。そして、8月8日に東京にてその報告を行い、と、大変忙しい一ヶ月でした。そして、9月には、チャンプカーのコースデザイナーが、やってきて小樽の公道を視察するし、デモ機をウイングベイに常設展示する予定だし、理事会開催、省庁横断型プロジェクトチーム会議の開催、10月の韓国安山視察(会長同行)・豪国ゴールドコースト視察の準備と、もっと忙しい一ヶ月が待っています。来年夏のチャンプカーのカレンダーに是非 おたる OTARU 小樽 を載せる為に 死ぬ気で 頑張る所存です。 みなさんのご声援よろしくお願いします。  北海道小樽グランプリ推進協議会 事務局
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-16 09:28:13

第39回潮まつり

テーマ:小樽の様子
うしお 潮まつりには毎年50万人以上の人出があります。ステージから小樽駅方向を望んだ一枚です。ごちゃごちゃっとしたところの右側にチャンプカーを展示しました。3日間運河の橋上でキャンプした。蚊がすごい・・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。