今日も韋駄天が忙しいため、彼と親しいこちらの二人にブログを書いてもらいます。





セイコーです    ∧_∧
      ∧_∧  (´<_`   )  ピーマンです
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i   
     /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  NEC  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃


ピ「また俺らかよ」

セ「まぁそう言わないで」

ピ「そろそろ読者に飽きられるぜ」

セ「まぁまぁ。そのことは韋駄天に話しておくとして、今日は俺らが代わりに書いてやろうぜ」

ピ「ま、今日だけな」

セ「ところで、インターンシップの交流会はどうだったんだろ?」

ピ「なんか面白かったみたいだぜ」

セ「何々?」

ピ「まず、学生代表の研修報告だが、ト○タカローラに行った人は、『売る熱意が感じられなかった』と言ってたぜ」

セ「う…、それはずごいな…。正直でいいことです…」

ピ「そしてインターンシップについて意見を聞かれた某教授は、『違うこと考えてまして…』と言い出したぜ」

セ「『何を聞いたかもう一度教えてください』に次いで言ってはいけない言葉ではないか」

ピ「さすがだな、彼は。まぁそんなこんなで、最後に行われた懇親会でお酒を飲んでオードブルを食って帰ってきたわけさ」

セ「韋駄天はフライドポテトばっかり食ってたらしいな」

ピ「さすがあいつはイモ人間だ」
AD
今日は韋駄天が忙しいため、彼と親しいこちらの二人にブログを書いてもらいます。





セイコーです    ∧_∧
      ∧_∧  (´<_`   )  ピーマンです
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i   
     /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  NEC  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃


ピ「何で俺らが書かないといけないのか」

セ「まぁそう言わないで」

ピ「ところでなんでアイツは忙しいんだ?」

セ「バイトだってよ。ちょうどクリスマス時期だしな」

ピ「え!?就活で忙しくなるこの時期にまだバイトやってるの?」

セ「そうみたいだよ」

ピ「バカだな」

セ「それはそうと、なんと!明日はバイト休みらしいぜ!」

ピ「えーーー?何やってんだよ、アイツ!クリスマスだぜ明日は!何のために休んでるんだよ!」

セ「インターンシップの交流会だってさ」

ピ「……え、プライベートで休みじゃないのか…」

セ「そう。なのにバイト仲間からはいろいろと茶化されてるらしいぞ・・・」

ピ「ふん、普段の行いが悪いからな」

セ「まぁそう言ってやんなよ」



ということで、韋駄天は明日、インターンシップの総仕上げに行ってきます。

誰かが代表でインターンの成果を報告するんですが、誰がするんですかね?

ちょっぴり楽しみですね。

読者の方にとってはどうでもいいですね。

やさしー!

上戸彩がそう言ってた。


なんかまじめに更新しようと思うんですが、更新してないですよね。

とってもとっても忙しいからです。

うそです。

そう、免許取りに行ってるからです。

入校から3か月がたちました。

かかりすぎですよね。

早い人なら3週間で取れるのに。

いまだに街中を「仮免許練習中」と書かれた車でたらたら走ってますから。

早く免許を取得したいです。

そして彼女を隣に乗せてドライブしたいです。

うんうん。

乗りたくないか、そうか。

一人でドライブ行きますね。