アニー伊藤と玉子焼き

テーマ:

一昨年の12月に旅行に行って、そのまとめの記事の最後で俺はこう書きました。



次回は、
18きっぷに似た、北海道&東日本パス を使って、


東京・築地、アニー伊藤に会いに行く4泊5日ぶらり旅(仮)を敢行します!!



往復飛行機だし、7泊8日でしたが、



アニー伊藤には会いに行きました。今回の旅で。

※アニー伊藤はテリー伊藤のお兄さんです。

これが、アニー伊藤が営む玉子焼き屋です。

丸武



築地ということもあり、観光客が多く、ひっきりなしにお客さんが来ていました。


俺も自分用と実家用に玉子焼きを3つ買いました。


で、肝心のアニー伊藤ですが、



姿を拝見しました!!!





俺がお金を払っているときに、「○○ちゃーん!」と、店員さんの名前を呼びながら俺の横を通っていきました。



声をかけるのは今しかない!!


俺はそう思い、声をかけ・・・





ようと思ったんですが、あまりにも強面で、「○○ちゃーん!」と呼ぶ声がとてもどすの利いた声だったので、









声をかけることができませんでした・・・。









大変情けない限りです。ハイ・・・



【記事と無関係の写真展】

リバティタワー

リバティタワー外観


明治大学リバティタワー

「イチリッツ」


それは、距離に関わらず、県内市外への電話代が激安になるNTTのサービス。

去年の元旦から実施されています。



そして昨日、


ようやく申し込みを行った次第です。




この1年と2ヶ月、無駄なお金をNTT東日本へ払っていたことになります。

大変遺憾ではありますが、自業自得ですので、ここは怒りを抑えることにします。

116へ電話をしました。



116「お待たせいたしました。何とか何とかの●●がお受けいたします。」

韋駄天「・・・、あ、イチリッツを申し込みたいんですが」



「お待たせいたしました」と言われましたが、全く待たせることなく電話がつながったので、心の準備ができていなかった俺は若干の沈黙をやらかしたのです。


1「はい、ありがとうございます。お客様の電話番号を市外局番からお願いいたします」

韋「0134の27の○●△×です」

1「0134の27の○●△×ですね。ご契約者様のお名前をお願いいたします」

韋「■△◎子です」

1「今お電話されている方のお名前をお願いいたします」

韋「韋駄天です」

1「はい、ありがとうございます。今お調べいたしますので、少々お待ちください」


-1分ぐらい-


1「お待たせいたしました。イチリッツなのですが、現在お客様がスーパーケンタくんをご利用されていて、それを廃止した上でのご利用となりますがよろしいですか?」

韋「イチリッツとスーパーケンタくん、どちらがお得なのですか?」

1「スーパーケンタくんはご利用の多い電話番号上位3ヶ所の電話代が3割引となるサービスです。イチリッツはプラン1とプラン2がありまして・・・(以下イチリッツの説明)」



俺はどちらがお得なのか聞いたのだが、サービスの説明をされてしまった。

イチリッツは3分約8.5円なのだが、はたして正規料金の3割引と比べてどちらが安いのか、(一応)聞いたつもりだったのだが、それは俺の一方的な思い込みであり、大変遺憾ではありましたが、自業自得ですので、ここは怒りを抑えることにしました。


韋「じゃあイチリッツの8円の方をお願いします」


【備考】
プラン1…3分約8.5円。月額利用料無料。
プラン2…3分約7.5円。月額利用料100円。


「プラン1」ではなく、「8円の方を」と言ってしまった俺は痛い人です。


でも考えてみてください。

この場合、細かな商品名などどうでもいいんです。

はたして利用料を取られるのか、そして電話代がどのくらい安くなるのか、

この2点が判れば文句はないのです。

ですから、「8円の方を」と言ってしまった俺は痛い人かもしれませんが、大変理にかなっているとみなすことができます。


1「それではお客様の場合、プラン1ですので、利用料は無料ですからご安心ください」


この時、このオペレーターさんはかなり鋭い人だと感じました。

俺が金額をいたく気にしていることを察知したからこのような発言をしたのだと信じて疑いません。


1「また、イチリッツの適用は今月の26日からになりますのでご注意ください。何か他にございませんか」

韋「あ、今は大丈夫です。それではよろしくお願いします」

1「はい。本日はありがとうございました。●●がお受けいたしました。失礼いたします」


オペレーターさんが教えてくれなかったことを自分で調べてみました。

我が家から実家へ電話をかける場合。

・正規料金→3分約40円

・スーパーケンタくん→3分約28円

・イチリッツ→3分8.5円


が、驚愕の事実が。

スーパーケンタくんの場合、一定額以上を利用しないと割引が適用されないらしい。

俺の電話代は微々たる物だったので、割引は適用外。

つまり、正規料金を今まで取られていたのだ。

よって、

・今まで→3分約40円

・これから→3分約8.5円



その差、31.5円

8.5÷40=0.2125


約8割引


・今まで  割引なし

・これから 8割引


0vs8


8のコールド勝ち。




ヌォォォォォォォォォ!!!!




何で今までイチリッツを契約していなかったんだ!!

俺は今までどれだけのお金を無駄にしていたのか!!

悔やんでも悔やみきれない。

大変遺憾ではありますが、自業自得ですので、ここは怒りを抑えることにしますいやできない



3分ほど逆上してしまいましたが、冷静になった後でよく考えてみると、実家に電話をかけるのは月に一回ほどだったので、トータルでみても600円ぐらいの損でした。


小学生の頃、ポケモンのシール(10枚100円)を10セット大人買いしたことのほうが無駄でありました。


※途中、自分を正当化した発言がありました。お詫び申し上げます。