金、石油、ゴム、原油と闘っている人、

お金を賢く運用したい方、先物取引に興味のある方必見メガネ


先物をこよなく愛して十数年。先物取引なら、自信ありチョキ

幅広い視点と密な知識で、分かりやすく相場を斬ります手裏剣

おたまるの日々の市況予測、分析をあなたの相場のご参考に!



【お問い合わせ先】

ブログに対する質問、取引で調子の悪い方、もっと情報を得たい方、
どんな相談もお気軽に。


手数料勉強させていただきます

詳しくは下記にお問い合わせください。


連絡先は06-6267-2782(直通です)
もしくは0120-448-520(フリーダイヤル)
月曜日~金曜日7時30分~18時まで受付ます。
(注)管理から、フリーダイヤル使用のためいたずら電話がありましたので、非通知での電話の取次ぎが禁止になりました。

(注)土日は出社していませんので電話しないでください。

日本フィナンシャルセキュリティーズ(株)
大阪店 中辻まで

所属:商品先物取引業者 岡藤商事(株)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

必ずお読みください。
個人情報保護方針  ■勧誘方針
お取引における注意事項
お客様相談窓口
企業情報の開示

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

ブログランキング参加中 走る人
クリックお願いします!


------------------------------------------------------

所属会社

日本商品先物取引協業者

経済産業・農林水産大臣許可商品取引業者




このブログは、私個人が開設しているので、所属する
会社や
他のブログ・ホームページとは関係ありません。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-26 10:27:47

前場市況

テーマ:ランチぎゃっぷ。

ランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

 本日の東京金市場は小幅反発、白金は小幅反落、原油市場は下落ゴム市場は小動き経平均は下落スタートです。

 朝の記事でも書きましたが、先週に注目の日米の金融政策が発表され、日銀が緩和強化策、米国が利上げ見送りの結果でした。

 イベントが大きすぎ、その後の市場は空虚感?では無いのでしょうが高まっていた緊張感は緩んだ可能性はあるでしょう。

 市場は一旦米大統領選挙に注目か?

 本日(日本時間では明日午前中)に米大統領選挙のTV討論会が予定されています。

 人気の無い、何かと問題を抱えた二人の候補だけにお互いの弱点を攻めるといわれていますが・・・

 米国民は最終的にはトランプを選ばないでしょうから米国の政治リスクは少ないと考えますが、英国の国民投票の結果があれでしたので予断は許しません。

 基本的には先週のFIMCで利上げが見送られたこと、来年の利上げ見通しが引き上げられたことは上昇要因でしょう。

 今週は28日のOPECの非公式会合に注視。

 ここに来て、増産凍結への期待が後退して原油市場は軟調ですが・・

 

 

     詳しくは各銘柄については下記で。

 

現在の為替は以下の通り

ドル円100円70銭台

ユーロ円113円20銭台

豪ドル円76円70銭台

 

東京金

 東京金市場は4300円台前半の水準です。

 ドル建て市場は先週の東京時間からは上昇しており、堅調です。

 FOMCでの上げ見送り、利上げ回数見通し引き下げは金市場にはプラスでしょう、

 現状ではNY金市場の上昇の流れは継続、更なる円高も無いと見て、買い方針は継続とします。

 

 中国上海金市場(10時01分)とNY金の価格差

1月4日ドル建て1064ドル、元建て223.2元、ドル建て換算-10ドル差

1月29日ドル建て1114.6ドル、元建て235.98元、ドル建て換算-4.5ドル差

2月1日ドル建て1118.3ドル、元建て236.92元、ドル建て換算-3.1ドル差

2月29日ドル建て1220.7ドル、元建て257.04元、ドル建て換算-0.6ドル差

3月1日ドル建て1241.1ドル、元建て259.88元、ドル建て換算-8.1ドル差

3月31日ドル建て1226.9ドル、元建て255.52元、ドル建て換算値+0.2ドル差

4月1日ドル建て1235.4ドル、元建て256.26元、ドル建て換算値-2.6ドル差

4月28日ドル建て1244.3ドル、元建て260.02元、ドル建て換算値-1.7ドル差

5月31日ドル建て1213.15ドル、元建て256.7元、ドル建て換算値-1.5ドル差

6月1日ドル建て1220.35ドル、元建て258.22元、ドル建て換算値-1.3ドル差

6月2日ドル建て1214.75ドル、元建て257.1元、ドル建て換算値-0.15ドル差

6月3日ドル建て1210.0ドル、元建て256.7元、ドル建て換算値ドル+1.46差

6月6日ドル建て1246.5ドル、元建て262.6元、ドル建て換算値+0.4ドル差

6月7日ドル建て1247.65ドル、元建て263.27元、ドル建て換算値-1.65ドル差

6月8日ドル建て1246.75ドル、元建て263.08元、ドル建て換算値-1.75ドル差

6月13日ドル建て1272.96ドル、元建て270.3元、ドル建て換算値-4.54ドル差

6月14日ドル建て1281.4ドル、元建て271.85元、ドル建て換算値-4.7ドル差

6月15日ドル建て1281.6ドル、元建て272.4元、ドル建て換算値-4.75ドル差

6月16日ドル建て1300.5ドル、元建て274.82元、ドル建て換算値-3.5ドル差

6月17日ドル建て1288.5ドル、元建て273.21元、ドル建て換算値-0.8ドル差

6月20日ドル建て1288.95ドル、元建て272.3元、ドル建て換算値-3.25ドル差

6月21日ドル建て1294.0ドル、元建て273.15元、ドル建て換算値-4.2ドル差

6月22日ドル建て1271ドル、元建て268.85元、ドル建て換算値-3.7ドル差

6月23日ドル建て1266.15ドル、元建て1265.7元、ドル建て換算値-0.45ドル差

6月24日ドル建て1271.5ドル、元建て268.99元、ドル建て換算値-3.49ドル差

6月27日ドル建て1233ドル、元建て1320.5元、ドル建て換算値-12.5ドル差

6月28日ドル建て1327.45ドル、元建て283元、ドル建て換算値-9.25ドル差

6月29日ドル建て1320.2ドル、元建て281.1元、ドル建て換算値-8.1ドル差

6月30日ドル建て1318ドル、元建て281.48元、ドル建て換算値-2.4ドル差

7月1日ドル建て1324.6ドル、元建て282.5元、ドル建て換算値-6.0ドル差

7月4日ドル建て1344.4ドル、元建て286.71元、ドル建て換算値-8.8ドル差

7月5日ドル建て1352.65ドル、元建て289.6元、ドル建て換算値-4.05ドル差

7月6日ドル建て1368.75ドル、元建て293.6元、ドル建て換算値-5.00ドル差

7月7日ドル建て1370.9ドル、元建て294.55元、ドル建て換算値-3.3ドル差

7月8日ドル建て1358.15ドル、元建て291.22元、ドル建て換算値-5.75ドル差

7月11日ドル建て1366.5ドル、元建て293.88元、ドル建て換算値-1.8ドル差

7月12日ドル建て1354.15ドル、元建て291.82元、ドル建て換算値-0.55ドル差

7月13日ドル建て1332.7ドル、元建て287.3元、ドル建て換算値1.9ドル差

7月14日ドル建て1346.9ドル、元建て289.7元、ドル建て換算値-1.1ドル差

7月15日ドル建て1331.45ドル、元建て286.65元、ドル建て換算値+0.74ドル差

7月19日ドル建て1329.2ドル、元建て286.9元、ドル建て換算値-0.1ドル差

7月20日ドル建て1332.5ドル、元建て287.4元、ドル建て換算値±0.0ドル差

7月21日ドル建て1312.35ドル、元建て282.11元、ドル建て換算値+1.85ドル差

7月22日ドル建て1331.15ドル、元建て285.84元、ドル建て換算値+1.15ドル差

7月25日ドル建て1315.5ドル、元建て283.35元、ドル建て換算値+2.51ドル差

7月26日ドル建て1324.25ドル、元建て283.88元、ドル建て換算値-0.49ドル差

7月27日ドル建て1325ドル、元建て283.4元、ドル建て換算値+1.6ドル差

7月28日ドル建て1347.1ドル、元建て元、287.55ドル建て換算値+2.8ドル差

7月29日ドル建て1344.81ドル、元建て286.89元、ドル建て換算値+3.57ドル差

8月1日ドル建て1348.3ドル、元建て287.55元、ドル建て換算値-0.5ドル差

8月2日ドル建て1358.65ドル、元建て288.9元、ドル建て換算値-0.35ドル差

8月3日ドル建て1371.75ドル、元建て291.1元、ドル建て換算値+0.65ドル差

8月4日ドル建て1362.25ドル、元建て289.63元、ドル建て換算値-0.15ドル差

8月5日ドル建て1366.95ドル、元建て290.48元、ドル建て換算値+1.15ドル差

8月8日ドル建て1340.7ドル、元建て286.35元、ドル建て換算値+2.9ドル差

8月9日ドル建て1341.8ドル、元建て286.5元、ドル建て換算値+2.6ドル差

8月10日ドル建て1351.75ドル、元建て288元、ドル建て換算値+2.25ドル差

8月12日ドル建て1342.15ドル、元建て286.15元、ドル建て換算値+3.95ドル差

8月15日ドル建て1342.75ドル、元建て286.01元、ドル建て換算値+2.7ドル差

8月16日ドル建て1350.7ドル、元建て287.37元、ドル建て換算値+1.2ドル差

8月17日ドル建て1352.3ドル、元建て287.44元、ドル建て換算値+2.0ドル差

8月18日ドル建て1357.6ドル、元建て288.72元、ドル建て換算値+3.0ドル差

8月19日ドル建て1352.75ドル、元建て287.75元、ドル建て換算値+2.55ドル差

8月22日ドル建て1340.95ドル、元建て287.0元、ドル建て換算値+4.35ドル差

8月23日ドル建て1343.15ドル、元建て286.78元、ドル建て換算値+2.85ドル差

8月24日ドル建て1343.25ドル、元建て286.81元、ドル建て換算値1.95ドル差

8月25日ドル建て1329.3ドル、元建て284.71元、ドル建て換算値4.6ドル差

8月26日ドル建て1326.2ドル、元建て283.88元、ドル建て換算値2.38ドル差

8月29日ドル建て1320.25ドル、元建て283.64元、ドル建て換算値2.62ドル差

8月30日ドル建て1327.25ドル、元建て284.64元、ドル建て換算値2.32ドル差

8月31日ドル建て1314.55ドル、元建て284.65元、ドル建て換算値4.45ドル差

9月1日ドル建て1312.8ドル、元建て282.26元、ドル建て換算値4.5ドル差

9月2日ドル建て1318.35ドル、元建て282.55元、ドル建て換算値0.95ドル差

9月5日ドル建て1326.55ドル、元建て284378元、ドル建て換算値2.07ドル差

9月6日ドル建て1329.7ドル、元建て285.49元、ドル建て換算値2.7ドル差

9月7日ドル建て13546ドル、元建て289.52元、ドル建て換算値-0.1ドル差

9月8日ドル建て1350ドル、元建て288.57元、ドル建て換算値1.5ドル差

9月9日ドル建て1341.5ドル、元建て287.6元、ドル建て換算値2.6ドル差

9月12日ドル建て1332.25ドル、元建て286.4元、ドル建て換算値3.15ドル差

9月13日ドル建て1332.45ドル、元建て286.35元、ドル建て換算値2.75ドル差

9月14日ドル建て1321.95ドル、元建て284.39元、ドル建て換算値2.55ドル差

9月20日ドル建て1317.15ドル、元建て283.1元、ドル建て換算値1.15ドル差

9月21日ドル建て1318.35ドル、元建て283.41元、ドル建て換算値3.75ドル差

9月23日ドル建て1340.65ドル、元建て287.15元、ドル建て換算値0.15ドル差

9月26日ドル建て1341.35ドル、元建て287.25元、ドル建て換算値-0.21ドル差

上海プレミアムはマイナス、上海市場での現物買いは弱まる内容です。

 

東京白金。東京白金市場は3400円近辺の水準です。

 週末の米国市場での株式市場の下落と原油市場の下落は下げ要因も価格水準は維持できたと考えて良いでしょう。

 先週までの下落局面は終了し、21日以降は上昇に転じたと見ています。

 白金自体も南ア鉱山会社の労使交渉の先行き不透明もあって上げやすいと考えます。

 現状は買い玉維持、買い方針継続。

 

石油製品

10月限は44ドル後半の水準です。

応援お願いします。押してください。↓お願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-26 07:29:44

イベント通過後の動き。

テーマ:今日の市況

だんだん相場が複雑かつ、難解になっています。

 経済指標はどう判断すべきか、為替や他市場との関係性、またトレードのタイミングや建ち玉の管理など困っている方は多いと思います。

 12時45分~13時15分までは無料の相談時間とします。

 顧客の方が優先となりますが、手が空いている限りなんでも相談ください。

 0120-448-520(フリーダイヤル)中辻まで

 

にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

必ず押してください。アクセスが多いのに順位が落ちています。すみません。

 おはようございます。

先週は注目の日米の金融政策の注目イベントを通過、日銀が緩和強化策(変更策?)、米国は利上げ見送りとなりました。
 後の祭りの本来の語源の意味のほうでしょう。
 現在は後の祭りは『後から言っても仕方が無い、手遅れ』の意味での使用が多いですが、語源の意味のほうの『祇園祭の後半の祭りは見ても意味が無い』の感じでしょうか。
 大きなイベントで市場が最大限警戒した割には大きな動きは無いのかも知れません。
 日銀の金融政策が発表された21日から 
 東京金市場で40円高、12円安、週末の夜間市場が14円高
 東京白金市場で72円高、2円高、週末の夜間市場で1円高です。
 米国の利上げ見送りは織り込まれていたとは言え、日米の金融政策への警戒に貴金属市場は下げていましたので、イベント通過での上昇はあって然りなのでしょうが、大きな上げには至っていません。
 今後の市場の注目が米大統領選挙でしょうが、おそらくクリントンが当選で大きなイベントリスクにはならないか・・・
 来週の米雇用統計や他の米経済指標次第では12月の利上げが無くなる可能性はありますが、利上げが消滅するにはハードルは相当高いでしょう。
 昨年のように12月にかろうじて年1回の利上げが行える状態なのでしょう。

              各銘柄については下記で。
 

   経済指標はこちら(クリックで開きます)で確認してください。

 

 為替市場下記の通りです。

 ドル円101円00銭台

 ユーロ円113円40銭台

 豪ドル円76円80銭台。

 
<貴金属>NY金12月限は3.0ドル安の1341.7ドル、換算値は10円高です。
先週末の東京金時間外市場は一時4312円(-1円)まで下落しましたが、4331円(+18円)まで上昇し、4327(+14円)で引けました。
 FOMCで利上げが見送られたことも上昇要因ですが、来年以降の利上げ回数の見通しが減少したのも上昇要因でしょう。
 ドル建て市場は再び1300ドル台後半、1400ドルをリトライする動きでしょう。
 現状は買い方針継続で。

 

 NY白金10月限は5.8ドル安の1057.0ドル、換算値は5円安です。
先週末の東京白金時間外市場は一時3442円(+14円)まで上昇しましたが、3413円(-14円)まで下落し、3428(+1円)で引けました。
 金市場の堅調さはサポート要因も、原油市場の下落や株式市場の下落は下げ要因でしょう。

 南アフリカ鉱山での労使協議は不透明で今後の上昇要因になる可能性はあるでしょう。

 買い方針継続で。

 

<原油>NY原油⑨44ドル後半です。

 今週の非公式会合では増産凍結決定が難しいとの見方に下落しました。

 40~50ドルのレンジ継続?

  

<ハンターポイント>

 引き続き米国の利上げ見送りは貴金属市場には上昇要因でしょう。

もっと読みやすいブログにします

ぽちっと手間かけますが、押してくださいお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-23 10:32:11

前場市況

テーマ:ランチぎゃっぷ。

ランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

 本日の東京金市場は小幅反落、白金も小幅反落、原油市場は小動きゴム市場は続伸経平均は下落スタートです。

 朝の記事でも書きましたが、一昨日の注目の日米の金融政策は、日銀が緩和強化策、米国が利上げ見送りの結果でした。

 日銀の金融政策に関しては、一昨日の東京市場では円安も、その後は円高の動きもあり評価が分かれるところ、金利重視の金融政策に変更も、物価2%が安定的に達成するまで緩和を継続するオーバーシュート・コミットメントを採用したことなどは評価しても良いでしょう。

 米国の利上げ見送りは素直にドル安、金利低下の反応で金市場には上昇要因でしょう。

 米国の利上げは大方の予想通りでしたが、一部大手金融機関でも利上げ予想はあったこと、利上げの不透明感が市場へのマイナスであったこと、米Fedの来年の金利見通し引き下げ、つまり、利上げ回数予想の引き下げも低金利継続への期待に金市場にはサポート要因でしょう。

 現状では年内1回の利上げの可能性は高いですが、状況次第では年内利上げ見送りの可能性も少しはあります。

 大きなイベント通過でしたので、もう少しドル建て金市場の上昇は継続するのではないでしょうか。

 

     詳しくは各銘柄については下記で。

 

現在の為替は以下の通り

ドル円101円10銭台

ユーロ円113円30銭台

豪ドル円77円20銭台

 

東京金

 東京金市場は4300円台前半の水準です。

 ドル建て市場は上昇も、為替の兼ね合いで小幅安です。

 一昨日にマイナス圏から40円高まで上昇する場面は円安でしたので、為替の下げは仕方が無いでしょう。

 むしろ、ドル建て市場の上昇を評価すべき。

 米国時間に為替で下げましたが、二日間でNY金は13ドルずつ上昇しており、利上げ見送りは金市場にはプラスと考えるべきです。

 現状ではNY金市場の上昇の流れは継続、更なる円高も無いと見て、買い方針は継続とします。

 

 中国上海金市場(10時01分)とNY金の価格差

1月4日ドル建て1064ドル、元建て223.2元、ドル建て換算-10ドル差

1月29日ドル建て1114.6ドル、元建て235.98元、ドル建て換算-4.5ドル差

2月1日ドル建て1118.3ドル、元建て236.92元、ドル建て換算-3.1ドル差

2月29日ドル建て1220.7ドル、元建て257.04元、ドル建て換算-0.6ドル差

3月1日ドル建て1241.1ドル、元建て259.88元、ドル建て換算-8.1ドル差

3月31日ドル建て1226.9ドル、元建て255.52元、ドル建て換算値+0.2ドル差

4月1日ドル建て1235.4ドル、元建て256.26元、ドル建て換算値-2.6ドル差

4月28日ドル建て1244.3ドル、元建て260.02元、ドル建て換算値-1.7ドル差

5月31日ドル建て1213.15ドル、元建て256.7元、ドル建て換算値-1.5ドル差

6月1日ドル建て1220.35ドル、元建て258.22元、ドル建て換算値-1.3ドル差

6月2日ドル建て1214.75ドル、元建て257.1元、ドル建て換算値-0.15ドル差

6月3日ドル建て1210.0ドル、元建て256.7元、ドル建て換算値ドル+1.46差

6月6日ドル建て1246.5ドル、元建て262.6元、ドル建て換算値+0.4ドル差

6月7日ドル建て1247.65ドル、元建て263.27元、ドル建て換算値-1.65ドル差

6月8日ドル建て1246.75ドル、元建て263.08元、ドル建て換算値-1.75ドル差

6月13日ドル建て1272.96ドル、元建て270.3元、ドル建て換算値-4.54ドル差

6月14日ドル建て1281.4ドル、元建て271.85元、ドル建て換算値-4.7ドル差

6月15日ドル建て1281.6ドル、元建て272.4元、ドル建て換算値-4.75ドル差

6月16日ドル建て1300.5ドル、元建て274.82元、ドル建て換算値-3.5ドル差

6月17日ドル建て1288.5ドル、元建て273.21元、ドル建て換算値-0.8ドル差

6月20日ドル建て1288.95ドル、元建て272.3元、ドル建て換算値-3.25ドル差

6月21日ドル建て1294.0ドル、元建て273.15元、ドル建て換算値-4.2ドル差

6月22日ドル建て1271ドル、元建て268.85元、ドル建て換算値-3.7ドル差

6月23日ドル建て1266.15ドル、元建て1265.7元、ドル建て換算値-0.45ドル差

6月24日ドル建て1271.5ドル、元建て268.99元、ドル建て換算値-3.49ドル差

6月27日ドル建て1233ドル、元建て1320.5元、ドル建て換算値-12.5ドル差

6月28日ドル建て1327.45ドル、元建て283元、ドル建て換算値-9.25ドル差

6月29日ドル建て1320.2ドル、元建て281.1元、ドル建て換算値-8.1ドル差

6月30日ドル建て1318ドル、元建て281.48元、ドル建て換算値-2.4ドル差

7月1日ドル建て1324.6ドル、元建て282.5元、ドル建て換算値-6.0ドル差

7月4日ドル建て1344.4ドル、元建て286.71元、ドル建て換算値-8.8ドル差

7月5日ドル建て1352.65ドル、元建て289.6元、ドル建て換算値-4.05ドル差

7月6日ドル建て1368.75ドル、元建て293.6元、ドル建て換算値-5.00ドル差

7月7日ドル建て1370.9ドル、元建て294.55元、ドル建て換算値-3.3ドル差

7月8日ドル建て1358.15ドル、元建て291.22元、ドル建て換算値-5.75ドル差

7月11日ドル建て1366.5ドル、元建て293.88元、ドル建て換算値-1.8ドル差

7月12日ドル建て1354.15ドル、元建て291.82元、ドル建て換算値-0.55ドル差

7月13日ドル建て1332.7ドル、元建て287.3元、ドル建て換算値1.9ドル差

7月14日ドル建て1346.9ドル、元建て289.7元、ドル建て換算値-1.1ドル差

7月15日ドル建て1331.45ドル、元建て286.65元、ドル建て換算値+0.74ドル差

7月19日ドル建て1329.2ドル、元建て286.9元、ドル建て換算値-0.1ドル差

7月20日ドル建て1332.5ドル、元建て287.4元、ドル建て換算値±0.0ドル差

7月21日ドル建て1312.35ドル、元建て282.11元、ドル建て換算値+1.85ドル差

7月22日ドル建て1331.15ドル、元建て285.84元、ドル建て換算値+1.15ドル差

7月25日ドル建て1315.5ドル、元建て283.35元、ドル建て換算値+2.51ドル差

7月26日ドル建て1324.25ドル、元建て283.88元、ドル建て換算値-0.49ドル差

7月27日ドル建て1325ドル、元建て283.4元、ドル建て換算値+1.6ドル差

7月28日ドル建て1347.1ドル、元建て元、287.55ドル建て換算値+2.8ドル差

7月29日ドル建て1344.81ドル、元建て286.89元、ドル建て換算値+3.57ドル差

8月1日ドル建て1348.3ドル、元建て287.55元、ドル建て換算値-0.5ドル差

8月2日ドル建て1358.65ドル、元建て288.9元、ドル建て換算値-0.35ドル差

8月3日ドル建て1371.75ドル、元建て291.1元、ドル建て換算値+0.65ドル差

8月4日ドル建て1362.25ドル、元建て289.63元、ドル建て換算値-0.15ドル差

8月5日ドル建て1366.95ドル、元建て290.48元、ドル建て換算値+1.15ドル差

8月8日ドル建て1340.7ドル、元建て286.35元、ドル建て換算値+2.9ドル差

8月9日ドル建て1341.8ドル、元建て286.5元、ドル建て換算値+2.6ドル差

8月10日ドル建て1351.75ドル、元建て288元、ドル建て換算値+2.25ドル差

8月12日ドル建て1342.15ドル、元建て286.15元、ドル建て換算値+3.95ドル差

8月15日ドル建て1342.75ドル、元建て286.01元、ドル建て換算値+2.7ドル差

8月16日ドル建て1350.7ドル、元建て287.37元、ドル建て換算値+1.2ドル差

8月17日ドル建て1352.3ドル、元建て287.44元、ドル建て換算値+2.0ドル差

8月18日ドル建て1357.6ドル、元建て288.72元、ドル建て換算値+3.0ドル差

8月19日ドル建て1352.75ドル、元建て287.75元、ドル建て換算値+2.55ドル差

8月22日ドル建て1340.95ドル、元建て287.0元、ドル建て換算値+4.35ドル差

8月23日ドル建て1343.15ドル、元建て286.78元、ドル建て換算値+2.85ドル差

8月24日ドル建て1343.25ドル、元建て286.81元、ドル建て換算値1.95ドル差

8月25日ドル建て1329.3ドル、元建て284.71元、ドル建て換算値4.6ドル差

8月26日ドル建て1326.2ドル、元建て283.88元、ドル建て換算値2.38ドル差

8月29日ドル建て1320.25ドル、元建て283.64元、ドル建て換算値2.62ドル差

8月30日ドル建て1327.25ドル、元建て284.64元、ドル建て換算値2.32ドル差

8月31日ドル建て1314.55ドル、元建て284.65元、ドル建て換算値4.45ドル差

9月1日ドル建て1312.8ドル、元建て282.26元、ドル建て換算値4.5ドル差

9月2日ドル建て1318.35ドル、元建て282.55元、ドル建て換算値0.95ドル差

9月5日ドル建て1326.55ドル、元建て284378元、ドル建て換算値2.07ドル差

9月6日ドル建て1329.7ドル、元建て285.49元、ドル建て換算値2.7ドル差

9月7日ドル建て13546ドル、元建て289.52元、ドル建て換算値-0.1ドル差

9月8日ドル建て1350ドル、元建て288.57元、ドル建て換算値1.5ドル差

9月9日ドル建て1341.5ドル、元建て287.6元、ドル建て換算値2.6ドル差

9月12日ドル建て1332.25ドル、元建て286.4元、ドル建て換算値3.15ドル差

9月13日ドル建て1332.45ドル、元建て286.35元、ドル建て換算値2.75ドル差

9月14日ドル建て1321.95ドル、元建て284.39元、ドル建て換算値2.55ドル差

9月20日ドル建て1317.15ドル、元建て283.1元、ドル建て換算値1.15ドル差

9月21日ドル建て1318.35ドル、元建て283.41元、ドル建て換算値3.75ドル差

9月23日ドル建て1340.65ドル、元建て287.15元、ドル建て換算値0.15ドル差

価格上昇に一昨日との比較で上海プレミアムは縮小、上海市場での現物買いは弱まる内容です。

 

東京白金。東京白金市場は3400円台前半の水準です。

 一昨日、『日米の金融政策でネガティブ材料が無ければ上昇と考えます。』と書きましたが、結果は日銀の緩和強化策とFOMC

 白金自体も南ア鉱山会社の労使交渉の先行き不透明もあって上げやすいと考えます。

 現状は買い玉維持、買い方針継続。

 

石油製品

10月限は43ドル後半の水準です。

応援お願いします。押してください。↓お願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-23 07:17:10

日米金融政策明け、東京市場は?

テーマ:今日の市況

だんだん相場が複雑かつ、難解になっています。

 経済指標はどう判断すべきか、為替や他市場との関係性、またトレードのタイミングや建ち玉の管理など困っている方は多いと思います。

 12時45分~13時15分までは無料の相談時間とします。

 顧客の方が優先となりますが、手が空いている限りなんでも相談ください。

 0120-448-520(フリーダイヤル)中辻まで

 

にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

必ず押してください。アクセスが多いのに順位が落ちています。すみません。

 おはようございます。

注目の日米の金融政策は日銀が緩和強化策(変更策?)、米国は利上げ見送りとなりました。
日銀の決定事項は以下の通りです。
・マイナス金利0.1%維持(金融機関への配慮)
・フォワードガイダンスを強化(市場との対話)
・国債買い入れ、平均残存期間ルールを撤廃
・マネタリーベース年間80兆円増加の方針を維持
・マネタリーベース目標を撤回
・10年債が0%になるように国債を買い入れ
・イールドカーブ・コントロールを導入する。
・国債の購入、年間80兆円を目指しつつ、金利方針を実現するように運営
・今後の追加手段は短期金利引き下げ、長期金利目標の引き下げ、資産買い入れの拡大
・ETF買い入れ方針を見直す
・出来るだけ早期に物価2%を実現するとコミットメントを維持。
 要するに、量での緩和はいずれ限界が来るので金利を操作して金利での調整をし、今後は市場との対話は大事にしますとのことです。
 物価が安定的に2%を超えるまで緩和を継続するオーバーシュート型コミットメントを採用したのも評価できるでしょう。 
 ただ、一昨日の東京時間ではドル円でも1円以上円安も夕刻以降は米国の利上げ見送りもあって2円以上のドル安円高になりました。
 
FOMCでは利上げは見送りとなりました。
FOMC声明文は以下の通りです。
『(利上げは)更なる確証待つことに決定』
『将来の利上げの根拠は強まった』
『7対3で金利据え置きを決定』
『(投票権の無い各連銀も加えた)17人中14人が年内1回の利上げ支持』
『短期的な経済リスクはおおむねバランスが取れている』
『労働市場には堅調な雇用を伴う強さ』
『経済活動は年前半より向上』
 
またFOMCの金利予想は
2016年末のFF金利0.6%(6月時点は0.9%)
つまり、年内は利上げ1回の予想に変更。
2017年末のFF金利が1.1%(6月時点は1.6%)
つまり、年内の1回、来年は2回の利上げ予想に変更。
 
FOMCの声明文の発表後のイエレン議長の記者会見でも
『大きなリスクが無ければ年内に回利上げへ』と発言。
『近い将来に政策が後手に回るリスク』とも発言しており、利上げが遅れすぎることへの弊害にも言及しました。
また、『我々は非常に苦労してお互いの見解を理解した』と発言しています。
今回、利上げを主張したのは、ジョージ、メスター、ローゼングレンの各連銀総裁でした。
小生の予想はこれにフィッシャー副議長を加えた4名の利上げ予想でしたが、フィッシャー副議長は議長と副議長の意見が割れるのはまずいと譲歩したのでしょう。
イエレン議長の発言内容にも、利上げ支持派に配慮も見られますので。
大きなトラブルが無い限り、12月の利上げの可能性は非常に高いでしょう。
 
 大きなイベントの日米の金融政策の発表が通過しました。
 日銀はゼロ回答ではなく、米国の利上げ見送り、今回は予想が当たったとみなしてください。
 ただ、誤算は昨日進み過ぎた円高。
 昨日は休日にもかかわらず、財務相、金融庁、日銀が円高けん制もあって会合を開きました。
 市場では円高予想が多いようですが、年内の米利上げは1回はされる可能性が高いこと、資源国通貨は上昇しており、円高ではなくドル安の動きであり、更なる大幅な円高も無いでしょう。

 

              各銘柄については下記で。
 

   経済指標はこちら(クリックで開きます)で確認してください。

 

 為替市場下記の通りです。

 ドル円101円70銭台

 ユーロ円112円90銭台

 豪ドル円77円00銭台。

 
<貴金属>NY金12月限は二日間で13.2ドル高、13.3ドル高の1344.7ドル、換算値は10円安です。
一昨日の東京金時間外市場は下落して始まり、一時4273円(-52円)まで下落し、4295(-30円)で引けました。
 一昨日のFOMCでは米国の利上げは見送られました。
 市場ではドル安が進行、米債券市場は買われ、金利は低下しています。
 ドル建て金市場は二日間13ドルずつ続伸しており、ドル安と金利上昇が上げ要因になっています。
 上記でもFOMC委員の金利の見通しを掲載しましたが、前回の年2回の利上げ見通しを引き下げ、来年の利上げも従来の3回から2回に減少しました。
 つまり、この3ヶ月で利上げの回数の見通しを2回減らした米Fed、市場の利上げ見通しに近づけた感は否めませんが、利上げが少ないことは金市場には上昇要因です。
 ここまで早期利上げや年内2回利上げを少し警戒しての下げもありましたが、ドル安、金利の低下を追い風にドル建て市場は再び1300ドル台後半、1400ドルをリトライする動きでしょう。
 現状は買い方針継続で。

 

 NY白金10月限は17.0ドル高、14.9ドル高の1062.8ドル、換算値は5円安です。
一昨日の東京白金時間外市場は下落して始まり、一時3380円(-45円)まで下落し、3412(-13円)で引けました。
 米国の利上げ見送り、ドル安や金利の低下、原油の上昇など、ドル建て市場の上昇要因は揃いました。
 東京市場は円高や一昨日に大幅に円安もあって先行して上昇していた反動もあって換算値は小幅に下げですが、南アランドの上昇や他の貴金属市場の上昇を、勘案すればかなり割安と言えるでしょう。

 南アフリカ鉱山での労使協議は不透明で今後の上昇要因になる可能性はあるでしょう。

 買い方針継続で。

 

<原油>NY原油⑨46ドル近辺です。

 在庫減少が下げ要因です

 40~50ドルのレンジ継続?

  

<ハンターポイント>

 米国の利上げ見送りは貴金属市場には上昇要因でしょう。

もっと読みやすいブログにします

ぽちっと手間かけますが、押してくださいお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 
先物取引ブログ 商品先物へ



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 15:38:39

夕刻の更新が出来ないことについて

テーマ:お知らせ

新システムに以降後、取引所は正確な売買データの提供をしていません。

 

カテゴリー別取組高表(6分類)を見てもらっても、売り買いの取組枚数が違うとが馬鹿にしすぎた内容を公表しています。

 

現状では読者の方にお届けできるデータは無く、現状は取引所に改善を求めています。

皆様も声を大にして、取引所に正確なデータの提供をするようにいってください。

 

しばらくは夕刻の更新は休止ですが、内容を変更しての更新も検討します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。