「わとや」から始まる里山・田舎暮らし~持続可能な場作りを目指して~

千葉県夷隅郡大多喜町で休耕田を開墾し、古民家を補修・再生しながらゲストハウスを運営するために奮闘中!持続可能な暮らしを目指す日々を綴ります。


テーマ:

今日の写真はこれ!

ども カズです。

 

土台づくりも終わり

 

ようやく組み立てに入っていきます。

まずは天井の高さに合わせて

 

柱になる105mmの角材をノコギリで切っていき

 

順番に柱を立て固定していきます。

柱を立てたら

 

次は梁と桁を設置していきます。

 

組んでは水平器を当て、水平かどうかを確認しながら

 

進めて行きました。

今回は梁や桁などは

 

受け金具を使い固定していくため

 

作業は割と簡単に進みます。

大体いつも気が付くと日暮れ時

 

朝から始まる作業は日没とともに終了するという毎日

 

お客さんが少ないこの時期だからこそ出来る作業

 

楽しい==!!

 

確実に進んでますね^^

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の写真はこれ!

ども カズです。

 

解体が無事に終わり

 

いよいよこれから土台づくりに入ります。

 

本来なら基礎づくりから必要になるところですが

 

ここにはもともと基礎の上に物置が設置されていたため

 

その必要がないのです。

 

基礎づくりが無いのはありがたい!

 

楽ですもんね。

 

といことでまずは振動ドリルを使い

 

基礎のコンクリートブロックに穴を開けていきます。

基礎に土台を固定するため

 

この穴にグリップアンカーを使い

 

メスネジを意図的に作るのである。

このグリップアンカーのサイズはM12

 

下穴のサイズは18mm

 

56mmの下穴を開けて上記のように仕込む

こんな感じか。

 

またはちょっと深すぎたかも・・。

仕込んだ後に

 

打ち込み棒を当て

 

その上からハンマーでたたく!

 

ある一定の場所まで打ち込むと音が変わり

 

打ち込む時の手に伝わる感触が変わって

 

しっかり打ち込めたことを確認するのだ。

打ち込みが完了の図!

続いては

 

仕込んだグリップアンカーに合うM12の全ネジを

 

1本20CMに切っていく。

切った全ネジをご覧のように

 

グリップアンカーを仕込んだ部分に合わせていく。

105mmの角材に15mmの穴を

 

位置を合わせながら開けていき

 

基礎の上に設置して

 

座金とナットで固定していく。

 

そんな作業を続けてようやく土台づくりが終了した。

 

ここまで来れば次回からは

 

柱を建てる作業に入っていくよ。

 

やっぱり基礎が出来ているというのは

 

とっても楽ちんだね。

 

意外と早く完成するかも!

 

楽しみ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の写真はこれ!

ども カズです。

 

毎年この頃になると同じ内容の記事をアップしてますが

 

今年も間違いなく事が起こりました。

 

ご覧の写真はヤマアカガエルの交尾です。

この地域では毎年

 

立春を過ぎてから初めて雨が降った翌日に

 

このヤマアカガエルの産卵が始まると言われています。

 

それが今日でした。

昨夜雨が降った事で

 

間違なく今日産卵が始まると考えた僕は

 

宿泊したお客様を送り出した後

 

準備をして田んぼへ向かいました。

 

到着して上空を見てみると

 

既にトンビが数羽旋回していて

 

産卵がもう始まっている事を確信した。

川を渡り田んぼへ足を踏み入れると

 

思った通りヤマアカガエルの鳴き声が響いていて

 

沢山の個体が重なり合っていた。

 

そして水たまりには沢山の卵が産み落とされている。

日本で一番早く産卵を始めると言われている

 

ヤマアカガエルは一度このタイミングで

 

冬眠から目覚め

 

産卵を終えるとまた冬眠に入る。

 

鳴き声が響き、沢山のカエルがいる上空では

 

どれにしようかなとばかりにトンビが旋回しながら

 

狙っているのだ。

そしてこの営みは先にも書いた通り

 

立春を迎えた後の

 

最初に雨が降った翌日に起こるのだ。

 

カレンダーをめくる訳でもなし

 

時計を腕にはめている訳でもなし

 

昔から受けつがれ、脈々と続いている営みは

 

おそらくDNAレベルで体内に刻まれているのだろうね。

 

来年はちょっと予め皆に告知して

 

見学しに行っても良いかなと考えています。

 

ただし、最初に雨が降るのがいつなのか・・・

 

だから間際にならないとわからないね。

 

来年も楽しみ!!

 

豊かなこの土地に感謝しましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の写真はこれ!

ども カズです。

 

前回に引き続き物置の解体ですね。

 

手で持てるサイズになるように

 

グラインダーを使ってどんどん切っていきます。

切ったものは運び出して

 

鉄くず屋さんに回収してもらう^^

 

これで結構きれいになったように見えるけど

 

もうちょっと

さて何が変わったかわかりますか~。

 

基礎の上に乗っていた物置の土台部分を

 

取り外しました。

 

これで物置の解体は終了!

あとは薪を片付けて~

 

ゴミを掃除して~

 

きれいになりました^^

 

ご覧の通りの基礎部分はこのまま使うので

 

物置の解体収量は、

 

ある意味、基礎工事の終了を意味しています^^

これから木材を使いながら

 

土台、柱など組み上げていきます!

 

楽しみですね~。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の写真はこれ!

ども カズです。

 

毎日寒い日が続いていますが

 

わとやでは、いよいよ東屋づくりがスタートしました。

一番最初の作業は解体から!

 

写真に写っているのはわとやの中庭に

 

建っていた物置です。

初めからこの物置には違和感を感じていて

 

いつかこの場所には東屋を建てて

 

この中にキッチンスペースを作りたいと

 

考えていましたが

 

ようやく実行に移す時が来ました。

そして東屋を建てるには

 

この躯体を解体しなけれいけないという事で

 

ロープの端を躯体にかけて

 

もう一方の端を車に繋ぎ

 

テンションがかかる程度に引っ張りながら

はじめに6本ある柱のうち

 

真ん中の2本をグラインダーでカットし

 

その後、前方の2本、後方の2本の順で

 

写真のように一部を残してカットし

車のエンジンをかけて

 

進行方向に向けて動き出す。

考えていたよりもあっけなく躯体は倒れ

 

ここからはグラインダーをフル活用し

 

屋根部分を1枚ずつ取り外していく

昨年末に大きな怪我をした事もあって

 

機械を使うにはしっかり注意を払い

 

少しずつ作業を進めて行く。

作業開始が午前10時頃

 

ここまで解体を終えたのが午後4時

 

本来なら昨年中には済ませておきたかった作業だけど

 

怪我のおかげでこのタイミングになってしまた。

 

1か月は遅れているけど

 

ここからピッチを上げながら

 

感じの良い東屋を作って行こうと思う。

 

解体はまだもう少し続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。