オーダーメードの片づけであなたの暮らしを変える 

新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

 

今日は長岡市シルバー人材センターの会員の方対象に

片づけ整理講座 「60才からの家の片づけ方」 のタイトルでお話ししてきました。

 

その中で

「夫が捨てられないタイプです。どうしたらいいでしょうか?」という質問をいただきました。

この質問は、よく聞かれます。

 

捨てられないものは、それぞれ違います。

書籍・洋服・親のモノ・フィギュア・漫画・学生時代の教科書・・・

 

事情もそれぞれ違いますが、私の家の話・・・参考になるでしょうか?

↓昨日の講座でも、夫の着ていないTシャツを使いました(役に立ってる(^^;)

 

①「捨てなきゃ」とか「捨てちゃうよ」といった言葉は、逆効果。

ますます「捨てないよ」と意固地になる可能性があります

 

②なんで、捨てさせたいのか・・・まず、自分に問いかけてみてください。

 

・・・実は私の夫もこのタイプ。私が気になるのは、洋服です。

・・・同じような洋服が何着も・・どれも安い物・・・

・・・自分が持っている服を把握できていないから、同じものを買ってしまうのだと思います。

・・・安い服でも、お金の無駄遣い・・だから、数を減らして欲しいと私は思います。

・・・量より質の年齢では?とも思います。

 

③ご主人は、何で捨てたくないのか聞いて見てください。

○○させようと思わないで、素直に聞いて見てください。

 

・・・私の夫の言い分

・「おしゃれだから」とおっしゃいます((-_-;))

 とっかえひっかえ着て楽しみたい・・・・・それはいいと思います。

・「買い物が好き。安いから、色違い・柄違いで2枚買ってしまう」・・・なるほど・・

・「着てみて気に入らないと二度と着ない。これは処分してもいいかなぁ」

 

④一緒に動かして、何があるか見てみない?と声をかけてみてください。

 

「絶対捨てないから、ちょっと何があるか見てみよう」と何があるか一緒に確認してみる

動かして見ると、大事にとってあるつもりでも、傷んでいたり、虫が喰っていたり、

思っていた状態とは違う場合もあります。

 

私の場合・・・

夫に自分の服の量を自覚してもらうために、私の服を、今まで一緒に使っていたクローゼットから、独立した子供室のクロ―ゼットに移動しました。

私の服は、子供室のクローゼットにあるだけ。

夫の服は、もう一人の子供室、寝室クローゼット、納戸、玄関のクローゼットにぎっしり。

私の服の10倍はありました。

 

・・・この効果が出てきたのは、約半年後でした。

少しずつ、着ない洋服をリサイクルショップに持ち込むようになりました。

ただ処分するのは嫌なようです。

お金に変わること、リサイクルになることが新鮮だったようです。

 

本人は、服の収納場所を分けた効果ではないと言っていますが、

全体量を把握できたのは確かだと思います。

 

今日、また夫に聞いてみました。

私「着ないけど、取ってある服があるよねー」

夫「作業する時とか着るかもしれないから」

私「全部着るかなぁ?」

夫「着ないな、確かに・・。でも、整理する機会がないなー」

 ということで、こんな風に一緒に分類してみることになりました。

 

私が気になるものは、洋服だけではないのですが、

それは、価値観の相違なので、口は出さないことにしています。

多分、向こうにも、理解できない私の行動がたくさんあると思いますので(^^;

 

話してみることをお勧めします。へーーー!そういう価値観でモノを選んでるのねー

と、意外な話が聞けます。そうすれば、歩み寄るポイントも見つけられます。

 

私の家も発展途上です。

今のところ、洋服以外は口を出さず、私は自分のものを、10年後の快適な生活に向けて

見直しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★7月30日(日) AM10:00~ in 長岡市まちなかキャンパス 

  ライフオーガナイズ入門講座 

 

★8月23日(水)午前・午後  in オオタキクラフト

 

片づけサロン 家族に優しい片づけ

------------------------------------------------------

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村
 
  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

AD