太田正孝 オフィシャルブログ「ハマッ子の眼」Powered by Ameba

太田正孝 オフィシャルブログ「ハマッ子の眼」Powered by Ameba







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-10-09 19:04:09

林市長の違法な行政が市民に損害を与えてる

テーマ:ブログ

林市長の違法な行政が市民に損害を与えてる

投稿者:
太田正孝
投稿日:2013年10月 9日(水)06時40分6秒


● 体育協会などに対する違法土地貸付等等について討論致しました。

  
http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=3524

この十月までに是正されないときは・・・市長に損害を賠償させます。
太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-09-14 08:51:03

不正行為はお止めください

テーマ:ブログ
● 林市長の不正行為・・昨日の太田の議会質問から

港に関係する業者の連絡協議会のような団体で「横浜港運協会」というのがあります。
この代表は有名な藤木企業会長の藤木幸夫さんです。

その任意団体の港運協会が、
23年7月に、市長の後援会に100万円の政治献金をしました。
その一ヶ月後には、その政治献金は迂回して、林市長自身が代表を務める団体に
入金され、市長の懐に入りました。

それから何ヶ月もたたないのに、市長はこの港運協会に「随意契約」で下水道汚泥
焼却灰のコンテナ購入・搬入の仕事を請け負わせて、この二年間で12億5千万円
もの仕事をさせております。

コンテナを購入し、それを汚泥処理場に運び、そのコンテナに、袋に詰めた焼却灰
を詰めるだけの単純作業です。
この様な作業をこなせる業者は沢山あリますから、その仕事をさせるのには、法の
さだめから・・・競争入札による業者選定でなければなりません。
この随意契約は・・地方自治法に明確に違反しております。
なんと、
この港運協会は「任意団体」であり、業者でもなく、コンテナ輸送の車両
ひとつも所有してはいない団体なのです。

市長はこの協会に仕事出すにあたって、業者選定委員会を開催しましたが
この協会が適任である旨のウソの調書を作り、世間を騙しています。
その行為はきわめて悪質で、犯罪とも言える行為です。

市長は、法に違反して、この政治献金100万円をくれた協会に「随意契約」で
高額な仕事をさせ、莫大な利益を与えている・・・・・・・
こんなことをしたら、100万円は「賄賂」と疑われます。

市長の不正行為は、追求されなければなりません。

林市長は、体育協会にも不正にも、市の土地を「無償貸付」して、
その協会に莫大な不当利益を与えており、その額は数億円にのぼります。

その体育協会の名誉会長も藤木さんでありますが、違法行為は許されず
市長にはその損害を賠償させなければなりません。

早晩、監査請求がなされ、市長に対して、損害賠償を求める事になります。

市民の財産を私する悪事を・・・許してはなりません。




太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-07-20 07:58:09

許してはなりません・・・・林市長らの背任事件

テーマ:ブログ
● 霧が丘の件、誹謗文書配布の件

1)霧が丘の事件は

単なる「行政手続の間違い」ではありません。

林市長以下横浜市の幹部が違法事案であることを承知で、しかも異常な格安価格で
横浜市の小学校跡地を不動産業者に売り渡そうとした「刑事事件」とも言える背任
事件なのです。

住民が民事告発した際、まだ、違法性が暴露されておりませんでしたから、
その訴訟を実際に受けてたった財政局長らは、業者選定委員会の合法性を
唱えて、「何が問題なんだ」と裁判所で抗弁しています。

問題があることは違法行為者の柏崎財政局長も、
法律の専門家であり、行政関係法・・地方自治法に精通した
横浜市顧問弁護士栗田が十分に承知していたし
弁護士栗田は違法の事実を知っていなければならない立場でした。

それらが、市民の税金を使って応訴して、市民を裏切り
「正い行政」をお願いしている原告住民を愚弄し、
裁判所の答弁書の中で、嘘をついて、「行政が正しく、住民は間違っている」と
抗弁し、いまなお「原告に謝罪する必要なし」と抵抗しているのですから
許しがたい事だと、私は思っております。

既に私が申し上げたとおり、本件につき、深く反省して、原告に謝罪するように
大場茂美副市長に進言したところ,大場氏はこれにつき「検討する」と約束した
のですが、その舌の根が乾かないうちに、
林文子市長代理人弁護士栗田を通して住民側弁護士に
「原告には謝罪しない・・この決定は大場副市長と柏崎局長の意思だ」と
通告してきたのでした。

横浜市を相手どった訴訟です。
ところが、実際に横浜市側で裁判を主導しているのは
犯罪的行為を行った張本人の柏崎局長なんですから、
しかも、市民の税金を使っての理由なき抗弁ですから、
全く許せないのです。

速やかに原告住民に対して、横浜市として「謝罪すべき」ことです。

私は林市長にこのことを強く求めます。
これが入れられない時は・・・
さらに、大きく問題は発展し、深刻さを増すでしょう。

2)誹謗文書配布事件の事実は、

既にこのブログに述べました。

私が述べた事は、全て真実です。

この事件も、実行者は既に「事実を認めて謝罪」しておりますが
まだ副市長らは「けじめをつける」と言っていながら、
けじめがついていません。

霧が丘事件同様に、実行犯に、実行を指示した高級幹部が存在する可能性があります。
さらに、驚いたことには
この事件に関係した者が、「実行犯を処罰するな!」と、
けじめをつけると約束した副市長を脅し、それがために副市長は
「けじめをつけることを躊躇」している・・・と仄聞してます。

その「脅したもの」が、市の請負仕事受注をちらつかして、
現金220万円をだまし取っかどで、
刑事告発されたという情報までもたらされていますから
市庁舎は悪臭に満ち溢れているといっても言い過ぎではないようです。

とんでもないことが明らかになってきております。
刑事事件に発展すれば、
いずれ、横浜市を取り巻くそれら疑惑も明かされるでしょう。

今日的には、

「この事件の最高責任者は市長ではない
 議会事務局の事件だから、監督責任は議長にあるのであって市長にはない!」と
 市最高幹部公務員は市庁舎内外に言いふらし、
 責任逃れに、全ての責任を議長に押し付けようとしています

この誹謗中傷事件は「佳境」に入りつつあります。

反省の色なく「けじめ」がつかなければ、刑事事件になります。
刑事事件として当局に訴えが受理されたら、
弁護士同道して記者会見が開かれる事になります。

市長らは、責任を取って「けじめ」をつけることです

この事件の太田側と弁護士との打合せは、22日・月曜日10時に行われます。
太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-07-17 12:30:05

横浜市の悪事を正せ

テーマ:ブログ

請願する

投稿者:M機関・諏訪大基


                         平成25年7月  日

横浜市議会議長 さま

         横浜市磯子区岡村6-5-55
         一般財団法人 横浜自由倶楽部
          理事長   安井治美
                  

          紹介議員    太田正孝



● 霧が丘小学校を不正に売却しようとした事件の裁  

  判費用の支払いを悪事を行った者たちに支払わせ

  るべきであるから、この段、請願する

霧が丘小学校を不正に売却しようとした事件の裁判費用着手金として、
横浜市は
市民の税金で525000円も栗田弁護士に支払っている。

その弁護士を使って、違法なことを行いながら、
林市長は、違法ではないと裁判の中で申し開きをしてきたのである。

この裁判は、違法を阻止するために、霧が丘住民がカンパしあって訴訟に及んだ
もので、すでに、霧が丘小学校売却は違法であると監査結果も出ているのだ

だから、横浜市は、違法事件を起こして、訴えられて、その違法案件の申し開きに
着手金だけで525000円も支払い、あと少しで裁判が終わったら、さらに
追加費用を栗田弁護士に請求され、それも市民の税金で支払う事になるのだ
誠に遺憾であるといえる

くどいようだが、違法なことをやったのは横浜市の幹部であり、財政局長である

そうした違法なことをやったものが、裁判費用も出さず、一銭も負担しないで
違法なことをされた市民に裁判費用を負担させているし、おまけに驚いたことに
なんの処分もされず、責任も取らされず、
のうのうと今も、市の重職についているのだ。

こんなことが許されるのか

市民の生命財産を守るべき人間が、悪いことして、裁判になって、
悪いのに悪くないと言い張るために、弁護士を雇い、
その弁護士は、法律家なら「悪いか悪くないか」ということぐらいはわかるのに、
悪くないと言い張ってウソをついてまで・・
市民の悪を正す気持ちを傷つけ虐げ、冒涜しているのである。

なんという悪事であろうか?
そんなことをしていながら、この8月にはまた市長として再任されんとする
林市長に対して、何らかの行動を起こさなければならない。

裁判に訴えた市民原告は、裁判終了に当たって市長に謝罪を求めている

それについて、財政局長と副市長の名のもとに、この二人は市長でもないのに
謝罪を拒む公文書を原告市民に送り付けて、カエルに小便の顔をしているのだ。

悪質な弁護士である、
悪質な財政局長である。

今の世は
悪いことをされて、訴訟まで起こさなければご政道を正せないのか!
悪いことをされたものがなぜそれを正すのに費用を負担させられるのだ

市長には
猛省を促したいし、何らかの責任を取っていただきたいものである

我々は、
このままこの横浜市の状況を見過ごしていたらいけないと思うのである

横浜市議会は、市長らに対してこの事実について抗議し、
市長・財政局長らに責任を取るよう勧告されたい



請願する

投稿者:
M機関・諏訪大基
投稿日:2013年 7月17日(水)12時25分40秒





太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-07-13 20:06:59

宝塚市役所放火事件~横浜でも起きる可能性

テーマ:ブログ

宝塚市役所放火事件~横浜でも起きる可能性

投稿者:
太田正孝
投稿日:2013年 7月13日(土)20時04分44秒


● 税金の滞納と差押が生む軋轢

宝塚市役所の事件を見て、横浜でも起きて不思議でないように思います。

税金滞納にはいろいろ事情があります。情状酌量して、
何らかの猶予・配慮をしてあげなければならない事例もたくさんありますが
職員とのいさかいで、
つい職員も感情的になって、差押を強行したりする事例もあります。

先日相談がった事例では、事情があって固定資産税を滞納していた方が給与を
差し押さえられ、生活できず、職場にも居ずらくなって、転勤したら、
またその転勤先の給与を差し押さえにかかったという事例が横浜でもありました。

追い詰められた方が相談にこられたから良かったのですが、間違ったら、この横浜
で、宝塚市の事件が起きたでしょう

職員と滞納者の感情の行き違いで、滞納者は分割を希望していたのですが
職員はそれを拒否・差し押さえを強行したことから、危機一発になったのです

私と職員の上司が中に入って、分割を認めていただいて、収まったのですが
給与の差し押さえで職場を追われ、転勤先でもそれをやられたら、宝塚では
ないけれど、「俺の人生をめちゃくちゃにしやがって」と、事件に発展したでしょう

宝塚の場合も、職員と滞納者の感情のもつれもあって、10万円以下の滞納に
滞納者の生活の全部を支える預金を差し押さえて、預金が下ろせなくなった
事が「俺の生活をめちゃくちゃにしやがって」ということになったのでしょう

犯罪は憎むべきものですが、つい先ごろ横浜で、私が関わった事案から
なんとも、犯人に「なんとか別の解決方法がなかったものか」と、

太田が宝塚の市会議員で、相談に乗ることができたら、
こんな事にはならなかっただろうと、させなかっただろうと
同情を禁じえません

横浜の滞納整理部門と職員に対しても、今回の事件は「警告」になりましょう

私は、注意を喚起したいです。温情も、時には必要です。
滞納される方にも、いろいろ・さまざま、事情があるものです


太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-06-04 07:05:33

でたらめだったY150開港博・市長は、違法な支出をやめよ

テーマ:ブログ

でたらめだったY150開国博・市長は、違法な支出をやめよ

投稿者:太田正孝 投稿日:[ここに投稿日時が入ります]

<太田正孝議会討論>

皆様・・討論をお聞きください。

市長は違法な支出をしてはなりません。
http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=94509&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB

太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-05-31 08:46:14

市長問責決議

テーマ:ブログ

橋下自身が米海兵隊に女性の「利用」を勧めた事実について、国民や女性に謝罪しないのはどうして



おかしいではないか?

橋下自身が米海兵隊に女性の「利用」を勧めた事実について、米軍と米国に謝罪して
日本国民や世界中の女性に・沖縄の女性に謝罪しないのはどうしてか?

昨日、横浜市議会でも、橋下を問責する抗議文の採択を求める文案が、議会運営委員会にかかったが、取りやめになりました。

大阪市議会だけでなく、日本中が、橋下を問責すべきです。
太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-05-27 07:02:10

太田正孝掲示板の投稿に答えて・・・橋下問題

テーマ:ブログ

現場を抑えられない限り、犯罪ではないのです

投稿者:
太田正孝
投稿日:2013年 5月27日(月)06時58分31秒


● (無題) 投稿者:千島 さま

いいえ!そうではありません。

事実として、慰安婦集団が存在して、それは軍の要請もあったでしょうが、その当時の実情
として、民間による慰安所が、民間商売として設けられたのでしょう。

戦後も、赤線地帯があったように・・・・・

その慰安婦を募集するにあたって、人身売買によって、騙して、強制的に売春社会に女性を
取り込むといったようなことが行われたと推測されます。
今でも、暴力団によて行われておりますから、当時はきっとあったでしょう

軍や政府がそれをやったという証拠はなかなか出てこないでしょう。
軍や政府が要請しなくとも、そういう売春組織は当時存在していたからです。
軍は、慰安婦を戦地に送り届ける手伝いはしたはずです。
軍による劇団部隊が、軍艦で送り届けられ、戦地の兵隊を慰めたように・・・・・

慰安婦問題・・その強制連行等等、今訴えられている問題は、民間主導で行われたもので
強制的連行と慰安婦強要があったとしたら、現実的にそれがあったと訴えている女性がいま
すが・・・それは、当時の民間売春組織の仕事であったと推定されます。

軍や政府が、女性を拉致して、慰安婦を作れと命令しなくても、民間で行われていました。

女性の人身売買や、良い仕事があると騙して売春婦にさせることは、今でも事件として
起きている事ですから、容易に「そいうことはあったのではないか」と想定できます。

政府や橋下が「軍や政府がやったという証拠はない」と言っておりますが、軍は、政府は
終戦時に、各種公文書を償却していますから、もし残っていたら「慰安婦を送れ」とか、
「衛生処理の必要有り」とかの慰安婦派遣要請等の文書はあったと思います。

兵士の衛生処理問題は、当時の各国の問題の一つです・・・今もそうでしょうが。

しかしさすがに「強制連行してまで連れて来い」という文書はないでしょう。
あってもすぐに焼却されていたでしょう・・流石にそれは軍律違反行為でしょうから

そんなことを言わなくても、慰安婦は、当時、必要なところにはあって、必要なところに
出張していったものです。そういう商売人が、多数いたのですから、しかも、存在は合法で
したから・・・・・

難しい問題です。
韓国から来た元慰安婦たちには何らかの手当をすべきでしょう
事実、慰安婦にされていたなら・・・
自分は慰安婦をしていたというだけでも、彼女らは、命懸けです。

パチンコ屋を例にとっても、あの景品買い・・パチンコ獲得物資と現金の引換・・・は
本来、脱法的金銭ギャンブルの証拠であり、犯罪ですが、今は、パチンコ屋と景品買い屋は
別であり、その景品を、景品買い屋が買って、再度パチンコ屋に売っている・・
そういうことになっています・・・だから合法なんです。

当時の慰安婦と軍の関係も、今のパチンコ屋同様だったでしょう

ヘルスも、タッチしたり、マッサージしたりしているだけです・・ということになっており
現場を抑えられない限り、犯罪ではないのです。

そういうことを知りながら、容認しながら、風俗街で、見つからないようにやったら良い
と、あからさまに米軍司令官に勧めたのが橋下発言でした。
だから「司令官は凍りついた」のですし、米外務省が「橋下は異常だ」と言ったのです。

橋下の言うような「誤解でも・・英語力の問題」ではないのです。
自分に都合悪くなって、そう言って、世間や米国を、騙そうとして、ごまかしております。

市長として、政治家として、あるまじき行為であり、謝罪では済まないのです。



太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-04-17 07:45:02

  封印していた過去の悪事を暴く [立花を危機管理監に任命した林市長の誤り]

テーマ:ブログ

● 市民を殺すことになる間違った防災計画を立て・林市政を誤らせた横浜市防災責任者「立花危機管理監」

投稿者:
太田正孝
投稿日:2013年 4月17日(水)07時42分15秒


● 立花を危機管理監に任命した林市長の誤り

     封印していた過去の悪事を暴く

< その1・老婆の遺言を悪用して我田引水を図る悪事 >

少し前、立花危機管理監は健康福祉局長をつとめておりました。

老婆が、某弁護士を遺言執行者に指名して、億という莫大な財産を「横浜市」に寄付すると
言って亡くなったことがありました。

億という寄付金は、決まりによって議会に報告されて、市の予算に組み入れられることに
なったのですが、どういうわけか、「寄附受納と同時に社会福祉法人に再寄付」されると
いう予算案が議会に提出されたのであります。

この予算案の首謀者は立花健康福祉局長でありました。

太田正孝は馬鹿ではありません。
太田はすぐに、その怪しいやり方に気づきました。

老婆は遺言で「市のお役にたてて欲しい」と市に寄付したのに、なんで、即日、民間の
社会福祉法人に寄付されなければならないのであろうか?
そのような行為は、老婆の遺言に反する行為であるし、横浜市に損害を与える行為でも
あるからでした。

担当の役人を呼んで事情を聞いたところ、

役人は「確かに老婆は・・横浜市に寄付すると遺言したのですが、遺言執行者の弁護士の
了解を得て、社会福祉法人に再寄付するように立花局長から指示を受けています」と、
答えたのであります。

私が、怪しい予算案に気づいた点は以下の通りでした。

遺言者の老婆は

1)横浜市のお役にたてて欲しいと、億を超えるお金を市に寄付した事

2)寄付されたお金は、予算案で見ると「市に寄付され」るが、それは紙の上だけで
  実際には老婆の遺産管理する弁護士某口座から直接、社会福祉法人に支払われること

3)遺言執行者の了解を得て、遺産は社会福祉法人に支払われると、役人が言っている事
  と、そのような行為と経緯は、役人が言っているとおりであったこと

4)遺言書には「遺産を市にを寄付する」とあるだけで、遺言執行者弁護士某に、
  それ以上のことを指示していない事実があること

5)遺言執行者の某弁護士は、老婆の遺言を確実に執行する・・
  すなわち、市に「老婆の遺産を寄付する」という行為だけを行うこと出来るだけで、
  市に寄付した後に「社会福祉法人に再寄付する」ように口を挟んだり、そのことを
  了解をしたりする権限がないこと

でありました。

太田は、このような行為は、老婆の遺言に逆らう悪事であり、
詐欺事件の匂いを感じたのであります。

太田はすぐに、この再寄付される社会福祉法人と立花局長(現・危機管理監)と某弁護士
との関係を疑いました。

調べてみると図星で、
立花局長はその、億という寄付金を回そうとした社会福祉法人の理事であり、
老婆の遺言執行人の某弁護士もまた、この社会福祉法人の理事であり、
この社会福祉法人が、老人たちの相談を行う窓口である「安心センター」の最高責任者であり、
弁護士顧問でもあったのです。

この事件は、

立花局長と遺言執行者の某弁護士が「共謀」して、

1)某が老婆の遺言執行者であること
2)立花が、市に寄付された億というお金を、民間に再寄付しようと企画できる横浜市の
  責任職職員であること

を良いことに、

横浜市を騙し、遺言者の意思を裏切り、遺言されてもいない事実をでっち上げ
両人が理事を務める社会福祉法人に利を与えんとした謀略・・詐欺的事件でありました。


数年前の事件ですが、太田は、この事件を明るみに出さなかったのは、
「横浜市福祉基金」という制度を横浜市に新設させるという果実を得たことと、
副市長らの謝罪があった事からでした。

その後、一度退職した立花が、危機管理監に任命されましたが、この時も、信頼する副市長から、
頭を下げられ、承諾はしませんでしたが黙認しました。

今考えれば、この、黙認は、太田正孝の大きな過ちでありました。
悪事を働くものに、良い仕事が出来るはずがないのです。

結果
立花危機管理監は、でたらめな「横浜市防災計画」を立て、市長はこれを信用して市民に
発表しておりますが、この防災計画は「市民を死に追いやる」計画であり、容認できない
こととなっております。
私は、己の曖昧さを恥じ、深く反省し、挽回しなければならないと思っております。

立花危機管理監の、即時退任を求めます。
太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2013-04-16 07:47:30

この裏切りを許してはなりません

テーマ:ブログ

許せない「横浜市民の敵」の「悪行」

投稿者:太田正孝 投稿日:[ここに投稿日時が入ります]

● 横浜市職員OB 17人に退職金1522万円 投稿者:釣り人さま

この事件は、この太田正孝のブログで告発されたものです。

事件が明るみに出て「退職金は支払わないが、退職慰労金を支払う」といったような
ごまかしの退職金支払い規定も、太田によって暴露されました。

その後、違反行為でも、現に退職金支払い規定が存在する以上、
この3月で退職する職員には、支払わざるを得ないというのが、
林文子市長の、さらなるごまかしの言い逃れだったのです。
その言い逃れによって、この度の報道による退職金が支払われました。

1522万円もです。
天下り先に一年在職する毎に一ヶ月分いただくというのがこの退職慰労金でした。

一度たくさんもの、市からの退職金をもらって天下った職員には、その天下り先では
二度目の退職金は支払わないと言明していた市長ですが、実際には、二度どころか、
三度も支払っておりました、これについては過去のブログ記事をご覧下さい。

このお金は、みんな市民の税金です。

今後、このような外郭団体は、このままで存続させてはなりません。
このような「だましのテクニック」で、市民を騙した市長もろともに、この横浜から追放
しなければならないものです。

この違法行為を率先して行い、此の度のミサイル発射ご報道をも行った立花危機管理監は
ついこの前まで、この建築保全公社に天下っており、この、退職金を天下りOBに支払っては
ならないという市の指導に抵抗し、指導に違反して、退職金はダメでも、
退職慰労金なら構わないとしていた張本人なのです。

市長は、市民には「退職金は二度も三度も支払わせない」と言いながら、自分の愛する部下
である立花・当時保全公社理事長の悪行を見て見ぬふりをし、その挙句、危機管理監などと
大層な役職を与えて、でたらめな「地震防災計画」を作らせております。

太田正孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み