奈良市の東大寺法華堂で9日、仏像を安置する須弥壇(しゅみだん)の修理に伴い、四天王立像(国宝)のうち、持国天像と増長天像が搬出された。四天王立像が法華堂を出るのは第二次大戦中に疎開した時以来、約65年ぶり。

 2体の仏像はいずれも奈良時代の脱活乾漆造で、高さ約3メートル、重さ約120キロ。作業は午前8時から始まり、薄紙や白い布で包んで木の枠に入れられた仏像が、4トントラックに慎重に載せられた。トラックは時速約15キロで奈良公園内を約1.5キロ走り、南西にある奈良国立博物館の文化財保存修理所に到着した。

 須弥壇は約3年かけて修理し、8月1日からは堂内に残る7体の拝観を再開する予定。【花澤茂人】

【関連ニュース】
<関連記事>日本の世界遺産:東大寺、姫路城など
<関連記事>5月27日に東大寺で開かれた晋山式で… /奈良
<関連記事>東大寺:5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家
<関連記事>東大寺法華堂:「須弥壇」修理へ準備 7月31日まで拝観停止--奈良 /奈良
<関連記事>アシュラーに仏像ガール 広がる仏像人気

菅連立内閣が発足=参院選へ決意―首相就任会見(時事通信)
亀井氏、クールビズ閣議に“造反” 「着せ替え人形じゃあるまいし」(産経新聞)
菅首相 海外の反応 メディア好感(毎日新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
<植物>6週間の「記憶力」京大グループ調査(毎日新聞)
AD