おすすめのSEO対策。アルゴリズム理解、被リンク対策の必要性

SEO経験豊富なプロが検索エンジン最適化(内部対策と外部対策)を指南。書籍に載って無いような現場ならではの濃いSEO情報中心。


テーマ:

コンテンツの上段にターゲットキーワードに沿って其のコンテンツの要旨(要約)を掲載して頂き、その下(コンテンツ中段・下段)にその要旨に沿った詳細(本文)を記述して頂くようなコンテンツ構成(文章構成)をとって頂くと、「現アルゴリズム対策」となり、且つ「中長期的なアルゴリズム対策」にもなります。
情報を探している検索ユーザー(多数派)の多くは、比較的短時間で読める数十字から数百字程度の文章(コンテンツ)を求めているという調査結果が出ております。
その多数派の検索ユーザーの「求め」に対応する方向で数年前にGoogleがアルゴリズムの中身を弄りました。

ここ数年は検索キーワード(検索クエリ)に沿ってまとまっている「かなり短い文章」(短文記事)がけっこう上位表示されておりますが、このアルゴリズムの影響であります。
この短文好みのアルゴリズムに対応させ、且つGoogleの伝統的なアルゴリズム(長文好きのアルゴリズム)にもコンテンツを対応させる事が順位安定化で求められております。
それを満たすには、コンテンツの最上段に其のコンテンツの要旨(要約)を短時間で読める文章量(数十字~数百字)程度で掲載して頂き、その下に要旨の詳細情報(本文)を配置して頂く形をとって頂くのが有効・効果的であります。

Wikipediaページは、昔からコンテンツを上から「要旨⇒詳細⇒関連内部リンク⇒関連外部リンク」のような「形」(型)に沿って構成しております。
この「要旨⇒詳細」という順のコンテンツ構成であれば、短文好きアルゴリズムにも長文好きアルゴリズムにも「両方」対応可能となります。
短時間で情報収集を済ませたい多数派の検索ユーザーの「求め」には「要旨」(要約)で応え、詳細情報(充実コンテンツ)を求める少数派の検索ユーザーの「求め」には「詳細」で応じて行くという、2段構えのコンテンツ構成をとって頂くとアルゴリズムが「短文寄り」になった際も「長文寄り」になった際も対応でき、対策URLの順位安定度が増します。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

サイト内で「関連記事を量産」しても『安定』上位表示要因の一つである「権威性」(オーソリティ)は高まりません。
ですので、そこは注意して頂く必要があります。
権威性は第三者(外部サイト群)から量産記事が多くの被リンクを浴びる事を通じて高まって行きます。
ですので、記事を量産しただけではターゲットキーワードでの専門性(関連性)は高まって行っても、権威性は高まりません。
権威性を高めるには各量産記事に対して直接「被リンク」が必要になります。

関連記事を貴ドメイン内で量産して行けば「上位表示要因」の1つである「専門性」(関連性)スコアは上昇して行きます。
よって、「ページ量産」により「インデックス数を増やす試み」は、試す価値はあると申し上げられます。
但し、この試みによりSEOコスト(SEOの為の出費:記事作成等)が大きく膨らみますので、採算性や持続可能性をよく検討して頂いた方が良いと思います。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

>2個の URLを同じターゲットキーワードで選定は間違ったseo方法ですか?

いいえ。
間違っておりません。
2個のURL内のコンテンツが同じターゲットキーワードに沿ってまとまっているならば、間違ったSEO方法とはなりません。

被リンク対策するキーワードは「コンテンツ内容で決まり」ます。
両コンテンツが「キーワードA」でまとまっているなら、両コンテンツとも「キーワードA」で被リンク対策を施すのが極めて「自然」であり、また検索エンジンロボットの目にも「自然」に映ります。

「各URLをどのようなキーワードで被リンク対策するか?」は、各URLの「コンテンツ」で決まります。
コンテンツにピッタリのキーワードで被リンク対策(被リンクSEO)を施した場合のみ、安定上位表示や安定1位表示が見込めます。

よって、同じターゲットキーワードに沿って初めから終りまで完璧にまとまっているコンテンツがサイト内に2つ存在するならば、同じターゲットキーワードで被リンク対策する事が「正しいSEO方法」となります。
「コンテンツ内容で被リンク対策するキーワードが決まる」のです。
これがSEO上の「正しい対策キーワードの選定方法」となります。
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。