クオリティ オブ ライフ 〜横浜市港南区・将来のための家計見直し相談〜

クオリティ オブ ライフ:生活の質の向上。
あなたの将来のために、そして夢を実現させるために。
あなたの不安や疑問を安心に変えるお手伝いをいたします。

ご訪問ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナーの前田と申します。



こちらのブログでは、FPとしてあなたのお役にたてるようなお金にまつわるお話や、今話題になっていること、そして、個人的な趣味を書き連ねておりますので、ご興味がございましたらぜひご覧になってください。





NEW !
テーマ:

こんばんは!FPの前田です。

 

 

よく保険を特集している雑誌などで、

「保険営業にはだまされるな!」などという記事が出ていますが、

 

 

果たして、これだけ情報もあふれている世の中で、賢い消費者が、家に次ぐ買い物と言われている生命保険に加入するのに、騙されるなんてことがあるのかな?

などと思ったりもします。

 

 

基本、雑誌の販売元は、本を売るのが商売ですから、当然本のタイトルも過激にして、まずは人の目につくようにする!これはわかります。

 

 

次に、本の内容では、いろいろ細かく書いて、そのどこが騙されているかを、レアケースを交えながら、それっぽく構成していきます。

 

 

そして、最後には中立な立場のファイナンシャルプランナーが、オススメの保険商品のランキングを発表し、最後はちゃんちゃんとまとめるわけですが、

 

 

さて?後で考えると自分の入っている保険は、騙されていたのか、それとも入って良かった保険なのか?よくわからないで終わるわけです。

 

 

結局、新しい保険の売り込み?

という感じが多いわけですね。

 

そんな過激なタイトルの本には騙されるな!

とも言いたいですね  笑

 

保険商品というものは、金融庁の許可がないと発売できないわけで、悪い生命保険というものは基本的にはありません。

 

 

ただ、保険の営業マンから、保険商品を説明されて購入(加入)する時には、当然その保険会社の商品の中だけからの提案になりますから、その保険会社にとって不得意カテゴリーの保険商品も混ざって提案される場合もあります。

 

 

A社は医療保険が得意。B社は個人年金や介護保険が得意、C社は外貨建て保険が得意などなど、保険会社によって得意不得意がいろいろあるわけで、保険料なども内容がほぼ同じでも保険会社によってはけっこう変わってきたりします。

 

 

また、保険会社の方針等で、その保険の営業マンも、お客様がその昔良い条件で入った保険を、新しい(あまり条件の良くない)保険に変えるよう提案してきたりもします。

 

 

何年かおきに、新しいのが出たので話を聞いてみませんか?

の電話や訪問依頼などがそれです。

 

 

と、ここまで話してきて、やっと「騙されるな!」の内容が少し見えてきました。

 

 

要するに、保険に入るときの保険商品は、多少の違いがあったとしても、悪い保険はない。

 

保険会社によっては、同程度の保障内容でも保険料が違う場合がある。

 

また保険の営業によっては、昔入った条件の良い保険を、あまり条件の良くない保険に変えようとする場合がある。

 

 

最後の場合、この時のトークが巧みで、条件の悪い保険に変更したことに、ほとんどの人は気がつきません。

 

それよりも、保険料が上がらなくて、保障内容が良い保険に変えることができたと喜ぶ場合がほとんどです。

 

 

中には、昔加入した、お宝保険と言って、

保険料の支払いが満期になると、銀行の金利などより、はるかにお金が貯まっていく内容の保険を、あまり貯まらない(またはどんどん減っていく)保険に変えられてしまうケースもあります。

 

 

こんなことをするのは、単純に保険会社が儲かるからです。

もちろん、新しく保険を販売したい保険の営業マンも生活がかかっていますからコミッションという収入欲しさにやはり変えるよう話してきます。

 

 

このような経験今までにありませんでしたか?

保険の営業さんから久しぶりに連絡が来て、新しい保険が出たから見直しを勧められたことって。

 

 

とにかく、もっとも騙されてはいけないのは、

その昔「良い条件で入った保険」を、言葉巧みに「条件のあまり良くない新しい保険に転換」を提案する営業マンには気をつけろ。

 

ということです。

 

 

もしそのようなお話が来たときには、その保険の営業に以下の事を聞いてください。

 

 

◆今入っている保険の解約返戻金(解約したら戻ってくるお金)はいくらかになりますか?

 

◆あなたが勧めるこの新しい保険に転換しても、解約返戻金は増えるのか?または満期後はいくらになりますか?

 

 

以上のことを聞いて、

営業が「その解約返戻金を毎月すこしずつ使って、この新しい保険の保険料に充当することにより保険料をお安くします!」、

 

ま、こんな言い方は絶対しないでしょうが、

その時点での解約返戻金を新しい保険料に充当するタイプだったら、間違いなく将来残るお金は少なくなります(または最悪無くなります)。

 

 

老後資金にと思って若いころ入った保険が、何十年も毎月高額な保険料を払ってきたのに、お金が少しも残らないというのはよくある話です。

 

※実際、20年以上毎月4万円以上保険料を支払っていて、現在の解約返戻金が20数万円だったというお話を何人もの方から聞いています。年間約50万円×20年で約1千万円の掛け捨てとなってしまいました。

 

 

もちろん、お金が貯まる貯まらないよりも、その時の保障を最重点で考える方もいらっしゃいます。

 

でもその死亡保障は、ほんとうにそんなに必要ですか?

お子様がすでに社会人とかになっていたら、もう一度、冷静に必要保障額を考えてみてください。

 

その際は、もしもの時の社会保障はじめ、保険以外からいったいいくらお金がもらえるのか確認する必要があります。

 

「貯蓄だけでは不足しそうな分だけ保険で補う」というのが鉄則です。

 

こんな保険の営業マン(ウーマンの場合もあります 笑)には騙されないようにしてください。

 

どぶにお金を捨てるような状況にだけにはなってほしくないと切に願っております。

 

 

※以上のような話は、情報が浸透してきてだいぶ少なくなってきましたがまだあります。保険に限らず、だまされないように常に情報には敏感になってほしいと思います。

 

最近では、個人型確定拠出年金など、生命保険同様長期にわたってお金を払い続ける仕組みもあります。制度的には非常にお得な制度ですが、最初の入り口のところでつまづくと、最後必要な時に大きな差になってしまいますので、ご注意ください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!FPの前田です。


先日横浜での研修の後、西口界隈をプラプラしていたら、こんな看板を見つけてしまいました。


{7DDB0D02-8C1D-4755-A275-0A58BF2D1C78}


careco × メルセデスベンツ!特設ステーション。

あの有名なドイツの高級自動車メーカーメルセデスベンツの車が写っている看板ですが、その前のcareco(カレコ)って何だろう?


最初私にはわかりませんでしたが、次の隣の看板を見て想像がつきました。

{F8E4B0C9-6BB5-4F99-8D4C-5FCB46EAA3E6}


そうなんです。
カーシェアリングの会社なんですね。
こちらの看板の方には、「6時間3800円から」のカーシェア料金と、国産の自動車の写真が載っています。


料金の下に書かれてる文面から、
この費用にはガソリン代と保険料も含まれるとあります。

6時間といえば、ざっと半日車で遊んで帰ってくる感じでしょうか?


これが高いのか安いのか?
使う人によって感じられ方は違うでしょうが、色々な維持費を考えると、たまにしか車に乗らない人には、選択肢の一つとして、カーシェアも有りかなと思います。

車の購入費用、ガソリン代、駐車場代、そして保険や車検費用などなど、車を持つってお金かかりますよね。



最近になってカーシェア始めシェアービジネスというビジネスが拡大していますが、考えてみると、車の場合は、以前からレンタカーという手もあります。


基本的には同じような気がしますが?
いったいどこが違うのか?


比べてみると、
レンタカーは、車を借りるときその都度書類を書いて、返すときはガソリンを入れて返す。

カーシェアは、最初に会員登録して会員になると、いつでも借りられ、ガソリンは入れて返す必要が無い、

こんな感じでしょうか。

どっちが得なのか?も、含めてもう少し詳しく調べる必要がありそうです。



{E3CEC5BB-896A-4F4B-B673-87CD2A51497D}


ちなみにこの看板の中、駐車場内には、ざっと7〜8台のベンツ車が並んでいました。


一度は乗ってみたいベンツ 笑。
この車に憧れがある方には、比較的手頃な価格で乗れるかもしれません。
※ベンツも6時間3800円かは確認してませんm(__)m


{61964F8E-02C3-4AB2-8D9F-E3F2376B1AC5}


このカーシェア会社のCARECO(カレコ)さん。

初期費用0円、6時間3800円、ガソリン代保険料含む、とけっこう頑張っていますね。

他のカーシェア会社では、近所に有料駐車場のタイムズさんもけっこう前からあります。


カーシェアをを検討するときは、まずは近所に車がないと使えません。

他社も含めていろいろ勉強してみる必要がありそうです。


車に限らず、耐久消費財の家電など、シェアビジネスは今後ますます拡大していきそうな感じです。


物を使ったり、持つことに関して、選択肢が増えるのって良いことですが、消費者は本当に特なのか?何が問題なのか?
よく勉強する必要があるな!って思った1日でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!FPの前田です。

 

久しぶりの登場です!

今日は最近何かと話題の「身代金ウイルス(ランサムウエア)」について、その内容と対策方法をお話しします。

 

このウイルスは先日欧州を中心に被害が広がっているということで、日本でも気を付けるよう呼びかけがありましたが、

 

そもそも身代金ウイルスっておわかりですか?

 

簡単に言うと、このランサムウエアというウイルスに、パソコンが侵されると、

 

・PCの中のファイルを暗号化されて、自分では使えなくなる。

 

・そしてそのファイルを使えるように元に戻すためには、金銭(身代金)を払えと要求してくる画面が表示される!

 

といったこんな悪質なウイルスなんです。

 

いつも思いますが、パソコンが侵されるウイルスというのは、インフルエンザウイルスのように自然発生ではなく、

あくまでも悪意を持った人間の仕業!

 

このウイルスに侵されたら、どうしてもパソコンを使わないと仕事ができないなど、やむなくその身代金を払ってしまう可能性もありますよね。

 

腹は立ちますが、ウイルスを作った奴は相当頭がいい!って感心もしてしまいますが、やはり犯罪は犯罪!この世から失くさなければいけません。そして対策しないといけません。

 

 

このウイルスの感染経路は、会社などの同じネットワーク内の1台が感染したら、その会社内に次々に広がるのがたちが悪いところです。

 

欧州では病院などでも感染によって被害が出たという話もあります。

最悪の場合、人の生き死ににかかわる重大な犯罪です。

 

 

 

ちなみに感染したら次のような画面が表示されます。

 

 

 

びっくりしました?

これを見ても感染しないから安心してくださいね 笑。

 

文章の言葉は比較的柔らかいのですが、内容は下劣!

金を払わないと、ファイルを回復できないぞ!と脅してくるわけです。

 

※こんなこと書いてると、私のパソコンも狙われるかな?

いやここはあなたのために勇気を出して、つぎは対処方法をお話しします。

 

この身代金ウイルス(ランサムウエア)が広がった理由は、

 

このウイルスが大変手が込んだつくりになっていて、

Windowsに潜んでいる弱いところ(脆弱性)を突き、

ウイルス自ら同じネットワーク内のパソコンに次から次へと感染を広げる点が、被害が拡大した理由の一つです。

 

 

 

そこで問題になるのが、そのWindowsの弱いところ(脆弱性)ですが、

 

実はマイクロソフトは、この3月にこのウイルスに対応したセキュリティ更新プログラムを配信していたのですが、更新していなかったパソコンが多くあったため、ウイルスが拡大したと言われています。

 

要するに、

パソコンを常に新しい状態にしていたら、(セキュリティ更新プログラムを面倒がらずに行っていたら、)ここまで被害は広がらなかった可能性があります。

 

 

あなたのパソコンは大丈夫ですか?

 

いつも面倒がらずにWindowsのセキュリティ更新プログラムを実行していますか?

 

まさか、自動更新させないように設定していませんよね?

 

最近Windowsの更新をしてないなあという方は、今すぐにでも更新をしてください。なめると痛い目にあいますよ!

 

また、マイクロソフトでサポートが終了している、Windows XPやVistaなどを使い続けている人も要注意です。

 

サポートが終了していますので、先ほどのセキュリティ更新プログラムは配信されていませんから、ウイルスからは裸同然に見えています。

 

※マイクロソフトも今回の事態を重く見て、今回のウイルスに限りXPとVISTAにもセキュリティ更新プログラムを配信したようですが、次回はわかりません。

※またすでに感染したパソコンには、この更新プログラムを実行しても暗号化されたファイルは元に戻りませんので、やはり古いOSは使わないほうが良いということです。

 

 

人間だって裸でずっといれば風邪をひきますよね 笑。

 

ということで、

この身代金ウイルスから自分のパソコンを守る方法は

 

・マイクロソフトのサポートが切れているOS(XPやVistaなど)は使わない!

 

・Windowsのソフトウエアは常に最新のものアップデートする。セキュリティ更新プログラムは実行してください。

 

・ウイルス対策ソフトの導入。

 

・そして、他のウイルスの対策にもなるので、

バックアップソフトの活用。これはWindowsに標準装備されていますので定期的にバックアップを取ってください。

 

ということで、必ずセキュリティ更新プログラムを実行して、少しでも悪質なウイルスにも対抗できるようパソコンを最新の状態にしておきましょう。

 

これは、パソコンに限らず、スマートフォンなどでも同じことが言えますよ。自分の使っている機器は常に新しい状態にしましょうね。

 

以上、簡単ですが身代金ウイルスのお話と、セキュリティの更新の件でした。マイペースになりますが(笑)、またブログを再始動しますので今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)