NEW !
テーマ:
こんにちは♪

オステオパシー&漢方サロン
Oasisの政木ひろえです*
(東京・代々木上原・幡ヶ谷)


先日、ガンを患っている方より
体の痛みと闘っていらっしゃるなか
『鎮痛剤』について尋ねられました。




肋間神経痛のように
躯幹の両側に痛みが走る


薬を飲んでも
なかなか治まらないことがある


ロキソニン、ロルカム、セレコックスが
処方されて手持ちにあるが
どのように飲めばよいのか


というご質問です。




薬には「半減期」といものがあります。


体の中で薬が分解されて
薬が消えていく時間のことです。


たとえば
半減期が6時間であれば


6時間経つと、体の中の薬は
半分の量『1/2』になっていて


さらに6時間経つと
さらに半分の量『1/4』になっています。


また


半減期の4倍の時間が経つと
薬の量は1/16になりますから


概算 (おおよその値) ではありますが
これで薬は代謝されて
ほぼ消失と考えます。


ですから


薬の種類を変えて
どの薬が体に合っているのかを観察するには


少なくとも半減期の4倍の時間が
経過してからがいいでしょう。


手当たり次第、思いのまま
薬を使用するのはいけません。




たとえば
静かな水面に
石をひとつ、ポトンと落とすとします。


すると
水面に波紋が渡り、広がります。


しかし
波紋が消えないうちに、次の石を投じると
新しい波紋が先ほどのものを追いかけてしまい


波紋のひとつひとつの在り方が
よくわからなくなってしまいます。




薬も同じです。




これは
鎮痛剤であっても
花粉症に対する抗アレルギー薬であっても
同じです。


薬の連用には気をつけて


状況と体調に合った薬を
必要に応じて服用できる『勘』を磨くために


半減期という薬理学の知識をもって
観察してみましょう。


∞♡∞


オステオパシー&漢方サロン
Oasisのホームページはこちらです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。