1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
October 31, 2008

【卒業します】僕と一緒に仕事をしてくださったみなさまにお礼を・・・

テーマ:about イセオサム
本日がオプトの伊勢修としての最後の日です。

社内のみなさまには温かいお言葉をたくさんいただきまして、
感激しております。

明日から、パートナーと立ち上げる新会社で活動することになりますが、
自分の言ったことに責任を持つよう、
この「イセオサム会議」にも記しておこうと思います。



────────────────────────────
みなさまへ

私イセオサムは、10/31にオプトを卒業します。

そして11/1より、モバイルに特化した新会社を立ち上げます。
これまで、本当にお世話になりました。


オプトライフを振り返りつつ、僕からオプトへのお礼の言葉を伝えさせてください。
長文となりますが、少しでも働き方の参考になればと思います。―――――――――――――――――――――――――――
僕がテレビ業界からオプトに来たのは、2006年3月。
既存のビジネスを守る企業から、動きの激しいネットの流れの中入ったことは、
非常にエキサイティングでした。

2年と7ヶ月を、少しだけ振り返ってみます。


■2006年
モバイル&クロスメディア部に所属した僕は、
ベンチャー感たっぷりのテレアポから始め、
営業と、メディアプランニング双方をこなし、むしゃらに働きました。
当時、チャリ通勤していたので、終電など気にせず深夜まで。。。

 ハーフパンツで出勤し、Nさんの雷が落ちたことは忘れません。 
 (申し訳ありませんでした!)

この年、最短でMVPを取ると意気込んでいた僕は、年末に見事撃沈。
オプトの層の厚さを感じました^^;


■2007年
組織も大きくなり、モバイルも営業とメディアの組織を分割。
そこからは、媒体社とのリレーション強化に努め、社外人脈の拡大を図りました。
ビジネスの交流会によく顔を出すようになったのもこのころです。

 また、Yさんに「マネジメントしっかりやってから起業しろ」と
 言われたことが強く印象に残っています^^

その後は、モバイルのグループリーダーとして、
「オプトで一番楽しいチームを作る」
というモチベーションで仕事に取り組みました。

メンバーに恵まれ、めちゃめちゃ楽しかった。
きっとメンバーの方も・・・だとよいなと思ってます。
(Rさん、Nさん、Cさん+Kさん、Yさん)

新規事業プランコンテストでは賞をいただき、
矢野氏とともにテストマーケティングを実施。
別会社化にはいたりませんでしたが、プラン立案の経験が財産になりました。


■2008年
電通との資本業務提携強化、というビッグニュースに震える中、
リーダー業務が仕事の中心になっていきました。

自分も含め、オプトで一番若いモバイル部にて、
自分で人を育てることの他に、「教えられる人を育てる」ことの難しさを痛感しました。

7月に営業に異動になり、モバイルの提案をメインにしながら、
視野拡大、粗利の追求、選択と集中の必要性を実感しました。

そして「自分が実現したいことを提案し、実行する」という想いの重要性を学びました。


そして今に至るわけですが、
僕を成長させてくださったのは、なによりも仲間の存在でした。―――――――――――――――――――――――――――
◆先輩方へ
 これまで、本当に沢山のことを教えていただき、ありがとうございます。
 営業同行したり、一緒にメディアと接する中で、
 多くの技術、ハートを学ばせていただきました。
 設立する新会社でも、何かお役に立つことができれば幸いです。

◆後輩たちへ
 一緒に仕事をしてくれてありがとうございます。
 楽しく仕事をするために、おせっかいですが一言だけ。
 何かひとつ、自分のプロフェッショナルを見つけてください。
 僕にとって、それがモバイルでした。(まだまだですが)

 それがあると、クライアント様にも自信をもって語れますし、
 社内外でも、いろんな方からの相談がきます。
 ・新規事業の立ち上げ
 ・媒体収益化
 ・VCの出資案件
 ・他部署からの依頼(断らないでね^^) などなど。

◆一緒に仕事をしてくれた仲間へ
 お互いを高めあい、尊敬できる仲間といたからこそ、
 自分が成長できたと思います。
 みなさまをライバルだと思ってました。
 これからも、仲間でいてください。
―――――――――――――――――――――――――――

本当に、ありがとうございました。
僕は、オプトの卒業生であることを、これからも胸を張って語っていこうと思います。
また、一緒に仕事ができることを楽しみにしております。


最後になりましたが、
◆僕とお仕事をしてくださったお取引先様各位へ
 モバイルという、まだ新しいメディアに対し、
 積極的に取り組んでいただきありがとうございます。

 これからも、オプトを、そしてイセオサムをよろしくお願いいたします。



■連絡先 お気軽にご連絡くださいませ!
osamuise★gmail.com
(★を@にchange!)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
October 30, 2008

【ゼミでの話】ミラーニューロン by教授

テーマ:Business
先日、元僕がいた大学の研究室にご挨拶に伺いました。
なつかしの、KO大学武山教授の研究室。

僕の代が一期生、ゼミ立ち上げの時期だったのですが、
今も、経済学部で一番人気を争うほどのゼミになっているようです。
面白い人材を輩出できるゼミになってくれたら嬉しいニコニコ



■今年度の研究テーマ一覧。(だんだん複雑になってる・・・)

・歩行者を楽しませる屋外ネットワークメディアの活用
・街区を利用したデジタルパブリックアートフェスティバルのプロデュース
・地域商業店舗を巻き込んだ、ワンセグケータイを用いる参加型推理ドラマ
・バスや地下鉄による移動をエンターテイメント化する交通ラジオステーション
・単身世帯のライフスタイル調査とネットワーク住宅の提案
・家庭と移動中とオフィスとを連携する新規ニュースメディアの提案


興味のある方、研究室ページはこちら→
http://keglab.jp/



そこでは、僕のこれまでやってきたことを話しつつ、
5年で4社目とかw
大学生のモバイルの使い方など、意見交換ができました。


その後、ゼミ生と飲もうと思い教授と待っていると、
結局ゼミ生は来ずorz

研究発表の準備で忙しいらしい。



そこで、教授から聞いたことで非常に興味深い内容をひとつ。
脳科学者の茂木健一郎さんとのパネルディスカッションでのこと。

ミラーニューロン。というものがある。

ミラーニューロンは、その名前が示唆するように、
自分の行為と他人の行為を鏡に映したように表現する。
例えば、自分が手を伸ばして何かを掴む時にも、
他人が同じ行為をするのを見ている時にも活動するのである。


なるほど。
ちょっと調べてみた。
────────────────────────────
茂木さんのブログはこちら。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2005/07/post_dee7.html

wikipediaはこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3


「人間存在の本質は、他人の心がわかるということである。
そのはたらきを支えるのは、脳の前頭葉にある他人と自分を鏡のように映し合う、
『ミラーニューロン』と呼ばれる神経細胞である」
(茂木健一郎「欲望する脳」集英社新書、3頁)
────────────────────────────


なるほど。
人間は、人の動きを見て、それを理解し、解釈する。
勝手に追体験している部分もあると思う。
ということは、「朱に交われば赤くなる」原理が働いているということだ。


面白い人と一緒にいることが、
自分を面白くさせるのである。



だから、多くの人のミラーに映るような人間、会社になっていたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
October 26, 2008

【法人設立にあたり】気をつけたいこと

テーマ:経営
なぜ、自分で会社をやるのか。

これは大きな問題である。


しかも、このご時勢に。


当然、誰かの会社で働くのもよいし、
フリーで動くという手もある。


しかし、僕としてやりたいことがあったんですね。

 人間一人一人には欠点はある。
 でも欠点のある人が集まって、
 それを補っていくことで、
 法人というひとりの偉人をつくる


こんなことが、この本を介して書いてありました。
この「社則」、効果あり。 (祥伝社新書 117)/柳澤 大輔
¥798
Amazon.co.jp

カヤック、柳澤社長が書いた、面白い社則紹介の本。
ちょっと気分転換に、
今の仕事に疲れたら、
読むのに最適です。

optの、「オプトファーム」も紹介されています!
※詳細は、社員に聞いてみてくださいね。

————————————————————————————
■ポイントメモ
・経営理念こそが、会社の存在意義である。
 法人も人。
 その人格を最大限高められた時に、法人としての幸せがある。

・ダメなアイデアも、よいアイデアのきっかけとなる。
 特に、複数人でブレストをするとき、
 気軽にアイデアを拡げられる空気を作り出すことが必要である。
 「受け止める」場の力こそが大切。

・社内の知を結集すべき。
 3行日報by全社員や、みんなにちょっと気の利いたメールでアイデアを募集する、
 などが大事。
————————————————————————————


会社という子供を育てること。
よい子に、また社会に貢献できる子に育って欲しいと思います。

最初は、厳しく育てます得意げ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 26, 2008

【スピードアップ!】読書法の転換

テーマ:Business
読みたい本が大量で、
ついamazonで大量購入してしまう方へ。

ベタですが、僕も最近フォトリーディングを始めました。

あなたもいままでの10倍速く本が読める/ポール・R・シーリィ
¥1,365
Amazon.co.jp



なんとなくストーリーを追うのではなく、

「自分にとって必要な情報を探す」
という目的をもつこと。


そして、
「楽譜を追いながら、ギターを何度も演奏するように」
本を読むこと。


集中するときは、
「ミカン集中法」を使うこと。
※頭の後ろにミカンがあるとイメージし、
 ちょっと客観的な視点で本を眺めること。



————————————————————————————
■詳細フロー

①準備:本を読む目的セット。

②予習:キーワード探し。
      読むかどうか再検討

③フォトリーディング:集中学習モードに入る。
             全ページを「画像」として取り込む(1ページ1秒くらいがよいかな)

④アクティベーション:復習する →熟成(20min~24h) →超高速読み、マインドマップ作成

⑤高速リーディング :スピードを自在に調整しながら一気に読む
————————————————————————————


最初、信じられませんが、
確かに意識を変えることで効果が出てきます。

「音読のスピードと、目で読み取るスピードは異なる」

これは、仕事をする上でも小説を読む上でも、
心がけていきたいことです。

大量のメール処理でもそうですね。
スキルアップのために、こういった手法の模索はかかせません。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
October 25, 2008

【モバイルネタ】Frank Mullerのモバイル展開

テーマ:about イセオサム
大好きなFrank Mullerさん(時計)がモバイルサイトをオープンしました。


frank

※ちなみに、僕は1本も所持してません得意げ


下記サイトへ行くと、ケータイの待受けFLASHがダウンロードできます。
カワイイですよ~。
しかも、時計になっているのでFrank Mullerを所持した気分に♪
————————————————————————————
PCサイト
http://fm-mobile.jp/pc/index.html

ケータイの方はここから!
http://fm-mobile.jp
————————————————————————————


■モバイルマーケッター的考察
プロモーションもリッチに、
auのトップ画面をジャック。

これ、媒体費のみで2,000万円ほどかかっていると読んでおります。
でも、時計の単価を考えると、
数十人購入してくれればペイできる。

リーチ数が1000万人いたとすれば・・・
非常に効果が期待できる手法と言えるのではないでしょうか。

また、僕なんかの世代や、大学生にもブランド認知をさせることを考えると、
未来の顧客囲い込みに効果を発揮すると思います。
ケータイの待受けが毎日Frank Mullerだったら、
いつか欲しいと思いますよね。


モバイルプロモーションの本質は、
トップ画面を押さえれば、若年層から高年齢の富裕層まで、
ほぼほぼのリーチを取ることができる。


ことだと考えています。


さらに、待受け画面やウィジェット、iチャネルなどにコンテンツを提供することで、
ユーザーと常時コミュニケ—ションがとれる

しかも、どこでも。
渋谷の混雑の中でも。


というわけで、
僕なんかにはグサっと刺さってしまった訳です。

あと5年以内に、何かの記念日に購入を検討したいと思います♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。