こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

「喪主」を経験された方も

「そうでない方」にも

ご葬儀の内容や流れ(横浜・川崎・町田地域)を

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

さて、前回の続きです。

 

ご喪家のこだわりは

お花 でした。

 

ご葬儀の場で、

「お花は要りません」と

お花を心底、嫌う人はあまりいらっしゃらないようです。

 

本日のご喪家はワンデーで家族葬でお花をできるだけたくさんというご希望でした。

式の形は、ワンデー

内容は、家族葬

こだわりたい、最後にやってあげたい事が、できるだけたくさんのお花で逝かせたい。

 

この3点が打ち合わせ時に明確になっていったので、

式当日にいらしゃったご喪家は

式場内に飾られた花たちを見て、「よりよく送り出したい願いが叶う」と仰り、

私はその表情から清々しさをも感じられました。

 

最近では家族葬を選ぶ方が増えました。

 

家族葬とは、一般葬ではないので会葬者は呼びません。

故人様が現役を退いていたり、

お勤め先が遠方だったり、

会葬者が多く見込まれるなど、

お身内だけのお式にしたいご希望の方は家族葬を選ばれています。

 

家族葬は会葬者(お客様)に、気を使わずゆっくりお別れができることから人気です。

気を使わないとは、

会葬者のお出迎えや挨拶などが省けること。

この御付き合いがない分、人目を気にせずお別れが心からできるのです。

 

お気持ちが会葬者ではなく、故人様へ向くので

花たちの役割は重要です。

 

色調・香・やわらかい手触り。

 

まず、お花が式場内に在るのと無いのとでは

気持ちの面で癒され方が格段に違います・・・色調

 

生花が持つ新鮮な香りは

気持ちを静めてくれます・・・生花の香

 

故人様が寝ていらっしゃるお柩を

花のベッドにしてさしあげる・・・花を手向ける時、花のやわらかい優しさに触れます。

手向けられた花たちは故人様と旅立ちます。

 

花葬送はご遺族にも故人様にも寄り添うと感じています。

 

ワンデー=一日葬

家族葬

こだわりはお花

 

私たちは、花一輪を丁寧にお手向けできるお葬式をご提供しております

 

 

横浜 川崎 町田

Flower Ceremony マイセレhttp://www.my-ceremo.com/

株式会社 花旅

0120-0303-55

 

 

AD