こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

「喪主」を経験された方も

「そうでない方」にも

ご葬儀の内容や流れ(横浜・川崎・町田地域)を

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

さて、前回の続きです。

 

ご喪家のこだわりは

お花 でした。

 

ご葬儀の場で、

「お花は要りません」と

お花を心底、嫌う人はあまりいらっしゃらないようです。

 

本日のご喪家はワンデーで家族葬でお花をできるだけたくさんというご希望でした。

式の形は、ワンデー

内容は、家族葬

こだわりたい、最後にやってあげたい事が、できるだけたくさんのお花で逝かせたい。

 

この3点が打ち合わせ時に明確になっていったので、

式当日にいらしゃったご喪家は

式場内に飾られた花たちを見て、「よりよく送り出したい願いが叶う」と仰り、

私はその表情から清々しさをも感じられました。

 

最近では家族葬を選ぶ方が増えました。

 

家族葬とは、一般葬ではないので会葬者は呼びません。

故人様が現役を退いていたり、

お勤め先が遠方だったり、

会葬者が多く見込まれるなど、

お身内だけのお式にしたいご希望の方は家族葬を選ばれています。

 

家族葬は会葬者(お客様)に、気を使わずゆっくりお別れができることから人気です。

気を使わないとは、

会葬者のお出迎えや挨拶などが省けること。

この御付き合いがない分、人目を気にせずお別れが心からできるのです。

 

お気持ちが会葬者ではなく、故人様へ向くので

花たちの役割は重要です。

 

色調・香・やわらかい手触り。

 

まず、お花が式場内に在るのと無いのとでは

気持ちの面で癒され方が格段に違います・・・色調

 

生花が持つ新鮮な香りは

気持ちを静めてくれます・・・生花の香

 

故人様が寝ていらっしゃるお柩を

花のベッドにしてさしあげる・・・花を手向ける時、花のやわらかい優しさに触れます。

手向けられた花たちは故人様と旅立ちます。

 

花葬送はご遺族にも故人様にも寄り添うと感じています。

 

ワンデー=一日葬

家族葬

こだわりはお花

 

私たちは、花一輪を丁寧にお手向けできるお葬式をご提供しております

 

 

横浜 川崎 町田

Flower Ceremony マイセレhttp://www.my-ceremo.com/

株式会社 花旅

0120-0303-55

 

 

AD

こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

「喪主」を経験された方も

「そうでない方」にも

ご葬儀の内容や流れ(横浜・川崎・町田地域)を

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

昨日は

ワンデーのお葬式をおこないました。

 

事前相談でよく聞かれることが

「ワンデーとは」です。

 

葬儀業者によって、

名称が違ったり、内容も違います。

 

例えば、レストランで

「お子様ランチ」という名称が「キッズプレート」だったり

、内容も「プリン」が「ゼリー」だったり、そんな感じです。

 

マイセレではワンデー

家族葬でも一般葬でもできます。

 

内容は、喪家それぞれに事情が異なりますので

要るものと要らないものを明確に分けて

打ち合わせを進めていきます。

 

昨日のワンデーのご葬儀は

家族葬で施工、進行をさせていただきました。

 

無宗教でしたが、

『読経はしてほしい』

『位牌はいらない』というご要望でだったので

宗教家(寺院)を手配いたしました。

 

そのほかに、喪主さまがこだわる点は『お花』でした。

 

つづきは、また次回に。。。

 

 

横浜 川崎 町田 

Flower Ceremony マイセレhttp://www.my-ceremo.com/ 

株式会社 花旅

0120-0303-55

 

AD

こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

「喪主」を経験された方も

「そうでない方」にも

ご葬儀の内容や流れ(横浜・川崎・町田地域)を

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

では、早速続きです。

 

 

・・・・・・・・

仕方ないので、火葬にします・・・」

 

それを聞いて

私には、雰囲気からとても分かり易かったので

「わかりました。よい火葬式にしましょう」と、

その後は、横浜の火葬場の手配をし

火葬式の日程表の作成をしました。

 

火葬のみ=直葬=火葬式

ですが、式らしいことは何も行いません。

 

火葬式の当日

 

娘さん(喪主様)が帰路につかれる時、

「私の事前相談、今度、お願いします」と

にっこり笑っていらしたのが印象的でした。

 

 

ご喪家の数と、事情の数は

同数だと思っています。

ご喪家が100あれば、事情も100あるので

 

私たちは、ご希望に添えるよう、

提案をさせていただき、

人生最後の幕の閉じ方を決めていただきます。

 

さみしくないように。

簡単に。

お金をかけずに。

厳かに。

和やかに。

優しい感じに。

賑やかに。

できるだけの事をしたいから。

知られないように。

たくさんの人に見送られて。

etc.

 

”どんな感じ”にしたいかだけでも話せると、

逝く人も見送る人も

気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

 

例えば、

 

”お金をかけない”なら

どこにお金をかけないのか、

 

良い香りのする棺はやめるのでしょうか?

花のお別れナシでしょうか?

会葬者へのおもてなしもやめます?

霊柩車に乗らない?

 

喪家ごとのご事情で、まったく違ってきます。

 

”華やかな感じ”なら

どこを華やかにするのか、

 

花の飾りつけでしょうか?

読経の声や仏具でしょうか?

おもてなしのお料理でしょうか?

白木の祭壇の彫でしょうか?

会葬者の服装でしょうか?

 

いろいろ、ありますね。

 

決めておくことによって、内容も金額も

納得のいくものになります。

 

 

最後に

不謹慎かもしれませんが、、、

 

こんなふうにあれこれとフィナーレを考えるのも、

シンプルに

いいですね。

 

AD

こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

「喪主」を経験された方も

「そうでない方」にも

ご葬儀の内容や流れ(横浜・川崎・町田地域)を

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

さて、前回の続きです。

 

Aさんが亡くなる二日前に、娘さんが当社へご訪問にて

事前の無料相談をされていました。

 

「家族葬か直葬か、、、、」

決めかねていらっしゃいました。

 

そして、不意にそのまま当日を迎えられました。

 

お電話口で娘さんは、

「ゆっくりお迎えにいらしてください。

やっぱり、葬儀式の事がまとまっていませんので、、、」

と仰っていました。

 

こちらの特養は、ご逝去後は比較的急がせない施設と

私たちも知っていたので

 

私たちが、特養にお迎えに伺ったときは、

既に「死亡診断書」は発行され、

ご遺族の皆様もほぼお揃いでした。

 

※施設・病院によっては

「葬儀屋さん、早く引き取りに来てくださいよ」というスタンスもあります。

このような場所に私たちが急いで出向くと

「なんだ!死ぬのを待っていたのか!」と仰るご遺族もありますが

私たちは言うまでもなく、「待っていた」のではありません。

それぞれの立場が在ります。

 

特養を後にし、

Aさんを、事前相談通りのご安置、

お参りをしていただき、

さて、打ち合わせです。

 

※事前相談をおこなっていたので

娘さんは、気忙しくなくバタバタすることもなく、

決めていた安置場所へ、故人様をスムーズにご移動ができ、

暑い中でも、いち早く安堵されていました。

そのせいか他の遺族の方々も

ご逝去から故人様のご移動まで、迷いなくスムーズでした。

 

打ち合わせの席には

娘さん自身もふくめた兄弟5人と、その成人した子どもたち7人が

いらっしゃいました。

 

娘さん(ご長女)は

「家族葬にしたいんだけど、、、、」とお話しを始めました。

 

お金の相談を始めたんだな・・・

と、私は一旦離席しました。

 

少し経つと

娘さん(長女=喪主)が、部屋から出ていらして私に耳打ちで

「お恥ずかしい話なのですが、

兄弟も誰もお金を出してくれません。

仕方ないので、火葬にします・・・」

 

それを聞いて

私には、雰囲気からとても分かり易かったので

「わかりました。よい火葬式にしましょう」と、

その後は、横浜の火葬場の手配し

火葬式の日程表の作成をしました。

 

 

 

続きはまた次回に。。。。

 

Flower Ceremony マイセレ

(株)花旅

0120-0303-55

www.my-ceremo.com

横浜・川崎・町田 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは

家族葬担当の林屋です。

 

姪っ子が 当社の直葬担当になったので、背中を押されるように、

 

改めて家族葬専門の担当としてブログを書くことになりました。

 

喪主さまを経験された方も

そうでない方にも

忌み嫌われやすいご葬儀の内容や流れなどを

分かり易く、説明調で綴っていこうと思います。

なるべく、感情は抜きにしていきます。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

昨日、近所の特養(特別養護老人ホーム)に入居中のAさんの娘さんから

ご連絡を当社にいただきました。

0120-0303-55

 

※特養や病院、警察から紹介の葬儀屋さんを

そのまま依頼しても しなくてもどちらもOKです。

 

紹介を断っても失礼にあたりません。

 

事前相談で安心できる葬儀屋さんをご自身の目で決めておくことが、

一番よい選択です。

 

Aさんを

お迎えにあがり、ご安置、そしてご遺族様にAさんのお参りをしていただきました。

 

※ご安置場所はあらかじめ決めていた方が

その時に慌てませんし、ご自宅安置であれば余計な出費がありません。

ご自宅安置のときは、お布団などご用意ください。

 

住宅事情などでご自宅安置をご希望でない時は

安置所の場所、面会の可否などご確認されるとよいと思います。

 

また、ほとんどの安置所の料金は滞在日数で算出されることが多いので

ご確認ください。

 

Aさんが亡くなる二日前に、娘さんが当社へご訪問にて

事前の無料相談をされていました。

 

「家族葬か直葬か、、、、」

 

決めかねていらっしゃいました。

 

 

 

 

では、また次回に。。。。。

 

Flower Ceremony マイセレ

www.my-ceremo.com

株式会社 花旅

横浜  川崎  町田